IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトをばっくれた場合の給料とその後・ばっくれた体験談

転職ノウハウ

バイトをばっくれた場合、それまで働いた給料を貰えるのでしょうか。ここでは、バイトをばっくれた場合にそれ以前に働いた分の給料が貰えるのか、また未払いの場合にどうすれば貰えるか、様々なケースをもとにご説明しますのでご参照ください。

更新日時:

バイトをばっくれた場合の給料は?

トピック1009494/要素1707480

バイトをしていて、どうしても途中でそのバイトに行きたくなくなって無断で休んで、ばっくれてしまったという方も多いでしょう。そのような時に、それまで働いた分のお給料は貰えるのでしょうか。 バイトをばっくれたとしても、それ以前に働いた分については法的に言えば「労働に対する対価が発生している」ので、労働者は賃金をもらう権利があります。例え1日であってもです。では、その給料が振込の場合と手渡しの場合どうなるのでしょうか。

バイトをばっくれた場合の給料-未払い

バイトをばっくれてしまってそれ以前に働いていた分のお給料をもらえなかった、未払いであるという方もいるでしょう。 そんな場合、そのバイトの採用時点で書いた雇用契約書を思い出してください。「無断欠勤が続いた場合」等の項目が明記されていたか、よく読んでおかなければなりません。この雇用契約書に反則金が設定された場合には、支払い義務が発生する場合もあり得るからです。 しかし、最近では労働基準法などに照らし合わせて反則金のあり方が問題となっているため、余りに高額な反則金やバイト先からの恐喝などがあった場合は、ハローワークや警察に相談すべきです。そもそもばっくれることと、それ以前に働いた給料を貰う権利は別個のものですし、働いた分のお給料をもらうのは当たり前のことです。 給料未払いで直接職場の上司等に訴えづらい場合は、労働基準監督書や消費生活センターなどに相談して助けてもらいましょう。但し、その場合に気をつけることは、そのバイトをばっくれる行為によって雇い側に損害が発生していないかということです。その場合は、逆に損害賠償を請求されることもあるため注意が必要です。 <ばっくれたバイトの給料未払いの場合の対処法> ・労働基準監督署への相談 ・消費者センターへの相談

バイトをばっくれた場合の給料-手渡し

バイトをばっくれてしまった後にそれまで働いた分の給料をもらいたいけど、手渡しでいつももらっているから行きづらいという方はどうすれば良いのでしょうか。ばっくれた原因が職場によるいじめだったり、無理難題を押し付ける職場だったりした場合は、なかなか直接会いに行くのは難しいでしょう。 そのような職場に、手紙やメールを送ったりして請求しても「まずは、一度職場に顔を出して」と言われるのがオチで、思ったように事が運ばなくなってしまう恐れがあります。また、こちらにもばっくれてしまったという後ろめたさがあるため、なかなか堂々と職場に行きづらい気持ちもあります。 そのような時は、労働基準監督書や消費生活センターに出向き、具体的な経過を相談して間に入ってもらいましょう。その場合、詳細な内容を聞いて労働基準監督書が動くべきかを判断されますので、絶対に間を取り持ってくれるわけではありませんが、直接請求しづらい雰囲気の職場だったりすれば、助けてくれることもあるので相談するのも良いでしょう。 個人で交渉するよりも、公共機関からの勧告であれば、企業側も拒否できないということもありますのでそういった方法の方がスムーズに解決できることもあります。但し、全てのケースでうまくいくわけではありません。ばっくれた事実があるわけですし、企業側への損害があったかもしれません。 また、バイトといえども〇〇日前に辞めることを申し出なければならないと決められている場合がほとんどです。まずは、自分で規則上問題がなかったか、などしっかりと調べた上で相談することをおすすめします。

バイトをばっくれた場合の給料-振込み

トピック1009494/要素1707561

バイトをばっくれてしまった後に、それまで働いた振込まれるはずのお給料が入ってなかったという場合はどうすれば良いのでしょうか。まず、前述にもありますように、例えバイトをばっくれてしまったとしても、それ以前に働いた分の給料はもらう権利があります。そのため、雇い主に請求をすれば払わなければならない義務が生じます。 しかし、給料の渡し方については手渡しか振込かなどは支払う側が決めることができます。それまでバイトの給料が振込だったとしても、ばっくれた後の最後の給料が手渡しになったとしても文句は言えせん。 雇い主に振り込まれていなかった残りの給料を請求した際に、「残りの給料払うから直接取りに来て」と言われた場合には、受け取りに行かなければ給料を受け取る権利を放棄したものとみなされてしまいます。今まで振込だったから、最後も振込でという希望は雇い主は聞く義務がないため、この場合は謝罪して直接取りに行くようにしましょう。 また、その時に今まで貸してもらった制服等を忘れずに返却しましょう。前述のような労働基準監督者や消費者センターへの相談は、雇い主が「払うから来て」と言っている場合にはなかなか対応してもらえないですので、この場合は頑張って行くしかありません。後々にトラブルがないようにして、謝罪してスッキリするのが得策でしょう。

バイトをばっくれたその後

バイトをばっくれた場合に、それまで勤めた分の給料が払われなかった場合の対処については前述しました。しかし、それ以外にもバイトをばっくれた場合にはしなければならないことがあります。 いざ、バイトをばっくれてしまった方は、以下の内容を読んで一つ一つ行動して、後腐れなくバイト先を辞めましょう。今後、何かで関わりがあるかもしれないので、できるだけ穏便に収めることは重要です。

バイトをばっくれたその後-家

バイトをばっくれた場合に、雇い主が家まで来たというケースが稀ですがあります。勤めている期間が長期に渡っていたり、職場の人と関係性が深くなっているような場合は、バイトをばっくれた場合に家に来てもおかしくはないでしょう。 また、企業によっては従業員がばっくれた場合にこうするといったマニュアルで、家まで行くというフローとなっている場合もあり得ます。このような場合は、雇い主側がとにかく事務的に物事を進めて、いきなり勝手には辞めさせないという意思の表れからです。そして、然るべき手順をとって辞めてもらうことで、次の人員確保がしたいという場合です。 そのため、バイトをばっくれて雇い主が家まで来た場合は、できることであればまず会ってばっくれたことを謝罪した上で「辞める」という意思を伝えてみるのも良いでしょう。 しかし、雇い主が横暴で暴力的な場合や、絶対に辞めさせてくれないなどの場合は、無理に会わなければならない義務はありません。もともと、バイトなのにばっくれたからといって家まで押しかけてくることが稀なので、その場合は一応電話などで辞める意思を伝えた上で、困った場合には然るべき公共機関や警察等に相談しても良いでしょう。

バイトをばっくれたその後-電話

トピック1009494/要素1708231

バイトをばっくれる場合に、職場からかかってくる電話に出るのは怖いでしょう。バイトをばっくれて無断欠勤してしまうのは社会的にはダメだと認識していても、どうしてもそうしなければならなかったというのであれば、ばっくれた後からの行動が大切です。 まずは、心を整理した上で、電話でバイトをばっくれたことを謝罪しましょう。そして、辞める旨の報告を伝えましょう。ばっくれたけれどバイトは今後も続けたいのであれば、謝罪後話し合いをしなければなりませんので直接会いたい、謝罪したいと伝えます。 しかし、無断でバイトをばっくれたのであれば、雇い主は貴方に続けて欲しいとは思わないかもしれません。とりあえず、ばっくれた場合には心の整理をできるだけ早くして、早めに電話をして謝罪して自分の気持ちを伝えることです。誠意を見せることで、相手も許す気持ちが出てくるかもしれないからです。 バイトをばっくれた後に電話をできないでモヤモヤしていると、どんどん電話をかけづらい状況に陥ります。バイトをばっくれた場合には、職場への電話は早めに行うことをおすすめします。

バイトをばっくれたその後-損害賠償

バイトをばっくれると、民法709条の「不法行為」にあたるとしバイト先から損害賠償を請求されることがあります。しかし、実際にバイトをばっくれて損害賠償まで請求されるケースは稀です。それは、バイト先が貴方がバイトをばっくれたせいで不利益を被ったことを証明しなければならないからです。 例えば、貴方がバイトをばっくれたとして、代わりの者を探して新たなスタッフを雇わなければならないとしても、貴方の給料と新たなスタッフの給料をどちらも支払わなければならないわけではないので損害にはなりません。 しかし、貴方がバイトをばっくれたばっかりに、お店を休業しなければならなくなったという場合は、貴方への損害賠償が成立する可能性があります。但し、その場合は貴方意外にほかにスタッフがいなかったか、役職や担当業務が他にいなかったのかなど内容によって認められるか否かが変わってきます。 また、損害の有無に関わらず、無断欠勤による解雇や減給を雇用契約書に規程されていた場合には、バイトをばっくれてしまった貴方はなんらかの責任を負わされる可能性があります。 単純なクビであれば良いでしょうが、契約書の内容いかんによっては、ばっくれてしまった後の賠償額が高額だったりする可能性もありますので、バイトをする際には、雇用契約書をしっかりと熟読しておきましょう。

バイトをばっくれたその後-謝罪

バイトをばっくれた場合の謝罪の仕方、どうすれば良いのでしょうか。バイトを無断欠勤でばっくれた場合の理由は人それぞれです。体調が急に悪くなった、事故で怪我をしてしまった、家族が病院に運ばれた、などやむを得ない事情の方もいれば、寝過ごしてしまった、行きたくなくなった、など無責任な理由の方もいるでしょう。 バイトをばっくれた方は、まずはすぐにお詫びの電話を入れる、または連絡しに行くことが大切です。連絡なしの状態が続けば、バイト先も貴方への不信感が増しますし、良いことは一つもありません。 バイト先に謝罪する場合には、できれば担当の上司や店長など責任者へ行うのが最適です。もし不在であれば、同僚や先輩など職場の仲間に頼んでも良いでしょう。急なやむを得ない事情であれば、バイト先も謝罪をすぐに受け入れるでしょうが、単なるわがままの場合はなかなか許してくれないでしょう。しかし、まずは謝罪することが大切です。

バイトをばっくれた場合の謝罪の仕方

バイトをばっくれた場合の謝罪の仕方悩みます。そんなときのために謝る場合のポイントをまとめましたのでご参照ください。

1.謝罪では言い訳をしない

バイトをばっくれたという事実はいかなる理由であろうと、ばっくれた側が悪いです。まずは、色々な事情を説明するのは後にしてしっかりと謝りましょう。その時に、言い訳をたくさんしてしまうと、謝られている側もあまり良い気持ちになりません。バイトをばっくれたからといってすぐにクビになるかはわかりませんが、信用を落としていることは確かです。 貴方が誠心誠意謝って、相手にその気持ちが伝われば、その後の行動によっては信用回復までの時間を短縮できるでしょう。また、今後絶対にバイトをばっくれないということを誓うことが大切です。但し、バイトをばっくれてそのまま辞めるような場合は、今後の誓いはいりません。しかし、その場合でもしっかりと謝ることは大切です。

2.お詫びの気持ちを伝える

トピック1009494/要素1708943

ただ、原因を言って謝るだけでは相手は納得しないかもしれません。心から謝罪しているという態度が大切です。気持ちが篭っていないと相手にも伝わりませんので、しっかりと心をこめて謝罪するようにしましょう。

バイトをばっくれた体験談

トピック1009494/要素1713313

「バイトをばっくれたい」そう思っている人は多いでしょう。バイト先の環境の問題、個人的な問題、様々な理由があると思いますが、バイト先を実際にばっくれたという経験談をご紹介します。経験談を読んで、自分もそのようにばっくれようと思うかもしれませんが、できれば報告してきちんと辞めるのが本当ですのでおすすめはしません。 ここに挙げたものも、ちょっとした一例ですので参考の一つにみてください。

バイトをばっくれた体験談-コンビニ

コンビニバイト、ちょっと見だと楽そうだな~と気軽に応募しました。しかし、バイトを初めてこのお店が残業代を出さないし、用事があるのにシフトチェンジしてくれなかったり、と自分にとってはひどいバイト先でした。しかも、辞めたい旨を話そうとすると「人足りないんだよね」と店長から被せるように言われてしまいます。 そんな感じだったので、もう無理だと思ってバイトを始めて1週間ほどしてばっくれてしまいました。その日のシフトが学校の授業に重なっていたからです。以前も被ってるのでズラして欲しいと頼んでも誰もいないかたと無理にお願いされて、その授業にその日でないと単位が取れない状態でした。ばっくれると、その日何度も電話に着信がありました。 しかし、無視しました。次の日、自分から電話して辞める旨を伝えました。ばっくれる前のバイト分の給料を貰いたかったのですが、バイト先に行くとそのまま引き止められたり脅されたりしそうだったので、二度と行きませんでした。 今は、コンビニやファミレスなど人手不足なので中にはこんなひどい店もあるので、よく調べてからバイトに応募したほうが良いと感じました。

