IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就職活動】企業研究のやり方|企業研究とは/ノートの作り方/業種業界別

就活ノウハウ

新年を迎えるといよいよ2018年の就活戦線がスタートし、3月頃から個別企業の説明会とエントリーシートの受付が本格化します。孫子の兵法に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とあります。悲惨なミスマッチを避けるためにも、客観的な情報に基づく企業研究が不可欠です。

更新日時:

企業研究とは

トピック1010412/要素2206253

企業研究とは、就職や転職活動を行うに当たり、事前に自分が志望する企業の事業内容や経営状況の調査と分析を踏まえ、企業の全体像を把握するための研究をいいます。 企業研究の目的を平たく言うと、自分が就職したいと思う会社が「どんな会社」で「何をやっている会社」かを知り、自分の就職する会社として適している否かを判断することを目的とした調査分析のことです。ただ、企業研究のやり方には特に決まりはありませんし、どんなやり方が有効で効率的かも一概に言えません。 企業研究の一般的なやり方は、会社のHPを閲覧することが最も簡便なやり方といえます。また、その会社に知人や学校の先輩などの知り合いがいれば、その人たちから情報を得るやり方もあります。ただ、会社側から得た情報は客観性を欠くことがあるので、一方的に企業サイドに頼り過ぎたやり方は注意が必要です。

企業研究が必要な理由とは

就職活動とは、人生の進路を決める上で「初陣(ういじん)」ともいえる戦いの場です。中国の戦略家・孫子の兵法には、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という件(くだり)があります。孫子は、戦場に赴く前に己の戦力を分析することは当然としても、戦う相手の「手の内を知る」ことが必勝の条件であると説いています。 企業研究が必要な理由は、第1は就職志望先の会社がどんな会社かを知ること、第2は自分がその会社を選んで間違いないかを確かめること、第3はどうしたら入社できるかの戦略を練ることですが、そのためには企業研究のやり方に独自の視点と工夫も必要です。

(1)説得力ある志望動機を伝える

就職活動も終盤に差し掛かると、志望する会社に「エントリーシート」を提出することになりますが、エントリーシートには例外なく「志望動機」の記述欄があります。 ちなみに、昨今の就活においては、近年例がないほど「売り手市場」の様相を呈していますので、特に人気の高い企業では志望者が集中することが予測されます。そのため、エントリーシートによる予備選考が行われことも想定され、場合によっては面接前にふるい分けされる可能性があります。 予備選考を首尾良くクリアーするためにも、エントリーシートに記述するユニークな「志望動機」が重要なポイントになります。企業研究のやり方が上手くいくと、面接官との質疑応答でも説得力ある志望動機を述べることができます。

(2)自分を知って貰う

企業研究が有益なのは、実は「自分を知って貰う」チャンスに繋がることがあります。企業研究のやり方にもよりますが、例を挙げるとHPに掲載されている経営報告書(財務諸表など)から、会社の主力事業や重点施策を知ることができます。 また、財務諸表(貸借対照表・損益計算書など)から設備投資や研究開発費などの資金投入の優先順位なども垣間見えるので、会社が注力している事業の方向性も窺い知ることができます。 つまり、それらの情報を的確に把握できていれば、面接官に対して自分が会社の中でどんな部署で仕事をしたいのか、将来どんなプロジェクトに参画したいのか、など具体的な自分の夢や抱負を篤く語ることができます。企業研究のやり方によっては、自分の独自性や戦略性を発揮できる場面が増えるでしょう。

(3)入社後の思い違いを防ぐ

企業研究のやり方が「彼も知らず」「己も知らず」の体たらくでは、会社の「良いところ」も「悪いところ」も把握することなどできません。そのような状況では、自分自身で「どうしてその会社を選んだのか」も判らないまま、エントリーシートを書く羽目に陥ります。 運良く入社できた場合、後々会社の内情が判ってくると「こんなはずじゃなかった」という時期が必ずやってきます。入社後に企業研究のやり方の拙さに気づいても、「覆水盆に返らず」は言うまでもありません。 就職における「ミスマッチ」は、自分にとっても会社にとってもダメージが大きいので、企業研究のやり方はしっかりとした事前準備と創意工夫が不可欠です。

