IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「リサーチ」の意味と使い方|文例・マーケティングリサーチ

社会人常識

リサーチは一般的にもよく使用されます。主なリサーチの意味は「調査」と「研究」です。新しい物事を開発したり発明するためには、「リサーチ」が非常に重要な役目を担います。この記事では、リサーチの意味と使い方について書いてます。

更新日時:

「リサーチ」の意味

「リサーチ」の意味で、まず挙げられるのが「調査」と「研究」の意味もあります。それ以外にもたくさんの意味を持っています。調査すること・研究すること全般で広い意味で使われています。 新しい物を開発したり発明するには、前段階として「リサーチ」が大きな役目を果たします。「リサーチ」で現状をしっかり把握して分析を行い、開発・発明するものを決定できます。リサーチなしでは、新しい物を開発したり発明したりはできません。無理に開発・発明しても無用の長物になってしまう可能性があります。 最近は、企業でも「リサーチ」を重視するようになっています。新しいお店やを出店させたり支店を出す場合は、事前のリサーチでその場所がどれくらいの集客や売上高が見込まれるかを細かく調べて分析します。 分析の結果、その場所で採算が取れると判断した場合に出店を決定します。逆に採算が取れないと判断した場合は、出店を見送るか他の採算が見込まれる場所に変更します。 コンビニエンスストアでは、販売情報がリアルタイムに本部に届き、それによって本部は商品の仕入れや店内の陳列を決定します。 コンビニエンスストアに限らずチェーン展開している会社は、リアルタイムでなくても各店舗の情報をすばやく集めて商品の仕入れや店内の陳列に反映させています。 「リサーチ」は、使い方によって名詞・動詞・自動詞の使い方があります。

名詞

名詞で使用されるときのリサーチの意味は、「調査」「研究」です。辞書によると「探求」「捜索」「査読」「討究」「講究」といった意味もあり幅広い意味で使用されていて主導的で前向きな単語が多いといえるでしょう。

動詞

動詞で使用されるときのリサーチの意味は「調査する」「研究する」「調べる」「探す」になります。使用例としては、市場の意向をリサーチする。事件の背景をリサーチするという使い方になります。

自動詞

リサーチは、目的語を必要としない自動詞としても使用されます。自動詞で使用されるときのリサーチの意味は「(を)調査する」「(を)研究する」になります。 使用例としては、問題をリサーチする。行動をリサーチするという使い方になります。動詞とは区別がつきづらいですが、目的語を使用するかしないかで判別します。

類義語との意味の違いは

リサーチの広い意味で使用されるので、類義語がいっぱいあります。ひとつづつ見ていきます。

調査

調査は、リサーチの日本語なのでほとんど意味は一緒といえるでしょう。違いとしてはリサーチの意味が「研究」の意味も含むのに対して、調査は「研究」の意味は含みません。

研究

研究は、リサーチの意味も含みますが学校の自由研究のようにスタディ(勉強)の意味でも使われることがあります。

サーチ

リサーチと混同されやすいのがサーチです。日本語に訳すると共通するのは「調べる」と「探す」です。リサーチとサーチの違いはサーチが調べたり探したりするのは、いわゆる作業なのにたいしてリサーチは、学術的な行いになります。また、リサーチの方がサーチに比べて調べる度合いが深いです。 リサーチの例 新しく発見された遺跡を調査します。 食中毒の原因について調べます。 サーチの例 遺跡の数を手元の資料で調査します。 食中毒の意味を調べます。

リサーチの使用例と意味

リサーチは、他の単語と組み合わせることによってさらに意味を広げることができます。この章では、その使用例について書いてます。

マーケティングリサーチ

トピック1021209/要素2334548

商品を販売する会社が、顧客が欲している商品やサービスを知ってそれに合った商品やサービスを提供できるようにする活動がマーケティングリサーチの意味です。 顧客が欲している商品やサービスを知ることによって顧客が欲している商品やサービスを開発販売して顧客が欲してない商品やサービスを開発したり販売しないことで経営を効率化できます。 マーケティングリサーチは顧客にとっても、欲していないサービスに費やされる無駄なコストが転嫁されなくて済むメリットがあります。 マーケティングリサーチは、いろいろな手法がありますが販売促進に有効な手段です。

アーバンリサーチ

アーバンリサーチは、ウエラブルクロージングバイアーバンリサーチという名前のバーチャル試着システムを独自に開発して、2014年から池袋パルコで試験導入されています。 通常の試着だと試着できる枚数は二着までとか枚数が制限されますがアーバンリサーチのシステムだと何着でも無数の組み合わせで試着できます。試着している様子をSNSに投稿し、シェアすることも可能な画期的なシステムといえます。 アーバンリサーチは、お店側にとっては実際に試着用の服を用意する必要がなくなり、顧客側も無制限の組み合わせで試着ができます。 商品の返品理由で本人は気に入って購入したにもかかわらず、友人や家族に「似合わない」といわれて返品するケースもすくなくありません。試着したものを友人や家族に見てもらえるので購入した後返品するというリスクもなくなります。返品がなくなればお店側にもメリットが高くなります。 アーバンリサーチは、お店側と購入する方の双方に大きなメリットが出る画期的なシステムといえます。今後さらに進化していくことでしょう。

リサーチ ディベロップメント

リサーチ ディベロップメントは、R&Dと省略されることもある研究開発のことです。リサーチ・デベロップメントは長期的視野に立った基礎研究、中期的視野に立った応用研究、短期的視野に立った商品化研究の3分野に分かれています。会社が将来的に安定発展していくためには3分野共に重要でバランスの取れた研究開発が必要です。

オペレーションズリサーチ

オペレーションズリサーチの意味は、アルゴリズムを使って数学的・科学的に分析して計画をもっとも効率的に処理できるように探る手法です。略称は、ORです。 もともとは、第二次世界大戦の時に軍事作戦用にアメリカやイギリスで発達しました。現在は、企業経営で利用されていて在庫管理や生産計画で活用されています。オペレーティングリサーチの情報交換の場としてさらに発展させていく目的としたオペレーティングリサーチ学会という組織もあり経営発表会やシンポジウムの活動を行っています。

アンケートサイト

アンケートサイトの名前には、「リサーチ」の名前が多数採用されています。「リサーチ」で検索するといっぱい出てきます。 ざっとあげると「日経リサーチ」「楽天リサーチ」「yahooリサーチ」「gooリサーチ」「リサーチパネル」「アイリサーチ」「PONTAリサーチ」「永久不滅リサーチ」「日本リサーチセンター」「ニッセンリサーチ」「LINEリサーチ」検索して表示されただけでもこれだけありました。 アンケート会社以外でも市場のリサーチ会社のビデオリサーチは視聴率調査などでよく知られています。全部含めると「リサーチ」の名前の入った会社は、多数存在しているといえるでしょう。 それ以外の業種でも「リサーチ」の名前が入った会社は多数あります。これらは、「リサーチ」の名前の持つ主導的で前向きなイメージが会社名に採用されたといえるでしょう。

リサーチの意味は、これからのキーワード

前の章で書いたマーケティングリサーチ、アーバンリサーチ、リサーチディベロップメント、オペレーションズリサーチのいづれもこれからの会社の将来に大きくかかわりキーになる可能性を秘めています。 これから生まれるであろう新システムにも「リサーチ」の名前がつけられる可能性は十分にあるといえます。「リサーチ」は、これからの社会に大きな影響を与えるキーワードといっても言い過ぎではないでしょう。

アクセスランキング