IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトが落ちる理由(職業別)・落ちる人の特徴・採用される方法

就活ノウハウ

今回ご紹介するのは、バイトが落ちてしまう理由についてです。さまざまな職業ごとの理由や特徴、対策を知ることでバイトに落ちにくくなります。バイトとはいえ、面接時などの服装や態度はとても大切です。なかなかバイトに受からないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

職業別バイトが落ちる理由

トピック1016627/要素2094106

バイトに落ちる理由は、職業ごとに違います。それぞれの職業の特色によって求める人材が違うので、それによって落ちてしまう理由が異なります。ここでは職業ごとのバイトに落ちる理由と、気を付けたいポイントをご紹介しましょう。

コンビニ

コンビニはレジなどの接客業がメインになりますので、身だしなみが大切なバイトとなります。男性の場合は髪が長い、身だしなみがだらしない場合は落ちることが多いです。特に前髪が長い場合や、髪を整えていない方は要注意です。 女性の場合は清潔感がある方の方が好印象となります。髪が乱れていたり服装が整っていないと、落ちることもありますので注意しましょう。

フリーステップ

フリーステップは個別指導塾のことで、塾講師のバイト募集を頻繁にしています。塾講師は学寮が重視されますので、現役の大学生や大卒でない場合は落ちる可能性がかなり高いです。また、見た目も大切なので真面目な印象の方が受かりやすいです。 例えば髪色が極端に明るい、化粧が濃すぎるなどは印象が悪くなってしまいます。メイクをするならナチュラルに、髪が長い女性はキレイに結わくと良いでしょう。男性の場合も軽く髪を整えるだけでも印象が良くなります。

郵便局

郵便局はバイトの中でもやや厳しく、落ちる方が多いです。本人の見た目や経歴だけでなく、家庭環境までを見られることもあります。郵便局のような場所は正確な仕事が求められるので、どうしても狭き門になってしまいます。 特に年末年始のバイトで言えば、12月30日~1月3日の全ての日程で出勤できない場合は落ちることが多いです。年賀状の時期はかなり忙しくなりますので、やはり毎日出勤できる方が優遇されます。

マック

ファーストフードの中でも人気の高いマックでは、チームプレーが重要視されています。マックの従業員はバイトがほとんどで、バイト同士コミュニケーションがとても大切です。これまでにバイトの経験がある方や、チームプレーが大切なスポーツ関係の経験がある方は比較的受かりやすいです。 しかしマックでは未経験も歓迎しているので、よほどのことがなければ面接の時点で落ちることはないでしょう。未経験の場合でも、バイトが始まってから周りを意識して行動すればうまくいくはずです。

カフェ

カフェやファミレスなどは、接客とキッチンの2種類のバイトがあります。接客の場合は笑顔や愛想が大切になりますので、面接で無愛想にしていると落ちる場合もあります。接客業の場合は愛想よく、元気なイメージで面接に行くと落ちにくくなるでしょう。 キッチンの場合は場所にもよりますが、経験者の方が有利です。未経験だから落ちるということはありませんが、料理などが好きなことをアピールしておく方がいいでしょう。

コールセンター

コールセンターは聞き上手な方におすすめのバイトです。聞き取りやすいはきはきとした声や、丁寧な対応が求められる職場でもあります。慣れるまでは大変ですが、慣れてくると楽しさもあります。 バイトに落ちる理由としては面接時の声の聞き取りにくさや暗さが挙げられるでしょう。面接時には緊張してしまうこともありますが、できるだけ堂々とした態度で望みましょう。受け答えをハッキリとすると印象も良くなります。

山﨑パン

山﨑パンでは工場でのレーン作業がメインです。単純作業が好きな方向けのバイトで、面接の時点で落ちるということは少ない傾向にあります。誰でも気軽にできるバイトである一方で、単純な作業の連続なのですぐに辞めてしまう方も多いです。 また、食品を扱う仕事なので清潔感は必須です。髪の毛や身だしなみがきちんとしていないと、落ちることもありますので注意しましょう。

バイトが落ちる人の特徴

トピック1016627/要素2172521

さまざまな職業ごとの特徴が分かったところで、次はバイトに落ちる人の特徴をご紹介しましょう。どんな人がバイトに落ちやすいのか、どこを気を付ければ受かる可能性が高まるのかが分かれば落ちる可能性はグッと下がります。

顔は関係あるの?

基本的に顔自体はほぼ関係ありません。ただし表情はとても大切になります。特に接客業のバイトの場合には表情が固い、愛想がない方は落ちることも多いです。また、顔というよりは髪型や髪色は審査の対象になりやすいです。過度な髪染めや奇抜な髪型は控えるほうが無難でしょう。

茶髪で面接はNG?

茶髪での面接がNGかどうかは、バイトをする場所によります。職場によっては髪染めが禁止な場合もありますし、工場やコールセンターなどのバイトでは特に問われないこともあります。面接前に職場に確認しておくと良いでしょう。 ただし、茶髪が許されている職場の場合でも明るすぎる色は印象が悪くなります。面接時や仕事を始めたばかりの時期には、控えめな髪染めがおすすめです。

勤務時間や曜日の希望は要注意

バイトの募集事項には「シフト自由」「週1からOK」といったことが書かれていることもありますが、過度な要望は控えましょう。どんな職場でも多少は融通の利く従業員が欲しいので、あまりわがままを言ってしまうと落ちる可能性があります。 ある程度は自由が許される職場だとしても、面接時にはあまりわがままを言わないほうが無難です。どうしても出られない曜日や時間帯があるときには、しっかり理由を添えて伝えましょう。

職場の雰囲気に合わない

バイトに落ちる理由として、職場の雰囲気と合わないということが挙げられます。例えばオシャレなカフェの面接に、ジャージ姿で行ったら場違いです。これは極端な例ですが、職場に合わせた雰囲気づくりをすることも大切です。 飲食店などの場合には、一度お客さんとして訪れてみるのも良いでしょう。お店の雰囲気や客層、従業員の年齢層なども知ることができます。

能力不足は落ちる原因

バイトに落ちる理由として最後にご紹介するのが、能力やスキル不足です。塾講師や調理など特別な経験やスキルが必要なバイトは、落ちることも多いです。特別なスキルが求められる代わりに時給が高いことがほとんどなので、何かスキルがある場合にはそれを活かせる職場を選ぶのも良いでしょう。

バイトに採用されるためのポイント

バイトに落ちる人の特徴や理由が分かったところで、次は受かるために気を付けたいチェックポイントをご紹介します。面接前などにチェックしておくことで、落ちる可能性を減らすことができます。

身だしなみを整える

まず最初に気を付けたいのが、身だしなみです。服装や髪型だけでなく、爪やメイクなど細かな部分にも気を配りましょう。服装は高校生などの場合は制服が無難ですが、ほとんどの場合私服でも大丈夫です。ただし、きれいめな服装を選ぶようにしましょう。 女性ならワンピース、男性なら黒系のシンプルなパンツにシャツを合わせると好印象です。また、服装はお店ごとの雰囲気に合わせても良いでしょう。

鏡の前で表情を練習

バイトの面接では表情やコミュニケーション能力、愛想などが重要視されることが多いです。やはり面接官も話しやすい人を採用しますので、人当たりの良い自然な表情を練習しておきましょう。無理な笑顔は作らず、あくまでも自然な表情をするように心がけましょう。

面接対策をしておく

バイトの面接ではたくさんのことを聞かれることはあまりありませんが、質問の受け答えをいくつか予測しておくと安心です。「このバイトを選んだ理由」「なぜバイトをしたいか」などはよく聞かれる項目なので、要チェックです。 バイトを選んだ理由は、仕事内容に添ったものを答えられるようにしておきましょう。バイトをしたい理由はお金が欲しいなどではなく、社会経験をしたいなどの方が印象が良くなります。それぞれ自分の言葉で伝えられるようにしておきましょう。

身だしなみを整えて面接に行こう

トピック1016627/要素2138934

バイトに落ちる理由を総じてみると、身だしなみが大きく影響していることが分かります。やはり第一印象は見た目で決まります。身だしなみを整えることは誰にでもできることなので、面接前にはしっかりチェックをして面接に挑みましょう。

アクセスランキング