IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験でも活躍できる貿易事務の仕事|仕事内容や業種・お勧めサイト

転職事情

未経験でも出来る事務の中で、海外企業との調整を中心に業務をするが貿易事務です。貿易事務は、海外取引がある商社やメーカー、物流関係の会社で活躍出来る仕事です。内容は商品の通関や流通手配、取引先とスケジューリングが出来る方ならば未経験者でも十分仕事可能です。

更新日時:

未経験でもなれる貿易事務の仕事内容

貿易事務はその名の通り、貿易すなわち国内企業と海外企業との受け渡しをする事務仕事です。貿易に際しては、製品を作るための原材料、加工を加えるための部品やすぐに販売するための商品など、様々なものが輸出入されています。船便に航空便にしろ国内から海外へ、または海外から日本へものを入れるためには、通関手続きが必要です。 また、物を運ぶための輸送手段及び時間の設定が必要で、送り主及び受け取り主、物流会社との調整役にならなければなりません。輸出入品貨物に保管が必要ならば、倉庫などでも数量管理も必要です。これら必要書類を準備するのは、貿易事務の仕事です。

未経験者でもなれる貿易事務の業種

貿易事務の仕事-物流会社

物流会社と一口に言っても、その種類はたくさんあります。貨物が陸地輸送であればトラックやトレーラーなどを所有する運輸会社、商品や在庫の保管や管理であれば倉庫会社です。また空輸ならば航空会社ですし、海路を使った輸送はコンテナ船やフェリーを運航する船会社もあります。これら貿易に関する物流会社では、必ず輸出入手続きが伴ってきます。事務担当は、税関やシッパー(送り主)とコンサイニー(受け取り人)など関係各所とスケジューリングをしながら仕事をこなさなければなりません。

貿易事務の仕事-商社

商社は、海外から日本へ、または日本から海外へ「製品」を輸出入することが多い職種です。衣類や電化製品だけといった専門商社から、単体の商品はもちろんインフラから資源など数多くの物を扱う総合商社は、貿易あって然るべき会社です。商社での貿易事務では、商品の在庫管理含め物流全体のコントロールが一番に挙げられます。また、商品そのものを売り買いしているので、バイヤーや営業担当が進めている契約や交渉など顧客との折衝のフォローをするのも貿易事務の仕事の一つです。

貿易事務の仕事-メーカー

貿易事務がいなくては成り立たないと言っても過言ではないのが、各メーカーです。言うまでもなく商品には、材料(原材料)が必要です。日本のメーカーは、小さいものから電子機器にしろ、繊維類にしろ、大きいものでプラント(工場・設備)など、その材料を海外から輸入しています。その原材料や加工品の調達に携わるのが、貿易事務の仕事です。主な仕事は、材料や加工品の受注や発注とものを直接動かすための第一段階を担わなければなりません。

貿易事務職に求められる資格やスキル

貿易未経験者の転職に有利な資格---英語

貿易事務はほぼ必ず海外企業とやり取りをします。よって未経験者に求められるのは英語を含めた外国語力です。国内にある外資系企業、海外企業はもちろんのこと、業種によっては海外の現地法人や海外メーカーなどと直接仕事をします。この時、少なくとも書類は英語(ほか外国語)です。なぜ英語なのかと言えば、輸出入手続き(通関)をする際に英語の書類が一番便利だからです。 なお、商社やメーカーなどでバイヤーの補助や契約書を作る際は、コミュニケーションツールとして読み書きだけでなく話す聞く能力も必要です。よく目安にされるのが、TOEIC700点以上英検2級・準1級と言われています。しかし、結局は実践力が試されます。少なくとも、英語書類について読み書き出来れば、未経験者になお有利なスキルだと思います。

貿易事務未経験者の転職に有利な資格-外国語(英語以外)

物流会社はともかく、商社やメーカーは、英語圏の企業とやり取りをしているとは限りません。その時英語に加えて他の外国語を使うことが出来れば、なお重宝され、未経験者の転職には有利に働きます。日本の貿易相手として上位を占める国の公用語は、中国語(北京語:台湾語、広東語)、韓国語、タイ語などが挙げられます。これらの言葉を駆使できれば、貿易事務として非常に楽になると思います。

貿易事務未経験者の転職に有利な資格-通関士、貿易事務検定

繰り返しになりますが貿易事務の仕事に欠かせないのが、輸出入手続き(通関)です。この通関に際しては、物流会社や専門の通関業者に任せることがほとんどです。個人の海外旅行での土産品などの通関は自分で出来ます。しかし、営利目的の輸出入は経済産業省(税関)に企業として許可をもらわなければなりません。国家資格である通関士の資格をもっていれば、どんな書類が必要か、また関税や減免税などの知識に富んでいるため仕事が非常にしやすくなります。

一方、日本貿易実務検定協会が主催している貿易事務検定C、B、A級をもっていることも、貿易事務未経験者の転職に有利に働きます。この資格は、通関だけに特化した通関士とは違い、貿易事務全体の知識が必要となります。貿易実務検定は、貿易の仕組みからそのやり方、実務英語や貿易に関するマーケティングについて知っている証になりますので、未経験者が持っていれば転職の際有利になるはずです。

通関士試験と貿易実務検定。必要な資格はどちら? 貿易アカデミーをどうぞよろしく!

未経験の貿易事務の求人に強いサイト

東京都

大阪府

神奈川県

福岡県

未経験から貿易事務に転職する方法

事務経験とスキルに自信を持とう

貿易事務の仕事内容や必要スキル・資格については、先に紹介しました。では、実際に未経験者が貿易事務に転職するためにどうしたらいいか考えていきます。これまで紹介してきたように、事務職であるがゆえサポート的存在であることもあります。一般的な事務処理能力が必要となるので、営業事務や経理事務などを経験していれば、仕事の要領や進捗判断がしやすいはずです。よって貿易事務未経験者でも、何らかの事務経験があれば転職が有利に働くかもしれません。 一方、全くの未経験者であっても、外国語が扱えるコミュニケーション能力があればなおよいと思います。少なくとも、英文メールや英語の書類を読めること、可能ならば既定フォームを書ける程度の英語能力は必要だと思います。仕事をしながら覚えていく専門用語もありますが、TOEICの勉強をするだけで貿易事務の仕事の入門になります。 また、書類の作成とチェックが多い仕事でもあるので、基本的な文書作成や簡単な計算ソフトを扱えるスキルも必要です。事務経験があればなおよいですが、例えば営業をしていた方などでプレゼンテーションソフトを使える方、経理をしていた方で専門性の高いソフトを使える方にとっても、貿易事務に通じる経験なので活かせるアピールポイントです。

未経験だからと言って臆しないで挑戦しよう

貿易事務が担う仕事がある企業は数多あることを紹介してきました。そして未経験でも、十分転職可能な仕事であることもお分かり頂けたと思います。後は、自分がどんな「商品」を扱いたいのか、また条件が叶う業種・企業なのかを考え転職へ向けて新たなステップに挑戦していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング