IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

html5の資格難易度・勉強方法・参考書・試験対策・問題例・合格率

ビジネスマナー

プログラミング言語の中でも比較的簡単に学ぶことのできるHTML5。実はこのHTML5、専門の資格があるんです!今回はそんな多くの人に触れられながらも、実は奥の深い「HTNL5」についてより知ることのできる資格をご紹介します!

更新日時:

そもそもHTML5とは?

HTML5の公的なサイトは”HTML5 は、 HTML4 に代わる次世代 HTML 仕様”ということを発表しています。つまりHTML自体はWebページを表示させることを目的とした「マークアップ言語」と呼ばれるもので、その中でも複雑だった処理を簡単にできたり、構造がきれいにかけたりするなど、ブラッシュアップされた言語がHTML5です。 現在では新規でサイトを立ち上げる際にはほとんどこのHTML5と、「CSS3」がセットで使われており、フロントエンドエンジニアとして実力をつけていく人はもちろん、エンジニアとして生きていくのであれば、必ず学んでおかなければならない言語のひとつといえます。

HTML5の資格って何があるの?

HTML5の資格には、特定非営利活動法人(NPO)エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、始めた「HTML5プロフェッショナル認定試験」というものがあり、技術レベル・難易度に応じてレベル1とレベル2に分かれてます。企業内や研修機関でも、客観的な基準で評価ができるものとして、キャリア形成に役たちます

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1

「マルチデバイスに対応した静的なWebコンテンツを HTML5を使ってデザイン・作成できること」を証明する資格です。出題範囲としては主に下記になります。 ・HTML/HTML5マークアップ  →HTML5に関するタグの用途、構造の組み立て方に関する技術 ・ビジビリティ  →CSS3などを用いて、デザイン仕様に沿った見やすい表示を行うための技術 ・レスポンシブWebデザイン  →一つのソースで、スマートフォンなどの様々なデバイスの画面サイズに   対応させるための技術。※ここがまさにHTML5の醍醐味ですね!

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2

「システム間連携や最新のマルチメディア技術に対応したWebアプリケーションや動的Webコンテンツの開発・設計ができること」を証明するための資格です。 出題範囲としては、レベル1と比べて範囲が多岐に渡るだけでなく、 それぞれの範囲に求められるスキルもかなり高いものになっているので、 挑戦のしがいはあるかもしれませんね!

HTML5の資格を取ることによるメリット

資格をとることによって発生するメリットについていうと、 レベル1を取得した場合と、レベル2を取得する場合によって、 変わってきます。 レベル1を取得した際は ・HTML5を使って静的なWebコンテンツの作成 ・ユーザビリティ・ビジビリティの高いWebコンテンツの設計・作成 ・スマートフォンや車載システムなど、様々なデバイスに対応したコンテンツの作成 スキルレベルでいうと、環境にもよりますが、実務経験1〜2年レベルぐらいです。資格なので当然、実務経験が足りていなかった場合などにおいて、補助する働きを持つので、例えば学生でこれから就活をする際や、別業種で働いていて、フロントエンドエンジニアになる人にはメリットが発生する幅が大きいのではないでしょうか? レベル2を取得した際には、 ・動的に動作させて高いユーザビリティを実現するリッチユーザインターフェイスアプリケーションの作成 ・マルチデバイスに対応し高パフォーマンスで動作する動的コンテンツの作成 ・システム間連携を行いリアルタイムな情報を提供するアプリケーションの開発 ・マルチデバイスに対応する業務アプリケーション、マルチメディアコンテンツを活用したWebページやゲーム、スマートフォン向けのWebアプリケーションなどの動的なコンテンツの作成 つまり単にLPやコーポレートサイトを作成するだけでなく、複雑なWebサービスや、ゲームのフロント側の実装ができるレベルのスキルが身につくということです。 例えば、受託系の会社でサービス系・ゲーム系の会社に就職したいという方には、向いている資格かもしれません。

HTML5の資格の合格率

合格率が明確に定められているわけではありませんが、公式サイトによると、約7割程度の正答率で合格できるような設定となっているそうです。レベル1の方でいうと、この正答率は比較的取りやすいですが、レベル2でいうとかなり難しくなってくるのではないでしょうか? 実際、レベル1とレベル2の比較グラフがあるのですが、その差は明らかです。レベル2でいうと憶測ではありますが、10%〜20%程度です。

トピック2796/要素65024

HTML5に合格するためには

合格するためにはどういった対策を立てる必要があるのか。色々あるかと思いますが、基本的には講座やセミナー、スクールが充実しているわけではないので、自分で勉強をする必要があります。

参考書

資格の取得に特化しているというわけではありませんが、おすすめの本を3つほどまとめました!Webスクールなどで勉強できる場所が少ないため、自学自習の必要があるため、参考書を読んで勉強をしましょう。

・スラスラわかるhtml cssのきほん

・いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門

・HTML5&CSS3レッスンブック

・HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 対策テキスト&問題集

過去問

参考書で体系的な知識を身につけた後は、試験に向けた対策をみてみましょう!HTML5の資格試験公式サイト自体では、公に過去の問題や、例題を公開しているので、これを元に勉強するのがいいでしょう。 また、レベル2を受ける際には、勉強が必要なボリュームもまた増えてくるので、下記のような参考書も参考にしてもらえるといいかもしれません!

どれくらいのコストがかかるのか

HTML5の資格とやるべきことについて、つらつらと書いてきましたが、最後に取得するしないの判断をするために必要になってくるのが、「どれだけのコストがかかるのか」。基本的には、時間と金銭的にコストが発生しますので、2軸にわけて考えていきます。

勉強時間

どれだけ勉強時間が必要になるのか、それは人によって様々だと思いますが、レベル1であれば、短いケースだと1ヶ月ほどで取得ができるということでした!これは未経験から勉強して、というベースです。ここから考えると、おそらく実務経験があれば、1ヶ月以内には終えることができるでしょう。 レベル2に関しては、やはりレベル1に比べて難易度が高く、一概にどの程度勉強すれば、という基準では言えない部分があります。ただ、普段業務でJavaScriptを用いたアプリケーション開発を行なっているような技術者も対策なしでは合格することはかなり難しいので、0からだと相当な工数を見込まなくてはならないです。

費用

HTML5資格取得にかかってくる費用としては、受験料と勉強費用の2つにわかれます。受験料としては、レベル1、レベル2ともに1万5千円がかかってきます。 あとは参考書等の代金になりますが、レベル1程度であれば、インターネット上の情報と、公式サイトの過去の問題をチェックすれば、基本的には対応できるので、最小受験料のみで済みます。 ただレベル2取得となると、それ相応の対策は必要になってくるかと思いますので、おそらく2,3冊の参考書の購入まで考えると、2万円弱ほどです。2万円弱というと、高いように思われるかもしれませんが、他の資格取得にかかる費用から考えると、比較的安価と言えるのではないでしょうか!?

試験日当日!

試験の準備が完了したら、あとは当日ですね!試験会場については、場所と日時ともに自由に指定ができるので、遠出等も必要なく安心ですので心を落ち着けて最大の成果を出せるように、頑張ってください!

ITで活きるスキルHTML5を学ぼう

いかがでしたか?HTML5を使えばWeb上での表現の幅が広がります。特にフロントサイドエンジニアですととても有効なのでぜひ学んでみてくださいね。

関連タグ

アクセスランキング