IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントの面接時の服装の注意点4つ|面談時のポイント6つ

転職ノウハウ

面接時の服装が転職エージェントの対応に影響するということをご存知でしょうか。この記事では転職エージェントをフル活用するために、面談時の服装で注意したいポイントについて徹底解説しています。転職に関する知識も紹介しますので、ぜひ参考になさってみてください。

更新日時:

転職エージェントと面談する時は服装は重視されるのか

転職エージェントと面談する時は服装は重視されるのか

転職の面接時はきちんとしたフォーマルな服装を心がける人が大半ですが、転職エージェントとの面談時となると果たしてどれくらいの人が服装に気を配っているのでしょうか。 実は、転職エージェントと面談する時の服装によって、担当者の対応やよい求人案件を優先的に回してもらえるかどうかが変わってきます。 よい求人案件を紹介してもらい、親身に対応してもらうためにも、転職エージェントとの面談時には服装に気を配りましょう。

転職エージェントと面談するときの服装

転職エージェントと面談するときの服装

以上で見たように、面談時の服装によって転職エージェントの担当者の対応は変わってきます。 清潔感のない服装やカジュアルすぎる服装だと、転職エージェントの対応も雑になってしまいかねませんし、何より転職に対する本気度を疑われてしまいます。 では、具体的にどのような服装で面談に臨めばよいのでしょうか。ここからは転職エージェントとの面談時の服装の具体例について解説していきますので、ぜひ参考になさって下さい。

スーツ

転職エージェントとの面談時におすすめしたい服装としてまず挙げられるのが、スーツです。 転職エージェントとの面談とも言えど、担当者によい印象を持ってもらうためにはきちんとスーツを着用し、ビジネスパーソンとして常識的な服装を心がけることが大切でしょう。 なお、何もリクルートスーツを着用しなければならないということはありませんが、できるだけダークカラーでシンプルかつオーソドックスなスーツをおすすめします。

オフィスカジュアル

転職エージェントの面談時には、スーツを着用せずともオフィスカジュアルな服装であれば特に問題はありません。 とりわけ暑い夏には、無理をしてスーツを着て汗だくの状態で面談に望むよりも、クールビズスタイルや涼しげで爽やかなオフィスカジュアルスタイルのほうが転職エージェントの担当者に好印象を持ってもらえるでしょう。 ただし、カジュアル寄りの服装はNGです。女性の場合は露出の少ない服装を心がけましょう。

転職エージェントと面談する時の服装の注意点4つ

以上でご紹介したように、転職エージェントの面談時の服装としては、スーツか上品で控えめなオフィスカジュアルをチョイスするのが基本です。 いずれを選ぶにせよ、転職エージェントの担当者に親身になって対応してもらうためには、清潔感があって爽やかな服装を心がけねばなりません。 ここからは転職エージェントの面談時の服装で注意したいポイントを4つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

転職エージェントの面談時の服装の注意点1:清潔感を大切にする

転職エージェントとの面談時の服装の注意点としてまずご紹介したいのが、清潔感を大切にするということです。 清潔感がない服装だと、転職エージェントの担当者に「ビジネスパーソンとしての常識がない」と判断され、よい求人案件を優先的に紹介してもらえなくなってしまいます。 きちんと洗濯をしてアイロンがけをした服を着用するのはもちろん、服の組み合わせにも注意をして、清潔感があり爽やかな服装を心がけましょう。

転職エージェントの面談時の服装の注意点2:派手すぎるデザインのものは身に着けない

派手すぎるデザインのものは身につけないというのも、転職エージェントの面接時の服装の注意点として挙げられるでしょう。 ビジネススーツとしては一般的ではない明るめの色のスーツや、柄物のシャツ、派手なデザインのネクタイや装飾品は転職エージェントの面談時にはふさわしくありません。 転職エージェントの面接時にはビジネスパーソンとして常識的な服装が求められているのであって、華美でおしゃれな服装ではありません。

転職エージェントの面談時の服装の注意点3:しわやサイズ感が大切

転職エージェントの面談時には、しわがなくサイズ感のあった服装をすることも必要でしょう。 高級ブランドのシックで上品なスーツを着用していたとしても、サイズ感があっていなければ不格好な印象を与えてしまいますし、しわがあったり汚れやよれがあると、一気に不潔な印象を醸し出してしまいます。 安いスーツでもよいので、きちんとアイロンをかけてしわやしみ・よれのない状態に整えておきましょう。また、試着も必須です。

転職エージェントの面談時の服装の注意点4:靴やバッグも見られている

転職エージェントとの面談時には、靴やバッグについても担当者にチェックされているということを忘れてはなりません。 服にばかり気を取られて靴やバッグをおろそかにしてしまう人も少なくありませんが、転職エージェントの担当者は面談時にこのような細かい部分もきちんとチェックしています。 汚れたりかかとがすり減った靴を履いたり、傷が多く使い古して型崩れしているようなバッグを面談時に持参するのはNGです。

転職エージェントの面談で必要な物3つ

転職エージェントの面談で必要な物3つ

転職エージェントの面談時には、きちんとした清潔感のある服装だけでなく、持ち物に関しても注意を払う必要があります。 面談時に持参すべきものを持っていなければ、転職エージェントの担当者はあなたに関心を払わなくなったり、よい求人情報を積極的に紹介してくれなくなる可能性があるでしょう。 ここからは転職エージェントの面談時に持参すべき必要なものをピックアップしてご紹介していきますので、ぜひご確認ください。

