IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般職志望例文と業種別動機(銀行/商社/メーカー/公務員/食品)

プログラミング

一般職の志望動機づくりが書けないと、悩むことはありませんか。難しいと思われがちですが、他社との志望動機を差別化して明確にするなど、ポイントを押さえて考えていけば、作成することができます。今回は、一般職の志望動機の書き方のポイントをまとめてみました。

更新日時:

一般職とは何か

一般職とは、主に総合職の人を補佐する役目を担うポジションです。会社の裏方として、サポートする力が求められます。パソコンを使ったデータ入力や数字処理などの事務作業や電話対応、企業によっては営業部の補佐をする営業事務もあります。 また、一般職の特徴として挙げられるのは「転勤が少ない」ということです。総合職に比べて、お給料は下がりますが、継続して同じ地で安定した仕事を続けられることがメリットと言えるでしょう。

一般職に求められること

次に、一般職に就くに当たって優遇される部分をチェックしていきましょう。

PCスキルや簿記などの資格

パソコンを使ったデスクワークが増えるため、PCスキルは持っていた方が優遇されます。また、データ処理や書類作成などは数字を使ったものが多いので、数字に強いという方は志望動機において大きなアピールポイントにもなります。

コミュニケーション力

営業補佐など営業部と一緒に動いて、アシスタント業務行う場合などは円滑なコミュニケーション力が求められます。内部や外部しっかりとコミュニケーションを取り、伝達事項の共有など社内の社員はもちろん、場合によってはクライアントなどとの架け橋になる部分も担うのも一般職。縁の下の力持ちとして、力を発揮できるでしょう。

一般職に向いている人

企業によっては仕事内容に差異が出てくるかもしれませんが、一般的に言う「一般職に向いている人の特徴」を4つのポイントに絞って紹介します。

人間関係を円滑に築ける人

管理資料の作成や決算処理、さらにはお茶出しなど日々の業務が多様化しているため、人間関係で苦労してしまうと、業務自体が滞ってしまいます。したがって、一般職にはコミュニケーションをしっかり取りながら様々な部署と連携していく力が求められます。多くの一般事務職は責任を取れる立場ではないので、1つひとつその責任者に確認を取ったり、交渉をしたり、波風立てぬようにうまくまとめる技術も必要になります。

頼まれた仕事をきっちりこなす真面目な人

どんな仕事でもマルチに対応できる人材が向いていると思います。企業で働く人をサポートする仕事柄、企業のことをよく知りその時に合った方法で臨機応変に対応をしていける人が重宝される傾向にあるようです。

真面目にコツコツ取り組める人

物事の処理能力が高い人が向いています。真面目でコツコツと仕事に取り込み、時間がかかっても最後まで責任を持ってやり遂げられる性格の人は、どんな部署からも信頼されます。

気配り上手な人

例えば、営業チームのアシスタント職に配属された場合、自分の上司が忘れていることでも、「部長、これ期限明日まですが、期日まで間に合いますか?」と教えてあげたりと何かと「気づける」人は一般職に向いていると言えます。その小さな気配りが積み重なり、所属チームの業績に貢献することにつながるのです。

「なぜ総合職ではなく一般職を志望するのですか?」と聞かれたら

志望動機や面接の際に採用担当者から「なぜ総合職ではなく一般職を希望されているのでしょうか」と聞かれることが多いと思います。たとえ、本音が「転勤を避けたい」などというマイナスな理由だったとしても、この場では一般職に就きたいというプラスの理由を答えるのがベストです。例として志望動機にも使える2つの理由を紹介します。

サポート型「例えば、誰かをサポートすることが好きだからです」

自分が先頭に立って、リーダーシップを発揮するよりも、誰かを後ろで支えて成功に貢献したいと思っているタイプだということをアピールしましょう。野球部を例に説明すると、4番バッターだった人よりもマネージャーとしてコツコツとスコアを書いていた人の方が、サポート力は高いですし、一般職に向いていると言えます。転職希望者の場合は前職の経験、新卒の場合は学生時代のエピソードを肉付けして、より説得力のある志望動機にしましょう。

地域理由型「お客様とマンツーマンで話せる場所で、地域に密着した仕事がしたいからです」

「転勤がないから」といった安直な志望動機がいけないのであれば、どのように採用担当者に伝えればいいのでしょうか。一般職は、同じ場所・地域で働くことによってその土地の人たちと接し、地域に密着しながら仕事ができます。 営業補佐となれば、その土地も知ることができるでしょうし、銀行などの窓口勤務であったら、お客さまと直接会話ができから今後の課題やニーズ発掘に結びつくこともあるかもしれません。これは転勤のある総合職にはできないこと。一般職だからこその理由を逆手にとり、志望動機に織り交ぜて説明するのもよいでしょう。

志望動機の作り方

一般職の志望動機づくりは、「なぜ、他の企業ではなくこの企業の一般職を志望したのか」を明確にし、他社と志望企業を差別化することが重要です。志望動機を書くにあたって大切なポイントを紹介します。

企業研究を欠かさないこと

例えば、業界内でもその会社しか取り組んでない事業や会社の一押しの商品、独自の理念など、会社の事業価値につながる点をまずは考えてみましょう。その際、企業研究・業界研究は欠かせません。会社の事業の価値を理解すれば、なぜその会社を選んだのかという志望動機が自ずと見えてくるはずです。仕事内容だけではなく、会社の社風や雰囲気などもチェックしましょう。また、その上であなたが入社すると、どれだけその会社に貢献できるかということも付け加えることも重要です。

