IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自転車タイヤの空気が抜ける原因・虫ゴムの交換方法・バルブの種類

家事

自転車の空気が抜けてしまう場合パンクしたと思いがちですがパンク以外のことが原因で空気が抜けることがあります。自分でチェックでき、また修理も自分で簡単にできます。自転車の空気が抜ける原因とその対処法、修理方法をご紹介します。

更新日時:

自転車のタイヤの空気が抜ける原因

自転車に乗ろうとしたら、自転車のタイヤの空気が抜けてる気がする、もしかしていつのまにか穴が開いてしまったのかもしれないと、パンクを疑い自転車屋さんに修理に出すことが多いでしょう。しかし、空気が抜ける原因はパンクだけではありません。チェックすべき場所と自分で修理するときのやり方をご紹介します。

バルブによって空気が抜ける場合

自転車には「バルブ」と呼ばれる車輪の内側にある空気を入れる部分があります。このバルブの部分にはブランジャーと呼ばれている金属の棒があり、このブランジャーという部分の上からナットと呼ばれている金属をはめることによってブランジャーを固定しています。 このナットの部分が緩んでいると空気が抜ける原因になってしまいます。空気を入れるバルブの部分のゴム製のキャップを外すとナットが出てきます。ゴム製のキャップの真下にある金属製のものです。このナット部分を閉めることで空気が抜ける原因を改善することができます。

虫ゴムの劣化によるもの

バルブの緩みを直してみたものの、自転車の空気が抜ける原因が解決できているのか不安だと感じたら、虫ゴムの劣化を疑いましょう。虫ゴムとはブランジャーと呼ぶ金属の棒の周りにゴムがついていて、このゴムのことを「虫ゴム」と呼びます。 この虫ゴムが劣化していることで空気が抜ける原因となります。虫ゴムを確認して、切れていたり穴が開いていたりしたらそれが空気が抜ける原因です。その場合には虫ゴムを交換することで空気が抜けることを防ぐことができます。

パンク

バルムのゆるみと虫ゴムを交換しても空気が抜けることが改善されなかった場合にはパンクが原因と考えられます。パンクの場合には自転車屋さんに持っていき直してもらうことが無難ではありますが、少しでも安く済ませたいという方は少し手間がかかりますが自分で直すことも可能です。

自転車のパンク自分で直す方法

空気を入れてもすぐに抜ける、虫ゴムもバルブも問題ない、という場合はパンクですので、タイヤの穴をふさぐことで空気が抜けるのを改善することができます。自転車のパンクを直すためのキットが売られています。このキットは百均で手に入れることができ、キットの内容は以下の通りです。 ・ゴムをつけるためのノリ ・ゴム製のパッチ ・タイヤを外すときに使用するレバー ・紙やすり ・虫ゴム 他に必要なものは洗面器やバケツに水を張ったもの、ハンマーやトンカチなどパッチを貼った後に十分に貼り付けるために叩けるもの、ナットを外すために使用するペンチです。 1.タイヤはリムと呼ばれる金属の枠にはめ込まれています。最初にこのリムと呼ばれる金属の枠からタイヤのチューブを外します。チューブを外すためにバルブ部分(タイヤの空気を入れる部分)のゴム製のキャップを外し、さらにキャップの真下にあるナット、虫ゴムが付いているブランジャー(金属の棒)を外します。ナットは反時計回りで外せます。 2.バルブ部分を全て外すことができたら、いよいよリムからチューブを外します。ここで修理キットのレバーを使用します。リム(金属製の枠)とタイヤのチューブの間にレバーの先を挿し込み浮かしながら一周させチューブをリムから外します。ここが一番苦戦するところですがテコの原理を利用するような感じで外すと外れやすいです。 3.リムから外すことができたチューブにもう一度最初に外した虫ゴム、ナットを取り付けます。そこから空気入れで空気を入れます。空気が入れ終わったら水を張った洗面器などにチューブを一周浸していきます。するとチューブの穴が開いている部分から泡が出てきます。その部分が空気が抜ける原因となっていた場所です。 4.穴が開いている部分を見つけることができたら水からチューブを取り出し穴の開いている部分の水分をふき取り、もう一度バルブ部分を取り外し空気を抜きます。このあとキットについているノリでパッチを貼るのですが、貼りやすくするためにキットについている紙やすりで穴が空いている部分をこすります。 5.紙やすりでこすり滑らかな状態になったらキットについているノリを穴の開いている部分に塗り薄く伸ばします。貼るパッチよりも広めに塗っておくと失敗を防げます。ノリを塗ってすぐにパッチを貼るのではなく、少し待ってからパッチを穴の開いている部分に貼ります。ノリをつけてから指にノリが付かなくなる程度乾かすと良いです。 6.パッチを張り終えたらトンカチやハンマーなどで叩くとしっかり貼り付きます。 7.パッチをしっかりと貼り終えたらチューブをリムに戻します。リムに戻す前にバルブ部分を全てつけてからリムにはめ込むと楽です。チューブがねじれていないか、ゴミが付いていないか確認しながらはめ込みます。 リムにチューブがしっかりと戻し終えたら空気を入れてパンク修理の完了となります。少し面倒ではありますが自転車屋さんで直してもらうよりも安く直すことができます。難しい作業もないので安く済ませたいという方にはおすすめです。

