IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デザイナーの職務経歴書の書き方|実績をアピールする際のポイント

書類選考

デザイナー職に就職したいけれど、職務経歴書の書き方に悩んでいるということはありませんか。この記事では職務経歴書の書き方やデザイナーとしてどう書けばいいのか様々なコツやおさえておきたい重要なポイントなどをご紹介しています。

更新日時:

デザイナーの職務経歴書の書き方とコツ

デザイナーはWebデザイナーやゲームデザイナーなどクリエイター職にはデザイナーは付き物です。デザイナーはポートフォリオの提出の他に職務経歴書の提出もしなければなりません。 確かにデザイナーの仕事は主に各種コンテンツなどのデザインを担当するので、ポートフォリオが必要となってきます。そういったことから「実力の分かるポートフォリオさえ作っておけば大丈夫でしょ」と思われがちですが、実際は職務経歴書はとても重要な書類となってきます。

デザイナーでも職務経歴書は必須の資料

職務経歴書は、簡単に言えば、ポートフォリオは今までの成果物の裏側で単なる自分の作品集でしかないため、作品の実力しか見ることができません。しかし、デザイナーの職務経歴書は今までのキャリアやスキルについてまとめた資料で、採用担当者は単にポートフォリオのみを提出されても、どんな仕事をしてきたのかどんなスキルがあるのか分からないため、ポートフォリオとは別にデザイナーの職務経歴書を作成することはとても大切なことなのです。

デザイナーの職務経歴書の例文

それでは、実際に職務経歴書で書くために重要な志望動機や自己PRの例をみていきましょう。書き方は分かっても、実際に書こうとするとやっぱりウンウンと悩んでしまう方も大家と思います。まずは職務経歴書の志望動機や自己PRの例文を見て学ぶことも大切です。参考までにお役立て下さい。

デザイナーの志望動機例(広告系)

『スポーツメーカーの広告デザインとして全体的なページのデザイン、バナーや画像の作成などの業務を担当しておりました。私のデザイナーとしての強みは、お客様がデザインを見た時に魅力を確実に伝えられるようなレイアウトを生み出すのに自信があります。昔からどんなに複雑な概要でもお客様に分かるような要素を引き出し、それを見やすくまとめることが、デザインで商品などの良さを伝えるという仕事だと思っております。貴社にしかないそのデザインセンスを学び、今後の業務に貢献したいと思っております。よろしくお願いします。』

デザイナーの自己PR例(Webデザイナー)

『私はさまざまなWebデザイナーとしてクライアントにデザインの提案してきました。主に視覚効果により効果的にコンテンツや構図を表現し、各社から高い評価を得ていますので、さまざまなメディアやフォーマットに対応できます。 もちろん、私はチームと一緒に仕事をしていました。去年の前半には、自分のスキルを最大限に活かした大きなプロジェクトを成功させました。』

実績をアピールするときのポイント

職務経歴書に書く志望動機や自己PRのニュアンスはなんとなくつかめましたか?職務経歴書を書くために実績のアピールは大切です。しかし、実績をアピールするにはいくつかポイントがあります。そのポイントを一つ一つチェックしていきましょう。

職務経歴書もデザインセンスのうち

デザイナー職で職務経歴書を作成する上で一番大切なポイントは、実績です。実績をどうアピールしていのか、ポートフォリオの実績も大切ですが、職務経歴書のレイアウトや読みやすさ、文字の大きさなど採用担当者は意外と見ています。つまり、職務経歴書を作成するのにもデザイナーとしてのデザイン力を発揮しなければなりません。

応募する企業に近い業務経験を書こう

また、応募する企業によって業務内容や求めているテイストのデザイナーは違うので、まずは募集要項や企業パンフレットを見たりして企業研究を行いましょう。企業の求めている近い業務経験を書くことができるのなら、経験談として職務経歴書の実績アピールに盛り込みましょう。未経験である場合は、他の業務でも構いませんが、学ぶ姿勢があるということも視野にいれた実績アピールをしていきましょう。

経験したプロジェクトの何を担当したのか分かりやすく

職務経歴書で大切になってくるのが、職務経歴です。実際どんなプロジェクトに参加したのか、その中でどんなデザインを手掛けたのか、実際にその経験は業務で活かせるのかどうかを採用担当者は見ています。やはり、どんなパターンでも対応力が求められますし、無難なデザインを求めている企業もありますし、新しく斬新なデザインを求めている企業など様々な好みがあります。 その企業によって求めているデザインセンスは違ってくるので、参加したプロジェクトや業務があるのなら詳細に書くといいでしょう。また、デザインのどんなところにこだわったのかなどを職務経歴書の中に書くと分かりやすく、どのようなレベルなのかイメージがつきやすいです。

なるべく職務経歴書にブランクを作らない

デザイナーの職務経歴書で大切なことが『職務経歴にブランク』を作らないということです。例えば、2006年~2008年まで仕事をしていたにも関わらず、応募してきたのが、2010年の場合、2年間のところが何も書かれていないと「あれ?この人は何をしていたんだろう」と採用担当者は気になってしまいます。 なるべく、職務経歴欄にはブランク(空白)を作らず、就職活動をしていたのなら、就職活動と書き、勉強していたことがあるのなら、何を勉強していましたと書くのが失礼にならない職務経歴書になるでしょう。

いくつかデザイナーの職務経歴書のポイントをあげてみましたが、いかがでしょうか。デザイナーは職務経歴書でもデザイン力を発揮しなければならないと思うと、レイアウトなどやたらと凝りだす人がいますが、そこはデザイン力で目立つよりも、無難な職務経歴書のほうが安全かと思います。

見本・フォーマットがダウンロードできるサイト

さて、デザイナーで職務経歴書を書くとなるとレイアウトが大切だと書きました。でも、実際にどんな職務経歴書を作成したらいいのか悩んでいる人もいると思います。そこで、職務経歴書の見本やフォーマット、テンプレートがダウンロードできるサイトをいくつかご紹介しましょう。 職務経歴書は特に形式がきっかり決まっているわけではないので、自由度はとても高いのですが、テンプレートを使うのに気が引ける…と思う人は、デザイナーの職務経歴書のレイアウトの参考にしてみてはいかがでしょうか。一部会員登録が必要なサイトもありますが、全て無料で使えるので、どんどん活用してみてください。

職務経歴書を略歴で書く場合の注意点

デザイナーで転職回数が多かったり、ブランク期間などがチョコチョコと多かったりする場合、職務経歴に全て起こそうとすると長くなってしまうことがあります。その場合、略歴として書くことが可能です。しかし、略歴で書く場合の注意点としては、面接に行った時に略歴をした部分のことを聞かれる場合があります。その際は、きちんと何をしていたのかを応えられるようにしておくことが大切です。

ポートフォリオだけでなく、職務経歴書も準備しよう

いかがでしたでしょうか。 一般的な職業と違い、Webデザイナーの場合、ポートフォリオだけでいいと考えてしまうかもしれません。 しかし、しっかりと自分がどのようなキャリアを過ごしてきたのかを伝えるためにも、職務経歴書はしっかりと準備しましょう。

関連タグ

アクセスランキング