IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職に成功する人、失敗する人の違い|後悔しない転職方法

転職ノウハウ

転職に成功する人と、失敗する人の違いについてまとめています。少しの意識や努力で、誰でも転職成功者になることができます。そのためのポイントや考え方をご紹介しているので、「満足できる転職をしたい!」とお考えの方は、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職に成功する人は、叶えたい項目や条件が明確である
  • 失敗する人は転職先の業界や企業、志望している職種への理解が不十分な可能性も
  • 何よりも下準備が大切なので、転職エージェントのサポートを利用して転職を成功させよう

転職は成功させたいですよね。成功するにはまず自分が何がしたいか、譲れない条件は何か整理しましょう。また失敗しないためには、志望先の企業や職種の理解を深め、条件面などの確認をきちんとしましょう。 マイナビエージェント」なら志望業界や企業の情報をもらえたり、面接対策から条件の交渉を行ってくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

転職の成功・失敗の分かれ道はどこにある?

転職には、大きく分けて2種類の転職が存在します。「成功する転職」と「失敗する転職」です。 インターネットなどのwebサイトなどにも、「転職成功者」についてまとめた記事やwebページなどがたくさんあり、転職者であれば誰もが「転職成功者になりたい」と考えていることでしょう。 では、転職における成功とは、どのようなことでしょうか?また、どうなると失敗してしまうのでしょうか?今回は、転職における成功・失敗の違いと、成功する人・失敗する人の特徴や傾向などをご紹介していきます。

転職における成功・失敗の基準

転職に成功する人・失敗する人の違いについて、結論からお話ししますと、本人が転職後の環境や条件に満足出来るかどうかが大きく関係しています。 転職後の職場環境や条件に不満があると、再び転職をすることになる可能性もあり、結果的にその転職は失敗したことになるでしょう。 転職における成功、すなわちゴールは、人によって異なります。 「どんな企業でも良いから、今とは違う会社に入社することができれば転職成功!」と考えている方もいれば、「現在よりも良い労働環境や待遇の企業に入社できなければ、成功とは言えない」と思っている方もいるでしょう。 そのため、他人から見れば明らかに成功者である方が、「転職に失敗した」と考えていることも、充分にあり得ます。 つまり、転職における成功・失敗の基準は、本人次第というわけです。転職をしてみて、以前よりも精神的に満足できる環境になれば成功と言えますし、どんなに良い条件で転職をしても精神的に納得することができなければ、その転職は失敗ということになるでしょう。 それでは、どのような人が「転職に成功できる=満足・納得のいく転職ができる」のか、傾向や特徴を見ていきましょう。

転職に成功する人はどんな人?

上記で考察した、転職の成功・失敗の基準を元に、どのような人が転職に成功するのか。 そして、満足できる転職をすることができるのか、その傾向についてご紹介していきます。

退職しないで転職活動

転職成功者に多い傾向として、退職をせずに転職活動をしている方が多いそうです。 仕事を続けながら転職活動を行うと、時間的な制約が多くなり自由に動きにくくなります。また、体力的にも、普段の業務と並行して転職活動を行うわけですから、大変ですよね。 しかし、退職しないで転職活動を行うメリットとして、「金銭的に追い詰められない」点が挙げられます。退職してから転職活動を行う場合、収入が無くなったり大幅に減少したりするため、精神的に余裕がなくなる可能性があります。 金銭的な負担から気持ちに余裕がなくなり、焦って目先の企業で妥協してしまうということも、少なくないそうです。 仕事を続けながら転職活動を行えば、時間的には忙しいものの、金銭面で追いつめられる心配はありません。だから、妥協した企業に転職して失敗してしまう可能性も低くなるというわけです。

希望が明確

転職に成功する方の2つ目の特徴として、叶えたい項目や条件が明確な人が多いようです。 働く上で、できるだけ働きやすい環境で、やりたい業務ができて、給与も満足できるような職場があれば、誰でもそこで働きたいと考えるでしょう。 しかし、現実的に考えて、自分の要望や希望を全て満たしている企業は、存在しないと言えます。その為、「妥協できる点」と「絶対に叶えたい点」をはっきりさせて、自分の希望に近い形で働くことが出来る企業を探していく必要が生じます。 転職に成功する人は、上記で言う「絶対に叶えたい点」が明確化されています。どうしても譲れない条件をクリアした企業に転職するので、不満に思うことも少なく、満足できる転職となるのです。

転職に失敗する人はどんな人?

上記では、転職に成功する人の特徴や傾向をご紹介しました。 今度は、反対に転職に失敗する人の特徴や傾向について、考えていきましょう。

転職先の業務内容についての理解ができていない

転職で失敗したと感じる方や、そもそもなかなか採用してもらえないという方は、転職先の業界や企業、志望している職種への理解が不十分である可能性があります。 転職先の業務内容などについて、知識や理解が不十分だった場合、転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することが多くなります。 そのような後悔が不満に繋がり、再び「別な企業や業界に転職したい」と感じるようになるかもしれません。 志望している業界や企業の業務内容などは転職エージェントで教えてもらえますので、理解を深めてから転職活動をすることをおすすめします。 本人としては、苦労して転職しても不満を感じてばかりですし、企業としてもせっかく採用してもすぐに退職や転職をされてしまっては、新たな人材をまた探さなければなりません。このような転職は、失敗と言えるでしょう。

条件・待遇の確認が不十分

働くからには労働者として生活していけるだけの、給与や待遇を受ける必要があります。給与が少なかったり、休みが取れなかったりしては、どんなに好きな職業や憧れの企業での業務であっても、続きませんよね。 転職に失敗する人の傾向として、給与や待遇などの条件について、確認が不十分である点が挙げられます。金銭面に関する話などは、他人に話しづらいものではあります。 また、「給与や休みについて交渉したら、不採用になってしまうかもしれない」と不安に思う方も、いらっしゃるかもしれませんね。 しかし、そのような感情に負けて、面接などの際に給与や福利厚生、退職金や賞与などの細かい条件について話しておかないと、入社後に後悔することになるかもしれません。 後から、「転職に失敗した」と後悔しない為にも、入社前に条件や金額をはっきりさせておくことが大切です。

転職に成功する人と失敗する人の違いは、ちょっとしたこと

記事のまとめ
  • 転職に成功する人は、叶えたい項目や条件が明確である
  • 失敗する人は転職先の業界や企業、志望している職種への理解が不十分な可能性も
  • 何よりも下準備が大切なので、転職エージェントのサポートを利用して転職を成功させよう

いかがでしたでしょうか?今回は、転職に成功する人と失敗する人の傾向や特徴をご紹介しました。 成功する人の傾向も、失敗する人の特徴も、誰でも当てはまるちょっとしたことだと思います。少し意識を変えたり、ほんのちょっとだけ時間を削って下準備をしたりするだけで、誰でも転職成功者になれるというわけです。 マイナビエージェント」なら、求人の紹介からその企業がどんな会社かアドバイスをもらえたり面接の対策までサポートしてくれますので、一度相談してみることをおすすめします。 皆さんも、日々のちょっとした心掛けや小さな努力を積み重ねて、ぜひ転職成功者になってくださいね!満足できる転職となることを、お祈りしています。

関連タグ

アクセスランキング