IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電力会社への転職方法・おすすめの転職サイト/エージェント

業界・企業研究

電力自由化から増加傾向にある電力会社、東京電力といったインフラから新規参入会社まで、おすすめの転職先や持つべき技術、キャリアなどを紹介いたします。未経験からでも電力会社に転職できるための記事もまとめておりますので、どうぞご参考ください。

更新日時:

電力会社への転職

電力会社へ転職したい、または電力会社に興味がある方は、まず転職サイトをチェックするでしょう。しかし、一口に電力会社とは言っても多くの候補が結果に出てきてしまって、自分の欲しい情報かどうかも判断が付きません。まずは電力会社とはどういう職種なのか、そして求めている転職情報がどのような種類のものか確かめてから、求人情報を探してみましょう。

電力会社とは

2016年に電力自由化によって、顧客が電力会社を選べるようになりました。それまではインフラである電気事業は、その地域の電力会社が担当しており、独占的な営業を行っていました。しかし、一般の顧客も電力会社が選べるようになり、独占的な事業はどんどんオープンなものとなって、それに伴い電力契約を商品とする会社も増加しました。 現在増加傾向にある電力会社ですが、しかし業務内容は多岐にわたり、専門的な知識が必要な反面、顧客に対するや営業力、会社としてのコンプラアイアンスも求められ、電力会社の枠組みは広がってきています。電力自由化以後、大手企業が参入した小売電気事業は電力会社と呼べるのかは曖昧な点がありますが、電気を販売していることは間違いないことであり、電力会社または電力部門として事業を展開しています。 このように多くの種別がある電力会社の中で、どういった電力会社に転職するべきかは考えなければならないでしょう。とはいえ、少ない情報だけで判断するのは難しいので、大別して考えていきましょう。

事務職・営業職としての電力会社

電力会社と聞いて技術職を思い浮かべた方は少なくないと思います。しかし、小売電気事業が増加している中で数多くみられる求人が、事務職であったり営業職といった、一般的な会社を運営する上での部門です。 必要なスキルは配属となる部署によっても違うでしょうが、しかし技術職のように経験や資格が必要以上に重視されるわけではありません。当然ながら、事務能力や法務知識、企画力や業界や事業に対する造詣の深さが必要な場面も出てきますが、それよりもコミュニケーション力や営業力でしょう。

技術職としての電力会社

敷設施工・維持管理・保全対策・開発など、より商品となる電力に近く、扱うために必要な知識と技術も必要とされる部門です。専門的な知識や対応が求められるこの職種は、事務職や営業職などの一般業務とは違い、転職が難しいとされています。また、一般的な配電ではなく、発電所に携わったり、システムを構築・保全業務を行ったり、新たな施設を建築、開発することも技術職となり、さらなる専門性が求められ、多くの資格取得も必要となります。

未経験者による電力会社への転職

未経験者の転職先として電力会社を選ぶケースはあまり多くありません。しかし、未経験者でも決して不可能というわけではなく、中途採用で入社してから育成するという会社もあります。傾向として多いのが一般職での採用ですが、技術職でも電力会社で働くことができます。どういった会社が募集・採用しているのか、転職サイトの求人を例に未経験者の転職を見ていきましょう。

未経験者の電力会社転職に強い求人サイト

電力会社未経験者の転職求人によく見られるのが、実務経験の有無です。中途採用だと育成にコストがかかってしまうため、経験者であるところは大きなメリットとなります。特に技術職ともなると、さらに資格の有無も問われますので、未経験者による専門職の中途採用はハードルが高いと言えます。 しかし、技術職でも未経験者を募集しているところもあります。そういった会社は育成環境が整っているため、若い人材を募集しているようです。未経験者の技術職募集となると、年齢制限の項目がほとんどなので、その点に気を付けましょう。事務職・営業職の場合は、経験不問とするところも多いです。電力会社でのキャリアを積みたいというのであれば、職種を問わずという選択も想定するべきかもしれません。

電力転職ナビ

電力転職ナビとは、電力会社に特化した求人サイトです。分野を限定することで、一般には公開されていない求人も集まることがあり、タイムリーかつ専門性の高い募集要項を確認することができます。 サポート体制も充実しており、未経験者にとってもうれしいプロのアドバイスを受けることで、業界に対する知識を付けることができます。応募者をしっかり知ったうえで適正な求人を紹介してくれるので、電力に疎い方でも安心して応募することができるでしょう。 無料で転職サポートを受けられるので、興味のある方は登録して確かめてみることをおすすめします。

リクナビNEXT

リクルートグループが行うリクナビNEXTは、大手転職サイトの強みである業界トップクラスの求人数を誇ります。電力会社に関する求人数も多く、また未経験者可能な求人が多く掲載されているため、業界の求人の流れを確認することができます。 特に新電力の中途採用情報に強いため、未経験者でも転職しやすい環境が作られています。キャリアアドバイザーによる面談も行っているため、個々人に適した求人も参照することができ、転職活動を最大限に補助してくれます。 転職をすぐにしなくとも、転職に対する無料の相談も行っていますので、未経験者で転職を考えている方は、まず登録をしてみてもいいでしょう。

経験者による電力会社への転職

電力会社の中途採用は数多く存在し、また目まぐるしく募集情報が出てきます。不定期で行われる募集は、会社側が人員の補てんや、新たな事業に参入する形で行われるので常に好条件での転職のチャンスはあると見ていいでしょう。経験者の転職は、豊富な経験を持ち、専門的で正確な技術を有する人材を欲しがっています。職種に関する実務経験や資格を見極められることがほとんどなので、自分の経験を強みに転職活動を行っていきましょう。

経験者の電力会社転職に強い求人サイト

経験者による転職に重要なのは、自分の能力をしっかりプレゼンテーションすることでしょう。技術職も多い電力会社ですが、反面事務職や営業職での経験はあまり転職に有利ではないと思われがちです。技術職に就いていた方ならば、即戦力として見込まれることが多いので、自分のスキルに対して知悉し、事務職に就いていた方は、自分が担当していた職務を次の会社でどう活かせるのかしっかり考えておくべきでしょう。

転職EX

転職EXは、大手転職サイトを一括検索できる膨大な情報量を持つ転職サイトです。職種においても、一つの大きな分野での募集ではなく、細分化され類型化された求人が掲載されているプラットホーム型のサイトです。電力会社への転職に対しても、応募している要項が細かく記載されているため、どのような業務内容なのか、待遇はどうなのかということがわかりやすく閲覧できます。求められる資格や技術も明記されていて、経験者・未経験者共に情報が把握しやすいサイトでしょう。登録しなくとも多くの募集を参照することができるので、まずはどのような求人があるのか確認するのもいいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する非公開求人の非常に多い転職サポートサイトです。応募者が求人情報を検索するよりも、エージェントによって求人を紹介されることに重きを置いた支援プログラムが整ったサービスです。キャリアプランを含めて専任コンサルタントがサポートしてくれるので、不安や疑問もすぐに解決できることでしょう。現在務めている会社の退社から、新しい会社への入社まで手厚いサポートまで行ってくれます。 専門性の高い技術職に対しても、専任コンサルタントが応募者のスキルを適切にフィードバックした求人を紹介してくれるので、確実なキャリアアップできる電力会社を見つけてくれることでしょう。業界トップクラスの非公開求人数から完全なサポート体制で、充実した転職活動を行うことができます。

電力会社からの転職の声

電力会社への転職を考えている方もいれば、電力会社からの転職を考えている方もいます。現在の電力会社は多くの会社が参入することで、業務内容にも様々な種類が存在します。そのため、各会社で得られるキャリアや技術にも大きな差が生じることはしばしばあり、現状を認識して初めて転職に踏み切るといった方も見受けられます。 事業展開を考えている電力会社や、これから成長していこうとする会社は常に有用な人材を求めていますので、務めている電力会社からのキャリアアップを求めて転職を図るということも重要になってきています。転職するためには改めて自分のキャリアから得られたものを武器にしなくてはいけません。では、電力会社から転職したいという方は、どのような業務を行っていたのでしょうか。

電力会社から別の電力会社へ

電力会社から別の電力会社へ転職した人は、会社間の大きな差異に戸惑われる方も少なくないと聞きます。電力会社での業務内容は、部署での違いから、部署内での与えられた仕事内容も違うという非常に多くの業務が存在します。 会社間での大きな違いは、インフラ系の技術職が主な業務内容であるか、それとも電力の小売りを主とする小売電気事業としてのコンサルティング業務かというところでしょう。一般的にインフラ系の会社は、その会社が行っている業務への専門性を理解しているかが重要となるところで、コンサル系の会社は事業に対する広い知識が要求されています。 転職する方はこの二社間を転職するのではなく、インフラ系であれば同じインフラ系へ、コンサル系であればコンサル系へ、といった風に同系統の会社への転職が有利とされています。同じ電力会社とは言えど、社風や業務内容には大きな違いがあるので、これから電力会社から電力会社へ転職しようとしている方は、務めていた会社との違いをはっきり見定めたうえで、自分の理想とする環境の会社を探すことをおすすめします。

電力会社への理想の転職

電力事業はまだまだ発展途上の業界であり、これから成長していくであろう過渡期にあたります。これからも多くの電力会社が起業され、また潰れていくことは容易に想像できるでしょう。 転職は人生に一度きりではありませんが、なるべくなら失敗はしたくないところです。なので、電力会社への転職を考えている方は、自らが思い描く働き方や環境を決めた上で応募していくべきでしょう。発展途上にある電力会社は、うまくいけば自分のスキルアップ・キャリアアップに大きく繋がります。求人先のリサーチを徹底して行い、自分の理想的な職場を検討していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング