IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エアコンを自分で掃除する方法|スプレー/カビ/業者に頼む場合

家事

エアコンの掃除は面倒な作業ですが、節約と健康管理の第一歩です。掃除をする事で電気代が節約されますし、暑い日にエアコンをつける事で、熱中症対策や体調不良を防ぐことにもなり、まさに一石二鳥です。今回は、エアコンの掃除方法をご紹介します。

更新日時:

エアコンを自分で掃除する方法ってどんなものがあるの?

暑い時には冷房として、暑い時には暖房としてエアコンはいつも私たちの温度環境を整えてくれています。しかし、エアコンは使っているうちに性能が段々と落ちてくると感じるのは一人二人ではないはずです。それは思い違いでも何でもなくエアコンの働き機能が低下しているためです。 その原因はエアコン内部の汚れで、大体の人は放置しがちでエアコンの性能を落としていってしまい最終的にはそれが原因で故障し使えなくなります。エアコン掃除はめんどくさい、どうやったら出来るのか知らない、という理由で放置されがちですが、エアコンの掃除はエアコンの効きをよくするだけでなく、電気代の節約になるので経済的な負担が軽くなります。

エアコンのお掃除機能で掃除不要?

最近のエアコンには掃除してくれる機能が付いている物も多く大丈夫と安心しがちですが、ここに落とし穴があります。エアコンのお掃除機能を使ってもエアコン内部のフィルターを掃除してくれるだけで他の所は掃除してくれません。 しかも、そのフィルターも取り切れない誇りでフィルターの目が埋まってきて、お掃除機能でさらに細かいほこりを刷り込み空気のとおりを悪くしてしまう事があります。お掃除機能だけに頼らず、自分でも掃除をしてお掃除機能はあくまで補助的なものと理解して使う事が大切です。

エアコンと自分でW掃除でどうなるの?

エアコンのフィルターが詰まると空気の流れが阻害される為に冷暖房の機能がしっかりと効果を発揮しません。これは、エアコンにあるお掃除機能だけを頼り掃除をしなかった結果ですが、お掃除機のないエアコンでも掃除をしなければ早い時期に同じことが起こります。結局同じ結果になるのなら、あってもなくても同じと言う事はなく、お掃除機能が付いているとエアコンのフィルターに、埃が付きにくく長く機能が安定して働きます。 お掃除機能のないエアコンは、それに比べると早くに機能が低下し始め、実感する効果と経済面での負担も躊躇に現れます。エアコンと自分で掃除をWでする事は、エアコンの機能がない物と比べ、ワンシーズン衰える事無く機能して、エアコンの寿命も結果として延びます。

エアコンの掃除って素人でも出来るの?

エアコンの掃除が面倒に感じるのはやり方がわからず、難しく感じてしまうため、面倒な作業と感じる事が原因です。掃除自体は簡単な方法から手の込んだ方法までありますが、簡単な方法をこまめにする事で数分で終わり大掃除の時の手間も格段に減ります。 しかし、内部奥深くの掃除は素人では手に負えないのでプロの業者に頼みましょう。エアコンは掃除のコツが掴めれば拒否感なく部屋の掃除の感覚でする事ができるのでまずは面倒がらずに少しずつ掃除をしてみてコツを掴んでいきましょう。

エアコンの恐怖!掃除をしないとどうなるの?

エアコンの掃除の必要性を感じなければ重い腰も上がらないのがエアコンの掃除です。しかし、エアコンの機能が衰えても、自分に害がなければいいんじゃないかと思いがちですが、そもそものエアコンの役割を考えるとそこに潜む恐怖を感じます。 エアコンの機能としては、空気を冷やす冷房、空気を暖める暖房、空気中の湿度を下げる除湿、空気の流れを作る送風、最近では他にもいろいろな機能が備わっているエアコンが多く販売されていますがその機能のどれもが私達が吸い込む空気に大きく関わっています。つまり、エアコンを掃除しないと汚れた空気が部屋中に撒き散らされて健康被害も出てくる恐れがすくなからず出てくるという事です。

エアコンの恐怖といえばカビ?

エアコンとカビの関係は切っても切れないものですが、定期的な掃除で健康に被害を及ぼす程酷い事にはなりません。エアコンの掃除はカビ予防に関しては、エアコンの機能もフル稼働して対策していき、健康被害を防止しましょう。

エアコンって本当にカビが発生するの?

エアコンの冷房や除湿などの機能は空気を乾燥させるとイメージが強く、それは間違いではありません。室内の空気が冷える事で、空気中の水分が冷やされ水になり外に排出される事で締め切られた室内の湿度が下がります。その時にフィンが結露し、大部分がドレインホースで外に排出されますが、すべてではないので必然的にエアコン内部に水分が残ります。 エアコンを止めると、エアコン内部の温度も上がり、エアコンの内部はカビにとって生息しやすい高温多湿になり、エアコン内部にはカビの天敵である日光も入らないので、繁殖しやすくカビが発生します。エアコン内部は冷気を排出して乾いているように思いますが、湿度が高いカビ天国というのが実際の所です。

エアコンのカビの被害とは?

エアコンの中に繁殖したカビは部屋中に胞子を撒き散らすだけでなく、エアコンをつけるのがいやになる程の臭いを出す時がありその原因もカビです。エアコンの掃除をサボり、ちょっと臭うくらい我慢できると放置するとカビによる影響でアレルギー、アトピー、喘息息、夏型過敏性肺炎、皮膚炎を引き起こします。 これらの原因には、エアコンから排出されるカビが大きく関わっていて、空気中に排出されたカビが、呼吸器官や皮膚に付着する事で起こります。エアコンのカビはその場所だけに留まるのではなく、部屋全体に影響するため、定期的なエアコンの掃除でカビを取り除く必要があります。

エアコンのカビ掃除はどこをすればいいの?

エアコンのカビは、エアコンの吹き出し口から奥にあり、回転で風を起こすファンや空気を冷やすために必要な場所であるフィン、エアコン内部のほこりのたまっている所や送風口など、エアコン内部はカビにとって天国といえるほど生息には適した場所です。カビはエアコンを使用してから、一ヶ月でエアコン内部に広がっていきます。 カビ退治にはエアコンのフィンとファンを中心に掃除すれば、完全とは言えませんが人体に影響が出るほどのカビの放出は抑えられます。中心としては、フィンとファンを掃除の目安にしますが、エアコン内部のほこりは、カビの栄養源なのでほこりの掃除も忘れてはいけません。

エアコンのフィンとファンの掃除って難しい?

エアコン内部のフィンとファンですが、かなり奥まったところにあり掃除は業者にお願いしたほうがはっきり言ってすごくきれいになりますが、使ってそんなに経っていないのに業者に頼むのはお金がかかっていやというのが正直なところです。そんな時は便利グッツを利用して掃除をすれば、素人でも掃除することができます。 専用のスプレーや洗剤、ブラシと用意する物は色々ありますが、まったく手に負えないことではありません。フィンやファンのスプレーは色々種類もあり似ているので、間違えないように、よくどちらのスプレーなのかよく確認して使用する必要があります。スプレーの種類を間違えなければ、エアコン内部の掃除もスムーズに進みます。

ファンの掃除のやり方とは?

ファンは風を送り出す場所で、吹き出し口の奥に回転軸の様なものがあり、それがファンで、ここのカビの掃除は洗浄スプレーで行います。ファン用のスプレーは2種類がセットになっていることが多く、一緒に使うのではなく、スプレーに書かれている順番ひとつずつ使用し、必ずどちらも使い切るようにします。 一つ目の洗浄剤は汚れを落とす物で、二つ目の洗浄剤は、洗剤を流すためのものです。吹き出し口から洗浄剤を満遍なく吹きかけ、ファン自体を手で回し洗浄剤が全体に行き渡ったら、20~30分放置してから2個目の洗浄剤で、最初の洗浄剤を落としていきます。洗浄剤を落としたら、5分放置してから10~20秒送風を送り、ファンの掃除は終わりです。

ファンの掃除の注意点と気を付ける事は?

基本的には洗浄剤を吹きかけ、全体になじませて20分放置、洗浄剤を落として5分放置、送風するというごく簡単な方法です。ですが、基本の方法といっても書かれた通りにやると部屋に液が落ちたりと大惨事になります。スプレーで内部の掃除をする前には、水分が床を汚してもいい様にビニールを引きます。 また、エアコンから出てくる液を受けるように、ゴミ袋を片側を切り円錐状になるように、エアコン下部に付け下の部分を液が落ちる用にして、バケツなどの容器で受けておく必要があります。一番忘れやすいのはエアコンの電源で、抜かずにしてしまうと誤作動など突然動き出した時に、怪我をするので忘れないようにしましょう。

ファンの洗浄液がうまく取れなかったら放置でいいの?

実はファンの洗浄液は、2回目の洗浄液をかける事で、最初の洗浄液を中和する役割を持っています。これはカビなど汚れを落とすために、最初にかける洗浄液の効果が強いので、エアコン内部に残ってしまうと、プラスチック部分が早くに劣化してしまうため、2回目の洗浄液で中和させる必要があるのです。 しかし、満遍なく2回目の洗浄液をかけたつもりでも、洗浄液が残ってしまう場合もあり、その場合は水で洗い流します。ジョウロ等で水をかけ洗い流す事で、洗浄液だけでは流せなかった汚れも流すことができます。その際重要になってくるのが、ナイロンで養生してある部分で、少し水量が多く流れても、対応できるくらいに頑丈に貼り付けておく必要があります。

エアコンのフィンって掃除が必要?

実はファンと共にカビの温床になりやすいのがフィンで、正面のフィルターの下の部分にあります。フィンは空気の温度を変える働きの熱交換器と呼ばれ、縦長の網状になっていて、ここにほこりが詰まるとエアコン本来の働きが阻害され、空気が冷えないという事が起こります。 また、湿度が高くなる場所でもあり、空気を吸い込む為カビの栄養になりやすいほこりがたまりやすくカビが繁殖して起こる、くさい臭いの元にもなっています。排出される空気が必ずここを通るので、臭いだけでなく、カビの胞子やハウスダストが必然的にエアコンから送り出されます。エアコンの掃除の中でも、フィンの掃除は健康面や経済面で重要な部分になってきます。

フィンの掃除のやり方って?

フィンの掃除も掃除スプレーで行いますが、ファンとは違い最初に埃などの掃除を行う必要があります。歯ブラシや、掃除機に接続できるブラシで、フィンの部分のほこりをやさしく掃除していきます。ほこりの掃除が終わったらフィンの部分に洗浄液を満遍なく吹きかけていき10分間放置して終わりです。 フィン自体の掃除の工程はほこりを綺麗に落としたら後は洗浄液を拭きかけて放置して乾かすだけで、最初の準備とほこり取りの方が手間がかかりますが、それが終わってしまえば後は結構楽に作業できます。フィンの部分はあまり掃除をしていないと、奥の方にほこりが詰まって取れなくなるので、こまめな掃除が必要になってくる部分です。

フィンの掃除をする前にする事ってあるの?

フィンの掃除を始める前には前準備が必要になってきます。ファンの時よりも多くの道具が必要になってくるのであらかじめ用意してからはじめた方がスムーズに行きます。電源を抜き、電気プラグなど電気系統をナイロンで保護します。 他に用意する物としては、フィン様の洗浄スプレー、掃除機、ブラシ、養生用のナイロンで、フィンの掃除では洗浄スプレーを使う前にブラシでほこりの掃除をするので呼吸時に吸い込まないようにあらかじめマスクを着用します。ナイロンの養生はファンの掃除の時と同様にセッティングしたら掃除前にする前準備は終わりです。手元に作業が多いので手元に道具をそろえてから掃除するとスムーズに作業できます。

フィンの掃除の注意点って?

フィンの掃除を始める前に電源を抜き電気系統の保護はしてから掃除を始めます。カバーの後ろにあるフィンの掃除にはまずカバーをはずしますが、この時に無理やり力任せに開けようとすると運転中にカバーが壊れたりするので慎重にはずしましょう。フィンの掃除で使う洗浄剤は洗い流す事はしなくても大丈夫です。 フィンはアルミで出来ていて洗浄剤が付いても劣化をしにくく、空気を冷やす時に出来る水で自然に液が流れていく為、ファンの様に水洗いは必要ありません。フィンから流れ出した洗浄剤も次々作られる水で流れていくので、液剤が水を排出する為のドレイン内を通っても劣化前に流れるという仕組みです。ファンと違い液剤の流し残りを気にする必要はありません。

ドレンホースって?

ドレンホースはエアコンの内部で発生した水分を外に排出するホースでその大部分は外にあります。ドレンホースの詰まる原因としてはほこりが流れて詰まったりヘドロが溜まったり、外のホースの口の部分から虫が入り込みホースの出入り口を塞いでしまう等、ホースの内部に異物が溜まる事でホースが詰まってしまいます。 ドレンホースが詰まったら自然に中のつまりが解消はする事はないので、必ず内部の掃除が必要になってきます。エアコンで出てくる水量では、汚れを押し出す力がない上に無視の侵入の場合早めに対処しないと奥に入ってきてしまうので、エアコン内部に侵入される前に取り除く必要があります。

ドレンホースの掃除の方法って?

ドレンホースではホース内部の汚れよりも詰まりを解消させる事が重要になってくるので、綺麗にするというより、ホースを開通させる様に掃除します。その為の専用の道具もいくつかあり素人でも簡単に掃除が出来るようになっています。 掃除の方法としては、中に管を入れてかき出すようにする方法と、吸い出す方法に大きく分ける事ができ専用の道具も出ています。ただ、買いに行く暇がなかったり、緊急ですぐにしないといけない場合の様に専用の道具がなくてもドレンホースの掃除は簡単にする事が出来ます。

ドレンホースの吸い出す方法ってどんなもの?

ドレンホースの中の物を吸いだす方法として口や掃除機で吸い込む、専用のドレインホースクリーナーを使ってもいいのでとにかく中の物を吸い出す事が掃除になります。ドレンクリーナーの使い方は簡単でドレンホースの口の部分にセットしてからもち手の所を引いて中のほこりやヘドロを吸いだします。 口での吸引方法は手で口の部分を持ち口につけた時に空気の漏れがない様にし、いい気に吸い上げます。掃除機では先端がホース上になるようにしてから使います。ドレンホースの口の部分を手で輪を作るように持ち、口の部分を上方に向けてからそこに掃除機の口を持ってきて空気の漏れがない様にセットします。2秒間吸い上げてすぐに掃除機部分を離しドレンホースを下に置くと終わりです。

ドレンホースの吸い込みで気を付けることは?

エアコンのドレンホースの中にたまるほこりなどは吸入の仕方では簡単に取ることができますが、吸入方法を間違えると健康を損ねたり、道具が壊れたりするので十分に注意が必要になります。口で吸い上げる方法は強く吸上げる事で中にあるほこりや、虫、ヘドロなどを吸い込む危険性があり下手をすると健康を害してしまいます。 これは出てくる物の中にカビや、病原の細菌が含めれるため、気管支に異常が出たり、アレルギーや細菌による中毒を起こす可能性がある為です。しかし、気管に入らないようできても口の中には入ってきてしまうのでこの方法でする場合は口の中の洗浄をしっかりする必要があります。

掃除機でのドレインホースの掃除で気をつける事は?

掃除機でのドレンホースの掃除はできる時とできない時があります。室外機が外にあるため、屋根の上など足場が悪く掃除機が持ち込めない場所では使えません。ですが、掃除機の持込が出来る場所であればできるので、地面に設置されていようと頭の上にあろうと掃除機が届き作業に支障がなければ掃除機の方法は有効です。 掃除機を使う時には掃除が防水ではない事を頭に入れて吸引を行う必要があり、ホースは必ず口を上方に向け吸引は2秒までを守ります。モーターの部分に水が入り込むと掃除機が壊れるので吸い込まない為の最善の方法がこの口を上向きにして吸引は2秒で留めることです。

ドレンホース専用の吸引機での注意事項は?

ドレンホース専用の吸引機では空気漏れの注意だけで、特には特化して気をつけることはありません専用に作られているだけあってドレンホースにぴったりセットできて後は手元のレバーを引くだけで中の汚れを掃除できます。 ドレンホースクリーナーは金額もそんなに高くなく、使用後の保管に気をつければ何年でも使えるので経済的で口を使った時のように健康被害を気にすることもなく、掃除機のように壊れる心配もないので一本常備しておくと虫が中に入り込んだ時に即座に対応できます。ただし、エアコン専用なのでエアコンのドレンホース以外に使用すると壊れることがあります。

吸入掃除のドレンホースの注意点は?

吸入でドレインホースの掃除をする時に重要になってくるのは汚れを吸い出すための吸引力です。一瞬にかかる吸引力が弱ければ中で引っかかっている物が吸引されず掃除にはなりません。どんなに、接触部分をきっちり風をしていてもホースにヒビや割れがあり、そこから空気が漏れていたら吸引力が減り中の異物を取り除くことができません。 そのため、ドレンホースの掃除の前にはヒビや割れがないかどうかの確認と補修が必要になってきます。また、掃除中に室内のエアコンから水が出てくることがあるのでナイロンの袋でフィンの時の様な防水加工が必要になってきます。

ドレンホースのかきだす掃除方法って?

ドレンホース内部に溜まったほこりでも、ヘドロでも、虫でも直接中に道具を入れてかきだす物であればそんな物にも対応して掃除ができます。何も道具がない場合は針金をドレンホースの長さ×2+30cmを用意して半分に折り曲げ、ホースの中に前後に揺らしながら入れていくと中から汚れが出てくればドレンホースの掃除は完了です。 もし、ホース専用の道具が手に入るのならそれで掃除する方が楽で簡単にはできます。細長い金属のワイヤーの先にブラシがつき、そちらをドレンホースへ差し込み奥まで通していくと先のブラシが中の異物を異物をかきだしてくれます。物理的に通して通していくので、確実に中の汚れを書き出す事ができ、詰まりを解消できます。

ワイヤー式の掃除の道具の使用注意って?

エアコンの水を排出するドレンホースですが、詰まるのは柔らかいものばかりではありません。ヘドロや埃だとワイヤーが何とか通りますがドレンホースの先から土がぎっしり詰まっているとワイヤーでは歯が立たないので箸などでまずドレンホースの出口の土を掻き出します。 土が詰まっているといってもエアコンから流れてくる訳ではないので、ドレンホース内一杯に詰まる事はなく、せいぜい先から10cm程度ですが、ワイヤーは土を掻き出すには不向きなので箸のようなのような硬い棒を使います。

エアコンの洗浄スプレーってどんな物?

エアコンを掃除するスプレーにはフィンとファンを掃除する物があり、ファンの方には洗浄剤が2種類ある物が多くこれは、汚れを落とす洗浄剤とその洗浄剤を中和する物とに分かれます。フィンの方には対象がアルミ素材のなので中和の必要がなく一種類の物が多く存在します。 洗浄スプレーは洗浄液の種類によっても分かれてきて好みによって使い分ける事ができるようになっています。基本的な洗浄剤でも無香料の物と香料の入っている物があったりと香料の有無で分けても種類が豊富になってきますが、最近では薬の臭い気になる人の為に水が主成分のものも出ています。自らの物は少し高めですが洗浄剤に含まれる有害物質や独特の臭いが気になる人にはお勧めの洗浄剤です。

スプレーの洗浄剤はなぜ使い切らないとだめなの?

エアコンの洗浄にとても役に立つスプレー式の洗浄剤ですが、どの洗浄剤も使い切りになっています。ひとつのエアコンに対して一セット全部使い切るように作られていて、全部使って初めて十分な効果が得られるようになっています。 そのため、残しといて次の時に足して使っていけば最終的には一個分は浮くと考えてケチると十分な効果が得られず結局カビが残り早くにエアコンの掃除が必要になってきます。洗浄スプレーはエアコンの大きさや畳数によって決められるわけではなく一台に付き内容量がセッティングされているので自己判断で勝手に減らすと効果を得られません。

エアコンの洗浄スプレーはどんなメーカーのエアコンにも使えるの?

エアコンの洗浄スプレーは、どんなメーカーの物にも使えるようになっていますが、エアコンの種類にっては使用できません。洗浄スプレーの使用方法にも関係してくる物で、フィンの掃除に使用する時には前面のパネルが開かなければ洗浄液をフィンにかける事ができません。 フィンとフィンの掃除では洗浄液や水の流れ出すところが必要になるので、ドレンパイプがある物でなければいけません。この二つがクリアできれば壁に取り付けられるタイプであれば、どんなメーカーの物でもエアコンの洗浄スプレーであれば使用できます。

洗浄スプレーはどんなタイプのエアコンにも使えるの?

エアコンには壁掛けの物や、天井埋め込みタイプ、天井吊り下げタイプ、床置きタイプ、窓取り付けタイプ、カーエアコンはそれぞれに内部の構造が異なり、一般に売られている洗浄スプレーのほとんどが壁掛けタイプ用の物です。もしも、壁掛けエアコン以外のエアコンに洗浄スプレーを使用した場合水漏れや火災の原因になり、最悪の場合故障して使えなくなります。 また、正面カバーの開かない物を無理やり開いて洗浄しても同じ事になりかねないのでやめましょう。使用する洗浄スプレーの注意事項をよく読み使用できるエアコンに使うようにすると故障や火災、水漏れを防ぐことできます。

洗浄スプレーを使ったエアコンはいつから使えるの?

洗浄スプレーを使ったあとドレくらい乾かせばエアコンは使えるようになるのかは、エアコンの今後の寿命にかかわってくるので、しっかり注意事項を読みましょう。洗浄スプレーの使えるファンとフィンでは、使い方に差があるので必然的に乾かす時間が違ってきますが、大体10分も放置すれば運転できるようなります。 その後送風をしばらかけておく事で水分が乾くので故障の心配なく使えます。しかし、スプレーによっては多情前後する時があるのでよく使用説明書を読んでからしようした方が確実です。ただし、洗浄スプレーの速乾タイプは使用後すぐに使えるので、放置の時間の記載がない可能性があります。

天井はめ込み式のエアコンの掃除は必要?

天井の埋め込み式のエアコンはかなり手順が複雑なので、壁賭けのエアコンと同じように考えての掃除ではまず間違いなく壊してしまいます。しかし、残念なことに複雑だからといって掃除が必要ないかというと壁掛けのエアコンとさほど変わらないくらいの掃除が必要になってきます。 天井の埋め込み式のエアコンも空気を吸い込み、内部で冷やす手放出する為例外なくほこりもたまり、カビの温床になるからです。エアコンの形式は違ってもこの部分だけは変わらないというのは残念な事ですが、エアコンの特性上そうなってしまいます。

天井の埋め込み式のエアコンって掃除できるの?

天井の埋め込み式のエアコンでも掃除は出来ないことはありませんがかなり手間が必要になるので、片手間でやろうと思わない方がいいでしょう。天井式の埋め込みエアコンの場合、必ず部屋にナイロンで養生してからの作業になります。 壁掛けと違い真上に位置するため中の水がとびっ散った時に被害が部屋全体に及ぶので、それを防止する為に部屋全体に養生を施し、部品を一つ一つはずしていって洗浄します。この時もちろん電源は落としてください。

天井埋め込み式のエアコンの掃除ってどんなもの?

天井の埋め込み式エアコンはフィンや熱交換器まで掃除する場合はほとんどばらして掃除しなければいけません、部品一つ一つセットになっている物もばらさないといけない為かなりの手間がかかります。それに、部品によってはかなり重いので素人が一人でするにはかなり負担がかかり、作業も困難です。 電気系統にいたっては、セットを間違えるとエアコンが動かなくなるというリスクも伴い、壁に掛けタイプの物と違ってかなり危険も伴います。しかも、セットを間違えたらまたその部分までばらして再度セットしなおさなければ動作確認もできないのでそれを頭に置き慎重に掃除する必要があります。

電気系を最初にお掃除?

エアコンの掃除の前にまず、動作確認を行い壊れていないかを確かめます。感電、漏電・誤作動防止の為電源を抜き作業を開始します。表カバーの取り外しは両サイドのビスを取り外し、隠しねじをとフィルターのそば両サイドにねじがあるので合計4つのねじをはずし、クリップを取り外し表カバーが外れるので細かく分解して洗浄していきます。 電装ボックスや基盤など、電気系統を取り外しめん棒にアルコールをつけてやさしく拭き掃除します。順番的には見えるところからしていく事で、電気系統の取り外しが表面の見えるところの次にきますが、水の溜まるドレンパンを取り外す時に汚水が電気系統にかからない目的もあります。

天井埋め込みエアコンの掃除後半には?

表面と電気系統が終わればエアコンの主な部分の取り外しを行います。送風口やドレンパン、ドレンポンプをはずし、ドレンホースとドレンポンプをつなぐインシュロックをはずし掃除します。ドレンポンプのリミッターをはずして取り出したら分解してきれいにします。 グリルを取り外し熱交換器は緩めてつっておき、送風ファン・ファンモーターをはずし、送風ファンとファンモーターを分離させ掃除します。天井部分に残った部分はそのまま掃除して後は組み立てていけば終わりです。天井埋め込み型のエアコンはひとつ止め具がなくなっても、故障の原因なり部品ひとつひとつが手に入りにくい物なので無くさない様にしましょう。

天井埋め込み式エアコンの掃除の注意点は?

エアコンの掃除時に動作確認するのは掃除が終わった時の動作確認で、掃除前と同じ状態になっているのか確認する為でもあるので必ず行います。電気系統はすべて取り外しますが、この時ねじが奥のほうにある場所もあるので、長いドライバーを用意して置くとはずしやすいです。ドレンパンは冷房の水の溜まる所なので、取り外しの時にこぼさない様に注意が必要です。 電気系統の掃除の際は水や洗剤を使うと、錆びて使い物にならなくなるので必ず揮発性の高い物を使います。インシュロックをしっかりとめないと、水漏れの原因になるのでしっかりとめましょう。注意事項が多いですが、これらを守らないと大惨事になりせっかくのエアコンが使えなくなるので注意しましょう。

天井埋め込み式エアコンの普段の掃除って?

天井埋め込み式のエアコンは掃除は大変ですが、普段の手入れはそれほど難しくありません。内部まで全部の掃除よりは簡単な作業ですが、安全の為にエアコンのブレーカーは必ず落としてから作業して下さい。正面のパネルをはずしパネルの埃をブラシや掃除機で取り、矢になどの付き安い部分なので水ぶきで綺麗にします。 フィルターは水洗いが可能なので、水でフィルターの目に詰まったほこりも取り除きますが、ヤニ等の汚れが酷い場合は、水で流せば大丈夫なので洗剤を使ってしっかり汚れを落とします。フィルターは水が残らないようにしっかり乾かしてからセットして普段行う掃除は終わりです。

天井埋め込み型エアコンは埃が付きにくい?

天井埋め込み型のエアコンは、エアコン自体にほこりが積もったりせず、埃は重力の関係で下に積もるから大丈夫と思いがちですが残念ながらそんな事はありません。確かにエアコンにほこりが上から積もっていくと言う事はありませんが、ほこりの待っている空気を吸い込んでいるので大体毎日使っていくと3ヶ月でフィルターに埃がぎっしり付く事になります。 しかもそのまま使っていれば馬力が強い事もあり、中の細部に進入するので厄介な事になります。しかしフィルターの掃除を定期的に行う事でほこりの進入をある程度防ぎ、故障の可能性を低くする事はできます。

窓取り付けタイプのエアコン掃除方法は?

窓取り付け方エアコンの普段のお手入れは高さがあるわけではないので、お部屋の掃除のついでにとか、気が向いた時に等片手間にする事ができます。エアコン自体を雑巾で拭いて綺麗にした後は、表カバーをはずしてフィルターを掃除機で吸うだけで十分綺麗なります。 フィルターははずすことが出来るので、汚れの酷い場合はフィルターを水洗いします。水洗いしたフィルターはよく乾かしてセットすれば普段する掃除は終わりです。エアコンによっては、内部乾燥運転の機能が付いているので一緒に併用するとカビ予防にもなり長く快適にエアコンが使えます。

窓取り付け方エアコンは分解掃除できないの?

窓の取り付け方エアコンも他のエアコンの様に分解掃除が可能です。窓からエアコン本体を外したら解体していきます。前面のパネル、エアフィルター、ルーバーを外し、フロントとリアカバーを外し、天板カバー、シロッコファンも取り外します。ここまでの外した物は全部水洗いが可能ですが、水洗い後は水分が残らないようにしっかり乾かす必要があります。 電気系統に水がかからなければ、洗剤や水を使ってもいいのですがまずは埃をしっかり取ってから水を使ってください。ほこりが内部に水を含んだ状態で残ると乾きにくく、故障の原因になります。

分解掃除の流れと注意点って?

エアコンの分解の順番としたら、表面から順に分解すれば問題なく分解できます。分解中に引っ掛かりがある場合は、それの上になっているパーツがある可能性があるので、そちらを先に取り除いてから分解していきます。 その殆どが水洗い可能な部品ですが、水分が残っていると故障の原因になるのでしっかり乾かしてから組み立てなおしますが、決して直射日光で乾かすのはやめて下さい。大体、夏場であれば陰干しで3日ぐらいで乾かす事が出来るのでその後組み立てましょう。

床置きタイプのエアコンの掃除方法は?

