IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会計事務所の志望動機の書き方・例文(履歴書/面接カード/面接時)

就活ノウハウ

会計事務所の志望動機を考えたことはありますか?会計事務所は堅いイメージがあり、その志望動機も真面目なものが好まれるのではないかと考える人も多いですが、実際はどうなのでしょうか。今回は会計事務所の志望動機についてご紹介します。

更新日時:

会計事務所を知ろう

トピック10045/要素1482255

世の中には様々な仕事がありますが、それらの仕事に就くためには基本的には就職試験を受けなければなりません。就職試験の在り方や内容は業界や企業によって異なる部分も多いですが、大抵の場合でなぜその仕事に就こうと思ったのか、その企業を選んだのかという志望動機を聞かれます。 志望動機は仕事を行うための根本の動機であり、仕事に対するモチベーションを示したものでもあります。どれだけ能力があってもモチベーションが低ければ仕事を進めていける保証がないため、企業も採用の際には志望動機を重視する場合が多いです。 今回は会計事務所の志望動機の書き方を紹介しますが、志望動機を書くためには会計事務所について知識を深める必要があります。会計事務所とはどのようなものなのでしょうか。

会計事務所とは

会計事務所という名称は世間的にも広く知られていますが、これは通称であって正式名称ではありません。会計事務所の本来の名称は公認会計士事務所や税理士事務所、監査法人や税理士法人などです。 名称の違いは業務をしているのが公認会計士なのか税理士なのかを示しています。細かく見れば業務内容に差異はあるものの基本的には同じです。公認会計士のみが行える業務は監査証明と呼ばれるもので、それ以外は公認会計士も税理士も共通している部分が多いです。 一般的に会計事務所は従業員が10名程度の事務所が主となっていますが、監査法人や税理士法人といった事務所は上場企業をクライアントとしているので大所帯の従業員を抱えていることも多いです。

会計事務所の仕事は?

トピック10045/要素1484599

会計事務所の正式な名称を知れば次はその業務について考えてみましょう。会計事務所の主な業務は監査業務になります。月次の帳票の数字が正確なものかをチェックすることが主な業務になります。 会計事務所の規模などにもよって抱える業務量は変わりますが、基本的には忙しいことが多いです。また決算期などであれば監査業務が立てこみ、激務となることも少なくありません。 またこれらに加えて経営コンサルティングを行う場合も多いです。これは会計事務所として必須の仕事ではありませんが、会計士や税理士は会計のプロですので、企業の経営にも詳しく、これらの依頼が舞い込むことも多いです。もちろん必ずしも受ける必要がありませんが、コンサルティングも会計事務所の大きな収入になっていることは確かです。

会計事務所の職種は?

一口に会計事務所と言っても様々な職種が存在しています。まず事務所として成立するためには公認会計士が必要になりますし、税理士も同じ事務所に所属しているという場合もあります。 またそれらに加えて経理や事務、総務など一般の企業でもある職種の人たちも所属しています。会計事務所という名前ではありますが、基本的には企業と大きく変わることはありません。企業で必要な職種は会計事務所であっても一通り揃っていると考えて問題ありません。 ただ会計事務所の場合は基本業務が会計に関わるものですので、経理や総務などの人が企業に比べれば多いと言えます。志望動機を作成する際にはそれぞれの職種への理解を深めることも大切ですので、それぞれの特徴なども知っておきましょう。

会計事務所の役割は?

会計事務所は企業の帳簿をチェックする会計や経理のプロではありますが、企業の経理担当者にとって必ず必要な存在とは限りません。毎月の数字のチェックは企業の経理担当者が行いますし、請求書の発行や入金処理、庶務業務なども行っています。 会計事務所はそれらをメインで行うのではなく、あくまで手助けをしているに過ぎません。そのため必ずしも会計事務所が必要というわけではありません。しかし上場企業の場合は少し違っています。株式を上場している大企業は監査法人の監査を受ける事が法律で義務付けられていますので大企業と会計事務所は深い関係にあります。 経営コンサルタントとして関わる場合もありますし、大企業にとって会計事務所は必須のものであると言えます。

会計事務所のイメージは?

トピック10045/要素1482549

会計事務所の志望動機を作成するためにはそこに勤める人がどのような雰囲気を持った人たちが多いのか、そのイメージを確認していきましょう。仕事をする上では仕事をこなすことが出来る能力も大切になりますが、職場内で同僚と良い人間関係築くことが出来るか、その人柄なども大切になります。 仕事が出来ても自分本位で動き、チームの輪を乱すようであれば、結果的にマイナスの要素となってしまう場合もありますし、どのようなイメージなのか、その雰囲気を知っておくことは大切なことです。 そこで働く人の人柄を知ることで、どのような人柄が求められているのかも分かりますし、会計事務所で求められる人柄が分かれば志望動機でも効果的にアピールをしていくことが出来ます。

堅い人が多い?

会計事務所と聞けば堅い仕事とイメージする人は多く、人間性についても同様に堅いとイメージされることが多いですが実際にはどうでしょうか。会計事務所に勤務しているのは公認会計士や税理士の人たちです。もちろんこれ以外の職種の人もいますが、基本的には公認会計士と税理士がメインになります。 これら二つの職種は国家資格である士業ですので業務に多大な責任がのしかかります。正しい倫理感覚を持っていなければ業務を正しく行うことは出来ませんので、堅い人が多いと言えます。 もちろんこれは傾向的な問題であり、中にはそうではない人もいますが、性格はどうあれ責任が大きいのは変わりませんので、真面目な性格の人は多いと言えます。

会計事務所で求められるものは?

トピック10045/要素1482736

会計事務所での仕事の内容や基礎的な知識、そこで働く人たちの特徴などを知ればいよいよ志望動機の作成へと移りたいところですが、これだけの知識ではまだまだ準備不足です。会計事務所は多くの人がイメージするように一般の企業に比べて就職難易度が高いです。 いくら志望動機が完璧であっても実務をこなせるだけの能力が全く備わっていなければ合格することは出来ません。志望動機の出来が良ければ求められる能力については若干ハードルが下がる場合もありますが、それでも基本的なスキルなくしては就職することは出来ません。 会計事務所に就職したいならまずは必要とされる基本的なスキルを身に付ける必要がありますが、会計事務所ではどのようなスキルが必要になるのでしょうか。

会計や経理の勉強が必要

会計事務所は公認会計士事務所や税理士事務所などの通称であり、事務所の形態などは様々ですが、どこで働く場合でも基本的には常に数字や法律に基づいて業務を行います。そのため数字に強い、法律の知識が備わっているというのは求められる能力の一つになります。 面接時などにそれらの能力が備わっていることをアピールすることが出来ればいいですが、それが難しい場合には何らかの資格を持っていると有利になります。特に簿記などの資格を持っていれば会計事務所の就職には有利になることも多いです。 簿記の試験には様々な級数がありますが、履歴書に書いてアピールになるのは2級以上からです。2級以上の資格を有している場合にはそれをアピールするといいでしょう。

慎重さや正確さが必要

トピック10045/要素1484601

会計事務所では前述したような会計や経理、法律のスキルだけではなく、性格的な特徴として身長差や正確さが求められます。会計事務所の業務では会計や経理に関して正確な報告が求められますので、ケアレスミスであってもご法度です。 また企業の監査を行うため、チェック業務は非常に重要になります。それらは作業いミスはつきものですので、それをいち早く見つけて正しく計上する慎重さが必要になります。税務申告書を作成する業務では正しい金額で税額を計算する必要があります。 その金額にミスがあっては後々何倍もの追徴金がクライアントに課せられてしまいますので、一つのミスが会計事務所全体の信用に関わります。会計事務所では決してミスを犯さない慎重さと正確さが必要になります。

