IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サービス残業の違法性・実態・告発事例・強要された場合の対処法

制度

最近、ネットやニュースなどでサービス残業など労働に関することがなにかと話題になっていますね?今回は、多くの企業に存在するサービス残業の問題に注目していきたいと思います。サービス残業の引き起こす危険やその対処法を紹介します。

更新日時:

周りの友達はいつも定時で帰ってるなぁ...」 「趣味に使う時間が全然ない...」 「残業代が出ないんだけど...」 そんな悩みを抱えている人は、いますぐ転職エージェントに相談しましょう。 残業が当たり前のように存在する会社は、「人が足りていなく、雇えない」か「限界以上の仕事を1人に振っている」会社です。もしその状況が何年も続いているなら、改善を期待するのは難しいでしょう。 会社が直るのを待つのでなく、当たり前の権利を当たり前にもらえる会社に転職しましょうエージェントほど相談相手として適任な人はいません。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

労働は一日8時間、一週間で40時間まで

労働者が働いて良いとされる時間は法律によって規定されています。「労働基準法」によって一日8時間まで、一週間で40時間までとされています。もし労働者にこれ以上の労働を命令した場合は法律違反とされます。

サービス残業は違法

本来労働者は、企業ごとに決められた規定の時間内にしか働くことは認められていません。しかし、場合に応じて雇用者は労働者に時間外労働を求めることができます。その場合は規定外の労働になるので、雇用者はその分の手当てを労働者に与えることが義務付けられています。

サービス残業とは、この規定時間外にも関わらず賃金が発生しない労働のことです。雇用者と労働者の相互の合意があれば、サービス残業は違法とされない場合がありますが、時に雇用者と労働者の上下関係を利用して時間外労働を強制しているケースがあります。こういったケースの場合、労働基準法違反として犯罪になります。

サービス残業は実態が把握しづらい

サービス残業は違法です。しかし、ほとんどの企業でこのサービス残業が存在します。ではなぜサービス残業はなくならないのでしょうか?ここではサービス残業の実態をご紹介していきたいと思います。 サービス残業は違法とされていますが、企業は様々な手でサービス残業の発覚を免れています。例えばタイムカードで出勤・退勤を管理している企業では、従業員にタイムカードを切らせた後に労働者に圧力をかけてサービス残業を行わせるケースがあります。 この場合、従業員の労働は規定時間内に正常に行われていると記録にしっかり残るため、外部からはサービス残業は行われていないように見えますし、たとえサービス残業が発覚しても従業員の自主的なものとされてしまうことがあります。 また「職場での残業を認めない」としている企業があります。しかし職場での残業は禁止されていたとしても、企業側としては「仕事の完了は求められている」とし、結局労働者は家に完了しなかった仕事を持ち帰らなければならず、実質的にはサービス残業になっているケースが多い。 このように外部にはサービス残業の問題改善に取り組んでいる姿勢を見せている一方で、実際は人権費の削減などを目的とし、正規雇用者に対してサービス残業を強要している企業が数多く存在します。

サービス残業は過労死にもつながる

過去には、サービス残業を企業から強要され、肉体的にも精神的にも追い込まれた従業員が自殺するという事例もたくさんあります。そのなかの一例を取り上げてみましょう。 ある大手居酒屋チェーン店で働く女性店員が、過酷な残業を強要されて自殺に追い込まれたという事件がありました。あまりにも長い時間の労働を何日も連続して強いられたため、一度は労働基準監督署に労災申請をしましたが、労災認定されませんでした。 女性店員は肉体的・精神的な疲労に耐え切れず結局自殺まで追い込まれました。後から発覚したことですが、女性店員は一ヶ月に100時間以上の残業労働を強いられていたそうです。

サービス残業は違法であることを忘れずに

もしあなたがサービス残業を強いられたらどうしますか? まず忘れないように意識することは、サービス残業は何であれ違法であるということです。間違っているのは相手の方だという強い気持ちを持って労働基準監督署にいち早く申告しましょう。しかし、ただ申告しただけでは労働基準監督署もうまく対処できません。企業側は労働基準監督署の注意をうまく逃れるように対策してきます。 ですから自分がサービス残業をしているという明確な証拠を見つけましょう。例えばパソコンの起動時間をメモする。または勤務終了時の時間の写真を残しておくなどしておくとよいでしょう。さらに一人では上司からの仕打ちが怖いなど心細い場合は、他に自分と同じ境遇の人と協力し合うのも大事です。

今一度自分の労働状況の見直しを

いかがでしたでしょう?今回はサービス残業の問題について考察してみました。 最近では企業の過酷な労働状況に関するニュースなどを目にすることも多いと思います。今一度自分はどんな環境下で働いているか、問題はないか改めて考えてみると良いかもしれませんね。

労働条件への不満が転職理由になることも

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。 ■転職理由3位:「給与に不満がある」 ■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」 ■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」 ■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」 (出典:DODA2016年データ) 企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。 慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。 ■自分のスキルで転職して収入は上がる? ■今の年齢で転職活動しても大丈夫? ■希望の求人は存在するの? 転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。 公式サイト:リクルートエージェント

関連タグ

アクセスランキング