IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お言葉に甘えて」の意味・メールでの使い方・英語表現

社会人常識

「では、お言葉に甘えて」という表現を聞いたことがありますか。聞いたことはあるし、使ったこともあるけど、実際どういう意味かわかっていないという人もいるのではないでしょうか。そんな「お言葉に甘えて」という言葉についてご紹介します。

更新日時:

「お言葉に甘えて」の意味って?

「では、お言葉に甘えて」という表現を聞いたことはあるでしょうか。おそらくほとんどの人が一度は耳にしたことがあるであろう、この「お言葉に甘えて」という言葉、実際はどのような意味を持っているのでしょうか。 「お言葉に甘えて」とは、相手の行為を進んで受け入れるという意味合いを持ちます。この場合の相手の行為とは、相手からの親切のことを指しますので、相手の親切を受け入れるという意味でもあります。 「お言葉に甘えて」は日常会話のみならず、ビジネスシーンでも使用することができます。多様性のある言葉として、使いこなせるように意味を把握しておくことは大切でしょう。

「お言葉に甘えて」は敬語なの?

トピック1021773/要素2336829

ビジネスシーンでも使うことのできる言葉の「お言葉に甘えて」ですが、果たして敬語として成り立っているのでしょうか。そのままビジネスシーンで使用しても、恥ずかしくない言葉なのでしょうか。 結論からいうと、そのまま使用しても全く問題がありません。「お言葉に甘えて」の「言葉」についている「お」は相手が発した言葉に対する敬語表見です。 そのため、敬語表現を使う必要の無い同じ立場の人に対しては「言葉に甘えて」という表現でも間違いはないですが「お言葉に甘えて」という慣用句として成立している言葉ですので、例え相手が気の置けない友人であっても「お言葉に甘えて」という使い方の方が、適切でしょう。

「お言葉に甘えて」に類語はある?

「お言葉に甘えて」という表現に類語はあるのでしょうか。 「ご厚意に甘えて」「お気持ちに甘えて」「お心遣いに甘えて」といった「○○に甘えて」といった表現が類語となっています。「お言葉」という相手の親切心を指す言葉を、状況によって「ご厚意」や「ご親切」になどに言い換えることで、相手の言葉以外の行動に対しても使用することができます。

用途別「お言葉に甘えて」の使い方特集!

では「お言葉に甘えて」という言葉をどのように使用するのがふさわしいか、よくある用途別にご紹介していきます。

目上の人に対しての場合

「お言葉に甘えて」は目上の人に対して、とても使用しやすい言葉です。目上の人に対して使用することも問題はありませんので、目上の人から親切を受けた場合には、どんどん使用していきましょう。 例えば、目上の人と飲食店を訪れ、食べ物や飲み物を勧められたときには「では、お言葉に甘えて」と一言添えてから口をつけるなどすると、目上の人も気持ち良く親切心を出すことができるようになるでしょう。 また、目上の人に対して使用するときには「お言葉に甘えて」という言葉のあとに「ありがとうございます」や「失礼します」など、お礼の表現を付け加えると尚良いでしょう。

メールの場合

メールでのやり取りの場合にも「お言葉に甘えて」を使用して問題ありません。 注意点として、メールの場合は、相手のどのような親切に対して「お言葉に甘える」のかを、はっきりと示すことが大切です。また、感謝の意を付け加えることを忘れずにしてください。メールには実際に顔を合わせて会話をしている訳ではない分、伝わりにくい部分がありますので、その点に配慮をして使用するようにしてください。

手紙の場合

手紙の場合も、メールの場合とおなじく、使用に問題はありません。 注意点もメールと同様で、相手のどのようなお言葉に対して甘えさせていただくのか、その部分をはっきりと示すようにしましょう。最近は手紙でのやり取りもなかなかすることが少なくなってきましたが、相手から手紙でのご厚意を受け取った場合などは、こちらからも手紙にて「お言葉に甘えて」という言葉を使い、感謝している気持ちを伝えるのが良いでしょう。

状況別「お言葉に甘えて」の例文特集!

