IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

単眼鏡おすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

ライフスタイル

単眼鏡は、小型の地上望遠鏡の一種ですが、使い方によって小さな物を見るルーペや遠くの物を見るフィールドスコープとしての用途があります。小型で携行性に優れているため美術品や工芸品の鑑賞に最適ですが、最近ではゴルフや射撃の距離測定の機器として人気を集めています。

更新日時:

単眼鏡と双眼鏡はどう違うの?

単眼鏡と双眼鏡の最も大きな違いは、物理的に単眼鏡は鏡胴が1個、双眼鏡は2個であるということです。詰まり、単眼鏡は覗く部分が1か所しか無く、双眼鏡は2か所あります。その違いによって一般的には、単眼鏡は双眼鏡に比べて筐体がコンパクトで軽くなる反面、双眼鏡に比べて像が平面的で距離感や立体感に乏しくなります。 ただ、単眼鏡と双眼鏡の双方にはそれぞれに一長一短があり、概してどちらの機能的が優れているかという比較は余り意味がありません。なお、単眼鏡にも様々なスペックや種類がありますので、双眼鏡と同じく「それぞれの目的に合った」機種を選ぶことが大事なことです。

単眼鏡の長所は?

単眼鏡の一番の利点は、コンパクトで軽量であるため携帯性が良いことです。双眼鏡と比べると一周り小さいので、ポケット入れて持ち歩くことができます。詰まり、トレッキングやハイキングなど荷物をなるべく少なくしたい場合には、大きく重たい双眼鏡より楽に携行できるところが大きなメリットです。 次に、双眼鏡に比べて近距離でもピントを合わせやすいため、登山の時に高山植物などの山野草を観察する際には、非常に威力を発揮する場合があります。一般的に双眼鏡の場合は、最短の合焦距離(がっしょうきょり)が50cmくらいが限度であるのに対し、単眼鏡の場合はもっと近くによっても焦点を合わすことが可能です。 また、明るい場所で見る時、夜の暗くなった時、近距離で細かい部分を見る時など、その場面に応じてたくさんのスペックがあるので、使用目的に応じて機種を選択することができます。そのため、美術館での絵画の細かい部分、或いは博物館での工芸品の精緻な部分などの鑑賞には、単眼鏡の威力が発揮できます。

単眼鏡の短所は?

単眼鏡の最大の欠点は、遠くのものを肉眼で見ているような臨場感に乏しく、双眼鏡に比べて距離感や立体感が得られ無いことです。 また、単眼鏡は双眼鏡に比べて視野が狭いため、動きの速い野鳥などの野生動物の一瞬の躍動を捉えることが難しく、且つ長時間に亘って観察し続けていると目の疲労が感じるのがデメリットといえます。

単眼鏡の使い方の注意点

対象物の捉え方

単眼鏡で見たいものが見つかったら先ずは肉眼で対象物に視線を合わせ、それから単眼鏡の接眼部に目を当てて確認してください。使い慣れてくると徐々に感覚が掴めるようになりますが、双眼鏡に比べ単眼鏡は視野が狭いため、最初から目を当てて対象物を捉えることが困難です。

鏡胴の持ち方

単眼鏡で対象物を見る時は、鏡胴を両手で軽く支えて持つのが基本です。その時、少し脇を締めた状態で両腕で三角形を作るようにイメージすると良いでしょう。脇を締めるイメージが身に付いてくると、片手で持っても俊敏に使いこなせるようになります。

焦点の合わせ方

先ずは、対象物を視界に捉えることが先決です。初めは焦点が合っていないので捉えた像はボンヤリしていますが、レンズを解放したり絞ったりしながら対象物の焦点を合わせます。 単眼鏡のスペックに記載している最短合焦距離までは、ピント調整が可能となっていますので、近くの対象物に接近して確認してみて下さい。焦点の調節は、単眼鏡によって固有の癖がありますので、ピント調節にはある程度の慣れが必要なものです。

単眼鏡のスペックの選び方

単眼鏡には、本体に幾つかのスペックが刻印されています。これは、単眼鏡の最も基本的な光学的な性能を表すものですから、覚えておくことをおすすめします。 因みに、このスペックは、単眼鏡の本体に『○×△ AA°』と刻印されているますが、それぞれ『○』は倍率、『△』は対物レンズ有効径、『AA°』は実視界を表しています。

単眼鏡の倍率

倍率とは、刻印のスペックの中で『○』で示されている数値のことで、対象物を拡大する程度を表しています。例えば、倍率が『5』と表記されているものは、単眼鏡で100m先のものを見た時、肉眼で20m先を見た時と同じ大きさに見えることを意味しています。 単眼鏡の用途に応じた倍率は、バードウォッチには7~10倍、スポーツ観戦には7~8倍、自然の景観観察には7~8倍、天体観察には7~8倍を目安にするのが良いとされています。

単眼鏡の対物レンズ有効径

対物レンズ有効径とは、刻印のスペックの中で『△』で示されている数値のことで、対物レンズから入射する光束の大きさを表すものです。単眼鏡は、倍率と対物レンズ有効径のバランスによって、見える像の明るさと解像度が変わることになります。詰まり、単眼鏡の倍率によって、必要な有効径が決まることになります。 基本的には、対物レンズ有効径が大きいほど性能が良いといえますが、単眼鏡の筐体が大きく且つ重たくなってしまいますので、できるだけ使用目的に応じて対物レンズ有効径を選択するをおすすめします。 単眼鏡の用途に応じた対物レンズ有効径は、コンサートや観劇には倍率3~8倍で10~20mm、バードウォッチングには倍率7~10倍で20~40mm、スポーツ観戦には倍率7~8倍で20~30mm、自然の景観観察には倍率7~8倍で20~30mm、天体観察には倍率7~8倍で50mm以上を目安にするのが良いとされています。

