IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大卒/高卒での工場への転職・工場勤務からの転職方法・有利な資格

職種研究

工場へ転職する事に関しての情報をご紹介します。工場へ転職するということはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?また工場勤務から他業種への転職や、工場に転職する際の持っていたら有利な資格についても併せてご紹介します。

更新日時:

工場への転職に関する気になるアレコレ

ネットの求人情報サイトや紙媒体の求人情報誌などを見てみると工場への求人情報は常にある程度の件数が掲載されています。そのため転職を考えている人の中には「工場に転職してみよう」と考えたある人も多いのではないでしょうか?しかしどんなに工場への求人情報をくまなくチェックしたとしても工場で勤務することの実態は中々掴めないものです。そこで今回は工場へ転職する事に関する情報を詳しくご紹介します。

今回ご紹介するのは「工場へ転職することのメリット・デメリット」「工場へ転職する際の高卒と大卒の違い」「工場勤務を辞めて他業種へ転職について」「工場へ転職する際に持っていた方が良い資格」などについてご紹介します。現在工場への転職を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

工場で働く際のデメリット・メリット

まずは工場で働くという事はどんなデメリット、あるいはメリットがあるのかについてご紹介します。これは現在工場への転職を検討している方にとっては特に知りたい情報かと思われます。工場で働くという事は悪い事ばかりでも良い事ばかりでもないので是非チェックして下さい。

工場勤務のデメリット

工場勤務のデメリットの中でも大多数を占めているのは仕事内容が体力勝負であるという事です。工場勤務は立ち仕事であることがほとんどなので足腰を痛めたり、酷い場合には腰痛持ちになったりそれが悪化してしまう事もあります。

他には工場という特別な労働環境での作業であるという事もデメリットの一つです。換気や温度調節が整っていない工場では常に異臭が充満していたり、夏は外より暑くて冬は外より寒い気温で働くというケースもあります。また作業自体もライン作業の様な単調な作業内容ばかりなので他人とのコミュニケーションが全く無かったり作業自体に飽きてしまうという事もあります。営業職の様なたくさんの人と関わる仕事が好きな方には向いていない転職先だと言えます。

それ以外では工場勤務は現場監督からの指示通りに作業するだけなのでやりがいを見出すことができなかったり、低賃金で働かされて昇給の目途も全く立たなかったり、工場勤務という仕事自体の世間体の悪さが気になるというデメリットもあるようです。

工場勤務のメリット

逆に工場勤務に関するメリットとは仕事内容が単純作業であるという事が大多数を占めています。工場での作業はライン作業や「〇〇を□□するだけ」と言った誰でもできる簡単な作業が多いので難しい事や頭を使う作業を伴わないから楽だと言われています。また作業が簡単なだけに転職もそれほど難しいわけではなく、低学歴の方や職歴が乏しい方でも採用してもらえるので、転職先に悩んでいる方や「とにかくどこでもいいから就職したい」と考えている方にとっては重宝する転職先であると言えます。

工場勤務での賃金に関しては一般的には工場勤務は低賃金であるというイメージがありますが、中には高い時給・日給で雇ってくれる工場もあるようです。特に夜勤は昼の勤務に比べて賃金が高く設定されているのでとにかく稼ぎたい方や昼の仕事と併せてWワークをしようと考えている方にとっても人気のある仕事と言えます。

以上をご覧になっていただいてもわかる通り、工場での勤務は体力勝負で労働環境が厳しいため人を選ぶ仕事であることと、誰でも雇ってもらえる窓口の広さや単純作業で仕事内容の難易度の低いため誰でも働けると言った二面性があります。

高卒と大卒の工場への転職の違い

工場だけでなく転職する際には応募先の担当者に必ず自分の学歴をチェックされます。その際にほとんどのケースで自分が高卒なのか大卒なのかによって合否やその後の待遇が大きく変わってきます。では工場に転職する際は高卒・大卒ではどのような違いがあるのでしょうか?

まず工場へ転職する際の採用・不採用に関して言えば、工場勤務は基本的に学歴不問の求人が大多数を占めていますので、たとえ高卒であったとしても雇ってもらえるケースが多いです。しかし大企業が運営している工場などでは大卒の方が優遇されたり、場合によっては募集条件の中に大卒以上と書かれている場合もあります。

収入に関してはほとんどの企業と同じように高卒に比べて大卒の方が高額な給与を得ることが出来るようです。工場勤務の労働者で大卒の場合は平均年収450万円から550万円なのに対して、高卒の労働者はそこから-180万円ほど落ちてしまうのだそうです。また工場勤務での昇給のシステムは他業種と同じく、学歴以外にも会社の規模や勤務年数なども関係しています。しかしほとんどの工場勤務の会社は昇給にしても出世にしても大卒の方が優遇されてしまうようです。

以上の事を考慮すると、工場へ転職すること自体は高卒でも大卒でも可能ですが、大手の工場への転職は高卒では難しく、収入に関しても大卒の方が優先的にアップしていく仕組みになっています。もし高卒の方で高額な収入を得る為に工場への転職を検討しているのであれば考え直した方がいいかもしれません。

工場勤務から他業種への転職について

これまで工場勤務へ転職することについての情報をご紹介しましたが、ここでは逆に工場勤務をしている方が他業種へ転職することについてご紹介します。転職活動をするということは工場勤務の方だけに限らず「これまで自分が何をしてきたのか?」「現在の自分なら何ができて、どんな業種が自分に向いているのか?」を分析する必要があります。

同業種への転職であれば現在の勤務先でしっかりとした実績を積んでいる方であればそれほど問題無く転職に成功できるかと思われます。しかし工場勤務の方が全く経験したことのない業種へ転職するという事は余程年齢が若くて採用担当者にやる気を買われた方でもない限り難しいと思われます。例えば工場でずっとライン作業をしていた方が営業職や事務職の様なライン作業とは全く関係無い仕事に転職するのはかなり難しいです。

一口に工場勤務と言っても工員、オペレーター、経理担当などの様々な職種がありますので自分がこれまでやってきたことを把握していれば転職できる可能性が出て来ます。特に経理担当の方ならば工場と全く関係無い会社でも事務職への転職が望めます。また工員の方でもフォークリフトやクレーン、大型車、溶接などの特別な資格を持っているならば建設業などのそれらの資格に関係した業種へ転職することが可能です。

どうしても営業職や事務職の様なこれまで自分が経験したことのない業種への転職を希望するのであれば、収入や待遇面が悪化することを覚悟する必要があります。場合によっては派遣社員やアルバイトからの再スタートとなる可能性もあります。正社員や高収入を得る為には長い目で見る必要もあるでしょう。そのため工場勤務の方が他業種へ転職するということはかなりのやる気と覚悟が必要になります。

工場勤務の方が転職活動をする手段としては現在ならばネット上の転職サイトを使ったり、転職エージェントに登録をする方法があります。それ以外では知人や取引先の会社の方とのコネを利用して転職先を探すと言った方法があります。特に転職エージェントに登録する方法ならばプロのコーディネーターが信頼できる企業を紹介してくれるので便利です。コネを利用する方法は成功する可能性は高いですが他業種への転職はチャンスが少ないので難しいです。

工場への転職活動に有利な資格

衛生管理者

衛生管理者は事業所内に必ず取得者を常駐させる義務がある資格です。主に現場の衛生面において空気や照明などの管理を任せられます。衛生管理者の資格を取得するためには医療関係の実務経験が必要になりますが、持っていればそれだけ転職や転職先でのキャリアアップが有利になります。

フォークリフトドライバー

フォークリフトドライバーとはその名の通り職場でフォークリフトを運転することのできる資格です。フォークリフトドライバーは工場だけでなく倉庫業務においても重宝される資格です。この資格を取得するためには国家資格を取得する必要がありますが、試験は講習を受ければ誰でも簡単に取得できます。講習は運転免許の教習所で受けることが出来ます。

工場への転職はよく考えて下さい

工場へ転職する事自体は学歴をそれほど問われないので難しくありません。しかし大手企業への転職や高収入の獲得となると高卒の方は難しくなります。また工場勤務の方が他業種へ転職、または他業種の方が工場へ転職する場合はほとんどのケースにおいて収入や待遇が下がってしまいますので注意して下さい。高収入を得る為には少しでも現在の業種と関連性のある仕事を選ぶか特別な資格の取得を目指す必要があります。転職の際はよく検討して下さい。

関連タグ

アクセスランキング