床置きエアコンの掃除方法は分解して高圧洗浄機で掃除になります。熱交換器が本体に残るようにして主要な部品はすべて取り除きます。取り除いた部品は水洗いできれいにして、本体と残した熱交換器は高圧洗浄気で洗います。 また、熱交換器も取り外して掃除がしたい場合のやり方もありますが、その場合はやり方が難しくプロの人でなければできない方法なので興味本位でやるのは避けましょう。エアコンが壊れる原因になってしまいます。

全体を通してのエアコンの掃除のやり方って?

エアコンのそうではどのエアコンをとってもフィルターの掃除は大暫定になります。まずは普段のお手入れとしてフィルターを掃除して、それでも冷房の効きが悪くなったら分解掃除が必要になります。しかし、分解掃除の時にフィンとファンの洗浄をするための洗浄剤は壁に掛けるタイプの物が主で他のエアコンには使用ができません。 他のエアコンでは高圧洗浄気やマジックリンなどの掃除用の洗剤を使用します。私たちがする普段の掃除はフィルターの掃除で、分解掃除はよほどの時でないと故障の原因になるため、しないほうがいいでしょう。

エアコンってどれくらいの頻度で掃除すればいいの?

エアコンの掃除の頻度としては、エアコンの環境によって変わってきます。エアコンの一番の掃除目的であるほこりは、大体毎日使っていて3ヶ月でフィルターが馬頭まりを起こすといわれていますが、寝室など埃の立ちやすい環境であれば大体1ヶ月半~2ヶ月でフィルターはほこりでいっぱいになり掃除が必要になってきます。 1年の内にフィルターの掃除は大体4~5回行い、送風でカビ対策をすれば分解掃除は年に1度ですみます。しかし、フィルターの掃除や送風でのカビ予防を行わないのであれば、年に2回は分解掃除を行った方が内部のカビや錆でエアコンが壊れるという事態を防げます。

エアコンの簡単な掃除方法って?

エアコンを掃除を簡単にするにはやはり、日頃のお手入れが重要になってきます。日頃のお手入れをする事で簡単に掃除を終わらせることが出来るようになり手間がかかりません。日ごろのお手入れといっても、掃除機にブラシを付け吸引しながらエアコン外側、パネルを開けた時に届く範囲をブラッシング後、フィルターもまとめて掃除機をかけるだけで綺麗になります。 この手入れをするだけで、エアコンの分解しての掃除が1~2年に一度で済む様になります。この時に使う物といったら、ブラシと掃除機ぐらいで水を使わないので乾燥は必要ありません。

エアコンに使う洗剤って何を使ってもいいの?

洗剤は基本的には何でもかまいませんが、中の部品との相性が悪い事があるので出来るだけ専用の物を使う事で部品の劣化を遅らせることが出来ます。壁掛け用のように家出ファンやフィンを分解できない場合は専用の洗剤を使う事で故障や、エアコンの劣化を防ぐ事が出来ますが、壁掛け用エアコン専用の物は他のエアコンには使えないので注意が必要になってきます。 壁掛けエアコン以外で使用されるのはマジックリンや高圧洗浄気が多く、壁掛け用に作られた洗浄剤を使う事はまれです。使う洗剤の種類は何でもかまいませんがエアコンの種類によって使えない物も出てくるので気をつけましょう。

エアコンの掃除を業者に頼むのってどんな時?

エアコンの掃除は確かに家庭でも出来ますが、分解して洗浄してと手間な上かなりの肉体労働で、しかも下手をすると埃で健康被害が起こったり、エアコンが壊れてしまったりとかなりの高リスクです。普段のフィルターや本体のほこり払いなどは簡単な作業なので自分で出来ますが、エアコンからくさい臭いがしてきたら分解して洗浄する必要があります。 そういった時こそプロの業者を頼む時です。プロの業者に頼めば専用の道具で素人の書ける時間の半分以下でやってくれる上に故障の心配もありません。エアコンの掃除は分解までしなければいけなくなった時にはプロを頼む時だと思ってください。

エアコンの掃除を業者に頼むと料金はいくらいくらかかるの?

自分で掃除をすると、掃除に使うための道具と洗剤で安く上げれば5千円もあれば出来てしまいます。しかしフィルターの掃除だけであれば、ただ同然ででき手間もなく完了しますが、エアコンの分解になればそうはいきません。掃除を始める前の準備だけでも結構かかり、分解・洗浄・組み立て・片付けまで入れたら要領のいい人なら半日もあれば出来るかも知れませんが大抵は一日がかりになります。 かなりの肉体労働になるので、最低の時給換算として一時間千円として一日で8千円でとしてこれが単純に二人がかりになればもっと費用は上がります。しかも壊れた時の修理代を考えると業者に頼む以上の金額がかかってくるのは明白です。

エアコンクリーニング料金って?

