IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療療法士に転職するには|仕事内容/年収/資格/履歴書の書き方

職種研究

医療療法士には理学療法士や作業療法士などがありますが、仕事内容は少し異なります。こちらの記事では、理学療法士や作業療法士の仕事内容、平均年収をはじめ、転職についてご紹介します。医療療法士に転職しようと思った時、ぜひ参考になさってみてくださいね。

更新日時:

医療療法士とは

医療療法士は医療従事者です。リハビリテーション専門職と言われる医療従事者には、理学療法士をはじめ作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士があり、いずれも国家資格となります。こちらの記事では特に混同しやすい理学療法士と作業療法士の違いについてまず説明します。続いて、理学療法士について特に取りあげ、その仕事内容や平均給与についてご紹介します。また、理学療法士に転職する時のポイントや履歴書の書き方、志望動機などについても例を挙げていきます。理学療法士のお仕事が気になったときなど、ぜひ参考になさってみてくださいね。

理学療法士と作業療法士

リハビリテーション専門職でも特に混同しやすいのが理学療法士と作業療法士。いずれも国家資格ではありますが、業務内容に明確な違いがあります。こちらではまず、この二種の専門職についてそれぞれご紹介します。

理学療法士とは

理学療法士とは、身体に障害のある患者さんに対して、歩行練習などの運動療法や、電気、温熱などの物理療法により、立ったり座ったり歩いたりするなどの基本動作の回復や維持、悪化の予防などを目的としたリハビリテーションを施すことのできる医療従事者です。理学療法士は生活の基本となる歩く、立ち上がる、座る、寝返るといった動作について、それぞれの患者さんに対応したプログラムを作成し、対応します。

作業療法士とは

作業療法士とは、食事や入浴などの日常動作や、家事や外出、手芸などの趣味による作業活動を通して心身のリハビリテーションを行う医療従事者です。理学療法士と異なる点は、日常生活に必要な基本動作だけでなく、実際の手作業を通して、躁うつ病や摂食障害の患者さんや高次脳機能障害の患者さんを対象としている点です。患者さんの心身の回復を目指し、自立した生活が送れるように支援します。

理学療法士の勤務先、平均年収

続いて、理学療法士の勤務先や平均年収、年収アップできるかという点についてご紹介します。理学療法士に興味のある方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。

理学療法士の勤務先

理学療法士の主な勤務先は病院やクリニック、介護施設があります。他にも、障害を持った子どものいる特別支援学級や障害児入園施設や、スポーツチームで活躍している理学療法士もいます。

理学療法士の平均年収

景気の影響が少ないと言われている医療系専門職の理学療法士ですが、理学療法士および作業療法士の平均年収は31.5歳で約405万円となっています(厚生労働省 「平成27年賃金構造基本統計調査」)。平均年齢が低く、平均年収が給与所得者平均(420万)より低いのは、1999年に制度改革によって養成学校が急増し、若い有資格者が増えた影響によるものと言われています。 厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査」によれば、理学療法士の勤務先の規模による平均年収の幅は小さく(401~415万円)、男女差もあまりないことが示されています。男性で416万円、女性で392万円となっています。 給与の上昇については、年齢とともに上がる傾向にはありますが、600万円程度で頭打ちになります。理学療法士は他の職業に比べて、給与の上昇幅が小さい傾向にあると言われています。 理学療法士の年収は350万円~500万円の間に多くの場合入ってきます。

理学療法士で収入アップを目指すには

先にも記述しました通り、国立、公立病院や私立病院、個人経営のクリニックなどで多少は異なりますが、理学療法士の給与は一般の給与所得者に比べて加齢による上昇幅が小さい傾向にあります。そのため、将来の収入アップを目指すならば、初任給にも着目すると良いでしょう。また、国立、公立病院に比べて私立病院の方が上昇幅が大きい傾向にあるので、自分の働き方やライフブランに合った就職先を見つけることがポイントになります。 さらに、理学療法士で将来的な収入アップを目指すならば、管理職になったり、理学療法士の他に専門的な知識を身につけて転職する方法があります。管理職になるためには、理学療法士としての知識を深めることはもちろんですが、経理や経営、マネジメントのスキルも必要になります。理学療法士としての知識に止まらず、介護支援専門員、スポーツ医学などの分野へ視野を広げ、資格などを取得すれば、介護施設や老人施設、スポーツジムやスポーツチームで活躍する機会があります。 理学療法士という国家資格にプラスアルファの専門知識を身につけることで、活躍の場を広げ、収入アップを目指すことができます。

理学療法士になるには

国家資格の取得

先述の通り、理学療法士は国家資格なので、国家試験を受験して合格することが必要となります。国家試験を受験するためには、大学や短大、専門学校などの養成学校で3年以上学び、必要な単位を取得して卒業することが必要です。また、作業療法士の資格を持っている場合は、養成学校で2年以上学ぶことで受験資格を得ることができます。 リハビリテーション専門職を目指すにあたり、理学療法士と作業療法士の両方の国家資格を取得している人も最近は増えてきていますが、国家試験を受験するために必要な単位が異なるため、同時期に両方の国家試験を受験することはできません。実情は、一方の資格を取得してから夜間学校に通うなどして必要な単位を修め、受験するケースが多いです。

体力

理学療法士は患者さんの立つ、座る、歩くといった基本動作のリハビリテーションを行う医療従事者であり、物理的に患者さんを支える場面が多いです。そのため、患者さんをしっかりと受け止められ、日々の仕事をこなしていくためには体力が必要となります。もちろん女性であっても業務内容に差はなく体力仕事となるので、元々体が丈夫で体力に自信があることや、日々の体調管理が理学療法士として働くときのポイントです。

理学療法士への転職

前項で記載した通り、理学療法士に転職するには、まず国家資格を取得していることが前提となります。こちらでは、すでに国家資格を取得している、もしくは取得予定であることを前提に、同業種もしくは異業種から理学療法士へ転職する方法についてご紹介します。

同業種からの転職

理学療法士が他の病院やリハビリ施設などへ転職するケースとして、現職での経験を活かしたり、自己実現のためであったり、または収入アップを目指したりするといった理由で新しい職場を探すことがあります。その場合での履歴書の書き方や志望動機について、それぞれのポイントをご紹介します。

履歴書の書き方のポイント

理学療法士に同業種から転職する場合での履歴書の書き方について、いくつかポイントをご紹介します。転職が初めてという方や、前回の転職から時間があいていて書き方に不安点や疑問点がある方はぜひ参考になさってみてくださいね。

■写真 転職活動の履歴書に貼る写真は、男女共に色の濃いスーツ、白もしくは色味の薄いシャツを着用したものを使いましょう。髪の毛はダークブラウン~黒といった黒に近い色で、髪型も奇抜でなくシンプルなものの方が適切です。

■資格 資格は取得年月を記載します。理学療法士の資格については、登録番号も記載すると丁寧で細やかな印象を与えるのでお勧めです。

■転職理由と志望動機 転職理由と志望動機は転職活動時に必須となる項目です。この二種については、矛盾のない統一した内容にすると、採用側もわかりやすく、履歴書に一貫性があるので好印象になります。たとえば、転職理由を「現職のように○○という疾患に特化した職場に従事するだけでなく、医療分野での多岐に渡る疾患に対して知識を広め、理学療法士として貢献したいと考えている」としているのに対し、志望動機が「貴院は○○という疾患の患者様が多く、研究も進んでいて、これまでの自分の経験を活かすことができると考えたため」であると、転職理由と志望動機に矛盾があります。この例では、たとえば転職理由を「現職では○○という疾患を患った患者様を多く担当しており、今後はさらにその疾患についての知識を深め、理学療法士としてのスキルを磨きたいと考えている」とすると、転職理由が志望動機に繋がる内容となります。 採用側が読みやすく、わかりやすくするためにも、転職理由と志望動機に一貫性を持たせることがとても重要です。

志望動機のポイント

続いて、転職時の志望動機のポイントをご紹介します。先述の通りではありますが、転職理由と志望動機がつながる内容とすることを前提に、転職を考えている方はぜひご一読ください。

■ポイント1 前向きな転職理由 転職には様々な理由があって十人十色ではありますが、転職活動を成功させるためには、前向きな転職理由と志望動機であることが大切です。「職場環境や人間環境が苦手」、「患者様と良い関係が築けない」、「労働条件が悪い」などのマイナスな転職理由を挙げてしまうと、採用側は転職しても長く働いてくれないのではないかと不安になり、採用に至りにくくなってしまいます。自分の転職理由をできるだけポジティブなものにして、志望動機を考えましょう。

■ポイント2 理念への共感 転職を希望している病院の理念に共感していることをアピールすることも、志望動機を考える際のポイントとなります。病院の理念のどのようなところに共感して魅力を感じたのか。「貴院の理念に共感しました」といった抽象的な書き方では採用担当者の印象に残りません。共感した理念を具体的に挙げて、どのような理由で魅力を感じたのかも付け加えることで、自分らしいオリジナルの志望動機になります。

■ポイント3 経験と転職希望の応募求人がマッチする 理学療法士の経験者の転職活動では、即戦力になるかどうかも採用側としては気になる点です。理学療法士として従事する中で身につけた知識や技術、さらには新たに取得した他の資格によって力になれる部分をアピールしましょう。これまでに働く中で得られたスキルをさらに伸ばしたい、役に立てたいといった志望動機も良いですね。

■ポイント4 自己実現したい 転職後にどのようなことをしたいか、具体的なイメージを持って、どのように自己実現をしていきたいかアピールする志望動機も良いです。スキルを磨きたい、規模の小さなクリニックできめ細やかなケアをしたい、医療分野から介護分野へ転職して年配の方々の役に立ちたいなど、転職後の自分の働き方の像を考えながら書くと、書きやすくなります。