サポート力の強さを「自分の強み」として結びつける

冒頭でも説明しましたが、一般職は総合職のサポート業務がメインです。今までに、第一線で活躍する人を影で支えたり、サポートして成功に導いたりした経験はありませんか。例えば、学生時代のサークルで「代表」ではなく「会計係」を担当して、サークル運営がうまくいくように尽力したなど、今までのあなたの経験の中には「サポート力」に紐づくエピソードがあるはずです。 また、一般職に向いている性格をアピールするのも良いでしょう。例えば、「粘り強く最後までやり通す性格です」「コツコツ作業するのが好きです」など、志望動機を練り上げる前に自分自身のことをもう一度分析してみましょう。

銀行員の一般職の志望動機例

銀行でいう一般職は、特定の部署で特定の業務を継続的にこなす仕事です。ちなみに銀行の窓口で対応をしている社員のほとんどは一般職です。入社後、どんな仕事をしたいのかを織り交ぜて志望動機を書くといいでしょう。 「学生時代のスーパーでのレジ打ちのアルバイト経験から、銀行業務へ興味を持ちました。就職活動中、銀行業界の研究を進めるにつれ、お客さまの大切なお金をお預かりしたり、貸付したりする銀行業務は一人ひとりのお客さまの夢を叶えるサポートができるということに気づきました。御社が目指している10年後のビジョンにも大変共感しており、ぜひ私もこのビジョン達成に携わりたいと強く思い、志望させていただきました。入社したら、持ち前のサポート精神を活かし、窓口で担当したお客様すべてにご満足いただけるサービスを提供したいと思っております。」

商社の一般職の志望動機の例

商社の一般職の仕事は一般的な事務の仕事よりもやることが多いかもしれません。営業職の社員と連携して、契約書の作成やメーカー注文や出荷手配など総合職の社員とうまくコミュニケーションをとりながらやっていく仕事が多いです。商社の志望動機の場合は特に「いかに自分がその企業の扱っている分野に興味があるかどうか」を入れるとよいでしょう。 「大学在学中は国際政治を専攻し、主に東南アジアについて研究してきました。また、旅行やアメリカへホームステイなどを通して、さまざまな国の人々の文化に触れ、日本だけではなく世界中の人々のために仕事で貢献していきたいという気持ちが芽生え、総合商社である御社が、アジア圏を中心に世界各国に事業投資を通じて世界の人々に貢献している点に魅力を感じ、志望させていただきました。学生時代、野球部のマネージャー経験から培ったサポート力を武器に、部署やチームへ貢献していきたいと考えております。」

メーカーの一般職の志望動機の例

メーカーの一般職は、営業部で、見積もり作成や営業資料の作成など、営業職おサポートをする営業事務の仕事がほとんどです。 「今回、御社を志望した理由は○○分野で業界ナンバーワンシェアを誇るほどたくさんのお客様に支持をされている点に魅力を感じたからです。私も長らく愛用させていただいておりますが、今や御社製品は日本の人々にとってなくてはならない存在です。大学在学中の事務職インターンの経験で得た正確さを生かし、御社の製品を日本だけではなく、世界中の人々へ向けて広げていくサポートをしたいと思っております。」

運輸業の一般職の志望動機の例

仕事内容は営業事務と同じように、電話対応や書類作成などです。また物流センターや会社などとのやりとりや、会社によっては一般のお客さま(消費者)との直接のやりとりもする場合があります。 「御社の企業研究を進めていく上で、人と人とのつながりを大切にしており、たくさんのお客さまからの多様なニーズに応え、大きな信頼を得られている点に魅力を感じました。運輸業は私たちの生活になくてはならない存在です。以前よりも生活に密着している運輸を通して、お客さまの生活を今まで以上に支えることができるよう尽力したいと思っております。」

国家公務員・公務員の一般職の志望動機の例

公務員の一般職はデータ管理や数値処理などはもちろん政策の実行や運営を担当して事務処理を行います。国家公務員や公務員は民間企業にはない安定性・高い給与などがあるため、公共の利益のために貢献ができるかどうかを軸に志望動機をまとめるといいでしょう。 「学生時代、福祉と子育てに関するゼミに所属し、研究を進めてまいりました。将来の仕事を考えるにつれて、人々の生活をよりよくするための仕事に就きたいと思うようになりました。この思いを軸に就職活動を進めるにつれ、○○市の「人々の笑顔とよりよい暮らし」という理念には大変共感し、今回志望させていただきました。市民の方々が安全に安心して暮らせるよう、地域に貢献したいと思っております。」

証券会社の一般職の志望動機の例

主な業務は営業や証券アナリストのアシスタント業務です。データ管理や電話対応や事務手続きなどがメインになりますが、店頭にきたお客さまへ投資商品の提案を行う窓口業務などもあります。志望する商社が他の商社とどういった部分で差別化しているのか、また他の商社に比べてどのような点に魅力を感じたのかを志望動機に織り交ぜましょう。 「御社の業界ナンバーワンという実績だけではなく、お客様へ深く寄り添う姿勢に魅力を感じ志望させていただきました。社員の方とOB訪問を通じて接するうちに、自然と自分の働く姿を思い描くことができ、私も社員となって活躍したいと切望するようになりました。御社に入社したら、目の前のお客様を大切にしながら今後も業界ナンバーワンのサービスを日本中へ提供していくメンバーの一員として尽力したいと思っております。」

一般職に就くために重要なこと

主な業種別に一般職にの志望動機の作り方をまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。一般職といっても、それぞれの業界や企業によって仕事内容が変わってきます。事務作業のみの会社もあれば、専門知識を要するような仕事内容の事務職もあります。 今回、紹介した志望動機は一部の代表的な例でしたが、あなたが就職活動をする際はまずは受けたい会社の下調べをしっかりすることをおすすめします。何度もいいますが、業界研究・企業研究を進め、可能であればOB・OG訪問をして、仕事内容の理解を深めることが大切です。その上で志望動機を練り上げるとより内定獲得に近づけるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング