IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一風変わったグループディスカッションで面白いテーマ例

就活ノウハウ

今回は、グループディスカッション(GD)のテーマの中でも個性的な、ちょっと変わった面白いものを集めてみました。あなたが出会うかもしれない面白グループディスカッションテーマの例に、クイズのように取り組んで頭の体操をしてみましょう。きっと役に立ちますよ!

更新日時:

グループディスカッションの出題には3パターンある

多種多様、いろいろ何でもあり、とらえどころがないように見える出題テーマですが、じつはパターンがあります。パターンを知っておくと意見をつくりやすい、議論をすすめやすい、まとめやすいという3強の力を得られます。パターンごとに分けて、面白テーマ例をお伝えしましょう。

グループディスカッション面白テーマ「定義型」

広辞苑のように、言葉の定義を自分たちで決める、 というものです。 ①地球上で一番しあわせな国はどこか? ②もてる男性、もてる女性の条件 ③雪を見たことがない人に雪とスキーを説明する

「定義型」の対策ポイント

曖昧なことばをハッキリさせましょう。 例えば「地球上で一番しあわせな国」について話すならば「しあわせって何?」ということです。お金持ちなことなのか、資源が豊かなことなのか、あるいは・・・。そこで「しあわせ」であることの条件を決めていき、条件に合った国をデータを元に照らし合わせていきます。

グループディスカッション面白テーマ「課題解決型」

もっとも一般的なグループディスカッションの出題型です。発生している問題の解決案をメンバー間で議論して導き出します。

①SMAPの関係を元通りにする方法 ②鬼退治に一番貢献したのは誰? ③ただの石を3万円で売るには? ④無人島に一つゲームを持ち込むなら何? ⑤新しい戦隊ヒーローを考えてください

「課題解決型」の対策ポイント

このミッションにかかわらず、GDでは回答が評価されるわけではないので、回答までにたどり着くプロセスを大事にしましょう。 ①現状の問題点 ②原因分析 ③解決策の提示 例えば「鬼退治に1番貢献したのは誰?」という出題のとき、ありがちなのがいきなり「誰?」の部分で提示しあってしまい、決められなくなること。まず、「鬼退治」という課題、その原因「鬼」について話し合っていき、そこから最も適切な「鬼退治の担当者」が犬・サル・雉の中からみつかっていくでしょう。

グループディスカッション面白テーマ「フェルミ推定型」

ウィキペディアでは「 実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算すること。」と定義されています。

①世界に“ポケモンGO愛好者”は何人存在する? ②トイレットペーパーの消費量は一年にどれくらい?

「フェルミ推定型」の対策ポイント

正確な解を求める必要はないので、論理的に考える過程をみられます。この型の問題で大切なのは “考えやすいレベルに、テーマを分解する” ということです。例えば「世界にいるポケモンGO愛好者の数」であったら、 ①まず「世界」をいくつかの地域に分解 ②地域ごとに人口の概数を出す ③「愛好者」の定義をきめる ④「愛好者」数を身の回りから割り出す …といったプロセスを踏んでゴールに行きましょう。

おわりに

いかがでしたか?クイズやパズルのようで、こんなテーマだったらグループディスカッションは楽しいですね。1人で考えてもいいですが、一度まわりの友達同士などで話し合ってみると刺激的ですよ。この後もどうぞ就活を楽しんで乗り切ってください!

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)