異業種からの転職

こちらでは、異業種から理学療法士へ転職する時の志望動機のポイントについてご紹介します。特に、同業種からの転職と異なる点を取り上げますので、営業職や事務職など、他の職種から理学療法士への転職を考えている方は、前項の同業種からの転職と合わせて、参照なさってみてくださいね。

根気よく人と付き合える

理学療法士は一人一人の患者様の疾患や症状に合わせたリハビリを施術していく職業です。時には思うように症状が改善しなかったり、思い通りに進まないことも多々あります。そんな時でも冷静に、根気よく患者様と向き合ってリハビリをしていくことが求められます。採用側は理学療法士としての適性も見ているので、辛抱強く仕事ができることをアピールしましょう。

人の役に立ちたい

理学療法士は患者様の症状を軽減していく職業。患者様および患者様の家族の役に立ちたいという気持ちをアピールすると良いです。その時、自分の経験や体験なども具体的に交えて志望動機を作ることができるとより印象に残る内容となります。

人と接するのが好き

理学療法士は患者様と向き合って、寄り添っていく職業になります。その他にも、病院やクリニック内のスタッフ、医者との連携が不可欠な仕事で、職場での円滑な人間関係が重要。人と接することが好きで、良好なコミュニケーションが取れることも理学療法士には大切な資質です。

理学療法士へ転職するときの志望動機例文

別の病院や施設に転職したい、または異業種から理学療法士へ転職したいと思っても、いざ志望動機を書こうとするとなかなか筆が取れなかったりしますよね。こちらでは、理学療法士の転職活動に使える志望動機例をいくつか挙げますので、志望動機の書き方に迷った方はぜひ参考になさってみてくださいね。

一般病院から他の病院へ転職する場合

私はこれまで○○病院に6年間勤務しており、特に△△の疾患を持った患者様を多く担当して参りました。患者様と接する中で、△△の疾患を患う前から予防処置ができないかと強く思うようになりました。調べるうちに、貴院では△△をはじめ、多くの疾患の予防処置に力を入れていることを知り、たいへん感銘を受けました。ぜひ貴院の一員となり、これまでの経験を活かして、患者様の病状の予防に尽力したいと考え応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

営業職から理学療法士へ転職する場合

私は介護用品の営業職に8年間従事して参りました。商品を紹介する時に、直接お客様の声を聞く中で、介護用品や器具を通してだけでなく、直接人の力になって役に立ちたいと思うようになりました。リハビリ専門職について調べ、介護用品に頼らずに自分の体の力で生活できるような手伝いをしたいと考え、理学療法士の資格を取得しました。貴院の求人を拝見し、リハビリを通して体の力を整え、必要に応じて介護用品や器具を用いるという点に共感いたしました。これまでの介護用品知識も活かして、貴院の理学療法士として患者様のリハビリに従事したく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

転職活動の面接のポイント

理学療法士に転職する時の面接でのポイントですが、他の職種での面接と同様に、志望動機などについては具体的に、これまでの実体験や経験を踏まえながら、履歴書に書いたことプラスアルファを伝えることができるように準備しましょう。また繰り返しにはなりますが、転職理由はポジティブなものにすると、採用担当者に安心感を与えることができるので、今一度、転職の動機を見直すことも大切です。

理学療法士へ転職する時の年齢

次に、理学療法士に転職する時の年齢ですが、転職先によって年齢制限がある場合、ない場合があります。こちらでは転職先ごとにご紹介します。

一般病院、介護施設

多くの一般病院や介護施設では年齢制限が設けられていないことが多いです。就職先や勤務地、勤務形態にこだわらなければ、ほとんどの方が就職、転職することができるでしょう。ただし、体力が必要な仕事であること、若い新人の方が安い給料で雇用することができることなどから、狭き門になることもあります。

国公立の病院、施設

国公立の病院や施設の多くは年齢制限があります。ただし、新しい職場を立ち上げたりするケースでは年齢よりも経験を優先する場合もあるので、その時にはそれまでのキャリアが役立ちます。

理学療法士養成校

理学療法士養成校への転職は、臨床経験3年以上が条件ですので、年齢が制限になることはほとんどありません。また、養成学校のほとんどの講師は博士課程を修了しているため、経験を積んでいることによるメリットは大きく、キャリアアップにつながる転職になるとも言えます。

オリジナルの志望動機で理学療法士へ転職しましょう

理学療法士の職業や、どのような方法で理学療法士になれるか、また理学療法士への転職についてご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか。理学療法士になるには国家資格が必要であり、転職する時には具体的な自分らしい志望動機が大切になります。理学療法士としてどのように働きたいか想像しながら、その思いを志望動機に書き、面接に臨んで、理学療法士を目指しましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング