IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お金の貯め方のコツ・主婦や学生のお金の貯め方・おすすめの本

年収

生活をしていくうえで切っても切り離せない存在の1つにお金があります。お金が大切なことは分かっていますが、「どうやったらお金が貯まるのかわからない」と悩む方も多いです。どのようにすればお金を貯めることはできるのでしょうか?

更新日時:

お金の貯め方のコツとは?

生活をしていく上で切っても切り離せない存在の1つにお金があります。お金が大切なことは分かっていますが、「どうやったらお金が貯まるのかわからない」と悩む方も多いです。どのようにすればお金を貯めることはできるのでしょうか?

お金を貯めるには節約が大切?

お金を貯めると決心しても、何から始めたら良いかと悩む方も多いです。お金の貯め方として考えられるのは「収入を増やす」、もしくは「支出を減らす」この2パターンです。 収入を増やすために考えられることには「転職」「副業」と、支出を減らす「節約」などが挙げられます。もちろん、収入を増やしながら支出を減らせれば1番いいですが、簡単にできることではありません。 まずは気軽に始められる「節約」でお金に対する意識を変えていくことがおすすめです。節約によってお金のありがたみを感じることで無駄な出費を減らしお金の貯まるメカニズムを作ることから始めましょう。

家計を管理する主婦のお金の貯め方とは?

家計を管理する主婦の方にとって「節約」は永遠のテーマです。無理なく楽しく節約をすることを目標にまずは家計を見直すことから始めましょう。家計管理に必要不可欠なのは「家計簿」です。 最近ではアプリなど便利な家計簿もでていますが意識改革には手書きの家計簿のほうがおすすめです。中でも最近注目を集めているのが「づんの家計簿」です。家計簿をつけることで何にどれだけお金を使っているかが把握できます。 まずはここで不要なものにどれだけお金を使っているかを理解し節約につなげましょう。そうすることで1カ月に必ず必要な金額がわかるのでその範囲内で生活をするという目安ができます。

3種類の支出とは?

1か月に必要な金額の目安ができたら節約を始めましょう。家計の主な支出源は3種類あります。固定支出、生活支出、臨時支出です。それぞれの節約例を少しずつ紹介していきます。

固定支出の節約方法とは?

固定支出には家賃・光熱費・通信費などがあげられます。こういった固定支出は家計の大半を占めるケースが多いのでこれを機に見直しましょう。家賃に関しては変えるためにも費用がかかり、取り掛かりにくいですが他のものはすぐにでも見直せます。

光熱費の見直し

光熱費は配給会社を見直します。電気ガス自由化が始まりましたが、実際に始まる前の状態から変えていない方も多くいます。配給会社を変更するだけで家庭の使用状況によっては大幅に使用料が減額することもあります。シュミレーションできるサイトもあるので見直して見ると良いでしょう。

通信費の見直し

通信費は最近CMでもよく見る「格安スマホ」に変えることをおすすめします。通信費用は意外と高いですが現代人にとってスマホは必要不可欠です。機種によっては現在お使いのスマートフォンのSIMカードを変えるだけで格安スマホに乗り換えられます。こちらも使用状況によって異なりますが大幅に使用量が減額することもあります。こちらもシュミレーション可能ですので調べて見ましょう。 固定費の削減は大きな節約に繋がります。1度見直すだけで今後は設定も不要なので有効な節約になります。

生活支出の節約方法とは?

生活支出には食費・日用品費・娯楽費などがあげられます。生活支出の節約を頑張りすぎてしまうと、疲れてしまうので無理なく節約することが大切になります。無理して疲れてしまっては節約も続きません。

食費の節約

食費は献立を決めてからスーパーに行くことを徹底しましょう。また、可能であればスーパーに行く頻度も週1回にすることがおすすめです。1週間の食費予算と献立を大まかに決め、その材料を一気に買いに行くイメージです。 実際スーパーに行くと値段が高くて買えないという場合もありますので臨機応変に対応しましょう。1回で買うことで節約意識を持ったまま買い物ができるので小分けで買い物に行くよりも出費は減ります。また1週間はこの材料だけで作ると決まれば自然とレパートリーが増え料理上手にも繋がり一石二鳥にもなります。

日用品の節約

日用品費は無くなってから買うのではなく安い日に多めに買い置きするようにしましょう。ストックがないと高くても必要だからとつい買ってしまいます。それでは日々の節約の意味がなくなるので多めにストックすることを心がけてください。

娯楽費の節約

娯楽費は当然ながら、お出かけを減らせば減る出費にはなります。しかし、せっかくのお休みにお出かけしないのも寂しいです。なので、自転車で行ける距離でのお出かけや、昼食か夕食どちらかは家で食べるなど少しだけ決まり事を作ると良いでしょう。外食でもランチのほうが安いのでワンコインランチなどのお店を探すなど楽しみながらの節約しましょう。

学生のお金の貯め方とは?

トピック1016280/要素1917380

お金を貯め方には、それぞれの年代にあったお金の貯め方をする必要があります。収入源がお小遣いの学生でもお金を貯めることは大切です。

小学生のお金の貯め方とは?

小学生になると「お小遣い」や「お年玉」をもらって、その中から欲しいものを買うということになります。「お年玉」は貯金するという貯め方をしましょう。そして、毎月の「お小遣い」で欲しいものを買うなど一定金額を貯金する習慣を身につけましょう。 どうしても使いたくなってしまう人は、お年玉を親御さんに預けておくというのも良い方法です。小学生のころから貯め方について意識をつけることは将来役に立ちます。

中学生のお金の貯め方とは?

中学生になると「お小遣い」や「お年玉」の額は小学生の頃より少し上がります。ただ、小学生の頃より出費が増えます。なので、お金の貯め方も変わってきます。部活動が始まったり、遊びに行く範囲が広くなったりするからです。 電車での移動では交通費がかかるので、自転車で移動できる所で遊んだり、部活で飲むドリンクは家から持っていくなど意識することで出費を抑えられます。少しずつでも貯金額を増やすことを目標にしましょう。

高校生のお金の貯め方とは?

高校生になると「お小遣い」をもらえる人と、アルバイトで「稼いだお金」から使う人に分かれてきます。このときに貯め方も変わります。生活範囲が一気に広がることで今までの出費より金額が多くなるためです。 また、アルバイトを始めると「稼いだお金」になるので、お金に対する意識が変わります。お金に対する意識が変わると、お金の貯め方が変わります。稼ぐことの大変さを実感するとお金の使い方が変わ流ためです。お弁当やドリンクは自宅から持っていくなどすることで少しずつ出費を減らし貯金に回しましょう。

社会人のお金の貯め方とは?

トピック1016280/要素1917581

社会人になると学生の頃よりもらえる額が大幅に増えます。その分、娯楽の幅や急な出費も増えるので油断は禁物です。しっかりとお金を貯めていくことが大切です。年代が違えばお金の貯め方も違ってきます。

20代のお金の貯め方とは?

社会人になったばかりの20代で、どのように過ごすかによって、将来に影響があると言っても過言ではありません。「お金を貯め方」についてしっかり意識を持ちましょう。 まずお給料をもらいだしたときにするべきことは「自動積立貯金」です。まだ貯金の意識が薄い人でも毎月一定金額を違う口座に引き落とし貯金していくだけで気づいたらお金が貯まってるという貯め方です。20代の方はまずここから始めてみると良いでしょう。余裕ができてきたら額を増やすなど積極的に貯金していきましょう。

30代のお金の貯め方とは?

30代になってくると年収が増えお金に余裕が出てくる人が多くなります。学生、20代の頃からしっかりお金を貯めてきていた人は貯金もある程度の額に達しているでしょう。ただ、30代といっても人によって生活環境は異なります。 結婚をして子供が生まれている人と、独身の人ではお金の使い方も大きく異なります。30代におすすめなのは「投資信託」という貯め方です。お金は貯まってきたけどもう少しお金を増やしたい方にはおすすめです。最近では初心者にもできる分かりやすい投資信託の本がたくさん出ています。

目標があるとお金を貯めやすい?

トピック1016280/要素1917765

お金を貯めないといけないことは分かっていてもゴールがないと頑張れない人も多くいます。しっかり目標を設定して貯金意欲を高めていきましょう。

老後に備えたお金の貯め方とは?

老後は年金があるから大丈夫だと考えている人は考え方が間違っています。年金問題が多く取り上げられています。その内容の通り、今の若い世代がいつから年金を受け取れるかはわかりません。また、最悪の場合は年金がもらえないということになる可能性もあります。 そんな時に年金に頼って、貯金をしていないと痛い目に遭ってしまいます。そこで貯金と並行して先ほども例に挙げた「積立型投資信託」という貯め方がおすすめです。実は「積立型投資信託は」短期で利益がでるのではなく長期間の投資で利益が出ると言われています。毎月少しずつの投資で裕福な老後生活が送れる可能性があります。

結婚に備えたお金の貯め方とは?

