IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ウッドストーブおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

拾った小枝や葉っぱ、松ぼっくりなどで簡単に使えるウッドストーブが人気です。今回はおすすめのウッドストーブを、特徴や用途、サイズなどを合わせてご紹介します。初心者向きのものからベテランキャンパーおすすめのものまで、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

アウトドアでウッドストーブが人気!

アウトドアで今ウッドストーブが注目を集めています。ウッドストーブはガスやアルコールなどの燃料が入らず、屋外で拾ってきたものを燃やすことで火力を得ることができます。 落ちている小枝や葉っぱ、松ぼっくりやドングリなど、手軽にその場で調達したもので、強い火力が出るので、暖をとれるだけでなく調理もできるエコなストーブです。

ウッドストーブの種類や選び方

円柱型と箱型

ウッドストーブはその形状から大きく分けて「円柱型」と「箱型」の2種類に分けられます。 ・円柱型の特徴 手軽で使い勝手が良いタイプが多く、五徳付きのものなど調理にも使いやすい。ただし折り畳めないので、持ち運びにはかさばることも。 ・箱型の特徴 折り畳めるものが多く、便利。大きなサイズも組み立てて使用できるので、より強い火力が必要なときにもおすすめ。四角形や六角形のものなど形状もさまざま。

用途に応じて選ぼう

使い方を考えてからウッドストーブを選ぶのがおすすめです。 ・一人で行くソロキャンプか、家族や仲間と行く人数の多いキャンプか ・移動手段(車、自転車、バイクなど)と持ち歩く荷物の量 ・お湯を湧かしたりちょっとたき火をする程度か、本格的な暖をとるための強い火力が必要なのか ・性能と価格 例えば一人でバックパッカーやツーリングで行くのなら、折り畳むことができるコンパクトなタイプ、大人数で行くのなら、太い枝を燃やすことができて、大きい鍋も置ける少し大型なものなど。最初は小さなウッドストーブを試しに使用してみるのもおすすめです。その後、用途に応じて別のタイプのものを買い足して行っても良いでしょう。

おすすめのウッドストーブのランキングトップ10

第10位 TOAKS(トークス) BPウッドバーニングストーブ

世界でも人気のあるトークスアウトドアのウッドバーニングストーブです。3ピースのパーツをスタッキング収納できるので、約10cmくらいの高さにコンパクトにまとまります。 特徴としてはなんといっても火力の強さで、調理用としてもたき火用でも大活躍するウッドストーブです。バックパッカーにもおすすめです。チタン製で、火入れをすると青く焼けた色が綺麗なところも人気の秘密です。 ・サイズ:使用時 112×205mm、収納時 112×105mm、重量:225g

・非常に燃焼率が良いです!そして軽い!大変気に入っております。買って後悔は無いと思いますよ。 ・届いた翌日に火入れしました。予想以上の燃え方で、娘と「バーニング!!」と言いながら焚き火を楽しみました。チタンの青く焼けた色は素晴らしいです。

第9位 FIREBOX(ファイヤーボックス) バーベキューコンロ・焚火台 G2 ストーブ本体+専用ケース 5インチ ウッドストーブ 2点セット

ちょうつがい式の折りたたみウッドストーブなので、面倒な組み立ての手間がない優れものです。重さはありますが、たたむとかなりコンパクトになるのがおすすめです。スティックの差し込み位置を変えれば幅調整もでき、調理のときの安定感もしっかりしています。 下部に空いている穴から薪や太めの枝などの燃料を途中でも追加できるところも人気です。灰受け皿(アッシュパン)を動かせば火加減も調整できるため、アウトドアでの調理のメニューも広がる点でも優れたウッドストーブです。 ・幅:12.7cm/高さ:19cm/ 収納時の厚み:0.95cm/重さ: 907g、ステンレス製、ストーブ本体、スティック:2本、アッシュパン(灰受け)1枚、専用収納袋付き

・最高に燃え上がります。手をかければ長時間、燃焼の持続も可能です。焚き火が趣味になります。耐久性もバッチリ。 ・重い分、頑丈で通気性がいいのかよく燃えます。はじめたての人にもおススメできます。組み立ても簡単。

