IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイト応募時に電話する時間(ピーク避ける)・会話の仕方

転職ノウハウ

バイトの面接をしてもらうために相手先へかける電話、ここからすでに面接は始まっています。電話をかける前に準備しておいたほうが良いこと、忙しい相手側に迷惑にならない時間帯と良い印象を与える電話の話し方を紹介します。バイトに受かるために是非、参考にしてください。

更新日時:

バイト応募時に電話する時間

9:30~14:00は最適な時間?

バイトの募集を見て採用担当者に面接をしてもらうために電話をかける際は、相手の仕事の邪魔にならない時間帯を考慮して電話したいですが、業種によって最適な時間帯はまちまちです。 例えば9時から5時までが就業時間のオフィスではどうでしょうか。9時から10時の間は、朝礼や打ち合わせなどで忙しく落ち着かない時間帯ですし、12時から13時まではお昼休みをとっていることが多いです。電話に出られても担当者の都合が良い時間ではないでしょう。 採用担当者が経理担当者であれば、銀行へ行く用事で14時から15時は慌ただしくしていることも考えられます。10時過ぎから正午までに電話をかけてみて、相手の都合を確認してから面接してもらえる日時を尋ねましょう。もし採用担当者が不在の場合は、いつ頃電話をかけたら良いのかを確認します。

Webから応募した場合

面接の日時を決める前にWebの申し込みフォームから履歴書を送って、バイトに応募してくださいという企業も増えています。その場合は相手からの返信で指定された時間内に電話をかけるようにしましょう。 もしWebから応募した後に相手先から連絡が無い場合は、そのままにせず確認の電話を入れることをおすすめします。自分がメールを送った日時を伝えると相手先もスムーズに対応することができます。 返信メールが来ていたことに気が付かない、もしくは迷惑メールとして受信できないということがないように、自分のパソコンやスマートフォンのメール設定を確認しておきましょう。

ピークの時間を避ける

トピック1009497/要素1768190

バイトの募集で多いのがコンビニや飲食店です。コンビニのピーク時間は、朝の出勤前やお昼休みの12時から14時と夜の18時から20時頃です。同様にカフェやファストフードなどの飲食店も、お昼と夕方の時間は混みあって忙しくなるので電話をかけるのは避けましょう。14時から16時までの間が電話をかけるのには最適な時間帯です。 接客業など販売業務では店舗の客層を考慮すると、年配のお客さん向けのお店なら平日の昼間は混んでいますし、会社勤めの年代向けのお店でしたら、平日の午後からは忙しくなります。もし電話をかけて相手が忙しそうな雰囲気の場合は、いつ頃なら都合が良いのか確認してから時間をあらためて電話するようにします。 時間だけでなく、業種によっては行事や季節に合わせて書き入れ時という場合もあります。菓子店などは大量の贈答品の注文が入るお中元やお歳暮シーズンやお盆の手土産用はかなり忙しくなります。 どちらにせよバイトを雇って人手を増やしたいということは、業務が忙しいからです。迷惑にならない時間に電話をするようにしましょう。たいていの接客業、サービス業は週末や祝日は忙しくなります。バイトしたいお店の様子や職場の雰囲気を知るために、事前にお客としてバイト先に行ってみてはいかがでしょうか。

深夜の電話を避ける

バイトの面接をしてもらうために電話をかける場合に限らず、深夜に電話をかけるというのは、友だちや恋人同士の電話は別として、よほど急を要する事態が起こったときです。 ただし最初から夜9時から深夜までの営業時間内に電話するようにとバイトの求人情報に書かれている場合は、この時間外では連絡がつかないので指定された時間内に電話するようにします。

居酒屋のバイトは?