結婚にはお金がかかります。結婚式をあげると規模にもよりますが300~400万のお金が必要です。もちろんご祝儀で返ってきますが、一旦は自腹で支払わなければいけない金額です。 いざ結婚式をすると決めたカップルがお金がなく高金利のブライダルローンに手を出す場合もあります。そうならないためにも結婚を意識しだしたらカップルで貯金を始めましょう。二人で貯金の意識を持ち、お金の貯め方について話し合いをしておきましょう。

子供に備えたお金の貯め方

結婚生活がひと段落すれば、次は子供について考えることになります。子供が生まれるとお金がかかります。事前に備えておくことも大事ですが、今のご時世ではなかなか難しいところもあります。 なので、定期預金や自動積立をうまく利用しながら育児をしながら、お金を貯めることが大事です。また、児童手当を生活費に当てる家庭は多いですが、この児童手当を貯金に回すという貯め方もあります。

海外旅行のためにお金の貯め方

いきなり旅行をしようと思っても、なかなかまとまったお金がすぐに用意できるという家庭は少ないです。これは時間をかけて節約することによって、旅行費用を作るようにしないといけません。 海外旅行のために、生活費とは別でお金を貯めるようにしましょう。月に一定額を決めて、そのお金には手をつけないように徹底しましょう。

状況別お金の貯め方

当然ながら小学生と社会人のお金の貯め方は違います。お金の貯め方は、その状況によって変わるということです。状況に併せて、正しいお金に貯め方をしないといけないということです。

社会人

先に述べた通り、社会人のお金の貯め方として、自動積立貯金や、投資信託などの方法があります。しかし、これらの方法でお金を貯めるときには注意が必要です。これらは手元にあるお金や、収入とのバランスが大事です。 まずはこれらを実行するために、コツコツとお金を貯める必要があります。収入は簡単に増やすことはできないので、節約によって事前に貯めておく必要があります。

アルバイト

学生のうちの収入はアルバイトになります。アルバイトで得たお金を外に出さないことがアルバイトのお金の貯め方となります。 定番としては使わないように、500円貯金があります。500円は少額と思いきや、しっかりと長い期間続けることで、意外とまとまったお金になります。また、置き換え貯金も有効です。いつも学食で食べていたお昼ご飯をお弁当に置き換えて、浮いたお昼代を貯金するなど、節約した分のお金を貯金として、手をつけないようにします。 どれも少額ではありますが、続けることでお金を貯めることができます。

フリーター

フリーターの場合は、お金を貯めるために節約するのではなく、収入を増やすことでお金を貯めましょう。その理由は、フリーターには比較的に時間の融通が利くこと、会社のように副業が禁止とならないこと、自由に仕事を選べるという大きな利点があります。 副業は調べれば、すぐに多くの情報を得ることができます。単純に仕事を増やすことも有効です。フリーターの最大の利点を使って収入を増やしましょう。

一人暮らし

一人暮らしの場合は家庭と同じです。とにかく節約できることは、とことん節約しましょう。先に述べたように、光熱費や通信費などを見直しましょう。ただし、無理はしてはいけません。節約は続かないと意味がありません。

夫婦

夫婦の場合も一人暮らし同様に見直せる部分を見直して節約につなげましょう。また、夫婦の場合は、節約に対する習慣をつけることが必要です。奥さんが必死に節約しても、旦那さんが使っていては意味がありません。一緒に生活するうえで、お金の使い方に対して、日頃から話し合っておきましょう。

お金の貯め方のおすすめ本

お金を貯めるためにはお金の仕組みを理解すると良いです。単に通帳の数字が増えていく様子を眺めているだけでは、効率の良いお金の溜まり方をしているかわかりません。しかし、いきなりお金の仕組みは難しいので、「図解まるわかり お金の基本」という本がおすすめです。 生活に根付いたお金の話しが書かれています。生活に役立つことから、意外と知られていないことまで書かれています。

続けることが大事

お金を貯めるには節約が手取り早い方法になります。しかし、節約しても貯まるお金はわずかです。なので、いくつかの節約方法を同時に行う必要があります。また、最も大事なのは続けることです。小さなことでも長く続けることで結果を出すことができます。

アクセスランキング