IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

VRとARの違い・AR市場とVR私情の規模と推移・事例の紹介

テクノロジー

この数年、インターネットや新聞でよく目にするようになった「VR」と「AR」。どちらもスマートフォンなどのモバイル端末との親和性が高く、世界中で開発が進んでいます。市場規模も拡大を続けているVRとARの違いを確認していきましょう。

更新日時:

VRとは

VRとはVirtual Realityの略で、一般的に「仮想現実」と訳されます。主にコンピューターや電子技術を用いて、人間の視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚といった五感を刺激し、あたかも現実かのように体感させる概念や技術として利用されています。広義にはテレビ、映画、シミュレーションタイプのゲームも、自宅に居ながら世界の風景や創造上の物語に「没入感」を得られれば、VRと言えるでしょう。 2016年はVR元年と呼ばれ、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRなどハイエンドVR機器が多数発売されました。

VRの基本の仕組み

基本的な仕組みとしては、目の前にディスプレイを置き、顔の向きに合わせて見せるべき映像を表示させるというものです。 VR映像というと、頭に特殊なヘッドギアのようなものを装着している姿を思い浮かべると思います。この頭に付けている装置は「VR HMD」といいます。VR HMDの「HMD」は、「Head Mounted Display(ヘッドマウントディスプレイ)」の略で、頭からかぶり目前にディスプレイを配置するタイプのシステムです。視界を覆うかたちでコンピュータグラフィックスを見せることができるため、まるでその映像の世界に入り込んだような感覚を作り出せるという特徴があります。 現在発売されていたり、発表されていたりするシステムはどれも基本は同じです。目の前にディスプレイを置き、顔の向きに合わせて見せるべき映像を表示させるという仕組みです。

VRは目の前に立体的な映像が現れる

立体視を実現するためには右目用映像と左目用映像を切り分ける必要がありますが、3D映画や3Dテレビなどに比べるとVRはシンプルな仕組みで、目の前にある液晶を単純に区切って右目用と左目用の映像に分けます。そして、それぞれの映像を見やすいようにレンズを配置します。ちなみに、視力や左右の眼球間距離には個人差があるので、多くのVR HMDにはレンズの位置を調整する機能が備わっています。 さらにVR HMDには、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー等が入っていて、これらは「顔の向きを検知」する役割を果たしています。コンテンツ側は、VR HMDから顔の向きの情報をもらってそれに合わせた映像を表示させます。 発表済みの機種の中には、安価なものだと1万5000円弱で購入できるものもあります。

VRの活用例

①エンターテイメント VRの活用が最も進んでいる領域はゲーム業界と言っても過言ではありません。今までの二次元でのゲームと比べて、VRゲームはより「現実感」があり、「没入感」もより大きくなると言われています。自分はゲームの中の主人公となり、武器を持って戦っているような感覚が味わえます。また、映画、音楽などの分野でもVRが利用され始めています。

②360°VRパノラマ動画 かつては360°を一度に撮影するためには、必要に応じて数台のカメラを用意する必要がありましたが、今はVR技術によって、360度パノラマムービーで撮った動画は上下・左右・拡大縮小とユーザーが任意の場所を見ることができます。YouTubeでも、たくさんの360°全方位パノラマ動画がアップロードされています。

VRの活用場面はゲームだけじゃない

③医療 医療の分野でもさまざまな応用が始まっています。社会不安や飛行恐怖症、会話恐怖症、高所恐怖症などを持つ患者は、VR技術によって快復したケースが報告されています。そして、VRは生理治療の面でもとても役立ちます。手術をするとき、患者の注意力は仮想現実世界に没入して、身体的な痛みを忘れることができるとされています。また、医学生の医療トレーニングにもVRが用いられ始めているようです。

④教育 アメリカでは、特製のVR教室で火星の環境を再現し、学生たちは火星の地表にいるものを自分の目で見ることができるという学習方法の確立も進んでいます。もちろん、バーチャルリアリティによって、火星だけでなく、今知っている限りのところを探索することができます。このように、教材だけでなく、自分自身が教材の書かれた内容を見ることができ、教育効果を最大化することができるのです。

⑤ショッピング 今はまだ普及していませんが、VR技術を用いてショッピングをすることもできます。町へ買い物に行くのは疲れるから嫌、でもネットでショッピングならその服は自分と似合うかどうかもわからない。そんな時はVRヘッドマウントディスプレイをかけて、自分がその服を着る姿を見る。家にいるままで気に入るものを購入できるという世の中になるかもしれません。

⑥通信 テレイグジスタンスとは、遠く離れた場所からでも同じ空間を共有し、その場にいるかのような感覚を味わえる通信手段です。これも1つの「ヴァーチャル リアリティー」です。今は通信の技術がまだ備わっていないですが、例えば通信が個人レベル技術が向上すれば、家にいながら学校や会社へ行くことができるようになってきます。

VRの特徴

VRの最大の特徴は、「没入感」です。 ゴーグルのようなものをかぶり、映像や音響でつくり出した3次元空間を投影する機械が主で、中にはグローブやコントローラーなどを装着し、触覚を体感できるものもあります。 この装置は、装着したまま後ろを向けば、頭や目のの動きに合わせて映像も動くようになっています。そのため、ゲーム・映像・映画・エンターテイメントなどの分野を仮想空間上で体験することができ、テレビや映画館で見るよりもその世界に入り込むことができます。

ARとは

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは、「拡張」という言葉が指す通り、現実世界で人が感知できる情報に、「何か別の情報」を加え現実を「拡張」表現する技術やその手法のことです。ARは、現実空間に付加情報を表示させ、現実世界を拡張させます。つまり、VRは現実世界とは切り離された仮想世界に入り込みますが、ARはあくまで現実世界が主体です。

ARの基本の仕組み

ARにはいくつかの仕組みがありますが、視覚情報に、視覚だけでは感知できない情報を付加して表示するタイプのものが今はポピュラーです。例えば、スマートフォンやタブレットのカメラ映像に表示される現実世界の映像に対して、位置情報などのデータや、実際にはその場にないはずの映像やCGを重畳させて表示するといったものです。

ARの種類

ARは、現実の世界にデジタル情報を呼びだすきっかけとして、2Dの画像を認識して情報を重ねる画像認識のARやGPSを利用した位置情報から認識する、位置認識のARなどがあります。 また、3Dや空間を認識して呼び出す空間認識もあります。

ARの活用例

①メガネ型コンピュータ Googleは、メガネ型コンピュータ「Project Glass(プロジェクト・グラス)」を開発しています。自宅の窓から外を見上げると天気予報が表示されたり、地下鉄の駅に行くと「地下鉄はいま不通です。歩いて行くルートはこちら」と言って道案内してくれたり、街で気に入ったアーティストのコンサートのポスターを目にして「このコンサートに行こうかな」と独り言を言うと、Googleカレンダーにスケジュールを入れてくれたり。商品化はまだ先になりそうですが、現実味がありますね。

②カーナビ パイオニアのカーナビ「サイバーナビ AVIC-VH99HUD」と「AVIC-ZH99HUD」は車載用のヘッドアップディズプレイを使い、フロントガラスの先にある実際の風景上にAR情報を投影します。普通のカーナビは専用ディスプレイの中の地図と音声で「300m先、右方向です」などと案内をしてくれますが、このカーナビはそれに加えて、フロントガラスの3メートル先にグラフィカルな情報を表示しながら案内をしてくれます。

③ゲーム 任天堂のゲーム機「ニンテンドー3DS」に内蔵されているカメラを使って遊ぶのがニンテンドー3DSダウンロードソフト「ポケモンARサーチャー」です。ニンテンドー3DSのカメラを使って、自分の部屋やいろいろな所で、さまざまな場所にカメラを向けることで、そこにポケモンが登場します。現実世界を舞台に、ゲームを楽しむことができます。 ニンテンドー3DSのカメラとジャイロセンサー機能を使って、実際にポケモンがすぐそこにいるかのような、臨場感のある体感シューティングを楽しめます。この他、任天堂ではニンテンドー3DSのカメラを使うゲームにARを多く取り入れており、ゲームの世界でARが一般的になれば、手元にある端末を対象物にかざして情報を得る、ということがもっと一般的になっていくと考えられています。

④ハイブリッドフィギュア ガチャガチャで買うフィギュアにもAR機能が付いたものがある。「HYBRID GRADE(ハイブリッドグレード)」は、ガチャガチャで買える仮面ライダーやONEPIECEなどのフィギュアに、App StoreやGoogle Playでダウンロードできるアプリ「HYBRID GRADE AR」をかざして楽しむものです。たとえば、仮面ライダーなら変身シーンが映し出されるといったものです。

ARは広告やPRイベントにも活用されている

⑤広告 ただ平面で見せるだけの広告からビデオの入り口としての広告へ。新たな形の広告への活用も広まっています。読者の体験もただグラフィックスを見ているだけから動画の体験へと変わり、自社サイトのスマートフォンに最適化されたCM紹介ページに自動的に移動するといったことも可能になりつつあります。自社サイトへの誘導まで、多面的な役目を雑誌広告が担うことになります。 このような広告への利用は、パナソニック、ヒューレット・パッカードがAKB48を起用して行ったキャンペーンなど多く存在します。日本ヒューレット・パッカードでは、リンク先のスマートフォンサイトに自社サイトだけでなくFacebookページやTwitterも指定して、ソーシャルメディアの自社アカウントへの誘導も図りました。 また、コーヒーショップの全国チェーン「ドトールコーヒー」では、店頭で配布されるフリーペーパーのほぼ一冊まるごとがARのトリガーだ。その月の特集で扱われている芸能人のインタビューの動画、オリジナルソングのミュージックビデオ、そして「ミラノサンド」などの自社のメニューの動画広告がARで紹介されます。

ARの特徴

ARという言葉が身近なものとなった背景には、スマートフォンやタブレットといったモバイルデバイス利用の広がりが大きく貢献しています。ARは先に書いた通り、現実の世界に情報を追加していく技術です。その点で、持ち歩けて常にその持ち歩いている人の体験している環境とともにあるモバイルデバイスは、ARを実現するための道具として、とても親和性の高いものと言えます。 ARを実現する仕組みを作る側からの視点で見た場合も、ここ数年の間に一般的に利用できるようになってきているモバイルデバイスの多くには、カメラや多様なセンサーも搭載されており、「コンピューター」として見たときの能力も向上しているので、現実世界に追加する表現を充実させるのに十分な能力が備わりつつあるといえます。 さらに、Androidなどの汎用的なプラットフォームが載ることによって、デバイスネイティブなものにアクセスするような開発も比較的容易にできるようになってきています。

VRとARの違い

ここまで、VRとARのそれぞれの特徴や活用方法について説明してきましたが、では端的に説明すると何が違うのかはまだ分かりにくいですよね。そこで、もう少し簡単に説明します。VRとARの違いとして、主に次の三つがあります。

技術と費用の観点から見た違い

・ARは現実により詳細な情報を人工的に加える技術。VRは現実そのものを人工的に創り出す技術。 ・VRは視界をすべて囲い込むが、ARは視界を遮断しない。VRはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を目に装着する必要があるが、普段見ている世界にコンテンツを追加するのがAR。 ・ VRは、予算がARと比べるとかなり高価なものになってしまう。ARはソフトやアプリなど安値ですぐに利用することが出来るが、VRの場合はまずHMD自体が10万近くする。

VRとARの市場規模とその推移

VRよりもARの方がビジネスチャンスがある?

英国の投資銀行ディジ-キャピタル(Digi-Capital)が2015年に発表した報告書では、仮想現実 (VR)と拡張現実(AR)を合わせた世界のビジネス規模は、2020年に1200億ドル(約13兆434億円)になると推測しています。特筆すべきはその内訳で、全体1200億ドルのうちVR関係はわずか300億ドル(約3兆2608億 円)にすぎず、残りの900億ドル(約9兆7826億円)はAR関係だととしています。

世界中の人がヘッドセットをつけて歩く日も近い

ドイツ銀行が2015年9月に発表したリポートによれば、2020年までに全スマートフォンユーザーの3%がVRヘッドセットを装着するようになり、全世界で約2500万人が利用することになると予測しています。そして、2020年までにVRの市場規模が70億ドルになると見ています。内訳としては、40億ドルがハードウエアとコンテンツで残りの30億ドルが広告です。さらに具体的には、2016年にOculus VR社の親会社であるFacebook社は6億ドルの収益を上げるほか、ソフトの売上からは7500万ドルから1億ドル程度の収益をあげるとの見通しを示しています。

この数年で急速にVR・ARが普及すると予測

また、2016年1月にゴールドマン・サックスが発表した「Goldman Sachs Global Investment Research」によれば、VR・AR機器の出荷台数は、最も早い場合で3億台程度、ベースとなる予測で1億台程度、遅い場合は5,000万台程度です。ハードウェアの市場規模を予測したグラフです。最も加速した場合で1100億ドルでテレビの990億ドルを超える可能性があります。通常通りの普及であれば450億ドル、最も遅い場合で150億ドルとの予測です。最も加速した場合のソフトウェア市場を720億ドルと推測しています。

事例の紹介

ARのアプリ開発を行う山城デザイン

ARアプリ開発を手掛ける山城デザインでは、既に多くの体験型イベントを行っています。 TOKYO AUTO SALON2014の「KUMHOTIRE」ブースでAR記念撮影コーナーを設置。迫力あるCGアニメーションとともに、記念撮影が可能。撮った写真はすぐにFacebookに掲載。「いいね!」を押してもらい宣伝効果の増大にもつなげました。また、「ホテルメトロポリタン丸の内」のロビーで、クリスマスデコテーションの演出としてARの導入にも挑戦。鉄道模型・バーラウンジの壁・天井の3ヶ所を使用してのストーリー性のあるARを展開し、観客のクリスマスムードを盛り上げる役割を果たしました。 さらに、全国のネッツトヨタ店に等身大キャラクターパネルも設置しました。スマートフォンをかざすと3DCGの新車が実際の大きさで出現し。オリジナル着ボイスがもらえるスペシャルサイトへのアクセス機能もプラスされています。 このように、多くの企業ですでにARを取り入れたビジネスが始まっています。「VRやARが実用化されるのはまだ先の話」だと思っていると、流行に乗り遅れてしまうかもしれませんよ!新聞等メディアにも頻繁に取り上げられているので、これを機にVR・ARへの関心を高めてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)