脚本家になるには?年収と仕事内容・勉強におすすめの書籍

転職ノウハウ

脚本家は、テレビ、映画、舞台などの台本を書く仕事です。彼らは登場人物のセリフを考えるだけではなく、俳優のしぐさ、場面設定までも考えるとても重要な仕事です。ここでは、この脚本家になるにはどうすればいいのか、仕事はどんなことをしているかについて書いていきます。

更新日時:

脚本家になるにはどうすればいいのか?

新人賞を受賞する

脚本家になる方法として、まず脚本を公募している新人賞に作品を提出して、受賞するという方法があります。ドラマや映画、アニメや漫画のシナリオなど、ジャンルは非常に多岐に渡っており、開催しているのも放送局から制作会社など幅広くなっています。 ジャンルの規定がない新人賞もあれば、恋愛やサスペンス、推理ものや職業もの、学園ものなどジャン指定があるものまで、新人賞によって異なっているため、自分がチャレンジしてみたいジャンルや、得意としている内容のものを提出した方が、受賞確率をアップさせることが出来るでしょう。実際に募集されている長さや規定も異なっているため、新人賞ごとの規定を確認することが重要です。新人賞を受賞し、脚本家としてデビューしてから、コンスタントに仕事を受注できるようになれば、安定した働き方が出来るようになります。

脚本の制作スタジオに入社する

脚本の制作会社に入社し、会社員としてシナリオの仕事をスタートさせることも出来ます。経験者のみにターゲットを絞っている企業が多いですが、未経験であってもポートフォリオを提出し、採用担当者がオッケーを出せば就職し、研修を経ながら脚本家として働くことが出来る場所は、決して少なくありません。 ただし、審査レベルは企業によって異なっており、仕事内容も脚本のみではなく、その他の様々な制作まわりの実務を担当しなければいけないというケースも少なくないでしょう。ゲーム関係の企業は特に脚本家を未経験からでも採用しているケースがあります。脚本家として実績を積んでいけば、フリーランスとして独立したり、別ジャンルのシナリオの仕事に手を出すことも可能になりやすいです。

脚本の学校に入学する

シナリオ関係の学校は決して少なくありません。全日程の専門学校もあれば、社会人向けの週一日から二日程度のスクーリングもありますし、通信教育で脚本の勉強が出来る学校もあります。脚本のノウハウをゼロからしっかり学んでいくことが出来るため、これまであまり執筆経験がない人でもスキルを身に着けやすいでしょう。 また、教育に当たるスタッフにプロの脚本家を採用しているケースが非常に多いため、実際の現場で求められている脚本のスキルを、より的確に成長させていくことが出来るという魅力もあります。卒業後に仕事を受注しやすいルートを設定している学校も多いため、プロの脚本家として働くためのステップに出来る場合もあります。

メディアの制作会社に入社する

テレビの制作局をはじめとして、脚本以外の制作スタッフとして働きながら、脚本の勉強をし、脚本家になる人も少なくありません。脚本以外の制作事情を知り、現場で働いていると、チャンスを掴みやすくなる傾向があります。人員不足になってしまったり、働きぶりを評価されたりして、脚本の仕事を回してもらえることもありますし、実際に脚本家と仕事をしながらチャンスが巡って来るのを待つことも出来るでしょう。

脚本家の年収はどのくらい?

脚本家の年収は、個人差が非常に大きいと言えます。専業で脚本をしている人もいれば、会社員の副業として脚本家をしている人もいますし、家事や育児とバランスを取りながら働いている人もいるからです。 扶養の範囲内で働いている脚本家も少なくありません。売れっ子になるほど仕事量も多くなり、一件あたりの単価も上がりやすいですから、知名度が高く、その人の脚本というだけでお客さんを呼びやすくなる人は、年収が1000万円を超えるというパターンも決して少なくありません。 基本的に脚本家は固定給ではなく、会社員としてシナリオライターをしている人以外はフリーランスになります。一本あたりの単価に、打ち合わせの費用やリテイクの対応費用も含まれています。媒体によって単価も変わりやすく、アニメ一本の脚本が平均で20万円前後、ドラマ一本の単価が平均で60万円前後と言われています。ラジオドラマは一本10万円前後、映画は尺と予測によって大きな幅があります。駆け出しの脚本家であれば、年収が100万円に満たないというケースもあるほどです。 ただし、脚本家は二次使用料が収入になることもあるため、再放送やDVD化、海外展開などによって更に年収は上がります。会社員の平均年収より高い金額を狙うことも可能です。

脚本家の仕事はどんなものがある?

映画

原作ものもあれば、オリジナルものもある「映画」の仕事。近年は小説やコミックからの映画化も多いため、原作の良い部分をうまく抜き出し、規定の尺内で安定したクオリティを出せる脚本家は人気があります。クライアントからの要望や、監督からのニーズをうまく反映した脚本を作り上げるスキルが必要です。実力のある脚本家になれば、自由度も挙がり、自分の世界観を反映した脚本を提案しやすくなります。

ドラマ

脚本家としてネームバリューがアップしやすい仕事のひとつが「ドラマ」です。テレビという誰しもに身近な媒体であるため、ヒット作を出すと単価もアップしやすく、脚本家としても認められやすくなるでしょう。シリーズ全体をひとりで担当することもあるため、トータルのクオリティコントロール力も求められます。視聴率や人気の度合いによってテコ入れをすることもあるため、迅速な修正スキルを持っていると重宝されやすい傾向にもあります。

アニメ

アニメ人気は年々高まっており、放映される本数もどんどん増えてきているため、脚本家としてのニーズも高い分野です。学園ドラマからSFものまで、色々なジャンルが取り扱われているため、得意ジャンルがあると活躍しやすいでしょう。原作を取り扱うことも多いため、アレンジ力の高さも必要になって来ます。

舞台演劇

映像ジャンルとはやや異なった脚本スキルが求められるのは「舞台演劇」のジャンルです。脚本家が演出までトータルで担当するケースもあります。また、演出家や舞台監督と密接な打ち合わせをして、稽古を進めながら部分的な修正を入れることも少なくありません。セリフ回しや舞台上でのアクションなどを計算した脚本を作っていく必要があります。

ゲーム

スマートフォンを舞台にしたアプリゲームの台頭もあり、ゲームジャンルにおける脚本家のニーズも高いです。会社員として脚本家になりたい人から人気があるジャンルです。ゲームをたくさんプレイしている人はもちろん働きやすいですし、ノベルゲーム系はスクリプトを打てる人も重宝されやすいでしょう。

脚本家になる術を学べる本

『脚本家になる方法』

福田卓郎による著書で、入門書として人気が高い一冊です。脚本家にとって必要な要素から、ジャンルごとの発想の違い、プロットからシナリオを執筆するまでの流れや、著書のデビューや仕事スタイルなどを詳しく紹介しています。実践的なガイドが記載されているため、未経験から脚本家を目指したい人にもおすすめです。

『ゼロからの脚本術―10人の映画監督・脚本家のプロット論』

柏貴洋が編集した、10人の脚本家や監督のプロットスキルの本です。タイトルの通り、徳映画ジャンルに特化した脚本についてのハウツーが記載されています。脚本を執筆する上で欠かせない「プロット」に焦点を当てており、職業としての脚本を成立するためのノウハウが、幅広い視点から描かれています。オリジナル映画にチャレンジしたいと思っている脂肪ものにぴったりの一冊だと言えるでしょう。

『脚本家という生き方』

小林雄次よる著書で、自身のデビューから活躍に至るまでの日々を描いたエッセイとなっています。脚本家を目指した原点から、紆余曲折のデビュー、新人時代の苦労などを赤裸々に語った一冊です。アニメからスタートし、舞台や映画、ドラマなどの幅広いジャンルで活躍する脚本家の本音がチェックできるため、どの分野への志望者も、手ち度はチェックしておきたい業界本の一冊でしょう。

脚本家として活躍するために

いかがでしたか?脚本家としての仕事は、ここまでで紹介したもののほかにも、色々なものがあります。ゲームもアプリゲームからコンシューマーゲームまで多様ですし、舞台演劇もミュージカルと朗読劇とでは、脚本家に必要なスキルは大きく異なって来ます。自分の得意ジャンルを磨くと共に、どんなシーンでニーズがあるのかをよく見極め、活躍するためのチャンスを掴んでいきましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)