第8位 otto-s ウッドストーブ

4個のパーツに分かれており、それを重ねていくだけで簡単に設置できます。土台に全ておさまり、手のひらサイズまでコンパクトに収納できるのもおすすめです。 手軽に小枝を燃やしてお湯を湧かしたり、ちょっと暖をとったりと、初めて購入するウッドストーブにもおすすめの製品です。五徳や固形燃料トレーもついているので、簡易コンロとしても使用できるなどさまざまな利用法ができます。 ・収納サイズ約φ13.5×高さ7.5 cm、収納重量465g、(セット内容)五徳 (上台)、中台、土台、燃料トレー (薪受け)、固形燃料皿、収納袋 (メッシュ素材)

・燃焼効率が良く、途中で消えることもありませんでした。2次燃焼も確認できました!使用は1度ですが、焼きが入り良い感じになりましたね。 収納もコンパクトで、組立も簡単!コスパも良い!買って良かったです。 ・本体の質感は思っていたよりも肉厚でしっかりとした作りという印象です。数十回使っていますが二次燃焼や使用後の変形なども特に問題ありませんでした。

第7位 Wolfyok ウッドバーニングストーブ

ステンレス製なので丈夫で長持ち、耐腐食性のあるウッドストーブです。組み立ても簡単で30秒ほどで設置でき、子どもでも持ち歩けるほどコンパクトに収納できるのもおすすめです。 安定感があるので大きめの鍋やクッカーも充分使用できます。煙があまり出ない設計で、さらに灰や燃えカスも少ないウッドストーブです。火力も強いので家族でも一人用としてもキャンプにおすすめです。 ・素材: ステンレス製、組み立てサイズ:13 x 16.5 cm、重さ:約355g

・まず手元に来て第一印象は思いの外コンパクト。いざキャンプで使ってみるとあら不思議。めちゃめちゃ簡単に火が起こります。しかもなかなかの火力で驚きです。 ・思っていたよりコンパクトで軽いけど、作りがしっかりしていて機能が良いので使いやすい商品だと思いました。

第6位 Motomo ウッドストーブ

丈夫なステンレス製なのに比較的安価でコストパフォーマンスの良いウッドストーブです。コンパクトに収納、パーツの組み合わせを変えることで、固形燃料、アルコール燃料などを使用することもできます。 アウトドアクッキングにも充分対応できる安定性もあるので、初心者にもおすすめです。 ・ 商品サイズ:約13.5x18.5cm、重さ:約370g 材質:ステンレス鋼

・少量の燃料で盛大な炎が楽しめます。二次燃焼の効果で煙はほとんど出ません。ただし煤はつくので使用後の清掃は必須です。とにかく小枝があっという間に燃え尽きてしまい灰もほとんど残らないのでちょっと感動しました。百均のクッキー缶を下にはめると後始末が楽です。 ・想像以上に小さかったけど秋キャンプの暖をとるのには丁度良かったと思います。 使用後も洗うのは簡単だし持ち運びも楽です。

第5位 笑’s BPウッドストーブ

三角柱のフォルムに特徴があるウッドストーブです。見た目だけでなく機能性のあるデザインとなっており、上部が斜めにカットされていることで五徳を使用せずに鍋を支えることができる点もポイントです。 軽量なのに耐荷重は5kg と申し分なく、ソロキャンプに、バックパッカーにもおすすめです。 ・収納サイズ:130mm×200mm×10mm 、組立サイズ:126mmの三角柱(異型)高さ200mm 、重量:198g 、材質:0.4mm厚ステンレス 、静止耐荷重:5kg

第4位 ユニフレーム ネイチャーストーブ

折りたたむことができる箱型ウッドストーブです。人気のブランド・ユニフレーム製で、品薄になることあります。 重量、サイズともコンパクトな点もおすすめですが、取手が上部についているので、燃焼中でも移動することができます。手軽にウッドストーブを楽しむのに最適です。 ・サイズ:使用時/130x130x160、収納時/130x130x15、重量:320g、材質:18-8ステンレス

・ちょっとしたお出かけに持って行ってます。その辺に落ちてる枝を集めて焚き火。すぐにつきます。楽しいです!! ・類似製品との大きな違いは細かい底網でしょうか。 小さい木片、チップを入れても落ちないし燃えカスも落ちにくく使いやすくなっています。

第3位 キャプテンスタッグ BBQ用 炭焼き名人FD火起こし器

煙突効果で効率良く火起こしができます。折りたたむと薄くなるので持ち運びにも便利です。 ウッドストーブとしてもおすすめです。強い火力を生む構造になっているので、木材や炭を燃やすこともできます。バーベキューやキャンプにはぜひ揃えておきたいアイテムです。 ・ 組み立てサイズ: (約)18.5×19×20.5cm、収納サイズ: (約)15×20.5×5.5cm、重量: (約)1kg、材質: 本体/鉄(めっき)、目皿・ハンドル/鉄(クロムメッキ)

・今までの炭起こしがウソのようです。キャンプ地について、こいつをセットしてテントを設営している間に、火が勝手についていて即バーベキューが始められます。お値段以上の商品です。 ・ブランド品は数倍の値段でうっているが、これで十分。単純構造だし壊れない。文明の利器。

第2位 バーゴ ヘキサゴンウッドストーブ チタニウム T-415

6角形の美しいフォルムが魅力的なチタン製のウッドストーブです。折りたたむことができ、薄くて軽量な点も優れています。熱効率も良く、耐久性もあり、お手入れも簡単です。 アルコールバーナーの風防としても使用できるので、アウトドアグッズとして揃えておきたい、おすすめの製品です。 ・収納サイズ:最長辺14.5cm×厚さ0.7cm、収納ケース付、高さ:15cm、重量:116g、材質:チタン

・チタンなので超軽量、コンパクトに畳めるのが良いですね。火を入れた焼き具合が美しくてウットリしてしまいます。地面が余程不安定でない限り、ある程度重量が有る物を乗せても 安定してくれるので重宝して使っております。 ・これより使いやすく持ち運びやすいウッドストーブは今の所無いと思います。 チタンの焼き色も味があって気に入ってます。

第1位 Solo Stove ソロストーブ

世界中で愛されているウッドストーブです。子どもから大人まで簡単に取り扱うことができます。シンプルで強い火力を生み出す構造は完成度が高く、人気の理由でもあります。コンパクトに収納でき、軽量なので持ち運びにも困りません。ぜひおすすめしたい製品です。 ・ 【サイズ】高さ:約10cm(収納時)、約14.5cm(使用時)、直径(幅):約10.8cm、 【重量】約255g、【材質】ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー、【内容】本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書付き

・非常によく燃焼します。=すぐ炭になります。割りばしを半分に折った程度の木片を10本程度投入が良いかと思います。お気に入りです。 ・二重燃焼のおかげで、煙、火の粉もほとんど出ず、灰も非常に少ない。

特徴別ウッドストーブおすすめ10選

調理用におすすめ

EMBERLIT(エンバーリット) コンパクトウッドストーブUL(チタン) 15111

コンパクトに収納できて軽量なのに、ダッチオーブンや大きめの鍋を乗せても充分調理できる頑丈さが魅力です。調理中にも燃料を補充できるのもおすすめです。腐食や錆に強く、長く使用することができるウッドストーブです。 ・ 材質:チタニュームパネル厚さ0.3mm、使用サイズ:ストーブ上面8.9×8.9cm/下面11.8×11.8cm/高さ15cm、収納サイズ:11.5×14.5×厚さ3mm、 重量:136g

Lixada 折りたたみ薪ストーブ

一般的な箱型のウッドストーブと比べると大きめで重いですが、鍋やクッカー、飯ごう、ダッチオーブンなどを載せても大丈夫な頑丈さと安定感があり、調理するのにおすすめのウッドストーブです。たき火や薪で強火力で使用できます。 ・最大負荷: 10kg 、アイテムのサイズ:19.5 * 11.5/16.5cm (高さ*上/下幅)、商品重量: 448g / 15.79oz

・しっかりとした作りで、とても満足しました☆また同じものを買いたいと思います! ・ソロキャンプで使用。見ての通りの、小型の焚き火台です。網、鉄板をおけば調理もできます。収納すると、CDケースくらいになります。