自分でできる虫ゴムのチェックと交換方法

虫ゴムは定期的に交換することで空気が抜ける原因を防ぐことができます。ゴムの質にもよりますが、およそ一年を目安に交換することを心がげると良いです。 早いものでは三ヵ月で劣化が進み、空気が抜ける原因になることもあります。パンクだと思って自転車屋さんに修理の依頼をしたら虫ゴムの劣化が原因だったということもあります。虫ゴムの交換は自分で簡単にできるものなので覚えておくと節約にも良く、自転車屋さんに行く必要もなくなります。

虫ゴムの交換方法

虫ゴムは百均で手に入れることができます。交換する新しい虫ゴム、ピンセットを用意します。 1.キャップとナットを外し虫ゴム部分、ブランジャーと呼ばれている金属の棒を抜きます。劣化した古いゴムを外し新しいゴムをはめます。しっかりと上まではめ込みましょう。 2.金属の棒に新しいゴムをはめることができたら元あった場所に虫ゴムのついた金属の棒を戻し上からナットとキャップをはめて終了です。 最後に空気が入れば虫ゴムの交換はこれで終わりです。虫ゴムを交換したのに空気が抜ける場合には虫ゴム部分をはめるときに緩いと空気が抜ける原因になる場合があります。何度虫ゴムを交換しきつくはめても空気が抜けるといった場合にはパンクである可能性が高いので、そのときはパンクの修理を試みるか、自転車屋さんに持っていきましょう。

自転車タイヤのバルブの種類と特徴と交換方法

自転車のバルブは英式、米式、仏式と三種類あり、このバルブの種類によって空気の入れ方が変わってきます。バルブ部分の交換は一般的な自転車と全て同じ方法で交換することができますが、バルブ部分のみの交換ができない自転車もたくさんあり、そのときはチューブごと交換する形になります。チューブごと交換するときも同じ方法で交換することができます。

英式

一般的な自転車に使わているのが英式バルブと呼ばれます。この英式バルブは高い空気圧を入れることはできず、空気の調節も不可能です。また空気圧を測ることもできません。

米式

米式バルブはマウンテンバイクにつけられていることが多いです。バルブの中央に突起があり押すと空気が抜けるようになっているのが特徴です。空気の調節が可能になっています。 米式バルブは英式バルブと同じ一般的な空気入れで入れることができます。米式バルブは丈夫ではありますがバルブ部分の交換はできないものが多く、交換するときにはチューブごと交換する形になります。

仏式

仏式バルブはスポーツタイプのもの、競技用自転車につけられています。ロードバイクはほぼ仏式バルブがついています。高い空気圧に耐えることができ、空気圧の調節も可能です。空気圧を測ることもできます。 仏式のバルブはとても曲がりやすく気づいたら曲がっていたり、少しぶつけただけでも曲がってしまうことがあります。曲がってしまうと空気が抜ける原因になったり空気を入れることができなくなってしまったりします。 もしも曲がってしまった場合には交換が必要になりますがバルブだけ交換するということができないものもあります。そのときはチューブごと交換する形になります。 交換できるバルブは内部にネジがあるので、この部分をレンチなどで外して付け替えるだけで完了です。

空気が抜ける原因はパンクとは限らない

自転車の空気が抜ける原因はパンクと思いがちですが、パンクではない場合もたくさんあります。自転車も定期的にメンテナンスすることが大切です。時間があるときに自転車の虫ゴム部分を確認し劣化していないか、バルブは緩んでいないかセルフチェックすることも大事です。 もしも劣化していたりバルブが緩んでいるだけの場合には、自分で簡単に修理することができます。もし空気が抜ける原因がパンクだった場合でも、意外と簡単にパンクの修理をすることができますので、自転車屋さんに行く前にできることはしてみましょう。 自分で直すほうが節約にも時間短縮にもなります。自転車の空気がいつもより抜けているような感じがしたら、ぜひ確認してみましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)