自分で掃除をすると、掃除に使うための道具と洗剤で安く上げれば5千円もあれば出来てしまいます。しかし、フィルターの掃除だけであればただ同然ででき手間もなく完了しますが、エアコンの分解になればそうはいきません。掃除を始める前の準備だけでも結構かかり、分解・洗浄・組み立て・片付けまで入れたら要領のいい人なら半日もあれば出来るかも知れませんが大抵は一日がかりになります。 かなりの肉体労働になるので、最低の時給換算として一時間千円として一日で8千円でとしてこれが単純に二人がかりになればもっと費用は上がります。あくまで自分でやった時の料金換算ですが、それだけの手間と時間をかけるなら業者にお任せしたほうが安心で自分の時間を有効に使えます。

業者を選びのときの注意点は?

エアコンの清掃業者といっても色々で、ちゃんとしたプロの業者もあれば、アルバイトが訳もわからずやっていくという所もあります。プロかどうかなんてぱっと見た目ではわからないので、頼んで失敗したという事もありそれを回避する為に情報収集は欠かせません。不当な追加料金が掛からない様に料金体系ははっきりしているのかは必ず確認しておきましょう。 ふたを開けてみたら、作業毎に追加料金が発生しますでは話になりません。明らかな業者側の失敗でちゃんと保障してくれるかも確認が必要です。それは、賠償責任保険に加入しているかどうかで、ちゃんと業者が責任を取ってくれるかの判断基準に出来ます。後は、業者の口コミの評価を参考にして失敗のない業者を選びましょう。

悪徳業者に頼んだらどうなる?

エアコンの掃除でプロに頼む時は自分ではできない、中の重要な部分を中心にやって貰う為にお願いする事になります。しかし、よくない業者に当たると私たちができる場所をして他をしないという事が実際に起こり、料金はしっかり請求されるがしてもらう前とまったく効きが同じという物から、壊れて使えなくなったという物までよくない業者に当たると散々な目にあいます。 しかも、エアコンの異常に気が付くのがクリーニングをしてもらって時間が経ってからというのも珍しくありません。これはぱっと見た目に綺麗になっている事とプロに任せたから大丈夫という先入観から手抜きクリーニングを見抜けないためです。手抜きをされると問題点が改善されないまま放置される様になります。

業者に頼んだら壊された時は保障してくれるの?

エアコンはお手入れをして使えば15年は十分持つ家電ですが、実はここに落とし穴があります。清掃業者でもクリーニングするエアコンの製造の年数によっては保障し手くれない場合があり、大体9~10年たった物は壊れたとしても弁償してくれません。 内部の掃除で損傷した物に限らず、掃除をする時に損傷ではなくクリーニングに来た業者がミスで落としたり、移動中に壊したりした物も保障はしてくれません。どんなに業者側が悪くても年数のたったエアコンは対象外と思っておく方がいいでしょう。業者に頼む際はその辺りも十分に確認してから頼むようにしましょう。

平均的なエアコンの掃除の価格帯って?

エアコンの平均的な料金としては、大体7千円~1万円くらいで業者に頼むことができます。これは家庭用の一番普及している壁掛け用様のエアコンの料金で埋め込みのエアコンであれば大体2万円前後、窓用エアコンは1万5千円前後と壁掛けエアコンよりも高い金額です。 エアコンの普及率によって料金が差が出てきているのと、作業に掛かる手間が壁掛けエアコン以上に掛かってしまう事でどうして壁掛けエアコンに比べると割高になってしまいます。しかも業者によっては基本作業の範囲が狭くどんどん追加料金が掛かる事があります。平均の金額内で最も安いからといって頼むと予定以上の料金の請求が来るので注意しましょう。

エアコンのクリーニング料金って安くならないの?

エアコンのクリーニングといっても一軒にエアコンは一つとは限りません。今は一部屋に一つずつというがほとんどでこれをクリーニングするとなればかなりの金額が掛かってしまいます。 ですが、季節や台数によって割引を取り入れている所もあり、家の中のエアコンをまとめてクリーニングしたり、エアコンを使い始める6月から暑いさなかの8月はエアコンの異常が一番出てきやすい為業者にとって繁忙期なのでそれを外す事で安くなったりします。そういった割引システムを活用すると安くエアコンの内部まで掃除することができます。

エアコン掃除はこまめにしよう!

エアコンの掃除はカビやハウスダストを撒き散らす事を防ぐ事で人間に与える健康被害を防ぐ事ができ部屋の中にばら撒かれるカビの予防にもなります。エアコンの掃除では自分でする際の掃除は簡単にでき、負担も少ない事が重要視されますがカビが発生している状態でそれは不可能です。 普段のお手入れの時以外は業者に任せて綺麗にして長くその状態を保つ為に自分で掃除をするというのが一番適した掃除方法です。エアコンのクリーニング料金も割引を利用してたり低価格でも十分な技術のある業者を口コミで探す事で料金が低く抑えられしっかりとした掃除をしてくれます。掃除は自分の健康に、経済的に快適に暮らすための手段ということを頭に入れて取り組みましょう。

アクセスランキング