転職エージェントの面談で必要な物1:履歴書

転職エージェントの面談で必要な物1:履歴書

転職エージェントとの面談で必要なものとしてまず挙げられるのが、履歴書です。 転職エージェントの担当者は履歴書を確認することで、あなたのキャリアやスキル・経験などを見積り、それに適した求人情報を紹介したり、履歴書の書き方に関するアドバイスもしてくれるでしょう。 履歴書がなければ転職エージェントとのせっかくの面談が無意味なものになってしまいかねませんので、必ず鞄に入れて忘れないようにしましょう。

転職エージェントの面談で必要な物2:職務経歴書

職務経歴書も、転職エージェントとの面談で欠かすことのできない持ち物のひとつとして挙げられるでしょう。 転職エージェントの担当者は、通常履歴書と職務経歴書をセットにして面談相手に適した転職情報を探し、転職先についての提案やアドバイスをくれます。 職務経歴書を忘れてしまうと、これまでのキャリアについての具体的な情報を担当者に与えることができず、実のある相談ができなくなる場合があります。

転職エージェントの面談で必要な物3:筆記用具

転職エージェントの面談で必要な物3:筆記用具

転職エージェントとの面談時に必要な持ち物のひとつに、筆記用具も含まれるでしょう。 転職エージェントの担当者はさまざまな指摘やアドバイス、提案をしてくれるため、それらを忘れてしまわないように逐一メモを取る必要があるので、筆記用具は絶対に不可欠だと言えます。 キャラクターもののメモ帳やペンは転職エージェントとの面談にはふさわしくないので、ビジネスパーソンとしてふさわしいシンプルなものを持参しましょう。

転職エージェントと面談する時のポイント6つ

転職エージェントと面談する時のポイント6つ

以上では、転職エージェントと面談を行う際の大前提として、服装で注意すべき点や持参すべき持ち物についてご紹介してきました。 転職エージェントとの面談を有意義なものにして、転職活動をスムーズに進めるためには、担当者との接し方や相談の仕方にも気を配る必要があります。 では、具体的にどのような点に気を付ければよいのでしょうか。ここからは転職エージェントとの面談時のポイントについてご紹介していきます。

転職エージェントと面談する時のポイント1:本音で伝える

転職エージェントと面談する時のポイントとしてまず重要なのが、本音を伝えるということです。 取り繕ったことを言ったり表面的なことしか伝えないと、あなたが転職に何を望んでいるのか、どのような条件のいかなる企業に転職を希望しているのかが転職エージェントの担当者に伝わらなくなってしまいます。 転職エージェントの担当者には気兼ねをすることなく、転職に関する本音をきちんと伝えるようにしてみてください。

転職エージェントと面談する時のポイント2:ネガティブな退職理由を言ってもよい

転職エージェントと面談する時のポイント2:ネガティブな退職理由を言ってもよい

退職理由については無理してポジティブに言い換える必要はなく、ネガティブな理由をそのまま伝えても問題ないというのが転職エージェントとの面談時のポイントのひとつです。 もちろん転職の面接では退職理由はポジティブに言い換えるべきですが、転職エージェントとの面談時には転職の動機や転職先に望む条件をより明確にするために、ネガティブな退職理由をそのまま伝えてもかまいません。

転職エージェントと面談する時のポイント3:不平や不満をあまり言わない

転職エージェントと面談する時のポイントのひとつとして、不平や不満をあまり言わないということも挙げられるでしょう。 転職エージェントの担当者も人間なので、自分の提案する求人案件にぐちぐちと文句を言ったり何かと不平不満ばかり言う相手に対して、積極的によい求人案件を回そうとは思いません。 担当者に親身になって対応してもらうためにも、不平や不満はあまり口に出さず、ポジティブで礼儀正しい接し方を心がけましょう。

転職エージェントと面談する時のポイント4:転職活動状況の共有

転職活動状況をきちんと共有するように努めるというのも、転職エージェントと面談する時に気を付けたいポイントのひとつでしょう。 現在どのように転職活動に取り組んでおり、どのような問題点に直面しているのか、これからの転職活動にどのようなことを望むのかなど、今自分の置かれている転職活動状況について嘘偽りなく、きちんと担当者に伝えることが必要です。 そうすることで、適切なアドバイスをもらうことができるでしょう。

転職エージェントと面談する時のポイント5:積極的にアピールする

転職エージェントと面談する時のポイントのひとつに、積極的にアピールするということも含まれるでしょう。 ノルマがある転職エージェントの担当者も多く、「この人に求人情報を紹介すればノルマが達成できる」という期待感がもてなければ、積極的によい求人案件を紹介してくれないこともあります。 担当者に本気で転職サポートをしてもらいたいならば、積極的に自己アピールして転職への本気度を伝えましょう。

転職エージェントと面談する時のポイント6:情報交換だけでも良い

情報交換だけでもOKというのも、転職エージェントと面談する時のポイントのひとつです。 転職活動を本格的に始める前に、転職に関する情報交換をするだけの目的で転職エージェントの面談を利用しても問題ありません。 情報交換を行うことで、今後の転職活動の方針を策定することができるものですし、それを通じて担当者と知己を得て、壁にぶつかった時に相談に乗ってもらえる関係を構築することもできるでしょう。

転職エージェントの面談時の服装は印象に影響する

転職エージェントの面談時の服装は印象に影響する

今回は転職エージェントの面接時の服装について特集してきました。 面談時に清潔感があり常識的な服装をしているかどうかで、転職エージェントの対応も変わってきますので、「面接じゃないから」などと考えず、きちんとした服装を心がけましょう。

アクセスランキング