自作してみる

ウッドストーブを自作してみるのもおすすめです。 基本は円柱型で2重構造にします。内側になる缶と外側にあたる部分の缶2つを用意します。 (1)内側になる缶に、穴を空けていきます。底にはなるべく多くの穴を、側面の下(底から15mm位)に10個ほど、側面の上部分(上辺から15mm位)には8個ほど、なるべく同じ間隔で空けます。 (2)外側になる缶の下側にも穴を8個ほど空けます。 (3)内側の缶をセットしてできあがりです。 お気に入りの柄の缶や、100円ショップで売られているものを上手に利用しましょう。老いるポットや貯金箱などがおすすめです。世界にひとつだけの、オリジナルウッドストーブを作って楽しみましょう。

キャンプ用におすすめ

Maxboost(マックスブースト) フォールディングウッドストーブ

シンプルな構造で機能も充分なウッドストーブです。専用収納バッグでコンパクトに持ち運ぶことができ、煙突効果で高火力を生かした調理も可能です。キャンプで利用範囲が広がるおすすめのウッドストーブです。 ・ 組立時サイズ:W165×D165×H180mm, 収納時サイズ:W170×D185×H10mm、材質:ステンレス鋼(高品質SUS304採用)

・さっそく使ってみました。 2泊3日でキャンプに行き 二晩とも6時間以上連続で薪や炭を燃やしてサブコンロで使用しましたが問題なく使えました。 ・他のものと比較してしっかりしてました。その分重いですが車で移動なので問題ないです。

火力がおすすめ

Solo Stove 【ソロストーブ】 ソロストーブ・キャンプファイヤー Campfire

ソロストーブの大型版になる製品です。サイズや重さが増した分、火力もパワーアップしています。約950mlの水が沸騰するのに2分〜4分、プロのサバイバリストも満足させる木材燃焼型バックパック用ストーブです。火力重視の方におすすめのウッドストーブです。 ・ サイズ(収納時):高さ約17cm幅約17.8cm、(使用時):高さ約23.5cm幅約17.8cm、重量:約998g、材質:ステンレススチール304、ニクロムワイヤー

・その火力は想像を超えてました。イワタニのガスコンロMAXより火が出ます。 ・大きいです。結構枝が入ります、よく燃えて火力がすごいです。

サイズ・目的別

iRegro ウッドストーブ

煙があまり出ない構造になっていて、燃焼効果に優れたウッドストーブです。特徴は三つ爪スタンドで、五徳部分が中に折りたたんで収納できるのでおすすめです。コンパクトで比較的扱いやすいので、ソロキャンプや登山などでも大活躍するウッドストーブです。 ・材質:ステンレススチール製、商品重量:約380g、サイズ:重ねた状態 ・高さ約8cm、外径約13.5cm、組み立てた状態 ・高さ約18cm、外径約13.5cm

・かなりコンパクトで使いやすい商品でした!コンパクトなので車などに置いといても邪魔にならないし、軽いので持ち運びにも便利です。 ・コンパクトに収納できパーツの組み立ても問題なくとても簡単に組み立てられ、燃焼もよいです。煙突効果で、火付きもよくかなり燃えます。

Lixada バーベキューコンロ・焚火台 ステンレススチール製 折りたたみ ウッドストーブ

軽量でコンパクト、手のひらに乗るサイズです。折りたたむともっと小さくなり、スマートフォンくらいのサイズになりま。携帯するのにとても便利なウッドストーブです。ソロキャンプやちょっとした遊びにも充分使用できるのでおすすめです。小さいながらもクッカー程度なら乗せてお米をたくこともできるので、楽しみが広がります。 ・材料:ステンレス鋼 、トップの直径:8cm / 3.1in 底の直径:9cm / 3.5in 、高さ:11cm / 4.3in 商品の重量:約157g

・高価なチタン製の分解式も所有していますが、これは一体式で、組み立て/片付けが簡単、コンパクトなのがいいですね。たまに遊びで使うだけでしたら、この製品で十分かと思います。 ・写真にもあるとおり、本当に小さいです。

Solo Stove 【ソロストーブ】 ソロストーブ・タイタン Titan

ソロストーブとソロストーブキャンプファイヤーの中間に位置するサイズです。高火力で燃料もたっぷり入るため燃焼時間が長いのが特徴です。火を見る手間が他のウッドストーブより楽になり、調理にも充分対応できるので、ゆっくりソロキャンプを楽しみたいとき、調理もしたいときなどにおすすめです。アルコールバーナーも入れることができるので、雨天時などにも便利です。使用の幅がいろいろと広がるウッドストーブです。 ・直径13cm、高さ14cm/20cm(パック/組立後)。重量468g、素材プレミアムステンレス、ニクロム線、約950mlの水を4〜6分で沸かすことができます

