IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代の貯金額の平均|男性/女/家族構成別・20代での貯金の仕方

年収

20代で、貯金をしているという方は多くいます。そして、貯金をしていないという人も多くいるのも事実です。この記事では、20代の貯金について紹介します。興味のある方は、ぜひ一度、読んでみてください。是非、参考にしてみてください。

更新日時:

20代の貯金額の平均はいくら

トピック1015409/要素1815565

男性

20代男性の平均貯金額は、約120万と言われています。つまり、月10万は貯金をしているということになります。しかし、これはあくまでも、平均に過ぎないです。もっと貯金をしている人もいれば、平均以下という人もいます。20代男性は、働き盛りの年頃です。この時期に、どれだけ稼げるかが、その先の将来を大きく左右することになります。 さらに、今まで、全く貯金をしていないという人は、今からでも貯金をすることをお勧めします。20代は、人生において最も楽しい時期かもしれないでしょう。そのため、多くの誘惑があります。しかし、そこで誘惑に負けてしまっていては、その先の将来に明るい未来はないです。最低でも月5万は貯金をしたいです。

女性

20代女性の平均貯金額は、100万にも満たない人が多いようです。女性は、男性に比べてしっかりしているイメージですが、意外にも男性より平均貯金額が下回っています。しかし、これは女性が男性より貯金をする気がないというのかというと、そうではなくて、女性の場合しっかり働いているという人は少ないですし、何より結婚して家庭を作ってしまえば、主婦として働くという人が多いからです。 なので、意外にも男性よりも女性の平均額が下回っているということです。しかし、上記でも話したように、これはあくまでも平均なので、それ以上の人もいれば、それ以下の人もいます。なので、平均貯金額が下回っているからといって、貯金をしないという選択は避けるべきです。

前半

20代前半の平均貯金額は、男女合わせて100万以上の人が約半数の割合を占めています。これはとても良いことで、それだけ自分の将来のことを考えているという人が多いという証拠になります。20代前半だけで、100万以上を稼げれば、後半にはもっと稼げる可能性があります。そう考えるだけでも顔がニヤつきます。 ただ、貯金をするからには、いつかはちゃんとお金を使った方が良いでしょう。死ぬまで貯金をしていてもなんの意味もないからです。お金だけ、残していっても残された側が困るだけです。そうならないように、貯金をするにあたって、明確な目標を掲げると良いです。目標を掲げることで、モチベーションを高め、予定よりも多く貯金ができます。

後半

20代後半の平均貯金額は、前半同様に100万以上です。しかし、後半になり周りとの差が生まれ始めます。なぜ差が生まれるかというと、それぞれの立場が変わるからです。平社員から部長に昇格する人や、アルバイトから正社員になる人など、それぞれのステータスが大きく変わるのが、20代後半と言えます。 しかし、20代後半になっても全く立場が変わらないという人もいます。なので、平均貯金額は、100万以上となっていますが、前半の平均貯金額よりかは、不確かと言えます。

家族構成別での20代の貯金額の平均はいくら

トピック1015409/要素1815569

一人暮らし

一人暮らしの平均貯金額は、月1万から5万程度です。一人暮らしとなると貯金をしやすいイメージがありますが、現実的にはそうでもないようです。しかし、ちゃんと継続的に決めた金額を貯金できれば、20代の平均貯金額はあっという間に達成できます。ただ、一人暮らしで、貯金をするとなると、相当自分に厳しくいなければいけません。 結局貯金とは自分自身との戦いであって、その戦いに負けることが多いのが一人暮らしと言えます。正直、」将来のことを考えて貯金をするといった余裕がないのもまた現実です。ただ、できることなら貯金をするのが良いです。

