IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

虚無感を感じる原因と対処法・虚無感を埋めてくれる言葉/作品

社会人常識

皆さんは「虚無感」に襲われたという経験はありませんか。おそらく、誰しもが虚無感を感じたことはあると思います。しかし、虚無感というのはその原因や対処法が分かりづらいという部分が多いです。今回は、そんな「虚無感」を感じる原因やその対処法などについてご紹介します。

更新日時:

虚無感を感じる原因や対処法

トピック1021210/要素2308100

皆さんは「虚無感」を感じたことはありませんか?おそらく誰しも虚無感を感じた経験があるのではないでしょうか。 しかし、どんなときに自分が虚無感を感じるのか、また虚無感を感じたときにどうやって虚無感を晴らせばいいのかわからないという方もいるでしょう。 今回はそんな「虚無感」に着目し、虚無感を感じる原因や虚無感を感じたときの対処法などについてご紹介していきます。

「虚無感」の意味・類義語

トピック1021210/要素2310064

そもそも「虚無感」とはどういう意味なのでしょうか?まず最初は虚無感という言葉の意味についておさらいしましょう。

虚無感とはむなしさ

虚無感というのは、端的に言うと「むなしさ」のことを意味します。 自分のなかで何も考えられなくなり何事にもやる気がでなかったり、いろんな意味で自分には何も残されていないと感じて悲しさや寂しさを感じることを指します。 また、例えば友達との遊びであったり、毎日の仕事、自分の趣味などあらゆることに対して価値や意味を見いだせなくなり、自分の中で日々の充実感を得られないというのも「虚無感」が原因です。

「虚無感」の類義語

続いて、虚無感という言葉の意味についてもう少しわかりやすい言葉で考えてみましょう。 例えば、何事にもやる気が出ない「無気力」の状態と周りとの認識や考え方の相違で自分は他とは違うと思ってしまう「孤独感」です。 また、自分が今までやってきたことや信じていたものが、突然意味のないものに感じてしまい、自分には何も残されていない感じる「喪失感」などが虚無感に近い意味の言葉になります。

虚無感を感じる原因

トピック1021210/要素2310638

虚無感を感じる原因①「やりがいを失う」

虚無感を感じる原因の1つ目は「自分のやりがいを失う」です。 そもそも自分のなかで大きな目標を立てたり、それに向かってチャレンジしひたむきに頑張ることは非常に良いことです。辛いことがあっても一生懸命に頑張り、何か大きなことを成し遂げることで達成感ややりがいを感じることができます。 しかし、今まで自分の努力や思いを注ぎ込んでいたものが達成され、無くなってしまったときに、次にそこまで自分が全力を注ぎこめるものを見つけるということは、人によってはそう簡単なことではありません。 つまり、成し遂げたことが今までの自分の人生にとって大きなことであればあるほど、よりやりがいを感じられることを見つけるのが難しくなり、虚無感を感じやすくなるということです。

虚無感を感じる原因② ~自分の存在理由がわからなくなる~

トピック1021210/要素2313436

例えば、自分が仲良くしていた友達が新しくできた他の友達とよく遊ぶようになったりとか、結婚して知り合いと会う機会が極端に減ってしまう、もしくは会社のために頑張っているのにもかかわらず上司から自分が思っているほどの評価がもらえないときなどなど。 また、チームやグループの中で自分がどんなポジションでみんなと接すればいいかがわからないときなんかに、「ひょっとしたら自分はいらないんじゃないか」とか「別に自分じゃなくてもいいんじゃないか」と自分の存在意義に疑問を抱くことがあるでしょう。 つまり、自分が周りから必要とされているという実感が感じられなかったり、団体の中で自分がどんな存在でどんな役割を担っているのかが曖昧になってしまうと、人は虚無感を感じやすくなってしまうということです。

虚無感を感じる原因③生きがいを失う

「生きがい」というのは先ほどご紹介した「やりがい」とは全く異なり、自分自身が生きている理由そのもののことです。 特に、自分よりも他人のことを大切にし周りのために尽くしがちな性格の人や、自分の人生においてかけがえのない恩人や強く尊敬する相手がいる人というのは、生きがいそのものが自分の中の大切な人とイコールになってしまう傾向にあります。 つまり、浮気や失恋、恩人の死などがきっかけで、自分にとっての大切な人を失うと、それと同時に今日まで自分が生きてきた理由まで消えてしまうので、それが原因で突然の虚無感に襲われるというケースも多いということです。

虚無感を感じる原因④一人暮らしをしている

1人暮らしをしているがために1人でいる時間が長いというのも虚無感を感じる原因の1つです。特に、地方から都会に出てきて一人暮らしをし始めた時期というのは、非常に虚無感を感じやすいです。 実家にいるときというのは、周囲の物音や家族との会話を通じて自分の存在を確かめることができます。 しかし、1人暮らしというのは自分以外の生活音がないですし、家にいる時は会話をする相手もいないため、自分が生活をしているという実感が湧きにくく孤独感を感じやすいです。 特に、朝や夜などの静かな時間帯というのは虚無感を感じやすいです。

虚無感を感じたときの対処法

トピック1021210/要素2312334

続いて、虚無感を感じたときの対処法についていくつか見ていきましょう。

旅行に出かける

よく「自分探しの旅に出かける」って聞くでしょう。自分探しというのは自分の存在意味や価値、自分が新たに全力で取り組めるもの、つまりやりがいを感じることのできるものなどを探すことです。 しかし、虚無感を晴らすきっかけを手にするのに同じことをいつまでもしていたり、同じところにとどまっていては時間がかかります。 そのため、虚無感を晴らすために自分の曖昧な存在を再確認したり、新たなやりがいや生きがいを見つけるためには、無理にでも自分を取り巻く環境自体をガラッと大きく変えてしまうのが手っ取り早いです。 そうすることで新たな出会いや経験が増えたり、慣れてしまった日々の生活から抜け出すことで客観的に自分と見つめ合うことができ、考え方や心持ちが変わるきっかけにもなります。気づけば虚無感が消えてなくなっているなんてことも多々あります。

虚無感を解消する曲・映画作品

トピック1021210/要素2312954

最後に、虚無感を解消してくれるおすすめの曲や映画作品をご紹介します。

モーツァルトの曲

虚無感からくるイライラやモヤモヤであったり、焦りを解消するには「モーツァルトの曲」を聞くことをおすすめします。 人の自立神経には交感神経と副交感神経が存在します。この二つの神経のうち、後者である副交感神経が良く働くことで人はよりリラックスすることができたり、ストレス解消につながります。 モーツァルトの曲というのは、その副交感神経に作用しやすい周波数の音階を取り入れた曲が多いです。 つまり、モーツァルトの曲を聞くことで虚無感からくるイライラやモヤモヤを解消し、気持ちを落ち着かせて冷静な状態で自分を見つめることができます。 モーツァルトの曲に限らず、クラシック音楽にはこういった効果があるとされているので、虚無感を感じたときにはクラシック音楽を聴くように意識するのがおすすめです。

ジブリ/ディズニー映画

ジブリ映画やディズニー映画というのは、「友情」・「愛」・「仲間の大切さ」などを題材にした作品が多いです。 そのため、ジブリ映画やディズニー映画を見ることにより、友情や愛を疑似体験することができます。特に、恋人との失恋や友人の裏切りなどの知り合い関係が原因で虚無感を抱いているという人というのは、こういった疑似体験を通して虚無感を解消するという方法が非常に効果的です。

虚無感はちょっとしたことで解消できる

トピック1021210/要素2313419

いかがでしたでしょうか。今回は「虚無感」に注目し、虚無感を感じる原因や虚無感を感じたときの対処法などについてご紹介してきました。 虚無感というのはちょっとしたことですぐに解消できます。しかし、虚無感というのは突然訪れます。そのため、虚無感というのは取り払うのはそんなに難しいことではないということを意識しておくことが重要です。 そうすれば、もし虚無感に襲われることがあっても、虚無感に飲み込まれない自分を確立することができることでしょう。

アクセスランキング