・製品到着後さっそく枯れ枝を集めて燃焼効果を確認いたしました。びっくりぽんです!二次燃焼の威力でしょうか、想像以上の火力です。これならある程度の煮炊きには問題なく使用出来そうですね。とても満足しています。 ・火力は申し分なく燃焼時間も長くソロクッキングなら余裕です。キャンプ場の使用が主ですが、燃料は今の所調達出来なかったことはありません。食後はプチ焚き火台になりますので冬は重宝します。

燃料など

Lixada バーベキューコンロ

固形燃料も使用でき、アルコールランプの風防としても活躍するウッドストーブです。炭、薪にも充分対応できるので、さまざまな燃料に対応できます。パーツは多めですがコンパクトに収納できます。五徳部分もしっかりしているので調理にもおすすめです。 ・材料:ステンレス鋼、底の直径:13.8cm / 5.4in、鍋用ブラケットの直径:18cm / 7.1in、 高さ:24cm / 9.4in、商品の重量:約 514g / 18.2oz

・ソロ系ストーブとしてはかなり優秀かと! ・炭、薪、固形燃料、アルコールなどを使ってますが、熱による変形も無く良いですね。

七輪より「鉢りん」焚火コンロ6号 もりた式 | 植木鉢 ウッドストーブ & 燻製 スモーカー

植木鉢を使用しているちょっと変わったウッドストーブです。小枝や葉っぱ、割り箸などはもちろん、オガ備長炭や木炭を入れて七輪風にしてバーベキューを楽しんだり、鉢をもうひとつ増やして、スモークチップやスモークウッドを使って薫製することもできます。鉢の部分は破損したら同じ大きさの植木鉢を買い替えるだけでいいのもおすすめのポイントです。 火力は申し分なく、キャンプにも手軽に持っていけます。なにより見た目がユニークで可愛いと人気です。家族連れにもおすすめです。

・こんなにコンパクトで持ち運びがラクにできて、火力も抜群、その辺に落ちている枝や木のクズでバーベキューもできるとは!って感じでした。値段も手ごろで他のストーブとは全く違う。めっちゃよかったです。 ・もし破損しても植木鉢なら入手が簡単ですし、ガンガン使えますね。 アイデアの素晴らしさに拍手です。

おすすめのウッドストーブのメーカーの紹介と比較

人気のsolo stove

キャンパーにダントツで人気のあるのは、やはりsolo stove(ソロストーブ)です。 アメリカ テキサス生まれのブランドで、アウトドアの愛好家が自作したところからスタートしました。 環境に優しく、効率が良く、軽量で丈夫な理想のウッドストーブとして、世界中で愛されています。他のメーカーのものも使用できますが、同じsolo stove製のアルコールバーナーやクッカーと組み合わせるなど利用範囲も広がる、おすすめのブランドです。

オプションが豊富 FIREBOX(ファイヤーボックス)

組み立てが簡単でコンパクトに収納でき、ミニマムさも人気のFIREBOX(ファイヤーボックス)ですが、おすすめのポイントはもうひとつあります。それはオプションの豊富さです。ファイヤースティック、ファイヤーグレート、ボイルプレート、グリルプレートやレザーケースなどがキャンパーに人気です。料理の幅が広がるオーブンセットもおすすめです。

デザインで人気! VARGO(バーゴ)

軽量バックパッキングギアを企画、製造しているアメリカのブランドです。軽量で丈夫なチタン製のラインナップが人気ですが、おすすめのポイントはデザインが優れていることです。オリジナリティがあり、アウトドアで映える独特な雰囲気も持っています。もちろん機能性もおすすめです。 チタン製だけでなくステンレス製もあり、価格や使用方法などで選択できる点もポイントです。

ウッドストーブを持ってでかけよう!

手軽でエコ、ちょっとした遊びから本格的に暖がとれたり調理ができるものまで、おすすめのウッドストーブをご紹介しました。ウッドストーブがあるだけで、休日やアウトドアの過ごし方が広がります。ぜひウッドストーブを活用して楽しんでみてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)