単眼鏡の実視界

単眼鏡の実視界とは、刻印のスペックの中で『AA°』で示されている数値のことで、単眼鏡を覗いた時の視野の広がり角度を表すものです。因みに、実視界は単眼鏡の倍率によって変化するものなので、単純に倍率が異なる他の単眼鏡と比較することができません。

単眼鏡の見掛け視界

直接的に他の単眼鏡と比べる場合は、スペックの中の倍率『○』と実視界『AA°』を掛け合わせて得られる『見掛け視界』を用います。従って、実際には見掛け視界の方がよく使われるケースが多く、この数値を知っておく方が実用的といえます。ただ、視界が広ければ対象物が捉えやすくなる反面、解像度の低下を招いてしまいます。 単眼鏡の用途に応じた見掛け視界は、コンサートや観劇には50~70°、バードドウォッチングには65~70°、動きが緩やかなスポーツ観戦には50~60°、激しい動きのスポーツ観戦には65°以上、自然の景観観察には40~50°、天体観察には40~60°を目安にするが良いとされています。

単眼鏡のその他のスペック

(1)アイレリーフ(アイポイント) アイレリーフとは、単眼鏡を覗く際の対象物全体が見える接眼レンズと目の間との距離(単位:mm)を意味します。一般的に、アイレリーフの数値が大きいほど見やすく、眼鏡をしていてもそのまま見ることができます。 (2)ひとみ径 ひとみ径とは、対物レンズ有効径を倍率で除した数値(△÷○)で表されます。この数値が大きいほど、暗い場所でもよく見える目安になります。なお、ひとみ径が大きくなっても明るい場所で眩しすぎるという心配は無く、寧ろひとみ径が小さいものは暗い場所で見えにくいことになるので注意が必要です。因みに、一般的には、単眼鏡のひとみ径のスペックは2~7mmの範囲ですから、見たいシーンを想定して選ぶことが重要です。 (3)明るさ 明るさとは、ひとみ径を2乗した数値で表されますが、この数値を使うのが実用的とされています。単眼鏡で見る対象物が、明るいほど小さな数値(4~9)になり、、暗いほど大きな数値(9~49)になります。 (4)重量 単眼鏡のスペックが高度になるほど、筐体が大きく且つ重くなります。要するに、対物レンズ有効径が大きいほど、必然的に部品の重量が大きく又重たくなる訳です。従って、単眼鏡のスペックは、使用目的に応じて選択しないと過剰装備に成り、却って使い勝手が悪くなる場合があります。 単眼鏡のサイズは基本的に高スペックほど大きく重くなります。これは高スペックにするために対物レンズの有効径などを大きくしなければいけないためです。使用する目的ごとに最適なスペックと重量のものを選びましょう。 使う人によっても変わりますが、200~400gだと余り気にならなくても、500~1,000gに成るとかなり堪えますし、1,000gを超えると持ち運びに苦痛を伴い、ましてや三脚が無ければ使用できなくなります。

アマゾン『売れ筋ランキング』トップ3

アマゾン『売れ筋ランキング』第3位:ARCHEER 16x52高倍率ズーム望遠鏡・ ハイパワー単眼鏡

アマゾン売れ筋ランキング第3位は、アマゾン価格が2,299円のARCHEER 16×52高倍率ズーム望遠鏡・ハイパワー単眼鏡 昼夜兼用というおすすめの商品です。 サイズは、W=160mm、H=52mm、D=52mmで小さくても精巧で、鮮明度の高い画質が得られます。倍率は16倍と高倍率を実現し、デュアルフォーカスやハイパワービジョン機能を搭載しています。そのため快適で鮮明な画像が得られることと、夜間など低照度でも高画質が楽しめるのでおすすめです。 また、防水や曇り防止機能による空気中の塵埃や雨水の浸入防止が施されているので、荒天時のアウトドアでもしっかり楽しむことができるおすすめの商品です。

《カスタマーレビュー》 プライスを考えると非常に良い単眼鏡です。 操作するところは視度調整リングとピントリングのみです。 昼間遠くを見るのには非常に使いやすいです。 レンズの明るさはそこそこで、星をみたりするのには適しませんが、夜間光が少しでも環境ならまあまあ見える、という感じでした。 52mmはちょっとオーバーかと思います。 また、よく見ると端は歪みが来ます。価格的には十分だと思います。色のケラレは少ないような気がします。 キャップがついていればいいと想いますが、まあ、カジュアルに使う程度の値段ですから、気にしないのもありです。 ザックにいれていって、ハイキングや海などに持っていくのがいいと思います

アマゾン『売れ筋ランキング』第2位:NIKULA 10-30x25 単眼 ズーム望遠鏡 単眼鏡

アマゾン売れ筋ランキング第2位は、アマゾン価格が1,873円のNIKULA 10-30×25 単眼 ズーム望遠鏡 単眼鏡 HD ポータブルハイパワーナイトビジョン 非IRというおすすめの商品です。 サイズは、W=128mm(max200mm)、H=31mm、D=31mmとなっていますが、ズーム機能によって128~200mmまで伸縮します。そのため、倍率は10~30倍の範囲で必要に応じて可変でき、コンパクトでありながら精巧で鮮鋭度の高い画質が楽しめるのでおすすめです。 アクセサリーとして、吊下げ用のロープ、ナイロン製の袋、レンズクリーニング用の布などが付属しているので、昆虫観察などのアウトドア、野外のスポーツ観戦、旅行での景観観察などの持ち運びに適したおすすめの商品です。