夫婦

20代の夫婦の平均貯金額は、夫婦の状況によりますが、だいたい100万はいきます。ただ、夫婦の場合、どちらかがあまり貯金をしないと、100万という数字には遠く及ばないです。夫婦の場合、お互いが働いているということは普通であって、子供ができてしまえば、どちらかが、子育てのために仕事を辞めるというのがオチです。 なので、お互いが働いている状況であれば、100万は余裕です。しかし、どちらか片方が、仕事を辞めてしまえば、100万は結構厳しくなります。しかし、一人暮らしの人でも、コツコツ貯金をすれば100万はいくので、そう考えれば、夫婦の場合においても100万を一人で稼ぐというのは可能になります。

3人家族

20代の3人家族の場合の平均貯金額は、100万も満たないです。なぜなら、養育費など色々なことにお金を使うからです。家族ができる自体が、平均貯金額の金額を落とすと言っても過言ではないでしょう。だからといって、家族を作るなと言っているわけではないです。ただ、普通の人であれば、仕事を頑張るか、生活を工夫する必要が出てきます。

4人家族

20代の4人家族の場合の平均貯金額は、3人家族と同様に、100万には満たないことが多いです。家族が多いければ多いほど、貯金をする余裕はなく、ただただ、せっかく働いて稼いだお金が、すぐに消えて無くなってしまうという結果になります。 しかし、それはしょうがないことで、家族を持った以上、将来よりもその時、その時の生活が大事になります。なので、仕方ないというのが本音です。しかし、貯金ができることに越したことはないです。

20代でおすすめの貯金の仕方

トピック1015409/要素1815574

20代の貯金の本などが、よく書店などに並んでいます。働き方が、多様化する現代において、20代であっても大金を手にすることは可能ということです。そして、貯金をする際に、そのような書店に並んでいる本に目を通してみると良いでしょう。何か良いことが書いてるかもしれないです。参考になることが多く書かれています。ただ、今ではスマホ一つで何でも調べられてしまうので、本を買うお金がないという人は、スマホで調べてみると良いでしょう。

節約

貯金をするにおいて、節約はとても大事になります。食費を工夫したり、電気代をなるべく出さないようにしたり、色々と工夫すれば、予定の貯金額以上の貯金が可能になります。節約こそ、書店などに並んでいる本を参考にすると良いでしょう。本に書いてあることはすべて成功例なので、心配する必要もないです。

定期預金

定期預金をする20代も多くいます。定期預金をする人は、とても賢いです。定期預金をしていれば、貯金なんて簡単です。定期預金は、賢い生活の仕方と言えます。

資産運用

資産運用に手を出す人が中にはいますが、なるべく資産運用には手出さないほうが良いです。貯金なら普通に貯金をするのが一番です。ただ、効率的に貯金をするならオススメです。しかし、あくまでも投資なので、デメリットがあることも理解しておきましょう。

20代の貯金について

トピック1015409/要素1815577

20代でのお金の貯金は、将来を考えればとても大切なことです。しかし、20代は、人生の中でも最も楽しい時期と言えます。色々な欲望が、貯金をしようとしようとしている心を蝕みます。また、欲望に負け、20代で全く貯金がないという人と、ちゃんと貯金ができている人は、半々です。 そして、人生において、ちゃんと貯金ができている人は、将来の幅大きく広がっています。たとえ、自分自身がそうは望んでいなかったとしても、貯金をしているだけで、将来の幅というものは広がっていきます。さらに、20代は、何をするにしてもお金がなくては何もできないということを明確に実感する年頃でもあります。 特に、一人暮らしなど、一人で生きていかなければならない状況になる人が多いのが20代です。成人式というものがあるくらいですから、自立する人も多いです。また、就職をするというのも理由の1つです。働き方はどんどん多様化していっていますし、同年代の人で比べても、収入の差というのは著しく現れます。そして、あまり収入が、同年代の人と比べてないという人は、世間体によりどんどん廃れていきます。 そうならないように、少しづつでもいいので、貯金をするというのは大事になります。貯金の大切さが分かったことでしょうか。まだ、貯金をしていないという人は、これを機に、貯金を始めてみてみましょう。

アクセスランキング