IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でゲームプランナーになる方法|求人サイトと就職事情

職種研究

ゲームに携わる職業のひとつ、ゲームプランナー。その楽しみを作る職業に、未経験者でもなることはできるものでしょうか。そして、ゲームプランナーという職業で、未経験者に求められるものは何でしょうか。今回の記事では、ゲームプランナーを通してその内容を解説していきます。

更新日時:

ゲームの企画担当、それがゲームプランナー

ゲームプランナーとは、ゲームの企画担当を主とする職業であり、会社や業界によっては「ゲーム企画」「ゲームクリエイター」と呼ばれ、その役割を果たすこともあります。ゲームのジャンルが、コンシューマーのような家庭用からオンラインのような世界的・大人数にまで広がった現代では、ゲームプランナーの仕事内容は多岐に渡ります。 そこで、ゲーム制作の大まかな流れを通して、ゲームプランナーの役割にして仕事を見てみるとなると、以下の3つに大きく分けられることになります。

仕事内容①:企画を立案する

ゲームプランナーがクライアントやディレクター、プロデューサーの要望と市場のニーズなどを把握し、新規ゲームの企画を立てます。 その後、コンセプトやテーマ、概要をディレクターやプロデューサーと協力しながら作成し、その概要が決まったら、社内の会議やプレゼンテーションを行います。この時、ゲームプランナーは自分の企画を通すために企画書を作成し、会議では自分が「これならいける」と思った企画を周囲の人間に納得させるように、「これならいける」と思うポイントを論理的に説明する必要があるでしょう。

仕事内容②:プロジェクトを進行する

無事に企画が通った後は、スケジュール作成やメンバーアサインなどを決める「プロジェクトの進行」というステップになります。これはディレクターやプロデューサーがメインで行うことになりますが、会社やプロジェクトによっては、ゲームプランナーがその役割を担うことになります。 この際、ゲームプランナーはゲームの世界観やシステムから、画面の遷移やレイアウトなど、ゲームを構成するあらゆる要素を記載した「仕様書」を作成します。 この「仕様書」はいわば、ゲームの「設計図」のようなものです。デザイナーやプログラマーは、この「仕様書」を基に作業を進めていくため、後々の認識のズレがないように、ゲームプランナーは自分の頭の中にあるゲーム像を他メンバーにも分かりやすいようなテキスト文章や図表で彼らにしっかり説明していくことが求められます。 そして、仕様書を作成した後は、いよいよプロジェクトの本筋となる「制作」の工程に移ります。制作のメインは、イラストや画面の素材を作るデザイナーやシステムを構築するプログラマーが請け負いますが、ゲームの制作を進行していく上で曖昧な箇所が生じている、また方向性が定まらない場合は、ゲームプランナーが具体的な指示を出すケースが少なくありません。

仕事内容③:集計などの総まとめをする

試作品ができたら、仕上がりの検証・確認としてデバッグ・テストプレイを行います。ゲームプランナーは、修正点や改善点を指示し、ゲームのクオリティを上げて、さらなる完成度の向上を目指します。 こうして、ゲームが完成し、発売されたら、「集計・分析・改善」、つまり総まとめという最後のステップに差し掛かります。制作時の反省点やユーザーの反応を活かし、ゲームの改善点を探ります。 勢いの止まらないオンラインゲームやアプリゲーム。こういったゲームでは、サービスを開始した後も、季節ごとに実施されるイベント設定やユーザーの声を受けた改善に加え、イベントの効果測定や収益実測といったマーケティング分野のスキルが求められるでしょう。

未経験からゲームプランナーになる方法

ゲームプランナーは、ゲームプログラマーやデザイナーとは違い、プログラムやデザインなどの専門的な知識を求められることは基本的にありません。 しかし、以下のふたつの方法は、未経験者からゲームプランナーになるは勿論、ゲームプランナーとして長く活動していくのに役立ったり、条件として求められたりすることがあります。

方法①:パソコンが使えるようにする

ゲームプランナーは、実際にゲームをプレイする時間も多いですが、書類作成義務も多いという特徴があります。 そのため、パソコンが使えるということは、ゲームプランナーになるための方法のひとつであり、絶対条件であるといっても過言ではありません。 会社によって編集に使うソフトやプログラムなどは違ってくるかもしれませんが、最低でもWordやExcelは使えないといけません。簡単な図(フローチャートなど)の作成もできたほうが望ましいと言えます。 また、そのWordやExcelは勿論、パソコンを深く専門的に使うことができる就活生ならば、アピール材料として在学中にゲームを作ってみるという選択肢もあります。 しかし、就活生というのは多くの時間がある反面、ゲームを作るための環境を自分で揃えない限り、実際にゲーム作りを行うことはできません。 特にゲームプランナーの場合は、周りに自分が企画した案を形にしてくれるデザイナーとプログラマーが必要です。そういった仲間を見つけて、在学中に一本でも多くのゲームを作れるよう努力することも考えてみましょう。そうすれば、未経験者であっても、ゲーム業界へ進出していくために役立てられることになるはずです。

方法②:コミュニケーション能力を養う

ゲームプランナーに求められる一番の方法にしてスキルであり、作業を円滑にするための能力、それが「コミュニケーション能力」です。 そもそも、ゲームプランナーとは、好き勝手にゲームの仕様を決められる職業では決してないので、コミュニケーションで現場の潤滑油の存在とならなければいけません。 具体的にどうするのかというと、ゲームプログラマーに対して「こういった機能にしたいが実現可能か?」、ゲームデザイナーに対し「こういったリソースを揃えることが可能か?」といった感じでその仕様を伝えます。そして、その上で相談して決定することで、共にゲーム制作に携わる彼らの他職性を上手く活かせる存在にならなければいけなく、そのために必要なものが、このコミュニケーション能力なのです。 人間の性格というのは色々ありますが、実際、ゲームプランナーとして活躍されている多くの方は、性格の明るい方であるということがわかっています。 普段から人との会話を楽しめるような人であることが、経験者にとっても未経験者にとっても実はゲームプランナーになるための方法であり、ゲームプランナーとしてすごく重要なスキルだったりするのです。

これが未経験におすすめのゲームプランナー求人サイト

他の職種と同じように、ゲームプランナーの求人サイトもインターネットに数多く掲載されています。 今回は、その中からおすすめとなるサイトを3つほど取り上げてみましたので、未経験者の方は勿論、ゲームプランナーへ就職・転職を考えている方の参考になれば幸いです。

1.有名プロダクションの求人もある

東京をはじめ、大阪、名古屋を中心としたゲーム業界の募集案件を多数取り扱った求人サイトで、カプコン、スクウェアエニックス、コナミ、バンダイナムコゲームスなど非公開の有名プロダクションからのお仕事も多数寄せられています。 さらに、業界未経験の方の中でも、このサイトによる求人を通して有名ゲームタイトルの担当というキャリアアップを果たしているという声も寄せられていますので、興味がある方は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

2.数多くの分野を持つゲーム転職ナビ

ソーシャルゲーム、スマホアプリ、テレビゲームなどの数多くの分野に渡るゲームやアプリの開発・企画に特化した転職サイトで、ゲーム業界の求人情報も数多く掲載されています。 一般には公開されていない非公開求人、選考が本格化するタイミング、未経験者でも早期に転職できる可能性の高い注目求人も数多く寄せられ、紹介されています。

3.クリエイティブも取り扱うIT/Web業界の転職サイト

IT/Web業界の求人・採用情報専門の転職サイトで、ゲームプランナー、ゲームプログラマーなどクリエイティブの案件も取り扱っています。 現在の利用状況は掲載求人数は6,000件、登録者数は300,000人と根強い人気を誇っており、さらに求人情報を通して成長企業から積極的なアプローチがあったり、応募前に企業の担当者に会えたりできるという魅力もありますので、未経験者でも一度は目を通してみる価値はあります。

未経験からゲームプランナーへの就職事情

経験者は勿論、未経験者でもゲームプランナーの就職先としてゲーム制作会社があげられますが、会社によって、プラットフォームを発売している会社(ファースト)、その子会社(セカンドパーティー)、大手ゲーム制作会社(サードパーティー)、中堅制作会社(サードパーティー)、派遣会社と5つに分類されています。そして、この5つの会社にはそれぞれ、正社員雇用だけでなく、契約社員、アルバイトや派遣社員などの雇用形態もあります。 最近ではアプリゲームやオンラインゲームの普及により、新たにゲーム事業をスタートさせる会社の求人が増えてきていますが、その場合、多くは経験者の求人となり、未経験者の求人が少ないという状況になっています。 そのため、最初は中堅制作会社で経験や実績を積んでから、大きなプロジェクトに挑戦できる子会社と大手ゲーム制作会社などへの転職とステップアップを図る人もいます。 また、ゲームプランナーの1年目の平均年収は、未経験者では250〜350万円ほどとなります。 実務経験者になると350〜500万円となり、実績によっては600万円以上の大収入となる場合もあります。そのため、ゲーム制作会社の給与形態は実力主義の傾向にあり、実績を残すことで年収が上がっていくという仕組みにあります。 会社によっては、制作したゲームがヒット作となれば臨時ボーナスが出ることもありますし、毎月の残業時間によっても収入が変動します。 ですから、経験者だろうと未経験者だろうと、ゲームプランナーは時期によって収入は左右され、またはある年だけ収入が大幅に増えたり、減ったりするということもあります。

未経験でもゲームプランナーにはなれる

今回の記事は、ゲームプランナーという職種を通して、未経験者に必要な条件、未経験者に役立つスキル、そして未経験者向けの求人サイトを紹介、解説していきました。 ゲームプランナーになるにあたって、プログラムやデザインなどの専門的な知識を求められることは基本的になく、未経験者でもなれる可能性はあります。ただし、その仕事はやろうと思うは勿論、楽しいというだけで続けられるものではなく、未経験者でも経験者でも簡単なものではないでしょう。 経験者、未経験者問わず、この中のいずれかに当てはまるものがある場合は、まずは最初からこの記事を読んで参考にして、それからどうするべきなのかを一度よく考えてみてください。ゲームプランナーは文字通り、楽しみを創る仕事ではありますが、楽しいと思う気持ちや感じ方では務まらない仕事だということです。

関連タグ

アクセスランキング