企業研究のやり方

トピック1010412/要素2206718

企業調査のやり方は、志望する「会社のHP」を閲覧するやり方が一般的ですが、それ以外にもその会社が属する「経済紙」や「業界紙」を購読するやり方、その会社の従業員(知人や先輩など)から「話を聞く」などのやり方が考えられます。

会社のHPを閲覧する

(1)会社の「沿革」を知る

企業研究のやり方において「会社のHP」を閲覧する場合、興味を引くのはどうしても資本金・売上高・純利益など経営成績に偏りがちですが、その前に志望する会社の「沿革(移り変わり)」を知っておくことが重要です。 会社の沿革とは、人に例えると「出身地」や「経歴」に該当する情報です。つまり、その企業がどのような背景で発祥し、またどの様な経過を辿って現在に至ったかを知ることができる外部から窺い知ることができない貴重な情報の一つです。

(2)社長の「ごあいさつ」を読む

企業研究のやり方では、会社のHPを閲覧することが一般的です。案外見逃されがちですが、HPには必ずと言っていいほど社長の「ごあいさつ」が掲載されています。社長のごあいさつの内容は、広く社会一般に対する儀礼的な要素もありますが、その内容には顧客やステークホルダー(株主・投資家・取引先・従業員など)に対する「コミットメント(宣言)」が含まれています。 ちなみに、このコミットメントは会社経営する対する社長としての基本的な「経営方針」を述べたものですが、その中には創業者などから引き継がれてきた会社経営に対する深い「思い入れ」が込められています。つまり、コミットメントに込められた思い入れは、いわば会社の「無形資産」ともいえるものであり、「企業文化」や「企業風土」を窺い知ることができます。 その意味で、企業研究を行う場合は、もちろん経営成績などのデジタル情報による調査分析も必要ですが、企業文化や企業風土と言ったアナログ情報を読み解くことも重要です。つまり、企業研究の目的は、「良い会社」かどうかを知るやり方と併せて、「好きな会社」かどうかを知るやり方も同じくらい大事なことです。

(3)会社の「事業内容」を調べる

会社のHPを閲覧すると、「事業内容」という項目があります。企業研究のやり方においては、最も重要な調査対象となりますので、「本社所在地」「事業部門」「主力商品」「事業所」などを確認しておくと良いでしょう。 全国展開している会社の場合は、入社後の配属先が地方事業所になる場合があります。さらに、グローバル展開している企業の場合は、入社直後はないにしても将来的には国外事業所配属の可能性もあります。面接の際に、慌てないようにあらかじめ知って置くことが肝心です。 仮に、配属部門や勤務地に要望があれば、理由を明らかにした上で「志望動機」に記述しておくと良いかも知れません。

新聞や書籍を読む

企業研究のやり方の第1選択肢は、会社のHPから色々な情報を得ることです。しかし、そればかりに偏ってしまうと問題があります。つまり、会社の側の情報ばかりになると、些か客観性に欠ける嫌いがあります。 会社のHPに「虚偽情報」を掲載していることはないにしても、会社にとって「不都合なこと」は概して積極的に掲載しません。つまり、若干客観性や公平性に疑問符が付くケースがあります。そのため、「業界紙」や「経済紙」あるいは就活関連の「書籍」を参考にする企業研究のやり方もあります。 それらの情報を整理すると、外部から知ることができない同業他社との業績比較や、業界内の相対的な位置づけなどが明らかになります。また、業界内における会社の「強み」や「弱み」といった客観的評価なども知ることが可能です。 そのような企業研究のやり方を通して得られた情報の基に、自分なりの考察を加えて志望動機に「会社を選んだ理由」を記述すると、人事担当者や面接官などを説得する有力な手段となります。

就活生ガイドの売れ筋ランキングTOP3

企業研究のやり方の一つとして、就活の全体像を網羅した手引き書(就活ガイドブック)を利用する方法もあります。 内容的には、企業研究のやり方のノウハウや数多くの企業情報が収載されたものですが、情報の質的な面からすると広く浅いといえます。従って、「特定企業」の情報を得るにはもの足りなさが否めませんので、不足する情報は自分でネット検索する必要があります。

第3位:就職四季報2019年版(東洋経済新聞社)

この書籍は、会社が社外にあまり出さない「離職率」や「年休取得率」なども掲載されているなど、外部から見えない会社の意外な側面が見えてきます。 また、収載されている情報は、それ以外にも過去の採用実績、人事処遇、配属先などが盛りだくさんで、インターンシップを含む最新の選考情報なども含まれます。

第2位:新 13歳のハローワーク(村上 龍)

この書籍は、2003年に刊行された「13歳のハローワーク」を改訂した新刊本で、89種の新規職業と医療・介護・環境などが追加され、エッセイや対談など112ページ増量されています。なお、新版では教科別に分類し直したことから、中学生にとっても身近に感じられるような工夫がなされていて、難字にはルビがふられています。 職業というのは、単にお金を稼ぐ手段ではなく、仕事をとおして生きていくために必要な充実感、人間としての誇り、仲間や友人を得るものであり、社会や世界を繋ぐ手段であると、著者の村上龍は語っています。

《カスタマーレビュー》 なかなか面白い本です。どんな事が好きなのかで、将来の職業の可能性が示されます。最後に何も好きな事がない人にという章がちゃんと用意してあります。さすが村上龍と感じました。

第1位:「会社四季報」業界地図 2018年版(東洋経済新聞社)

この書籍は、176業種を対象に3,960社の情報を取材して図解を取り入れた「業界地図」の最新版です。 就活生にとっては「業界研究」、ビジネスパーソンにとっては「顧客分析」、投資家にとっては「銘柄発掘」など幅広く活用できる内容です。また、勢いのある業界や企業など鮮明になり、売上高などの対前年比を示す「矢印」も増えています。

《カスタマーレビュー》 速報性、この視点でいうと最新版で数字も新しい、さらに業界の括り方も今を象徴したものとなっています。注目業界として挙がっているのは、AI、VR、ドローン、ポイント、Iot・ビッグデータとなどです。 網羅性、この視点では、民間企業だけでなく官庁や宗教団体や外国の企業まで挙がっています。地球レベルでの産業界の勢力図が読み取れます。 企業名、組織・団体の名称ごとに分かりやすく囲まれていて売上や利益の金額がわかります。この一冊を時間をかけて目を通すならば想像以上の知識を得ることができるはずです。

企業研究ノート

企業研究のやり方を効率的・効果的に行うためには、調査分析する項目や結果を記載するために「備忘録(ノート)」を作ることをお勧めします。このノートは、他人に見せるためのものではないので特に「方法」や「形式」に拘る必要はありませんが、とにかく自分が見やすいことが最も大事です。 企業研究のやり方で一番問題となるケースは、企業研究ノートを「作ること」が目的になってしまい、膨大なデータを必死に書き写すことに労力を使うことです。従って、書くことの労力をできるだけ省くために、積極的にコーピーを利用することや情報源としたサイトのアクセス方法をメモしておくことも重要です。 ノートの形式は、基本的に「情報源」毎の一覧方式とし「調査項目」「内容」を対比しておき、必要に応じて自分の「所感や感想」などを記入すると良いでしょう。なお、ノートの作成に際しては、要点を簡潔にして箇条書きに留意することです。

業種・業界別企業研究のやり方

トピック1010412/要素2231747

営業職の企業研究のやり方

営業職の仕事は、直接取引先に出向き注文を受けることはもちろん、それ以外にも顧客の要望やニーズの把握など多岐に亘ります。もはや一時代前のように、単なる「ご機嫌伺い」や「御用聞き」スタイルの営業活動はありません。 最近の営業職は、商品などに関する専門的な理論や知識が求められ、むしろ企画力や提案力を求められることが必要とされています。つまり、今までの営業職は、どちらかというと「文系」の採用が多い傾向がありましたが、最近は「理系」や「工学系」の採用が増えています。 ただ、企業によって取り扱う商材、商談方法、商談期間など大きく異なるので、企業研究のやり方においては志望する業界の商習慣などを把握しておく必要があります。

