IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

臨床心理士の資格難易度|大学・通信教育で資格取得は可能?

業界・企業研究

今日では、カウンセラーなど臨床心理士の資格を必要とする職業が多いです。多忙な毎日の中で、どうやって臨床心理士の資格を取ろう?と考えている人も多いはず。今回は、試験内容から資格更新手続きまで、臨床心理士という資格の実態を説明します。

更新日時:

臨床心理士とはこんな資格です

臨床心理士資格審査の近年の合格率は、毎年60%前半を推移しています。 合格率の数字だけ見れば、そこまで低いものではないように見えますが、大学院での専門的な勉強を経て 受験してる人がほとんどであることを考えると、そう簡単な試験ではありません。 専門性の高い試験となるため、確実な準備をすることが重要です。

臨床心理士の資格を取るメリット

例えば、大学で心理学を学んだ人であれば、大学外の機関による承認を得ることで、心理学の標準的な基礎教育を受けたということの証明になります。また、心理学の専門知識を発揮できる場面は、現代の職場において数多くあると言えます。 例えば、文部科学省が派遣するスクールカウンセラーや、病院のカウンセラーの多くも、この資格が必須です。

臨床心理士になるには

日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格することが必須条件となります。 受験に関しては、所定の受験資格の取得が必要です。 ただし資格試験を受けるためには、あらかじめ臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院の修了を基本モデルとする 受験資格の取得が必要です。

臨床心理士の受験資格

日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院(1種)を修了し、所定の条件を充足してる者、あるいは指定大学院(2種)を修了後 に1年以上の実務経験を積んだのち、臨床心理士の試験である「臨床心理士資格審査」に合格した者、 臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者、諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者、 医師免許取得者で取得後、心理臨床経験2年以上を有する者、のいずれかに該当する者に受験資格が与えられます。 指定大学院の1種であれば、修了後すぐに受験資格を得ることができます。 毎年秋に実施される試験に合格すると、晴れて資格取得となります。

臨床心理士試験の難易度

臨床心理士資格審査の近年の合格率は、毎年60%前半を推移しています。 合格率の数字だけ見れば、そこまで低いものではないように見えますが、大学院での専門的な勉強を経て 受験してる人がほとんどであることを考えると、そう簡単な試験ではありません。 専門性の高い試験となるため、確実な準備をすることが重要です。

試験内容

本試験は1次試験と2次試験に分かれています。1次試験は筆記試験でマークシート試験と論文記述試験が行われ、2次試験では面接が行われます。 筆記試験では、広く心理学の基礎的な設問が用意されているほか、臨床心理士の基本業務、臨床心理士に関する法律の知識といった 専門知識が問われます。

1次試験の内容

100題のマークシートによる「多岐選択方式試験」2時間30分と定められた字数の範囲内で論述する「論文記述試験」を1時間30分行い、この2種類を1日で実施します。 字数は1001字以上1200以内の範囲で論述記載することが求められています。

2次試験の内容

2次試験の面接では、臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、そして人間関係能力などが判断されます。 2名の面接委員による「口述面接試験」で受験者を個別に時間指定して実施されます。 1次試験での成績が一定水準に達している人のみ行われます。 単に専門知識や技術の習得度を確認するだけでなく、臨床心理士としての基本的姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力の実際が問われます。 面接試験の場を臨床心理面接のモデル場面のようなものと考え、日頃から臨床実践での備えをしておくことが重要であると言えます。 この2次試験は、臨床心理士になるための資格審査試験の中でも、特に専門性からの必然として重要な位置にあると言えます。

通信や夜間でも臨床心理士の資格取得は可能か

通信や夜間の学校でも、臨床心理士の資格取得までたどり着くことは可能です。 受験資格を得るためには、大学卒業後「財団法人日本臨床心理士資格認定協会」の指定大学院や専門職大学院への入学が必要となります。

どんな学校があるのか

通信の代表的存在である「放送大学」は指定大学院(第2種)に該当します。 第1種指定校に認定されてる大学院でも「夜間コース」を設置してるところがあります。 実際に、通信や夜間に学んでいる人は日中に仕事をしながら勉強と両立してる人が多いと言えます。 また、指定大学院の卒業後にいよいよ臨床心理士の資格の試験勉強するタイミングになれば、資格対策ができる学校(スクール)選びをすることになります。ここでも昼間開講だけでなく、通信講座や夜間に開講する学校もあります。 特に通信講座の場合は、費用が安いことや自分のスケジュールに合わせて勉強が続けられることがメリットです。

強い覚悟と努力が必要

通信や夜間で簡単に臨床心理士の資格が取れるかどうかは、その人次第と言えます。 臨床心理士の資格取得までには長い時間がかかります。大学および指定大学院や専門職大学院を卒業するまでに、ストレートでいけたとしても最低6年かかり、その後実務経験を積んだり、試験勉強したりして、ようやく資格試験が受けられるようになります。 そのため、臨床心理士の資格をとるために、何より求められるのは「忍耐力」と言えます。 それだけの期間、ひたすら勉強し続けることがができる気持ちがあるかどうかが重要です。 学んでいる途中に複雑な専門用語に加えて、研究や実習など「難しい」と思う場面も多くでてきます。 通信の場合は、仕事をしながら学ぶことになると思われますので相当の覚悟が必要になると言えます。

臨床心理士の資格更新の手続き

資格取得者の専門的資質を社会に保障するためのシステムとして「臨床心理士」には5年毎に資格更新が 義務付けられています。これは「臨床心理士」の生涯学習的課題ともいえるものです。 15ポイントの評価を前提に、この資格更新が実施されています。 臨床心理士の資格は医師のように生涯資格ではなく、研修を義務付けたうえでの資格更新という 国際的にも注目されている資格制度です。

資格更新の手続き

この手続きは、資格の発効日から5年毎に行われます。 具体的には、それぞれの5年を経過するまでに下記の6つの研修等のうち、1と2のいずれかを含めた 3項目以上にわたって参加したり、発表したりして、その合計が15ポイント以上を取得する必要があります。

15ポイント以上取得するための条件

(1)本協会が主催する「臨床心理士のための研修会」「心の健康会議」等への参加 (2)日本臨床心理士会が主催する「全国大会」および地区または都道府県単位の当該臨床心理士会が主催して行う「研修会」等への参加 この上記2つのうちいずれかは必ず行う必要があります。 (3)本協会が認める関連学会での諸活動への参加 (4)本協会が認める臨床心理学に関するワークショップまたは研修会への参加 (5)本協会が認めるスーパーヴァイジー体験 (6)本協会が認める臨床心理学関係の研究論文の公刊および著書の出版 1また2を必須として、3から6までを含めて15ポイントの取得で資格更新が可能となります。

更新手続きをする際に提出する書類

資格更新手続書、継続研修機会実績報告一覧表、継続研修記録簿、資格更新受付票、現資格登録証明書、顔写真1枚を用意します。 プログラムなどのコピーの提出や論文の場合は研究誌、機関誌の表紙、出版物の表紙や目次のコピーの提出などが必要になります。 それにプラスして、更新手続き料として20000円を支払います。

履歴書に記載する場合

平成○年○月○日 財団法人日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士資格審査 合格 平成○年○月○日 財団法人日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士 登録  と記載します。 履歴書に資格を記載する場合は、略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。 いかがでしたか? 臨床心理士の資格取得は、意外に大変かもしれませんが、持っておくメリットは多いはず。興味を持ったら、トライしてみるといいかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング