IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

勉強・ビジネスでの計画の立て方のコツ|研究/経営/年間

経営

計画の立て方はシーンによって異なります。勉強の計画の立て方やビジネスでの計画の立て方を詳しく解説していきました。勉強の計画の立て方としては、研究やテスト勉強や研修におけるシーン別で解説していきました。計画は成長において大切なので人生で生かしていきましょう。

更新日時:

勉強の計画の立て方とは?

勉強の計画の立て方について解説していきます。

研究

研究における計画の立て方は、まずは仮説を考えるところから始まります。しかも、仮説を考える段階の前に下調べが必要となります。下調べの時間も計画に含まなければいけません。なぜならば研究と言うのは題材がものをいいます。その題材として良いものをチョイスしなければ後から題材を変えると言うことになりかねません。だからこそ最初の下調べを慎重にしなければいけません。 下調べも計画の内に入れて、題材が決まれば、その題材に基づいた仮説を考えます。仮説は、先人たちが出した答えとは違うものを考えなければいけないので、また先人たちがどのような研究をしてきたかと言うことをしっかりと調べます。 そして自分にあった題材と仮説が決まったら、今度の計画の立て方と言うのは、どのように研究を進めていくかと言う具体的なことです。文系なら文献を読み込む時間がとても必要ですし、理系なら実際の実験について学ぶ必要があります。

指導者からのアドバイスが大切

研究と言うのは、指導者からのアドバイスがとても大切になります。その指導者が立派な人であるゼミなどは人気となってきます。論文を書くにあたって、論文をたくさん書いてきて学位を持っている研究者と言うのは優れたアドバイスができます。その優れた指導者のもとで研究をしていく事は自分の研究計画の立て方にとても役に立ちます。 ですから、自分流のやり方を使って研究を進めるのではなく、素晴らしい指導者のもとでそのアドバイスをしっかりと聞きながら計画を立てるのが一番いいです。 その研究者の学位は論文をたくさん書いてきたことによるものです。だから、論文の書き方と言うものを心得ています。経験が全く違うので自分が違うと判断してもその先生の言うことを優先して聞いた方が良いでしょう。

テスト勉強

テスト勉強をする際の計画の立て方についてご紹介していきましょう。まずはテスト勉強と言うのは、ゴールがあるから勉強します。ゴールと言うのはそのテストに合格することです。なので、合格すると言うことを目標に勉強の計画を立てなければいけません。 目の前にあることをやりたいのは人間の性ですが、きちんと無駄なものと無駄でないものをはっきり分けて勉強しないと、とても時間の無駄になります。人生と言うのは時間が限られている有限の生き様です。そんな有限の時間の中で、しかも限られた期間の中で合格しなければいけないと言う状況の中ではやはり時間は有効に活用すべきです。 時間を有効に活用することができれば、合格ができます。もちろん基礎知識と言うものをつけなければいけない時間と言うのはありますが、ひとまずその基礎知識というのがしっかりと身についているというていで解説していきます。

まずは過去問を見よう

例えば、大学入試や高校入試などの入試においての勉強の計画の立て方について見ていきます。入試と言うのは定員の数の上限の中に入っていなければなりません。だからこそ何点以上で合格すると言う英検のようなテストとは質が違います。 その中で勝っていくには、やはり他の人よりも効率的な勉強が必要となります。そこで最初に得べきは、入試の過去問です。過去問と言うのはとても大切なものです。過去問を直前の模試のような感覚で解いてはいけません。 過去問と言うのは分析するものです。過去問とはどういう風な出題の仕方をされているのかと言うことが明確にわかる問題集です。そんな便利な問題集を蔑ろにして、勉強を始めるのは本当に非効率なことです。まずはその学校がどういう問題を出してきているかと言うことを頭で理解し、そこから問題演習に励むのが良いでしょう。

研修

研修における計画の立て方と言うのは、与えられた研修の内容に沿って立てましょう。研修において必要な事は、やる気と計画をしっかりと実行できる力です。その研修をこなすことでその仕事のスキルを身に付けるような計画を立てます。 計画の立て方としては、「〇〇ができるようになるためにこれをする」と言うことが基本となってきます。それを研修が終わるまでの日数で逆算していき、3日でこれを終わらせると言うふうな目標を立てます。

ビジネスでの計画の立て方

ビジネスでの計画の立て方について解説していきます。

経営

ビジネスにおける計画の立て方はたくさんあります。まずは、経営、売り上げ、営業でまた計画の立て方が変わってきます。まず、経営における計画の立て方は、自分を知ることから始まります。そして、自分ができることと顧客が求めている事を分析します。そして自分がこうありたいと言う理想と現実との違いを知る必要があります。 計画を立てる上で大切な事は、まずはコンパクトにまとめることです。例えば紙1枚にまずはまとめることから始めましょう。 経営計画の立て方の基本的な部分として、必要項目が6つあります。まず経営の意義、経営の理念、経営の見通し、内部の環境や外部の環境、経営目標、経営の今後の方針ということが考えられます。

経営計画の立て方の重要な6つの要素

計画の立て方においてその6つの基本的な部分はとても大切です。 まずは、経営の意義についてですが、なぜ経営を計画しているのかと言う意義をはっきりさせることが大切です。経営の理念で企業の決まり事を作ることが大切です。次に経営の見通しとしては、計画の中心となるものなので、しっかりと見通しを作り、それを見据えて系の企画を進めていく必要があります。 次に外部環境と内部環境ですが、この環境の分析が経営の見通しの元となります。経営目標は、経営の見通しにつながっていくとても重要なものです。そして、経営方針は経営の目標を実現するための情報や人やモノや金の扱いを決めるものとなります。

売り上げ

売り上げの計画の立て方と言うのは、利益を出すために大切なことです。事業企画書を作る中で、最も重要なものの1つです。あまり理想を高く持たず、達成できるような売り上げ計画の立て方が大切です。 顧客をまずはグループ分けをします。各顧客別の売り上げ構成比をとっていきます。このときの売り上げ構成比は基本的には自社の売り上げに対するもので判断していきます。次に、最重要顧客グループの売り上げ計画を立てます。1番買ってくれる顧客の売り上げ計画を作ると言うことです。次に重要顧客グループの売り上げ計画を立てていきます。そしてその他の顧客の売り上げ計画を作ります。 それらの売り上げ計画を取りまとめます。こうすることで売り上げ計画を良い立て方で進めることができます。

営業

営業の計画の立て方は、目標を数値化することと実現可能な目標にすることが大切です。あまりに理想の高い計画を立ててしまうと、自分が素行に到達できないと自己嫌悪に陥ってしまうからです。まずは、時間で区切るような計画の立て方をします。 1年1ヵ月1週間1日で目標を立てていきます。予算が与えられていたりすることがあるので、その予算をもとに作っていきます。その予算をもとに自分で立てた計画を行動に変えて、契約やアポイントメントやテレアポは何件必要となってくるのかということを明確にする必要があります。 そこの目標の立て方は、成約率とアポ率が大切です。しっかりと自分の成約率とアポ率を分析しこれからの計画に役立てていきましょう。

計画の立て方のコツ

計画の立て方のこつについて解説していきます。

質と量を区別する

計画の立て方のコツというのは、時間と質をしっかりと区別することです。質を重視して時間をかけすぎてはいけないし、時間を重視して質を下げてはいけないからです。 まず計画を立てるならば、時間を計算して行った方が単純で明快です。やらなければいけないことをリストアップします。 そして期限までの時間を算出します。そこから自分の睡眠時間や休憩時間などを聞いていきます。ここで、自分に厳しくしてはいけません。休憩時間は多く見積もりるうにしましょう。基本的に睡眠時間は8時間と設定しましょう。なぜなら、もし最後の方で時間がないと言うときには6時間睡眠にして健康を害さない程度の睡眠時間でことを終わらせるような余裕が持てるからです。

時間算出の仕方

その算出した実質の活動できる時間から、やらなければいけない項目数をわります。例えば、三日間の猶予があり、実質の活動時間が 48時間であるとしましょう。そしてやらなければいけないことが8個だったら48÷8をすると1項目あたり6時間かけられることになります。 さらにその1項目を細分化します。例えば勉強で数学の問題集の6ページ分をやることを1項目としていたら1ページ×6と言うふうに細分化します。そうすると、1項目あたり6時間なので、1ページあたり1時間と言う計算になります。6時間と言うとたくさん時間があるように聞こえてだらけてしまうので、1ページ1時間と言うような緊張感のある時間にすることで、この時間内に終わらせてやろうと言う強い気持ちが出てきます。 この時間の中でやりくりしようと言う気持ちが起きれば計画を立てた甲斐があります。

年間の計画の立て方

年間の計画の立て方としては、まず、目標を立てましょう。ゴールを決めないやることも決まってきません。自分が目標とすることに対する計画を立てるのが年間の目標の計画を立てる上基本となることです。 まずは全体の目標を立ててから、1ヶ月ごとの目標や計画を立てましょう。人物事わを細分化しないと「あとからでいいや」という考えにいたり、実現できるものも実現することができません。 だから、1ヶ月ごとの計画、さらに細分化して一週間ごと、最終的には1日ごと計画を立てることとなります。計画を立てることはとてもめんどくさいことのように思えますが、人間は成長することに価値がある生き物なので、計画を立てることにより成長できます。 前年度より成長していれば儲けたと考えましょう。計画を立てることにより、前進ができます。だから計画を立てることは大切です。

計画を立てることは大切なこと

計画の立て方はシーンによってたくさんあります。勉強の計画の立て方やビジネスでの計画の立て方を詳しく解説していきました。勉強の計画の立て方としては、研究やテスト勉強や研修におけるシーン別で解説していきました。ビジネスでの計画の立て方は、経営と売り上げと営業における計画の立て方を解説していきました。これらの計画の立て方を生かして自分が向上できるように精進しましょう。

関連タグ

アクセスランキング