《カスタマーレビュー》 この値段でこの倍率は大満足! 正直、聞いたことないブランドで不安だったけど、作りは意外と精密。 かなり使えると思う。

アマゾン『売れ筋ランキング』第1位:GOMYHOM 単眼鏡 望遠鏡 16倍率 昼夜兼用

アマゾン売れ筋ランキング第1位は、アマゾン価格が1,599円のGOMYHOM 単眼鏡 望遠鏡 16倍率 昼夜兼用 というおすすめの商品です。 サイズはW=170mm、H=75mm、D=65mmとコンパクトサイズなので持ち運びに便利な上、ピント合わせが片手でも簡単に調整できるので、使い勝手に優れた特性を持っているのでおすすめです。 また、光学系の16倍レンズを使用しているため、1,500m先の視野も明るくシャープで鮮明な画像を見ることができるので、アウトドア、バードウォッチング、スポーツ観戦などにもおすすめです。また、それ以外にも夜景観察、昆虫観察、トレッキング、釣りや狩猟などにも幅広く自然の景観なども楽しめるおすすめの逸品です。

《カスタマーレビュー》 ちょうどアウトドア用に単眼鏡がほしくて購入しました。値段もお手頃でいい買い物しました! 16倍なのである程度の距離は見えますね。個人的には満足しています。 これで鳥とかちょっと遠くの山とか見て楽しんでおります。 肉眼とはまた違った見方ができるので。 めっちゃ個人的なことですが、 昔見たアニメで主人公が単眼鏡にちょっとした憧れがあったんですが、そんな童心を思い出しました(笑)

アマゾン『ほしいものランキング』トップ3

アマゾン『ほしいものランキング』第3位:UNHO 単眼鏡 単眼望遠鏡 16×52 60M/8000M 昼夜兼用

アマゾンほしいものランキング第3位は、アマゾン価格が1,180円のUNHO 単眼鏡 単眼望遠鏡 16×52 60M/8000M 昼夜兼用というおすすめの商品です。 16倍率のズーム機能搭載の単眼鏡で、暗い場所や夜でも見やすく手のひらサイズの高性能ズムを実現したおすすめの商品です。因みに、コンサート会場、博物館、美術館などでの使用はいうまでも無く、自然観察、アウトドア、スポーツ観戦などにも欠かせないおすすめの一品です。

《カスタマーレビュー》 しかし、ボヤッとしていて前から持ってる小さい10倍と4倍の方がコンパクト且つ輪郭も少しハッキリしてるので、デカさが邪魔、あとピント調整が手前と先にふたつあり、むしろ先のリングで調整する感じになり、使いづらい 買わなくて良かった

アマゾン『ほしいものランキング』第2位:NASHICA 単眼鏡 SPORT 15-50×21 ZOOM ポロプリズム式 三脚取付可

アマゾンほしいものランキング第2位は、アマゾン価格が6,492円のNASHICA 単眼鏡 SPORT 15-50×21 ZOOM ポロプリズム式 三脚取り付け可というおすすめの商品です。 倍率はズーム式で15-50mm、対物レンズ有効径が21mmで、2.5mの近距離でのピント合わせが可能です。サイズは、W=105mm、H=33mm、D=33mmとコンパクトで、マルチコーティング仕様となっている中国製のおすすめの商品です。

アマゾン『ほしいものランキング』第1位:AmandaK 16X倍率 ダブル焦点調節 対物フォーカスタイプ 軽量 コンパクト 単眼鏡

アマゾンほしいものランキング第1位は、アマゾン価格が1,300円のAmandak 16X倍率 ダブル焦点調節 対物フォーカスタイプ 単眼鏡 アウトドア用 望遠鏡というおすすめの商品です。 マルチコーティングした16X倍率で52mmの対物レンズを装着したことによって、どんなターゲットを目標にしても優れた透過性と明るさが保証できるのでおすすめです。 また、サイズはW=145mm、H=52mm、D=40mm、重量が350gとコンパクトタイなので持ち運びが便利です。なお、ダブル焦点調節が可能なことより、ゴルフ、キャンプ、ハイキング、バードウォッチングなどアウトドアでの利用や、コンサートの鑑賞にも最適なパフォーマンスを発揮するおすすめの商品です。

《カスタマーレビュー》 実際展覧会で使用した感想を聞くととても見やすくて便利とのこと。買ってあげてとてもよかった。ありがとうございました。

《カスタマーレビュー》 手軽で、また簡単に使えて、手のひらサイズなので・・・、どこにでも入れても持参できるがよかったです。付属品はあまり使わないので、その分価格を安くしたほうが、もっと利用する人が多いのではないでしょうか!?

アマゾン『人気ギフトランキング』トップ3

アマゾン『人気ギフトランキング』第3位:Hosam 単眼鏡 望遠鏡 携帯レンズ

アマゾン人気ギフトランキング第3位は、アマゾン価格が2,399円のHosam 単眼鏡 望遠鏡 携帯レンズ 携帯カメラレンズ 三脚付きというおすすめの商品です。 この単眼鏡は携帯電話に固定することができ、広い視野で遠い距離の遠景でも撮影が可能なことです。そのため野外での自然観察やハイキング・旅行などの行楽地で大活躍です。また軽量なのでコンサートやスポーツの観戦などにも手軽に持って行けます。

《カスタマーレビュー》 まだ登録されていません。

アマゾン『人気ギフトランキング』第2位:Solo 8x36 測距レチクル内蔵タクティカル単眼境(正規輸入品)

