IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般職志望例文と業種別動機(銀行/商社/メーカー/公務員/食品)

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

一般職の志望動機づくりが書けないと、悩むことはありませんか。難しいと思われがちですが、他社との志望動機を差別化して明確にするなど、ポイントを押さえて考えていけば、作成することができます。今回は、一般職の志望動機の書き方のポイントをまとめてみました。

一般職とは何か

一般職とは、主に総合職の人を補佐する役目を担うポジションです。会社の裏方として、サポートする力が求められます。パソコンを使ったデータ入力や数字処理などの事務作業や電話対応、企業によっては営業部の補佐をする営業事務もあります。 また、一般職の特徴として挙げられるのは「転勤が少ない」ということです。総合職に比べて、お給料は下がりますが、継続して同じ地で安定した仕事を続けられることがメリットと言えるでしょう。

一般職に求められること

次に、一般職に就くに当たって優遇される部分をチェックしていきましょう。

PCスキルや簿記などの資格

パソコンを使ったデスクワークが増えるため、PCスキルは持っていた方が優遇されます。また、データ処理や書類作成などは数字を使ったものが多いので、数字に強いという方は志望動機において大きなアピールポイントにもなります。

コミュニケーション力

営業補佐など営業部と一緒に動いて、アシスタント業務行う場合などは円滑なコミュニケーション力が求められます。内部や外部しっかりとコミュニケーションを取り、伝達事項の共有など社内の社員はもちろん、場合によってはクライアントなどとの架け橋になる部分も担うのも一般職。縁の下の力持ちとして、力を発揮できるでしょう。

一般職に向いている人

企業によっては仕事内容に差異が出てくるかもしれませんが、一般的に言う「一般職に向いている人の特徴」を4つのポイントに絞って紹介します。

人間関係を円滑に築ける人

管理資料の作成や決算処理、さらにはお茶出しなど日々の業務が多様化しているため、人間関係で苦労してしまうと、業務自体が滞ってしまいます。したがって、一般職にはコミュニケーションをしっかり取りながら様々な部署と連携していく力が求められます。多くの一般事務職は責任を取れる立場ではないので、1つひとつその責任者に確認を取ったり、交渉をしたり、波風立てぬようにうまくまとめる技術も必要になります。

頼まれた仕事をきっちりこなす真面目な人

どんな仕事でもマルチに対応できる人材が向いていると思います。企業で働く人をサポートする仕事柄、企業のことをよく知りその時に合った方法で臨機応変に対応をしていける人が重宝される傾向にあるようです。

真面目にコツコツ取り組める人

物事の処理能力が高い人が向いています。真面目でコツコツと仕事に取り込み、時間がかかっても最後まで責任を持ってやり遂げられる性格の人は、どんな部署からも信頼されます。

気配り上手な人

例えば、営業チームのアシスタント職に配属された場合、自分の上司が忘れていることでも、「部長、これ期限明日まですが、期日まで間に合いますか?」と教えてあげたりと何かと「気づける」人は一般職に向いていると言えます。その小さな気配りが積み重なり、所属チームの業績に貢献することにつながるのです。

「なぜ総合職ではなく一般職を志望するのですか?」と聞かれたら

次のページ:志望動機の作り方
初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング