IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

残業手当の平均はいくら?手当がつかない場合の請求方法

年収・給与

残業手当の平均はいくらくらい?また、残業手当が時間に対して少なかったり、支払われていなかったりした場合は、どうすれば良いのか?ここでは、そんな疑問や不安を解消する為の情報をご紹介しています。未払い請求に必要なものや方法などもまとめているので、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

周りの友達はいつも定時で帰ってるなぁ...」 「趣味に使う時間が全然ない...」 「残業代が出ないんだけど...」 そんな悩みを抱えている人は、いますぐ転職エージェントに相談しましょう。 残業が当たり前のように存在する会社は、「人が足りていなく、雇えない」か「限界以上の仕事を1人に振っている」会社です。もしその状況が何年も続いているなら、改善を期待するのは難しいでしょう。 会社が直るのを待つのでなく、当たり前の権利を当たり前にもらえる会社に転職しましょうエージェントほど相談相手として適任な人はいません。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

残業手当の関連知識!平均金額や手当の請求について

社会人として働いていると、納期や急なトラブルなどの関係で、どうしても残業をしなければならない時があります。そのような日が増えてくると、朝出勤して、仕事をして、残業で遅くなり、帰宅して眠るだけの生活を送ることになる可能性も。 現代社会では、上記のような生活を送る人が多く、残業に関する問題やトラブルが、社会問題として注目を浴びることも度々あります。 時には、残業代や残業手当の金額や未払い問題が取り上げられることもありますね。 今回は、残業をした際につく、残業手当や残業代をテーマに取り上げて、残業手当の平均金額や残業手当の請求方法などをご紹介していきます。残業手当についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

残業手当の平均金額は、年齢や職種によって異なる

結論から言うと、残業手当の平均金額は、年齢や職種によって異なります。 例えば、20代の若手サラリーマンの場合は、1カ月の残業時間が30時間未満で、残業手当の平均が3万3000円(※1)と言われています。 また、技術職に就いている技術系サラリーマンの場合は、1カ月あたりの残業手当の平均額は7.7万円(※1)となっています。技術や専門知識が必要な職業・業界となると、やはり残業手当も時給換算して高額になるようですね。 また、技術職の場合は、特に残業が多いと言われており、実際に残業時間も長いようです。そのため、必然的に1カ月あたりの残業手当の平均金額が高くなり、結果的には高収入になるという見解もあります。

残業手当がしっかり支払われているか、確認することが大切

残業手当の平均金額を上記でご紹介しましたが、中には残業手当が支払われていない方や、サービス残業をしている方もいるでしょう。 残業手当の支払いや1カ月あたりの残業時間は、労働基準法で定められてはいますが、実際には会社の方針も大きく影響しています。また、残業代があらかじめ毎月の給与に含まれている場合もあるでしょう。 このような背景から、残業時間や残業手当に対して、企業がどのような方針を取っているのか、確認しておくことが大切です。

残業手当が支払われないときの対処法

では、残業時間に対して、明らかに残業手当が少なかったり、支払われていなかったりした場合は、どうすれば良いのでしょうか? 結論から言うと、残業手当が未払いの場合は、会社に支払いを請求することが可能です。実際に、残業手当の未払いに関するトラブルはたくさんあり、総合労働相談コーナーなどに、年間100万件を超える残業代未払いに関する相談が寄せられることもあるそうです。 残業手当は、本来なら労働の対価として企業側から支払う義務があるもの。そのため、民法上だけではなく、時には刑事上の責任も生じることがあるのだそう。つまり、労働者の立場としては、残業時間に見合った残業手当を受け取るのは、正当な権利というわけです。

未払いの残業手当を請求するのに必要なもの

では、どのようにすれば残業手当の未払い請求ができるのでしょうか? 手順や方法以前に必要なものとして、証拠があげられます。証拠がなければ、残業手当の請求はほぼ確実に成立しないと言われています。 残業手当の未払い請求をするのに必要な証拠として、まず雇用時に渡される条件などが記載されている書面が必要となります。大抵の場合は、雇用条件が記載された書類には給与や残業手当などの条件が記載されています。 また、就業規則のコピーも、証拠として重要です。こちらの書類にも、労働時間や残業、さまざまな賃金の計算について説明されていることが多く、残業手当の未払い請求に必要となるケースがあります。 そのほかにも、タイムカードや日報といった、労働時間の証明となるものも重要ア証拠です。また、タイムカードなどの記録が正確でない場合は、業務用メールアカウントの送受信記録なども良いでしょう。 帰宅時にタクシーを利用した場合は、その際の領収書なども、証拠としておすすめですよ。

残業手当の未払い請求をする方法

最後に、どのようにして残業手当の未払い請求をすれば良いのか、方法について考えていきたいと思います。 残業手当の方法は、大きく分けて4種類あります。 1つ目は、会社に対して、直接交渉する方法です。会社とのトラブルに発展する可能性はありますが、大事になりにくく、費用もあまりかからないといったメリットが考えられます。 2つ目は、労働基準監督署に相談する方法。労働基準監督署に、残業手当を支払ってもらえないことを相談し、企業側に指導や指示を出してもらうことが可能です。 3つ目の方法は、訴訟を起こしての請求です。実名で訴訟を起こさなければならない他、弁護士などに依頼をすると高額な費用がかかるという短所がありますが、未払い分を支払ってもらうのには有効な方法です。 4つ目は、労働審判で請求する方法。上記でご紹介した通常の訴訟を起こす場合と比較すると、短期間で請求することが可能です。

残業手当の平均金額や支給額をしっかり把握することが大切

いかがでしたでしょうか?今回は、残業手当の平均的な金額や、未払いの場合の対処法についてご紹介しました。 人によっては、「お金を稼ぐチャンス!」と捉えられる残業。しかし、それは残業手当がしっかり支払われる場合に限りますよね。 もし、月々の残業時間に対して残業手当が少ないと感じたり、支払われていなかったりしたら、未払い請求をすることが可能です。 いざという時に請求できるように、一般的な残業手当の平均や、自分が月々にどれくらいの残業手当を受け取っているのかなどを、把握しておきましょう。 また、怪しいと感じたら、タイムカードの記録や契約内容が記載された書類など、証拠を集めておくとスムーズですよ。

関連タグ

アクセスランキング