では次に、状況別の「お言葉に甘えて」の例文を紹介します。

お願いをきいてもらった

自分が相手に何か頼み事をして、相手がそのお願いを受け入れてくれたときの「お言葉に甘えて」の使用例文です。 場合によりさまざまな例文が考えられますが「厚かましいお願いをしてしまいましたが、お言葉に甘え、お願いいたします」という使用法などがあります。実際に「お言葉に甘えて」を使用するときには、お言葉に甘えてどうするのかという表現を付け加えることで、相手への感謝の気持ちも伝わりやすくなります。

恐縮ですが

「お言葉に甘えて」という表現に付け加えることにより、よりその意を丁寧に表すことのできる言葉が「恐縮ですが」です。「恐縮ですが」という言葉は、相手の行為に対して申し訳なく思っている様子を表す言葉で、意味合いとしては「お言葉に甘えて」とよく似ていますが「お言葉に甘えて」と比べると、謝罪の気持ちを持っている様子がよくわかる言葉です。 「お言葉に甘えて」と「恐縮ですが」を組み合わせて「大変恐縮ではありますが、遠慮無くお言葉に甘えていただきます」といった使い方があります。ビジネスシーンでもよく聞かれる使用例ですので、使いどころを見極め使用してみましょう。

参加するとき

主に、相手の結婚式など、喜ばしい席に参加をさせてもらう時に「お言葉に甘えて」を使い 相手に参加を意を伝えることが多いです。 使用例文としては「このような宴の席に、私をお招きいただきありがとうございます。お言葉に甘えて参加させていただきます。」といった表現になるでしょう。このように参加の意を伝えてもらえると、相手である主催者側にも、喜んで参加してくれることが伝わるので、ぜひ例文を参考に使用してみてください。

休むとき

体調不良や予期せぬ出来事で、予定していた行事を休まざるを得ないときは誰にでもあります。そんな時にも「お言葉に甘えて」を使用することができます。ただし、あくまでも相手が休むことを認めてくれているときが使用のタイミングですので、間違えて失礼のないようにしましょう。 使用例文は「ご迷惑お掛けし、申し訳ありません。お言葉に甘え欠席をいたします。」という表現になるでしょう。先程紹介をした「お言葉に甘えて」よりも謝罪の意を強く伝えることのできる「恐縮ですが」も付け加えると、さらに申し訳ない気持ちの伝わりやすい表現として使えるでしょう。

就活中

就活中は、今までに経験がなかったような目上の人との会話やメールのやり取りが増えます。学生だからといって誤った言葉遣いをするのではなく、正しく丁寧な言葉を使うことを心がけましょう。 就活中に企業側から思いも寄らない待遇を受けることがあります。面接に行く際の交通費や宿泊費の提供や、面談の日程を就活生側から提案する場合などが主です。そのような企業側からの待遇は「お言葉に甘えて」を使用して受けることを告げてください。 「ご配慮ありがとうございます。お言葉に甘えさせていただきます。」といったように、感謝の気持ちを伝えることは忘れないようにしましょう。

他言語での「お言葉に甘えて」の表現が知りたい!

日本語以外の他言語で「お言葉に甘えて」のような表現方法はあるのでしょうか。

英語

英語の場合は「If you insist, then I’ll accept your kind offer.」という表現が「お言葉に甘えて」に近いでしょう。「kind offer」という部分で、親切な申し出を表現できていますので「お言葉に甘えて」に近い表現です。

中国語

中国語の場合は「那我就不客气了。 」という表現が近いです。感謝の意を表す言葉も入っていますので、安心して使用できます。

韓国語

韓国語では「그럼 말씀 고맙게 받아들여」といった表現があります。この表現は日本お同じように「お言葉に甘えて」という慣用表現ですので、日本とほぼ同じ使い方ができるでしょう。

フランス語

フランス語の場合には「 j'accepte avec joie, c'est si gentiment proposé」という表現ができるでしょう。外国にいても日本人らしい気遣いに溢れる言葉使いができることが好ましいでしょう。

お言葉に甘えてしまおう!

トピック1021773/要素2337687

相手から親切や心遣いを受けることは、喜ばしいことです。もしあなたが、一緒にいる相手やメールでやり取りをしている取引先の人から親切を受けたら「お言葉に甘えて」を使用して感謝の気持ちを伝え、遠慮なく親切を受けましょう。 そうすることで、気持ちの良い人間同士のやり取りに繋がります。ぜひ「お言葉に甘えて」を使ってみてください。

アクセスランキング