バイトをばっくれた体験談-引越し

大学2年の冬、バイト代が高めだということだけで引越しのバイトをすることになった。しかし、引越しのバイトは他に一人と社員が3人だけ。引越しの作業は夏は熱中症になりかけるし、荷物によっては運び込むことが大変なことも多く、単純作業だと思っていた自分には結構キツイ仕事だった。また、社員の一人からは、何度か罵倒された。そんな感じだったから、引越しのバイトに行くのは日に日に気が重くなってきた。 また、体力的にも予想以上の疲労感で、勉強にも差し障りが出てくるほどだった。そして、ある日シフトが入っていたのに、バイトをばっくれてしまった。会社からは電話が何度も入っていた。しかし、もう行く気はなかったので電話には出なかった。罵倒され続けて、もうこれ以上話す気力がなくなっていたからだ。 結局、それまで働いたお給料については後日電話をして振り込んでもらうことができた。もう二度としたくないバイトだ。

バイトをばっくれた体験談-ファミレス

ファミレスのバイトは、大学に入ってすぐに始めたバイトだった。接客は、思った以上に私に合っていて立ち仕事は足が痛いけど楽しく続けていた。しかし、ある日友人からどうしても参加して欲しいサークルがあるとつよく誘われて初めてばっくれた。急だったけど、後で何とかなるかなと軽い気持ちだった。 しかし、次のバイトの日に行ってみると店長から「どんな顔してここ来れるの?」と問い詰められた。私はどうしても外せない用事があったことを話したが、結局その月のシフトをこなしてクビになった。しかし、その後欠勤や遅刻なく周りにも挨拶してきちんと辞めたので、後腐れなくバイトを辞めることができた。 また、お給料についても無断欠勤した日以外は問題なくもらうことができた。実はクビを言い渡されてから、残りのバイトをきちんとこなしていたら、店長からクビを撤回してくれると話されたが、いったんそのように言い渡された手前、そのまま辞めることにした。自分が引き起こしたことなので、責任をとることはしょうがなかったと思う。

バイトをばっくれた体験談-映画館

大学に通いながら、映画館でバイトを始めたがある日どうしても行きたくなくなってばっくれてしまった。基本的に映画館の受付はそんなに嫌いじゃなかったが、人間関係がとても嫌だった。既にコミュニティができている中に飛び込むことの恐怖というか、行くたびにチクチク嫌味を言われたり、意地悪をされたり、輪に入れない日々で、もう耐えられなくなったからだ。 バイトを採用してくれた映画館の管理人は結構良い人だったので、ちょっと心が痛んだが、だから余計に辞めることを言い出しにくくてそのままばっくれてしまった。きちんとした手順を踏んで辞めるべきことはわかっていたが、そうすると管理人のおじさんから「なぜ?」と聞かれるし、それに対して「〇〇さんが」とか「輪に入りにくい」なんて言いにくいし言えないから。 結局、バイト代も貰わずに終わってしまった。

バイトをばっくれた体験談-居酒屋

専門学校に通っていたときに、社会勉強のために居酒屋でバイトをしたいと思い立ち、近所の居酒屋でバイトを始めた。しかし、皿洗いやお料理を運ぶときにお客さんにお尻を触られたり、からかわれたり散々な目にあう日々。 お店のご主人やおかみさんは良い人だったが、私が嫌がっているのに見て見ぬふりをしたり、次のシフトのことばかり話してくるので辞めると言いにくい空気になって言えないでいた。ある日、バイトが入っていたがどうしても行きたくなくなってばっくれてしまった。結局、その後お給料を取りに行ったときに謝罪したもののクビということになった。

バイトを安全にばっくれる方法

ここまで、バイトをばっくれてしまった場合の給料とその後の対処法についてご説明してきましたが、ここではばっくれを安全に行う方法をご紹介します。基本的にはあまりおすすめできないバイトのばっくれですが、世の中綺麗事のみではやり過ごせないことも多いですので、何とか綺麗にばっくれる方法を探っていきます。

バイトを安全にばっくれる際の注意点

トピック1009494/要素1720378

バイトをばっくれるのに方法もなにもないでしょうが、基本的にはバイト先に何も連絡することなく休みます。しかし、その際に注意する点があります。以下の注意点を守った上でばっくれましょう。

1.モノをもって帰らない、データは消す

まず、職場のモノを勝手に持って帰っておきながらばっくれるのはダメです。例えば、制服を借りたままばっくれてしまったり、保存されたデータを勝手に消すなどです。これをやってしまうと、バイト先から訴えられる可能性があります。ばっくれたくなるバイト先に後で訴えられるなんて最悪です。できれば関わりたくないでしょう。 そのため、ばっくれようと思う場合は、制服はそっと職場に置いておきましょう。または、ばっくれた後で郵送で送るという方法できちんと返すようにしましょう。

2.タイミング

タイミングを図らずにいきなりばっくれるのは危険です。例えば、一人でお店を任されている人のような場合にばっくれてしまうと、店が無人となって後で色々な問題が生じる可能性が高くなります。この場合も、やはり訴えられる可能性があります。ばっくれる場合は、自分以外にもスタッフがいる日を選んで行うようにしましょう。

3.余計なことをしない

ばっくれたくなるバイト先なので、店長が嫌だったり色々なことが原因としてあるでしょう。しかし、そのような事情があるにしても静かにばっくれるようにすべきです。最後だから、「店長に意地悪をしてやれ」とか思うのは絶対にダメです。そこは、グッとこらえて余計なことをせずにばっくれましょう。

バイトをばっくれるにはそれなりの理由がある

トピック1009494/要素1720271

せっかく始めたバイトなのに、ばっくれてしまったという人は何が原因だったのでしょうか。バイトをばっくれるには色々な理由があります。原因がバイト先にある場合や個人的な問題だったり、その状況別にみていきます。

バイト先にばっくれの原因がある

バイトしている先が勤怠を早めに切り上げさせているにもかかわらず、夜遅くまで交代させてくれなかったり、パワハラや非人道的な行為を繰り返された場合など、バイト先の働く環境に問題がある場合です。こんな状況では、もう行きたくないとなってもしょうがありません。 このうような職場の場合、きちんとした手順を踏んで辞めることが難しいことがあります。劣悪な職場である場合は、常識的な雇い主である率が高いために、通常のようにある程度辞めるまでに期間をみて報告しようとすると無理に引き止められたり、脅されたりする可能性があるからです。そうなった場合に辞めるには、バイトをばっくれるしかありません。

バイトのばっくれが本人に原因がある

本人に問題があると言っても、単位をとるために勉強したいから、とかサークル活動に打ち込みたいから、などの正当な理由の場合は、堂々とちゃんとした手順を踏んで円満にバイトを辞めるでしょう。 バイトをばっくれて辞める原因が本人にあるという場合は、例えば「バイトに行くのが面倒くさい」「自分に合わないみたいだから行かない」「眠いから寝過ごした」など、自分の意思のみでばっくれるパターンです。 バイトを始めたばかりのときは、まだ人間関係もできてませんし、仕事も覚えなければならないことばかりでキツいことも多いです。そのため、ストレスも溜まりやすく「もうバイトに行きたくない」とばっくれてしまいます。

バイトをばっくれるのはできるだけ避けた方が良い

トピック1009494/要素1720352

ばっくれる理由をみてきましたが、バイトといえどもばっくれるのはできるだけ避けましょう。というのは、バイトもシフトを組んでいることがほとんどで、貴方がいきなりばっくれることでお店はもちろん、同僚への負担が大きくなって迷惑をかけてしまうからです。 仕方なくばっくれてしまった、ばっくれるしか辞める方法がなかった、という場合であれば、周囲からのブーイングを覚悟でばっくれるのもアリでしょうが、ちょっとした気の迷いなどでバイトをばっくれるようでは、貴方に良いことはありません。 貴方に問題がある場合は、特になぜそのようになるのかを考えて、できるだけばっくれないようにする努力が必要です。前述のように、ばっくれることで給料をもらいに行きづらかったり、賠償請求までされる可能性があります。 また、周囲への迷惑から、恨まれることさえもあるからです。「もう二度と会うことはない」と思っていても、迷惑をかけたバイト仲間にその後就職先でバッタリ会うなんてことも有り得なくないです。できることなら、周囲に迷惑をかけずに円満に辞めることをおすすめします。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)