アマゾン人気ギフトランキング第の2位は、アマゾン価格が21,930円のSolo 8×36 測定レチクル内蔵タクティカル単眼鏡(正規輸入品)というおすすめの商品です。 この単眼ユーティリティークリップを利用し、簡単にベルトやバンドなどに装着することが可能です。ガラス表面は完全マルチコーティングが施されていますが、コンパクトで軽量の上扱いやすい倍率なので明るい画像が得られます。 なお、防水加工や曇り止め加工併せて、耐衝撃性能も備わっているので屋外でも安心して使える単眼鏡です。

《カスタマーレビュー》 仕事で使用するために購入。 視野も広く、クリアで、ミルスケールがきれいに入っているため非常に使いやすいです。 ミルスケールの入ったモデルのためミル計算ができる人前提となります。 そうでない方はミルスケールの入っていない廉価モデルをおすすめします。 側面のクリップはモールにかけることが可能です。

アマゾン『人気ギフトランキング』第1位:YOKINO 人気 単眼鏡 (三脚+クランプ) 望遠鏡

アマゾン人気ギフトランキング第1位は、アマゾン価格が2,300円のYOKINO 人気 単眼鏡(三脚+クランプ)望遠鏡というおすすめの商品です。 との単眼鏡は各種モバイル端末への取り付けが可能なので、コンサート・旅行・アウトドア・スポーツ・ライブなどで気軽に利用できます。視野が1600m/9600mと広角で二重焦点機能が備わっているので遠距離撮影にも力を発揮します。

《カスタマーレビュー》 私のスマホはレンズが端の方に付いているため位置合わせが大変でした。このレンズは割と明るいので、ピントは来ますがブレは覚悟。この三脚では対応が難しかった。別の双眼鏡用クランプ、三脚に替えて落ち着いた。一度セットしてしまえば楽なのだが。シャッターはリモートしないとブレ量産。ケラレは盛大に出るので後処理が必要だが、中心部は綺麗。

『美術鑑賞』におすすめの単眼鏡3選

美術鑑賞におすすめの単眼鏡で一番大事なことは、軽量でスタイリッシュなデザインであることです。また、美術鑑賞におすすめの単眼鏡のスペックは、近くから見ても細部まで鮮明に鑑賞できる最短合焦距離が短いものがおすすめです。 なお、美術鑑賞におすすめの単眼鏡のスペックは、概ね以下のようなものです。 《おすすめのスペック》 倍率:4~7倍 見掛け視界:40~50° ひとみ径:3~5mm 明るさ:9~25

美術鑑賞におすすめの単眼鏡=ビクセン マルチモノキュラーシリーズ 6×16=

美術鑑賞におすすめの単眼鏡のトップバッターは、ビクセン マルチモノキュラーシリーズ 6×16の紹介です。この単眼鏡は20cmくらいの距離でもピント合わせが可能で、ポケットにも簡単に入るほどの超小サイズのところがおすすめです。 アマゾン価格:8,158円 型番:1121-04

《カスタマーレビュー》 美術館や博物館に時々出かけます。日頃重宝しているコンパクト双眼鏡を試しに持って行ったことがありますが、あまり使い勝手がよくありません。いろいろと調べてみて焦点距離の短い単眼鏡が特に美術館や博物館での鑑賞には適していることを知り、ビクセンの4×12を購入しました。展示されている作品をガラス越しに単眼鏡を覗くと、油絵の細やかな筆のタッチ、遺跡から発掘された装飾品の作り、アマゾンに生息しているチョウの標本の美しい鱗粉の様子などを観ることができ、これまでにない楽しみ方が増えました。 店頭で、このシリーズの6×16,8×20と比較しましたが、美術館などは照明を暗くしているため、明るさの点から4×12を選択しました。4倍の倍率もこの用途には十分のようです。因みに、ニコンのモノキュラーHGが同じく店頭に展示されており、画像の鮮明さなど価格の違いがよく分かりました。 4×12は価格も手頃で、サイズも小さく掌に収まるのでおすすめの商品です。 遠くの景色を見たいという用途にはあまり適していないと思いますが、美術館等に足を運ばれる方は使ってみられることをおすすめします。

美術鑑賞におすすめの単眼鏡=ビクセン マルチモノキュラーシリーズ 4×12=

続いて美術鑑賞におすすめの単眼鏡は、ビクセン マルチモノキュラーシリーズ 4×12の紹介です。この単眼鏡は、必要なときに直ぐにポケットから取り出すことができるほどの小型サイズなので、博物館のガラスケースの中の展示品や、講演会場での小さな文字の資料を読むときなどに重宝する優れものです。 アマゾン価格:6,263円 型番:1105

《カスタマーレビュー》 価格とパフォーマンスは最高ですね。美術館に是非、持参したい商品です。 大きさも凄くコンパクトで、光学的にもいいものです。

美術鑑賞におすすめの単眼鏡=ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG5X15D=

美術鑑賞におすすめの単眼鏡の最後は、ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG5X15Dの紹介です。 この単眼鏡は、鏡胴部分に金属素材を使用しているためデザイン性に優れています。また倍率が5倍ながら最短合焦距離が0.6mと小さく、美術館や博物館での作品鑑賞に優れた性能を発揮します。 アマゾン価格:16,453円

《カスタマーレビュー》 登山のお供にしようと、8×20HG L DCF と悩んでこちらを買いました。 5倍の物足りなさは、もともと屋内での使用を中心に考えるべきものであって、そこ間違えなければ良い道具です。 登山のお供には8×20HG Lにすべきだった気がします…まぁ両方所有すれば問題解決です。 諭吉さんが減る!という新たな問題も生まれますが… ソフトケースの事書いてくださった方、どうもありがとう。 ダブらないですみました。

『旅行やアウトドア』におすすめの単眼鏡3選

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡は、持ち運びに便利な小型で軽量なスペックが一番です。できればポケットに入るサイズがおすすめですが、急に出くわした瞬間を逃したくないので、簡単にポケットから出し入れできるのがおすすめです。 また、アウトドアで急な雨に降られることを想定すると、できるだけ防水タイプがおすすめです。なお、旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡のスペックは、概ね以下のようなものです。 《おすすめのスペック》 倍率:6~8倍 見掛け視界:40~50° ひとみ径:3~5mm 明るさ:9~25

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡=ケンコー 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ=

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡の最初は、ケンコー 単眼鏡 7×18 対物フォーカスタイプです。 アマゾン価格:744円 型番:100882 付属品:ケース、ストラップ この双眼鏡の倍率は7倍ですが、フォーカスリングが対物レンズ側にある構造となっています。軽量でコンパクトサイズなので、大きさはポケットサイズなので気軽に持ち運びが可能です。なお、アクセサリーとしてソフトケースとストラップが付属しています。

《カスタマーレビュー》 車両荒らしにあい駐車場監視チェックの為購入。 他コメントあるように視野が狭いですがピンポイント的には見れます。 使用感はボリューム調整がちょっと固く回しにくいので両手での調整がいいですね。 使っているうちに柔らかくなって慣れれば片手調整が可能かも。 脱着可能なアイピースは装着してるほうがいいですね^^ 商品は思ってたよりコンパクトで収納しやすくて良いと思います。 でも、次買う時は視野の広いタイプにしたいと思います^^;

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡=ビクセン 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー8×20=

次に、旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡は、ビクセン 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー8×20です。 アマゾン価格:8,710円 型番:1122 付属品:ストラップ、専用ソフトケース この単眼鏡は8倍と高倍率であるにも拘わらず、最短合焦距離が25cmと至近距離を実現した単眼鏡です。持ち歩きに便利なコンパクトサイズが特徴であり、ストラップとソフトケースが付属しています。そのため博物館のガラスケース内の資料を読んだり、美術館での作品鑑賞にも最適です。 なお、小さくて肉で見づらい物を見たいときには、25cmの至近距離まで近寄りルーペのように使うことができます。因みに、ルーペ用のスタンドを併用すると、何とミクロ倍率が24倍にもなる優れものです。

《カスタマレビュー》 価格とパフォーマンスは最高ですね。美術館に是非、持参したい商品です。 大きさも凄くコンパクトで、光学的にもいいものです。

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡=ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG 7×15D=

旅行やアウトドアにおすすめの単眼鏡の最後は、ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG 7×15Dです。 アマゾン価格:17,071円 型番:BDA005AA この単眼鏡は、外装部分が金属仕様なのでお値段以上に高級感が漂い、持つ喜びや使う喜びを一層引き立ててく手ます。軽量でコンパクトなサイズなので、旅行・ハイキング・スポーツ観戦などアウトドアでの使用に適した単眼鏡です。

《カスタマーレビュー》 想像していたよりもずっと小さく軽いです。 しかし、視野のクリアさや。明るさは期待どおり、さすがニコンです。 荷物が多い現場での仕事に邪魔にならず、強い味方になると思います。

『天体観測』におすすめの単眼鏡3選

天体観測におすすめの単眼鏡は、何と言っても明るさが最も大事なスペックです。そのため、人間が対応できる限界ぎりぎりの25~49のスペックがおすすめです。 なお、この明るさを確保するためには、倍率は7倍くらいがおすすめですが、それ以上の倍率であれば防振機能や三脚の使用をおすすめします。因みに、天体観測におすすめの単眼鏡のスペックは、概ね以下のようなものです。 《おすすめのスペック》 倍率:7~10倍 見掛け視界:40~60° ひとみ径:5mm以上 明るさ:25以上

天体観測におすすめの単眼鏡:MINOX 単眼鏡 #62209 MD 7X42C BLACK 7倍42口径=

天体観測におすすめの単眼鏡1番目は、MINOX 単眼鏡 #62209 MD 7X42C BLACK 7倍42口径です。 アマゾン価格:29,160円 型番:200469 この単眼鏡は、倍率が7倍で明るくて広角タイプの優れものです。また本体と一体型のコンパスと鮮明なレチクル(十字線)が備わっているので、海上航海には打って付けの機能が備わっています。 これらの機能は、視界内に見える対象物の範囲や距離の決定に重要な担っているので、水上スポーツに止まらずアドベンチャー指向のアウトドアユーザーにもお役に立てる単眼鏡です。

《カスタマレビュー》 現在の所、まだありません。

天体観測におすすめの単眼鏡=ビクセン 単眼鏡 アルテスモノキュラーHR6×21=

天体観測におすすめの単眼鏡の2番目は、ビクセン 単眼鏡 アルテスモノキュラーHR6×21です。 アマゾン価格:23,159円 型番:11485-6 この単眼鏡は、対物レンズには天体望遠鏡で用いられる超低分散(ED)のガラスレンズを採用しているため色収差が殆ど感じられないクリアな視界が得られます。 また、プリズムの一部には高屈折率プリズム材の「SK15」を採用したことによって、視野全体に亘って光のロスを極力抑えた設計になっています。

《カスタマーレビュー》 何故かメーカーホームページの製品情報ではBK7/SK15になっていますけど。 双眼鏡を持って行く余裕が無いときに大変重宝しております。 高価ですけど双眼鏡・単眼鏡はこの価格帯ぐらいまでは性能と価格は比例しますのでコスパは良いと思います。

天体観測におすすめの単眼鏡=VORTEX 単眼鏡 ダハプリズム 防水 8倍36mm有効径 Solo 8x36=

天体観測におすすめの単眼鏡の最後は、VORTEX 単眼鏡 ダハプリズム 防水 8倍36mm有効径 Solo 8x36です。 アマゾン価格:23,715円 型番:VOR0018 付属品:ユーティリティークリップ この単眼鏡の特徴は、以下のようなものです。 (1)明るく見やすい マルチコートレンズの採用によって光の透過率を高めているので、色々なシーンで使っても明るく見やすい画像を楽しむことが可能です。 (2)視野の広さを確保 実視界が7.5°と広めなので、特にバードウォッチング・ハイキングなどアウトドアでの自然観察に適しています。 (3)付属品 単眼鏡の本体側面にユーティリティークリップが付属していますので、使いたいときには直ぐに取り出して確認できるといった便利な使い方ができます。 (4)防水機能 本体内部に窒素ガスを封入した防水タイプなので、急な雨や曇り防止にも対応可能です。

《カスタマーレビュー》 手振れがしますが、壁などに体を固定すれば大丈夫です。 レンズはクリアで、野鳥観察に適した品物だと思います。

『スポーツ観戦』におすすめの単眼鏡3選

スポーツ観戦におすすめの単眼鏡は、色々な種目を見る機会が多い人は、できるだけ見掛け視界が広めのスペックがおすすめです。なお、倍率が10倍を超える単眼鏡の場合は、できれば防振機能が付いているスペックがおすすめです。 また、野外のスポーツ観戦を考えると防水機能が付いているスペックが更におすすめです。因みに、スポーツ観戦におすすめの単眼鏡のスペックは、概ね以下のようなものです。 《おすすめのスペック》 倍率:屋外の場合は8~12倍、室内の場合は4~8倍、広い会場の場合は8~10倍 見掛け視界:激しいスポーツは65°前後、ゆっくりの動作は50~60° ひとみ径:日中のスポーツは4~9mm、夜間のスポーツは3~5mm 明るさ:日中のスポーツは4~9、予感のスポーツは9~25

『スポーツ観戦』におすすめの単眼鏡=ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG 7×15D=

スポーツ観戦におすすめの単眼鏡の最初は、ニコン 単眼鏡 モノキュラー HG 7×15Dです。 アマゾン価格:17,071円 型番:BDA005AA この単眼鏡は、落ち着いたスーツにもよく似合い外観が美しいフォルムなので、オフィシャルな場所にお出かけの際にも映える高級単眼鏡です。なお、ポケットやハンドバッグにも簡単に収まるコンパクトなボディーサイズなので、時にはビジネスシーンでも活躍できる単眼鏡です。 また、最短で80cmまでピント合わせが可能なので、美術館や博物館などでの展示物の鑑賞や資料の確認にも適した本格派が満足するアイテムです。

《カスタマーレビュー》 手ぶら派の自分はお財布とiphoneだけでしたがこの単眼鏡を買ってからは毎日仕事の時も首から提げています。ふとした瞬間にさっと出して眺める。とても気分が癒されます。今まで観ていた何気ない景色の中に新たな発見が沢山あると気付きました。近くも遠くも明るくくっきり見えます。今年買って良かったものナンバーワンです。

『スポーツ観戦』におすすめの単眼鏡=オリンパス ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16=

続いて、スポーツ観戦におすすめの単眼鏡は、オリンパス ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16です。 アマゾン価格:8,254円 型番:V501019WE000 この単眼鏡は、見るもの全てに興味津々で知的好奇心が強い方であれば、自由自在に使いこなすことができます。 (1)セミナーや学校で 教室の最後部から図解や文字を見てもバッチリです。メモ取りながら片手で見ても軽くて操作が簡単なので問題ありません。 (2)美術館や博物館で 名画の鑑賞で絵の具や細かい筆のタッチまで見たいときには、細部に亘って観察できるのでおすすめです。また、作品や展示品の紹介文など細かい文字を読む時などは、打って付けの双眼鏡です。混雑時に後列からアップで見てもアップで綺麗に見られます。 (3)コンサート会場で コンサートや観劇などで遠くに見える出演者の顔や仕草など、アップにしてしかもシャープな画像が楽しめます。会場内でカメラ撮影できない場合には、欠かせない単眼鏡です。 (4)旅先で 旅先で歴史的な建造物などを訪れると、どうしても近寄れないとか細かい部分が見えないなどのシーンがあります。そんな場合でも、この単眼鏡を使えばしっかり記憶に残せるので問題解決です。 (5)突然の場面で 知らない街を散策中、遠くの看板がよく見えるので思わぬ発見ができること間違いありません。また街中で急に出くわす飛行船など、この単眼鏡を鞄に入れて持ち歩けば瞬時にアップで堪能できること間違いなしです。

《カスタマーレビュー》 本体から少し目を離して見ないとならない(双眼鏡のような目に当たる所のゴムの部分がない)ので、落ち着いて見れる環境が必要です。 若冲作品を余すところなく眺めるために購入しましたが、混みすぎて心が折れ、ほとんど使わずじまい。 その後別の展覧会で無事使用できました。見え方は文句なしです。

『スポーツ観戦』におすすめの単眼鏡=ライカ 8 x 20 防水モノビッド 単眼鏡・スポッティングスコープ=

最後のスポーツ観戦におすすめの単眼鏡は、ライカ 8 x 20 防水モノビッド 単眼鏡・スポッティングスコープです。 アマゾン価格:78,901円 付属品:ベルトループ付きキャリーケース、アイピースカバー この単眼鏡は、倍率が8倍でも超コンパクト設計に拘り、桁はずれの性能と機能的なデザイン性に優れた両面を持ち、バードウォッチング・昆虫観察・ハンティングなどのアウトドアでの利便性に長けています。その反面、美術鑑賞・演劇鑑賞・スポーツ観戦にも用途が広がる万能型の単眼鏡です。

《カスタマーレビュー》 値段に星1個です。ライカの看板掲げている正規代理店の正価でも5万円台です。 一方、製品は、色、輪郭、などの光学性能や取り扱い易さとも抜群に良いものです。 瞳径がやや小さいので、夜間の使用にはやや向かないですが、光学性能の良さから「肉眼で見えるものは見える」水準を有しており、瞳径の小ささからは俄かには信じられない明るさがあります。 ベルトに差し込める携帯ケースがつきますので、特に男性には扱いやすいでしょう。 最後に、繰り返しですが、他のお店のお値段もよく調べてから購入してください。

『バードウォッチング』におすすめの単眼鏡3選

バードウォッチングで野鳥の速い動きを捉えるためには、第1に広い視野の単眼鏡がおすすめです。明るさは、観察する場所や時間帯によって異なりますので、それぞれ観察する状況に応じて選定することが大事なことです。 なお、倍率が10倍を超えるような単眼鏡は、できれば防振機能付きや三脚の使用をおすすめします。また、野外では急な雨の心配もありますので、防水仕様の単眼鏡が更におすすめです。因みに、バードウォッチングの単眼鏡のスペックは、概ね以下のようなものです。 《おすすめのスペック》 倍率:8~12倍 見掛け視界:50~65° ひとみ径:明るい場所は2~3mm、薄暗い場所は3~5mm 明るさ:明るい場所は4~9、薄暗い場所は9~25

『バードウォッチング』におすすめの単眼鏡=ケンコー 単眼鏡 リアルスコープ 8×32 8倍 32口径 遠近両用=

バードウォッチングにおすすめの単眼鏡の1つめは、ケンコー 単眼鏡 リアルスコープ 8×32 8倍 32口径です。 アマゾン価格:9676円 型番:001028 この単眼鏡は、32mmの大型対物レンズを採用した遠近両用の機能を備えています。そのため、遠くの物はもちろん近くの物にもピント調節が可能なので、博物館や美術館での展示品の鑑賞に最適なギャラリースコープといえます。 遠近両用の特性から各種のレジャーのも性能が発揮できます。また、駅や空港などで遠くから時刻表などを見たいとき、或いは街中で遠くにある看板や掲示物などをの小さい字を見るときに最適な単眼鏡です。 なお、遠近機能の切り替えは指先一つで簡単にでき、眼鏡を利用する人も接眼部のゴムを折り曲げて覗くと全視野に亘って見ることができます。

《カスタマーレビュー》 ちょっと構えて持ち歩くタイプ、ポケットには大きすぎるかなぁ。合焦動作のため本体が伸びるので、防塵、防滴に気をつける必要があります。 片手操作が難しい点はマイナスかな、コンパクトである意味がない。その他の性能はこの値段では申し分ない。旅行などに最適かと思います。 遠近両用の眼鏡をかけている高齢者の方には、ポケットに入れておけるモノキュラーⅡを日常用としてお勧めします。

『バードウォッチング』におすすめの=ケンコー 単眼鏡 1625SR 16X25FMC スタビライザー =

バードウォッチングにおすすめの単眼鏡の2つめは、ケンコー 単眼鏡 1625SR 16X25FMC スタビライザーです。 アマゾン価格:38,905円 型番:1625SR この単眼鏡は、内部のセンサーが手ぶれを検知することで強制的に静止画像が得られる、手ブレ補正機能を内蔵した単眼鏡です。 手ブレ補正機能のスイッチはスライド式なので、簡単にOn-Offの切り替えが可能になっています。そのため、特に動きの多い野外での使用や自然観察の時のこの機能の効果が威力を発揮します。 なお、電源にはCR2電池を2個使用しているので、連続30時間の観察でも電池切れの心配はありません。

《カスタマレビュー》 まだありません。

『バードウォッチング』におすすめの単眼鏡=オフフ 8倍率 レンズ 16X52 単眼鏡=

バードウォッチングにおすすめの単眼鏡の3つめは、オフフ 8倍率 レンズ 16X52 単眼鏡です。 アマゾン価格:1,199円 型番:TM652 この単眼鏡は、反射率の高い光学素材のプリズムを使用しているため、視野が明るく鮮明な画像が楽しめるので、アウトドア・バードウォッチング・スポーツ観戦・昆虫観察・夜景観察など様々な用途に便利な単眼鏡です。 なお、本体の前面がラバー仕様なので滑りにくく持ち易く、ポーチとストラップの付属品もあるのでトレッキングやスポーツ観戦時の落下にも安心して使えます。

《カスタマーレビュー》 まずは商品は合格。中国製でも中々使えます。 星4つは 説明書。日本語ではないから全くわからないから速攻ゴミ箱行き。使い込まないと不明な面はありますが私に届いた商品は問題ありません。他の人のレビューでは違う商品が届いて不満な人もいたので不安でした。