飲食店はランチや夜の営業が始まってから、お客さんで混みあう時間にバイトの面接をしてほしいと電話をかけても話をするどころではありませんし、相手にも迷惑をかけてしまいます。お昼のピークが過ぎた14時頃から夜の営業が始まるまでの間に電話しましょう。 居酒屋のバイトで電話をかける場合は、店舗とは別に経理など事務処理をする場所で採用担当者が面接をする場合や直接店舗の責任者がバイトの面接をする場合があります。もし店舗に連絡する場合は、開店のぎりぎり間際では準備で忙しくなっていますので、特に電話をかけて良い時間が指定されていなければ、開店時間の1時間前くらいに電話してバイトの採用担当者が居る時間を教えてもらいましょう。

電話での会話の仕方

トピック1009497/要素1768161

電話をかける前の準備

バイト先に電話をする前に、メモや筆記具と自分のスケジュールがわかるカレンダー等を手元に用意しておきましょう。面接に行ける日時を伝えるのに便利です。バイトしたい曜日や時間など相手先に伝えたい希望がある場合は、メモにまとめておくと良いです。 電話をかける時間と同様に場所も大切です。携帯電話で外からかける場合は、相手の声が聞こえづらいような騒がしい場所や電波が悪い場所は避けましょう。 事前にメールアドレスが分かる場合は、いきなり電話するよりも先に担当者あてに用件と自分の簡単なプロフィールや連絡先を送ってから電話すると忙しい相手とのやりとりもスムーズになります。電話だけでなく、メールが残っていれば相手があなたに連絡したいときも便利です。

焦らずハッキリと話す

始めて話す相手に電話をかけるのは、バイトの面接でなくても緊張するものです。落ち着いてリラックスすることがポイントです。焦って早口になってしまい、電話に出た相手に何度も聞きなおされることがないように、ハッキリと話しましょう。こちらの名前も相手先に間違えて伝わってしまっては面接の前にマイナスな印象を与えてしまいます。 電話をかける際はまず名乗ってから用件を伝えます。採用担当者にバイトの募集を何の媒体で見たのかを伝えるようにしましょう。それからまだ募集しているかどうかを確認します。 電話でバイト先の採用担当者から面接の日時を指定されたら、復唱して確認すると当日の時間を聞き間違えていたなどのミスを防ぐことができます。

ゆっくりと丁寧に大きな声で

たとえ知り合いからの電話でも、電話をかけてきた相手が小声で早口に話して、何を言っているのか聞き取りづらいと印象が悪くなります。バイトに応募するために相手先へ電話をかけたのにぼそぼそと話したのでは、面接を受ける前から、元気がない人とアピールしているようなものです。 飲食店や接客業のバイトへ応募するなら、はきはきとした電話の印象が大切になります。自信を持ってゆっくりと丁寧に、相手が聞き取りやすい大きさで話すようにしましょう。電話は緊張して苦手という人は、事前に話す内容をメモしておくと安心して話すことができます。

バイトの面接当日になったら

面接当日は相手先に5~10分前に到着するようにします。あまり早すぎても、忙しい相手に迷惑をかけてしまいます。万が一、遅刻しそうな場合はすぐに電話を入れて理由を説明しましょう。バイトに受かるかどうかは別として、言い訳をして取り繕うよりは正直に謝った方が印象は良くなります。 服装自由な職場や居酒屋などカジュアルな雰囲気のバイト先へ面接に行く場合でも、清潔感のある格好で身だしなみを整えていくことをおすすめします。面接では、シフトや時給と休暇など労働条件をしっかり確認しましょう。採用してほしいからといって何でも了承する必要はありません。お住まいの地域の最低賃金もチェックしておきましょう。

バイトの採用を左右する電話

トピック1009497/要素1768360

バイトの面接の前に、まだ会ったことがない採用担当者と電話で話しをするのは、誰でも緊張します。なるべく相手が忙しくない時間を狙って、面接時間のアポイントを取ることができればその後の面接もスムーズに進みます。聞きやすい大きな声でハッキリと話すように心がけて好印象を与えることができれば、ここまでは大成功です。バイト先に電話するときは、リラックスして自信を持ってください。 バイトに採用されたら、一生懸命働くことで充実感を得られますし、仕事の大変さを通して貴重な経験を積むことができます。気になるバイトを見つけたらこの記事を参考にしてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)