IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「あなたとの続柄」の書き方まとめ|続柄一覧と「本人」の場合

ライフスタイル

就転職すると毎年、1年間に必ず数回は記入することになる「続柄(つづきがら)」。読み方も含め、書き方も社会人の一般常識として必ず押さえておきたい続柄。本日は続柄と書き方あれこれをご紹介します。これだけ覚えておけば間違いなしの続柄と書き方のトリビアです。

更新日時:

続柄の【読み方】

プライベートなどで提出する書類の中で、「続柄」という欄があります。初めて見た時は続柄ってなに?なんて読むの?といった疑問が湧いてきたと思います。 「続柄」の読み方は、厳密に言えば正解は一つですが、現在では2つの読み方があるとされています。それは、「ぞくがら」「つづきがら」です。本来の正解の読み方は「つづきがら」ですが、現代人は「ぞくがら」と読むことが多く、むしろ現代では「ぞくがら」と読んでいる人の割合の方が多いようです。 辞書では「つづきがら」となっていますが、このまま「ぞくがら」と呼ばれ続けている場合、近い将来辞書での読み方が変わるかもしれません。

続柄の【意味】

そもそも続柄(つづきがら)とは何でしょうか?続柄は、血縁関係や婚姻関係を示すために使われます。一般的には「ぞくがら」と呼ばれることもあります。つきつめていくと結構煩雑で、続柄と書き方には決まりがあり、記入する書類によって書き方が変わることもあるのです。正式な記載が必要な公的書類もありますので注意が必要というわけなのです。 日本では戸籍制度がとられていますが、続柄というものは戸籍と深い関係があります。「住民票上の続柄」とは、一つの世帯に同居している人との関係を表します。「戸籍上の続柄」は血族、姻族、配偶者の関係等を表しているものなのです。 親族関係では尊属、卑属の他、直系尊属、傍系尊属など、定義が事細かに分かれており、すべて網羅するには複雑きわまりないしくみが存在しているのです。今回はこれらには触れず、私たちの日常社会生活で必要とされる続柄と書き方にフォーカスして進めていきましょう。

続柄の【種類】

一般的に使われている続柄の種類

実際に申請書類を記載するときに使われる続柄とその書き方は大体決まっています。具体的な例を見ていきましょう。 まず実際に書類を記入する時には、記入する書類を提出する人の続柄の書き方は、「本人」となります。書類を提出する人(本人)から見た家族や親類の続柄の書き方を下記に記載します。必要な時に、必要な家族分が使えるよう、ご参考になさってください。

書類提出者との関係続柄
兄弟、姉妹兄、姉、弟、妹、長兄、次兄、次弟、長姉、次姉、次妹など
配偶者の父母父、母、義父、義母、岳父、丈母 ※「岳父」妻の実の父 「丈母」妻の実の母
孫、孫息子、孫娘
父母の親(祖父母)祖父、祖母
配偶者の兄弟、姉妹兄、姉、弟、妹、義兄、義姉、義弟、義妹
配偶者の父母の親祖父、祖母

続柄の一覧(子・妻・夫)と書き方

一般的な提出書類を記入する際に、とりわけよく使われる続柄が、子・妻・夫の3つではないでしょうか? ここでは子・妻・夫の場合の続柄一覧と書き方を記載しておきます。 自分が日常的によく使う続柄と続柄の書き方については、セットで覚えておくようにするとあとあと便利で役にたちます。時代とともにそうそう変わるものでもありません。一度がんばって覚えてしまいましょう。

【本人】の場合の続柄の書き方

本人の場合、記入する書類のフォーマットによって書き方が異なります。 ●「世帯主」という欄がある場合 世帯主欄に「自分の名前」 続柄欄に「本人」 ●「氏名」という欄がある場合 氏名欄に「自分の名前」 続柄欄に「世帯主」

【子】の場合の続柄の書き方

よく使われ、目にすることも多いのが、子の続柄と書き方です。知っているようで以外に知られておらず、間違いやすいのが子の続柄の書き方になります。 戸籍上の続柄の書き方は、「長男・二男・長女・二女」となり、数字の二を使った書き方をします。よく使われている次という字を使った、次男・次女は、続柄の書き方においては間違った書き方になりますので注意が必要ですね。 一般的な書類では、プライバシー保護の目的のために、続柄の書き方はすべて「子」と統一されています。

また、血のつながりのある子なのかどうか、続柄と書き方で明確化しなければならない場合が提出書類により発生する可能性があります。そうなってくると、判断も細かく、続柄の書き方も複雑になってきます。 住民票をとるための申請書に記載する続柄と書き方の例をあげてみました。

書類提出者からみた関係続柄
嫡出子
特別養子
養子
嫡出でない子(世帯主である父に認知されている場合)
嫡出でない子(世帯主である父に認知されていない場合)妻(未届)の子
妻の連れ子妻の子
夫の連れ子 夫の子

連れ子か、認知されているかどうかで記載時の判断がわかれ、続柄の書き方で書類提出者との関係をはっきりと示さなければならないのです。難しいですね。

【妻】の場合の続柄の書き方

こちらも大変く使われる続柄、妻 についての書き方です。妻を表す続柄と書き方は、読んで字のごとし、単純明快で覚えやすいですから、ここで覚えてしまいましょう。

提出者からみた関係性続柄
妻、家内

【夫】の場合の続柄の書き方

次にこちらも頻繁に使われる続柄、「夫」。夫の続柄の書き方も、妻の場合と同様に、基本形はシンプルです。ただし夫が養子である場合や婿養子である場合の続柄の書き方には注意が少し必要となります。

書類提出者との関係性続柄
夫、主人
事実上の養子である夫縁故者
養子縁組をしtら婿養子である夫
養子縁組をしていない婿養子である夫子の夫

書類を記入しようと思っても、続柄と書き方で手が止まってしまいそうですね。該当のある方はぜひ丸暗記で覚えておきたい続柄と書き方のひとつです。血縁や認知、養子縁組は戸籍制度の中では重要事項なのですね。

自分の家族の正しい続柄と書き方はご存知ですか?間違いなくすぐに記入できるように、正しい続柄とその書き方を覚えましょう。

続柄の記載が必要な場面と書き方

一年に必ず何回か記入することになる「続柄」

続柄はいつ記入するのでしょうか? 続柄の記入が必要になる場面について考えてみると、公の書類の提出の際、続柄の記入が必要であることがわかります。 では、どんな書類で続柄が必要なのでしょうか? 給与所得者の方であれば、毎年給与支払者に提出する扶養控除申告書や家族の増減があった際に提出する健康保険や年金関連の書類が挙げられます。 給与所得者でない場合でも、生命保険の申し込みや戸籍関連書類や住民票取得、印鑑証明取得などにも続柄の記載が必要になります。また相続や譲渡関連の手続きにも続柄の記載が必要となります。 また入院や手術の際にも、家族の続柄と書き方が必要となることもあります。なじみがないようで案外私たちの生活に身近なのが続柄と書き方なのです。 上記に例としてあげたどの書類も大切な書類です。続柄や書き方が間違ってしまうと差し戻しになってしまうことがなきにしもあらずです。人生の節目であたふたしないよう、一般的な続柄の書き方と、正式な続柄の書き方、こと自分に関連する続柄と書き方については、どんな書類を記入する際でも困らないように覚えておきたいものです。

「続柄」の正式な書き方

今まで見てきたように、人生や会社生活の節目節目で必要になる書類を提出する時に、続柄と正しい書き方が必須になります。公的書類だからこそ、正しい続柄と続柄の書き方は重要で、一般常識として知っておく必要があることがおわかりいただけましたでしょうか? 書類に記入する正しい続柄と書き方についてのポイントは、「誰が書類を提出する本人であるのか?」を間違えないことです。そして、書類を提出する本人から見た関係性が続柄とその書き方となるのです。 ですから書類を記入する本人が自分なのか、父なのか、母なのか、子なのかでも正しい続柄と続柄の書き方は変わってくるのです。また、履歴書、扶養控除申告書や一般的な書類と住民票では、続柄の書き方が異なる場合も発生します。 例えば、一般書類などでは「祖父、祖母」「義父、義母」などを使ってもまったく問題はありません。しかし、住民票、戸籍関連書類などの公的書類の申請書の場合ではそれぞれ「父の父・父の母・母の父・母の母」「夫の父の父・夫の父の母・夫の母の父・夫の母の母」「妻の父の父・妻の父の母・妻の母の父・妻の母の母」という正式な続柄の書き方にする必要があるのです。こんなに長い正式な続柄、皆さんはご存知でしたか?申請書の記入欄が足りるのかと、知れば知るほど心配になってしまいますね。 相続や譲渡で使用される正式な続柄、一生に何度使うことになるのかわかりませんが、いざという時に続柄と書き方を知らなかったでは済まされそうにありません。困ってしまいそうです。覚えておいて損はありませんね。

よく使われる続柄とその書き方

書類を記入する本人から見た続柄と続柄の書き方の一覧。(親等つき) 書類記入の際にこのまま参考にできる続柄と書き方です。

【保存版】 本人から見た続柄早見表。 書類記入する本人からみた家族の続柄と書き方を、多く使われるものを中心にまとめた早見表。

本人から見た続柄早見表とその書き方

【保存版】 一目でわかるように続柄とその書き方と親等をわかりやすくまとめた早見表。 扶養者の範囲を簡単に一目でとらえることができて便利です。

【保存版】 慶弔はがきなどで使用される続柄と続柄の書き方早見表。 この表があれば慶弔はがきでよく使われる続柄と書き方もばっちり網羅されています。

続柄と続柄の書き方お役立ちサンプル集

続柄と続柄の書き方の記入例サンプルです。

よく使われる続柄と書き方の表をいくつか上に掲載しましたが、実際に続柄と書き方を示した、提出書類の記入例サンプルを下に集めてみました。

住民票の書き方サンプル

住民票を取得するときの、続柄と続柄の書き方の記入例サンプル。よく使われる公的書類申請の代表格。ここで続柄と書き方を覚えてしまいましょう。

扶養控除申告書書き方サンプル

給与所得者の年末調整に使われる扶養控除申告書。 右上に本人の続柄と書き方が必要になる他、扶養家族のある方は家族それぞれの続柄と書き方が必要とされる申請書の代表例。 今年度分と翌年分の2年分の申告書記入を同時に求められることもある書類です。税務関連の書類のため自筆記入が必要ですので、間違えた場合、訂正印をおして書き直しになってしまいます。(または新しい用紙に記入しなおす) 扶養者のない方や単身世帯であっても、給与支払者にこの用紙を提出していないと高い所得税率が適用され、手取りが減ることになってしまいますので、提出をお忘れなきように。 ちなみにこの用紙は、2か所以上から給与収入を得ている方の場合、メインの給与支払者1か所にしか提出することができません。生計の大半となる給与を支払ってくれる支払者に提出するようにしましょう。そのほうが天引きされる所得税が低減されるのでお得です。

扶養控除申告書への続柄と続柄の書き方の記入例サンプル。

続柄と続柄の書き方はこれでばっちりですね!

続柄は間違えてはいけない

続柄は本来、戸籍筆頭者や、世帯主といった親族の中心人物からみた間柄を示しているものであり、その人の出自や、誰と共に生活をしているかを明らかにするための言葉となっています。 住民票に記載する続柄は、住民基本台帳事務処理要領でしっかり書き方が定められております。一例をあげると、子供は生まれた順番や嫡出子・養子に関わらず、「子」と記載する決まりになっています。 ただし、続柄の書き方は書類によってそれぞれ異なる場合があり、確定申告書は住民票と同じように「世帯主からみた間柄」を記載するのですが、年末調整の扶養控除申告書では「申告者からみた間柄」を記載する決まりになっています。 年末調整や確定申告の書類における続柄の書き方は住民票のように細かな規定は存在しませんが、それらは公的な書類なので、誰を起点にした続柄について書くのかを考えながら適切に続柄を記載しましょう。

関連タグ

アクセスランキング