常に勉強

公認会計士や税理士などの資格は業務を行う上で必要なものです。しかしそれがあるからと言ってすぐに業務がスムーズにいくとは限りません。一般論やルールは理解していても、実際の業務では上手くいくことばかりではありませんので、柔軟な対応が必要になります。 また会計事務所では法律に基づいて業務を行っています。法律は常に一定ではなく、法改正が行われることもあります。資格を取得した際に学んだ法律は常に変化するもので、法改正のタイミングに合わせてその都度勉強をしておかなければなりません。 時代とともに法律や会計、経理の在り方は変化していきますので、常に勉強をして時代に取り残されないように努力を続けなければなりません。

コミュニケーション能力

会計事務所では基本となる会計の業務に加えて企業の経営コンサルティングの仕事を請け負う場合もあります。コンサルタントとして業務を行う場合は向き合うのは書類ではなく、人ですので充分なコミュニケーション能力が必要になります。 会計のプロとして企業の問題点や取るべき方策についてを考えた上でそれを正しく企業に伝えていかなければなりませんし、解決策を提示する際にはそれを上手く伝えるためのプレゼンテーション能力も必要になります。 企業がどのようなアドバイスを求めているのかを知るためには相手から本音を聞き出す必要がありますし、経営コンサルティングの仕事も請け負うのであればコミュニケーション能力は必須のスキルになります。

パソコンスキル

トピック10045/要素1484603

会計事務所の仕事では帳票管理は欠かせないものですが、以前であれば帳票はペーパーが主流でした。しかしパソコンの普及により帳票の管理はパソコンで行われるようになりました。会計事務所での業務は基本的にはパソコンを使って行われるためパソコンのスキルは必須であると言えます。 パソコンのスキルが全くなければそもそも仕事に手をつけることすら出来ませんし、最低限のパソコンスキルは必要になります。また監査の業務を行う場合にはクライアントが使用している会計ソフトに合わせてチェック業務を行う必要があります。 使用している会計ソフトは企業によって異なりますので、それらについても広い知識が必要になります。

体力

堅いイメージがあったり、知的なイメージが強い会計事務所では意外に思う人も多いですが、会計事務所で働きたいのであればある程度体力も必要になります。前述したように会計事務所は基本的には忙しく、決算期など仕事が重なる時期では激務が続くことも多いです。 それらは時期によって避けることが出来ずに訪れるものですので、それに対応するためには相応の体力が必要になります。また長時間にわたって帳簿にミスがないかをチェックし続けるということも多く、身体的な体力だけではなく、集中力としての体力も必要になります。 それらの能力がなければ激務に耐えることも出来ませんし、ミスを連発しかねませんので、会計事務所に勤めるなら体力が必要になります。

会計事務所の志望動機の書き方は?

トピック10045/要素1483106

会計事務所について様々な知識を身に付ければそれらを総合して志望動機を作成していきましょう。しかしここでも気をつけなければならないのが志望動機の書き方です。会計事務所について正しい知識を身に付け、それらを総動員したからと言って必ずしも素晴らしい志望動機を書くことが出来るとは限りません。 どのような業界を目指すにしても志望動機には正しい書き方というものがありますし、それをしっかりと守ることが出来ていなければ効果的にアピールが出来ないだけではなく、評価の対象とならない場合もあります。 志望動機で自身をアピールするためにはその書き方に充分気をつける必要があります。会計事務所の志望動機の書き方とはどのようなものなのでしょうか。

なぜ会計事務所なのか

会計事務所の志望動機を考える際にはなぜ会計事務所なのかを考えることが大切になります。これはどの業界の志望動機を作成する際にも言える基本的なことです。なぜ会計事務所なのか、その中でもなぜその事務所を選んだのかを明確にする必要があります。 考え方としてはなぜ志望するのかではなく、そこでなければならない理由を挙げるということになります。そこでなければならない理由を伝えることでより効果的に志望動機や自身の熱意をアピールすることが出来ます。 会計士や会計補助を目指している場合には資格を取得している、あるいは取得を目指して具体的にどのような行動を取っているかをしっかりと伝えることが大切です。自身の行動からでも熱意を伝えることは出来ますので、自身の取り組みにも触れましょう。

志望動機としてPRできるものは?

志望動機を作成する際にはただそこに就職したいという熱意をアピールするだけではなく、それと併せて自身の能力などについてもアピールしていく必要があります。自分にはこのような能力があるため、それを活かした仕事をするために貴社を志望するというように自己PRと志望動機を絡めてアピールしていきましょう。 志望動機と併せてアピールしやすいものとしては取得している資格が考えられます。公認会計士や税理士の資格を提示すれば大きなアピールとなりますし、それらの資格を活かした仕事がしたいという熱意を伝えることも出来ます。 その他には簿記の資格も有効です。また簿記だけではなく秘書検定などの資格もアピールの材料となる場合もありますので、資格を持っているのであれば上手く志望動機と絡めましょう。

何を会計事務所でしたいのか?

トピック10045/要素1484608

志望動機では就職したいという熱意をアピールすることに加えて就職後どのような仕事がしたいのか、どのような成長をしたいのかも伝える必要があります。志望動機でアピールしているのは熱意であり、自身のモチベーションの高さです。就職することがゴールとなってしまっては高いモチベーションで仕事をすることは出来ませんので、必ず就職後の自分についても触れる必要があります。 またどのような自分を実現したいのかということに触れ、それを実現出来るのはこの事務所だけであると上手く絡めることが出来れば、より大きなアピールとなります。志望動機の作成にあたっては自身のキャリアプランも考え、それを実現出来る企業や会計事務所を選ぶことが大切です。

書き出しは結論

会計事務所に限らず就職試験で志望動機を書く際には結論から書き始めるということを覚えておかなければなりません。志望動機を結論から書くというのは就職試験における常識でもありますので、必ず結論から書き出すようにしましょう。 志望動機の基本的な構成としては結論から書き始め、その後にそれを裏付ける根拠や経験、そして最後にまた結論で締めるというものになります。結論から述べることで志望動機にインパクトを持たせることが出来ますし、志望動機を明確に伝えることが出来ます。 志望動機は相手に正しく伝わるということが大切です。正しく伝えるためにはアピールを通してブレないことが大切ですので、最初に結論を持ってくることで内容がブレるのを防ぐことが出来ます。

志望動機の例文は?

トピック10045/要素1483428

会計事務所についての知識を深めればいよいよ実際に志望動機を書いていくことになりますが、志望動機を書く場は一つではありません。受験する会計事務所によって異なる場合もありますが、基本的な就活の場合は履歴書と面接カード、面接時に分けて企業に志望動機を伝えていかなければなりません。 基本的には志望動機は一貫している必要がありますので、それぞれに合わせて大きく変える必要はありませんが、シチュエーションによって伝えるべきポイントや伝え方のポイントなどが異なっています。 志望動機を効果的に伝えるためにはそれぞれの特徴に合わせて伝え方を変えていかなければなりません。シチュエーション別の志望動機の例文はどのようなものが考えられるでしょうか。

履歴書

履歴書の志望動機欄は範囲が限られていますので、簡潔に書かなくてはなりません。小さい文字で書けば文量を多く書くことは可能ですが、読みづらくなってしまえば低評価にも繋がりかねませんので、履歴書の文字は通常のサイズで、内容は簡潔に記すようにしましょう。 「私が会計事務所を志望したのは会計の仕事を通じて社会の仕組みを知りたいと考えたからです。私は大学では経済学を専攻していましたが、理論上の経済と実際の企業における経済は違っていることが多いです。必ずしも理論通りになるわけではない経済の仕組みに興味を持ち、その根本の部分は会計にあると考えました。会計事務所で働き、会計や経理のスキルを身に付け、経済の仕組みをさらに知りたいと考え志望した。」

面接カード

面接カードは面接の際に使用される資料です。面接官はそれをもとに質問をし、志望動機なども確認しますので、面接の質問のベースとなるものと考えましょう。面接カードでの志望動機にはインパクトが必要になります。面接官が質問したくなる文章を心がけましょう。 「私が会計事務所を志望したのは会計士として活躍し、企業の仕組みを知りたいからです。私は現在会計士の資格取得のために勉強をしており、資格取得後は経営コンサルティングの仕事にも挑戦したいと考えています。貴社は経営コンサルティングの仕事に積極的であり、会計士としても大きく活躍出来る環境が揃っていると感じましたので私は貴社を志望しました。」

面接時

履歴書や面接カードで志望動機は簡潔にまとめる必要がありましたが、面接時に口頭で答える場合には話を膨らませて構いません。面接時には志望動機の細部に触れ、それを膨らますことでさらに熱意をアピールすることが大切ですので、履歴書や面接カードに基づいて話を膨らませていきましょう。 「私は会計士として経営コンサルティングの仕事にも取り組みたいと考えています。会計士としての仕事ももちろん大切ですが、経営コンサルティングを行い、企業を活性化することで、経済をより発展させることが可能だと考えます。経済の発展は文化の水準を上昇させますし、日本全体の発展にも繋がります。会計士の仕事を通して日本を成長させたいと考え御社を志望しました。」

未経験・新卒者の場合の志望動機のポイントは?

トピック10045/要素1483634

会計事務所に就職するためには様々な資格や経験が必要になる場合が多いです。会計士や税理士として就職するためには当然それらの資格が必要になりますし、それ以外の職種で就職する場合にも様々な資格や経験などをアピールする必要があります。 しかし未経験や新卒の場合はどうでしょうか。未経験や新卒の場合は資格や能力、経験などが乏しい場合も多いですが、アピールする点がなければ志望動機を作成することは出来ません。志望動機の作成は難しいですが、作成のポイントをしっかりと抑えていれば未経験や新卒でも会計事務所に就職するとは可能です。 未経験や新卒で会計事務所に就職する場合の志望動機の作成のポイントはどのようなものなのでしょうか。

人柄を伝える

経験や能力に乏しい未経験や新卒の場合は志望動機ではそれらを無理にアピールしようとするのではなく、自身の人柄についてアピールするようにしましょう。新卒の採用などの場合は特にその人の人間性を重視して採用を決定する場合も多いので、熱意とともに自分の人柄を伝えるようにしましょう。 前述したように会計事務所では真面目で責任感があること、慎重さや正確さを持って仕事に取り組めることが重要になります。現時点での能力をアピールすることが出来ない場合は会計事務所に求められる性格をアピールし、ポテンシャルの高さを伝えていきましょう。 未経験や新卒の場合は最終的な判断基準としては仕事に対する熱意になることも多いので人柄とやる気をアピールすることを意識しましょう。

職種別の志望動機例は?

トピック10045/要素1484282

志望動機で効果的に自分の能力や仕事に対する熱意をアピールするためにはその書き方にも気をつけなければなりませんが、より効果的な志望動機にするためにはそれぞれの職種に応じた書き方を心がける必要があります。 前述したように会計事務所では会計士や税理士に限らず様々な職種があります。同じ会計事務所であっても目指す職種によっては求められる能力や資質が違っていますので、職種に合わせて志望動機も書き分けることが大切です。 会計事務所には様々な職種がありますが、それぞれに応じた最適な志望動機の例文とはどのようなものなのでしょうか。それぞれの志望動機の例文を紹介します。

経理の志望動機は?

経理の志望動機では業務の正確さや細やかさが必要になります。会計事務所の経理で一般企業の経理の業務に加えて、会計事務所ならではの処理もありますのでその点にも触れるといいでしょう。 「私は貴社で経理の仕事をしたいと考え得ています。私は短大でビジネスワークを専攻しておりました。企業との関わり合いをを学ぶうちに経理を通じて企業の役に立つ仕事に就きたいと考えるようになりました。会計事務所では通常の企業よりもより高度な経理の仕事が出来ると考え、それを実現させるために簿記の資格をを取得しました。経理の仕事を通じて企業の役に立ち、また高いレベルでそれを行うことで自身を成長していきたいと考えています。」

事務の志望動機は?

会計事務所では事務作業がメインとなりますし、時期によっては仕事が多くたまるということもあります。事務の仕事が上手く回らなければ事務所全体の仕事がストップしてしまいますので、忍耐力が求められる職種ですので志望動機でもそれらの能力をアピールしましょう。 「私は会計事務所で事務の仕事をしたいと考えています。私は前職でも事務の仕事をしており、その能力を活かして貴社でも活躍したいと考えています。会計事務では激務が続く期時期があるとも聞いていますので、その時期にも踏ん張りながら、周囲をサポートして仕事を進めたいと考えています。」

総務の志望動機は?

総務は大抵の企業でもある仕事で、会計事務所であっても企業であっても基本的な志望動機は同じで構いません。総務は事務所全体の管理をする必要がありますので、視野の広さなどをアピールすることで効果的な志望動機を作成することが出来ます。 「私は総務の仕事がしたいと考えています。会計事務所では来客も多く、それらの対応も多いのではないかと考えています。私は前職では接客業についていましたので、来客応対は得意ですし、視野を広く持ちながら働くことも出来ます。前職で培ったスキルを活かし、貴社で活躍したいと考え志望しました。」

秘書の志望動機は?

トピック10045/要素1484613

秘書の志望動機ではスケジュール管理能力やトラブルへの対応力をアピールすることが大切になります。また会計士とペアを組んで仕事をすることが多いため、コミュニケーション能力の高さや人柄などをアピールすることも大切になります。 「私は秘書の仕事がしたいと考えています。秘書として会計士の仕事をサポートすることで事務所全体の業務を円滑に回し、より多くのクライアント様の満足を獲得したいと考えています。在学中に秘書検定を取得し、マナー講座なども受講しましたので、それらの能力を活かして貴社でも活躍していきたいと考えています。」

会計士補助の志望動機は?

会計士補助の志望動機では会計士補助としてスキルを上げていきたいのか、ゆくゆくは会計士として活躍したいのか自分のキャリアプランを明確にすることが大切です。どっちつかずの状態では志望動機を効果的にアピールすることは出来ませんので、必ず自分の立場を明確にするようにしましょう。 「私は会計補助として働き、ゆくゆくは会計士としての仕事をしていきたいと考えています。現在公認会計士の資格取得に向けて勉強を続けており、補助の仕事をすることでより公認会計士の仕事への理解を深めていきたいと考えています。会計士の勉強と補助の仕事を両立させ、会計士の資格を取得してからは公認会計士として活躍し、事務所を引っ張る存在になりたいと考えています。」

会計士の志望動機は?

会計事務所の花形となるのが会計士の仕事ですが、会計士の志望動機ではどのようにキャリアを積んでいきたいのかを示すことが大切です。会計士として就職すればそこでゴールではありませんので、志望動機の中で自分が実現したい理想像について触れるようにしましょう。 「私は会計士として働き、業務を進める中で事務所を引っ張る存在になりたいと考えています。また会計業務に加えて経営コンサルティングの仕事にも取り組みたいと考えています。まずは会計士として様々な知識を身に付け、経験を積み、クライアント様に信用される存在を目指したいと考えています。クライアント様からの信用を勝ち得た上でコンサルティングの仕事に取組み、大きな利益を生み出したいと考えています。」

難関の会計事務所に挑戦しよう

トピック10045/要素1484565

会計事務所の志望動機の書き方や志望動機の例文、未経験や新卒の場合の志望動機や職種別の志望動機などを紹介しましたが、会計事務所は難関ではあるもののしっかりと志望動機を考えて受験すれば就職することは可能です。 難関ではありますが、未経験や新卒であっても就職を決めることは可能ですので、転職の場合は前職で培ったスキルを志望動機に盛り込むことでさらに合格率を上げることが出来ます。会計事務所の就職難易度は高いですが、だからこそ挑戦のしがいがあります。 どのように会計事務所でどのように成長したいのかを具体的に考え、それを志望動機に反映させて合格を勝ち取りましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)