『単眼鏡メーカー』の特徴と評価

『ビクセン(Vixen)』の特徴と評価

ビクセン(英文名:Vixen)は、1949年(昭和24年)に創業され埼玉県所沢市に本社を置く光学機器の設計・製造・販売会社です。因みに、『ビクセン』という社名は、サンタクロースのそりを引く1匹のトナカイの名前に由来したもので、幸せを運ぶ使者になりたいという想いを込めて命名されています。 《ビクセンの特徴》 ビクセンの単眼鏡は、サイズがコンパクトで携帯性に優れた設計で、製品のラインアップが豊富なところがおすすめです。劇場やコンサート会場に携帯しても邪魔になることはなく、ファッション性を損なうこともありません。また、博物館や美術館では展示物を近距離から鑑賞しても威力を発揮するところがおすすめです。 《ビクセンの評価》 ビクセンのおすすめの単眼鏡は、最短合焦距離が短いもの、低倍率から8倍程度のもの、と色々な用途に適したスペックが揃っているところがおすすめです。また、機能的には多くの機種にズーム式を採用し、防振機能を装備した機種も揃えているのでおすすめです。 どちらかというと、スペック的には低倍率の方が高倍率より人気が高く、且つ最短合焦距離が長いより短い方が人気が高いようです。そのため、美術館や博物館或いは屋外での昆虫観察などに人気が高いように見受けられます。 それと何といっても、高品質の割に値段がリーズナブルというところがおすすめで、ビクセン製品の愛好者から支持されているとことです。

『カール・ツァイス(Carl Zeiss)』の特徴と評価

カール・ツァイスは、今から170年以上も前の1846年のドイツで創業した、世界的な光学機器のメーカーです。製品にはカメラ及び眼鏡用のレンズ、顕微鏡を初めとする各種工業用の測定機器などの製造販売を行っています。 《カール・ツァイスの特徴》 単眼鏡のラインアップはそう多くはありませんが、何れの機種も小型で優れた品質を誇っています。単眼鏡の大きな特徴は、ドイツ製であるにも拘わらずとても軽量なところに人気があります。また、自社独自のコーティング技術によって、視界の細部まで鮮明な画像を見ることができるのでおすすめの逸品です。 倍率に比例するように、対物レンズ有効径がバランス良く大きく設計されていていますが、それでも重さが僅かしか増えないところががおすすめのポイントです。 《カール・ツァイスの評価》 このメーカーの評価は、世界中で好評を得ているものなので品質的に全く問題ありません。しかし、お値段が目が飛び出るほど高いので、よほどの愛好者で無い限り初心者には中々手が出るものではありません。 しかし、いつの日か手に入れたい逸品であることは言うまでも無く、多くの仲間とのイベントに参加する際、1台持っているときっと鼻高々になること間違いありません。兎に角、双眼鏡に並んで絶大な信頼性があるので、予算が合えば値段が高くても失敗することはありません。

『サイトロン(SIGHTRON)』の特徴と評価

サイトロン(SIGHTRON)は、1994年(平成6年)にアメリカに創設された会社です。サイトロンが製造販売する製品は、主に射撃用のダットサイト(光学照準器)やハンティング用のライフルスコープですが、現在では狩猟用のスコープや双眼鏡などの製造販売も手がけています。 《サイトロンの特徴》 単眼鏡のラインアップは決して多くはありませんが、普通の単眼鏡と防振タイプの単眼鏡を販売しています。因みに、サイトロンの販売先は、民間人ばかりでは無く米軍にも採用されていることから、非常に高い技術力を有した会社です。 そんなことから、軍事用双眼鏡のスペックをそのまま民生品として提供しているため、実用性が高く熟練者にはおすすめです。 《サイトロンの評価》 軍事用品としての仕様をそのまま転用したものであるため、光学性能は非常に高い評価を得ています。しかしその変面、画面にはミルスケールが刻まれることから、一般的な使い勝手においては細かいものを見る時、観察に邪魔だという声が聞かれます。また、デザインは迷彩模様の柄が入っているため、少々違和感を覚えることもありそうです。 ただ、マニアにとってはミルスケールの測長機能が便利であることから、サイトロン単眼鏡の愛好家にはおすすめの逸品です。

果て無き夢を追い求め!

望遠鏡に関する歴史を紐解くと、ドイツ人の『ケプラー』とイタリア人の『ガリレオ』の名前が出てきます。両者とも、今からほぼ同時期の450年以上も前に生まれた天文学者として後世にその名前を残しています。2人の共通点は、それぞれ『ケプラー式望遠鏡』と『ガリレオ式望遠鏡』として名前が残っていることです。 ガリレオは、天体観察に最も早く望遠鏡を取り入れ、月面観察のために自ら改良して20倍望遠鏡を作り上げ、月面のクレーターや木星の3つの衛星を発見しました。一方のケプラーは、理論的に天体の運動法則を解明し、現アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙望遠鏡に彼の名前が付けられています。因みに、現在使われている望遠鏡の方式は、ケプラー式望遠鏡が基礎となっています。 恐らく、希有の天文学者たちは、後生に名を残すことに血道を上げたのでは無く、きっと宇宙に煌めく「果て無き夢」を追い求め、夜な夜な望遠鏡を覗いていたに違いありません。

単眼鏡を持って出かけよう

単眼鏡は、双眼鏡に比べると身近で見掛けることが少ないように思いますが、最近はデジタルカメラと組み合わせることによって、かなり愛好者が増えているように見受けられます。 また、双眼鏡は両方のピント合わせに手こずるなどで、目が疲れ頭が痛くなることもありますが、単眼鏡は片目で見るものなのでその心配が無く、寧ろ覗いた瞬間にほぼ鮮明な画像が見られるので、初心者には向いているでしょう。 因みに、単眼鏡のセールスポイントは、相対的に双眼鏡より小さく軽いことです。そのためバッグやポケットに入れてもあまり邪魔にならず、簡単に取り出しできるので「見たい一瞬」を楽しむチャンスが増えること間違いありません。 お気に入りの単眼鏡を携え、ぶらりと1人で四季折々の桜・星空・紅葉・雪景色など見に出かけるのもいいでしょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)