事務職の企業研究のやり方

企業の事務職は、会社の組織編成によっても違いはありますが、大雑把に言えばいわゆる「デスクワーク」が主体の管理業務を行うのが主な仕事です。 とは言っても、業務内容は、データを入出力するだけの「ルーティン業務」もあれば、「企画・立案」「統計処理・解析・予測」「交渉・折衝」など高度な専門知識が必要な業務もあります。 事務職の職場は、例えば「総務」「理財」「人事」「購買」「法務」などがありますが、それ以外にも営業部門の「営業事務」や製造部門の「生産管理」が含まれますので、企業研究のやり方においては、自分が希望する職種を明確にしておくことが望まれます。

ホテル業界の企業研究のやり方

近年のインバウンド需要によって、国内のホテル業者が挙って拡張や新設などの建設ラッシュを繰り広げ、さらに外資系ホテルも日本進出の動きが活発化し、ホテル業は優秀な人材確保に躍起になっています。 このような状況から、就活におけるホテル業の企業研究のやり方は、志望するホテル会社の今後の動向に視点を当てた情報収集と分析に注力すべきと考えられます。 因みに、ホテル業界の業務の中心は、言うまでもなく「コミュニケーション能力」や「接客マナー」が重視されますが、特に外国人客が多いホテルの場合は、英語は当然としても他の「外国語」が堪能であることも要求されます。そのことと併せて、ホテルの業務は立ち仕事が多いため体力的にも厳しく、かつ絶え間なく人との接触があるので精神的な緊張感が強いられます。 そのため、就職後のミスマッチを防ぐ観点から、単に「文字媒体」から得た情報や知識だけでなく、時にはホテルマンの業務内容を観察したり、インタビューするなどして生の声を聞いておくことが必要です。

銀行業界の企業研究のやり方

銀行業界を取り巻く現在の環境は、政府の「成長戦略」「金融緩和」「財政出動」の3つの主要政策によって少しずつ上向いてきていますが、企業の設備投資の低迷や個人消費の伸び悩みもあって楽観できない状況です。 因みに、日本の銀行は、業務内容の特性から大きく「都市銀行」「地方銀行」「第2地方銀行」「ネット銀行」の4つに分類されます。また、これらの銀行と同じ業務を行いながら、信託業務を行う銀行もあります。 銀行業界の企業研究のやり方で大事なことは、これらの銀行の性格や役割の違い、あるいは収益構造の違いなどを正確に理解しておくことが最も大事なことです。 一般的に銀行の組織編成は、それぞれ専門領域の部門によって構成されています。例えば、本店業務で見ると「調査部門」「審査部門」「投資銀行部門」「国際部門」「システム部門」などです。また、志望する銀行によっては、営業エリアが地方都市限定であったり、大都市近郊であったり、国内全域や世界の中枢都市であったりとさまざまです。 銀行の企業研究のやり方においては、まずは銀行の「沿革」を把握しておくと企業の文化や風土を知るうえで参考になることがあります。ちなみに、現在の銀行業界はバブル経済が崩壊した1993年以降、吸収や合併によって淘汰されてきましたが、今後は地銀や第2地銀においても戦略的統合の時代がやっくると考えられています。

企業研究のやり方は、人それぞれです

企業も人と同じように、色々な歴史や変遷があります。企業研究のやり方で最も大切なことは、志望する会社が創業から今日に至るまで「何を守り抜いて、何を変えてきたのか」を知ることです。つまり、その会社が持つ企業文化や風土は、これまで辿ってきた歴史の積み重ねによって形成されていきます。 入社してから会社に馴染めない理由の一つに、「カルチャーショック」が挙げられます。企業文化や風土に関する「感情的な違和感」は慣れると徐々に解消していきますが、「生理的な嫌悪感」は自分で制御することは困難です。ミスマッチを防止するためにも、企業研究の一環として会社の歴史を知っておくことをお勧めします。 仕事に対する考えは人それぞれですが、仕事がいくら面白いといっても「生きるための手段」だと考える人もいます。反面、仕事が面白くないと人生も決して楽しく過ごせないのも真理です。企業研究のやり方においては、仕事が楽しく豊かな人生を送れる会社選びができると最高です。

アクセスランキング