IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ルート営業への転職方法・志望動機|未経験者の転職で必要なスキル

職種研究

ルート営業と言っても業界によっては、仕事内容も異なってくるでしょう。いったいどんな事をするのでしょうか。未経験者の転職でルート営業は可能なのでしょうか?ルート営業に強い転職エージェントもご紹介しています。参考にしてみてください。

更新日時:

ルート営業とはどんな仕事なのか

ルート営業とはいうものの、業界によって仕事は異なるでしょう。ルート営業とは、具体的にどんな事をするのでしょうか。職種、人間関係、仕事内容など、目標とすべきものも変化することでしょう。

ルート営業の仕事内容とは

1.営業の為、売り上げるための既存のユーザーへの提案、見積書作成 2.メーカーと同行し、商品を売る 3.注文処理、イベントの企画など 4.社内の報告書作成 5.与えられたエリア内での新規開拓

ルート営業の職に転職する方法

ルート営業の場合、既存のユーザーをメインに信頼関係を深めることが、主体であるため、新規顧客を飛び込みで営業に行く仕事よりは楽だと感じるでしょう。しかし営業である以上、ノルマがあるのは避けられません。ただ会社によっては、ノルマはあるものの、達成できなかったからと言って、ペナルティがない会社もあります。ただあなた自身が何を目指すかによって働き方は変わってきます。

1.転職サイトに登録する

転職サイトに登録することで、忙しくても就活しやすくなります。ご自身の経歴を登録することが、最初は億劫かもしれませんが、一度登録してしまえば、あなたに合った仕事を紹介してくれますので、便利です。

2.自分に合ったルート営業の職を紹介してもらう

ルート営業をお探しの場合なら、担当の方に、その事をしっかり伝えておきましょう。潜在能力を引き出そうと、他の職業も提案してくださることもあるかもしれませんが、もし興味がないようなら、きっぱりとお断りしましょう。 自分は何をすることが好きで、どんなことがしたいのか、または、これだけはやりたくないなど、はっきりさせておく必要はあります。

3.自己PRなどを考え戦略を練る

やはり人気があるルート営業の職種では、他の人と同じような言葉では相手に印象づけられません。どのようにすることで、受ける会社から好感を持ってもらえるのか。難しいと考える場合は、転職サイトの担当者に相談すると良いでしょう。きっと良いアドバイスをもらえます。

面接を受ける

書類選考は得意なものの、面接は苦手だと言う方も多いでしょう。今では面接の対策も、転職サイトによっては、一緒に行ってくれるところもあります。聞かれそうな質問になるべく答えられるように、色んな質問を想定しておきましょう。 本に書いてある言葉をそのまま覚えるのではなく、その本を参考に、ご自身の言葉でご自身の気持ちを入れて、質問に答えられるようにすると、面接官の受けも良くなります

ルート営業へ転職するのに必要なスキル

ルート営業は、営業職の中でも人気が高い職種です。ただ求人数が新規営業と比較すると少なく転職を目指す際、競争率が高いことは頭に入れておきましょう。そうなると、アピールするポイントが重要になってきます。しっかり戦略をたてておくことをお勧めします。 ※下記で志望動機の例文とアピールすべきポイント、ルート営業に強い転職エージェントもご紹介しています。

ルート営業は、顧客の悩みを解消してあげる

ルート営業をするときに、気を付けなければならないのが、自社の商品の良い所だけで他社と勝負してはいけないと言うことです。顧客先へ何度も訪問する際に、担当者の悩みや課題を聞き出すことになります。お客様の悩みを解消する為に、自ら調べ勉強し、悩みを解消する為の手助けをします。 そうすることで顧客満足度を高め、お客様から価格や商品内容で他社に劣っていたとしても営業マンとしての付加価値を高める気持ちを持っていなければなりません。業績を上げている会社では、商品だけでなく会社やヒトを見て商品を選ばれる努力をしているのでしょう。

ルート営業では、時間を有効に使い新規開拓にも目を向ける

ルート営業を続けていると新規開拓することが、面倒に感じるようになっているかもしれません。しかし既存のユーザーだけで売り上げを維持することは、とても難しくルート営業マンでも既存のユーザーをフォローしながら新規開拓する必要があるのです。 できるルート営業マンは、ここで既存顧客の見直しを行います。時間を有効に使う為にも実際に商品を発注してくれている顧客が何社ありますか?あまり受注をくれない顧客にばかり時間を費やしてしまってはいないでしょうか。 手当たり次第に新規の会社へ営業に行くのではなく、既存の優良取引先と比べて、顧客になりそうな会社をピックアップしてから営業に行きましょう。

未経験者でもルート営業できる?

人間誰しも仕事をする時は初めてなのではないでしょうか。何事も挑戦してみない事にはわからない事も多いでしょう。新規重視の営業が苦手な為、転職したいと考える方でも、人と話すことが大好きで、お客様にとって、より良い商品を提案したいと言う気持ちがあれば、誰でもできる仕事ではないでしょうか。

ルート営業に転職する際、アピールすべきポイント

新規営業と違いルート営業は、人気が高い為、他の人とは違うという部分がなければ採用してもらうのが困難です。何でも良いのでご自身が他人より優れていると感じること、過去の実績を書き上げてみましょう。

営業の質を工夫する

過去に一日○件のアポをとる事ができた。と言うような数のアピールだけでは、少しアピール不足なので、顧客へのヒアリング、アフターフォローなど、信頼関係を築く為に、どのような営業方法で取り組んで来たのかを話せると良いでしょう。 未経験者の方なら、どんな事をやってみたいかと言う希望と、人に頼られることが多いなど、人脈の広さなど感じの良さをアピールすることが必要でしょう。

忍耐力があるかどうか

ルート営業では、悪い顧客だったり、癖の強い顧客に当たることも少なくないでしょう。そんな時には、どのように良好な関係を築けるのかと言えると、会社側からすると心強いです。新規営業と違ってルート営業は、顧客管理が主なので、いかにお客様に信頼され、受注をいただけるかなので、粘り強い対応が求められるでしょう。

クレームが多い顧客ほど信頼関係を得られやすい

一見クレームが多い顧客は、嫌だと感じる人が多いでしょう。ただ、クレームと言うのは見方を変えてみればお客様の意見でもあるので、言ってくださるお客様はありがたいと思わなければなりません。もちろん理不尽な事を言われるお客様も多いですよ。その際は、上司に相談し対処しなければなりません。 クレームを全て聞き入れるのではなく内容によって判断し対応することで、お客様とより深い関係になれることだってあるのです。

長期的な視野を持つこと

顧客との取引を継続してくことが、ルート営業にとっては必要です。職種が違ってもアフターフォローや次の受注につながる提案を、長期的な視野を常にもって対応しなければなりません。どのように仕事に取り組んできたのかをアピールすれば評価されることでしょう。

ルート営業に転職する際の志望動機 例文

ルート営業に転職を考える際の、志望動機の例文をいくつか挙げてみました。参考にしてみてください。そのまま使用するのではなく、あくまでもご自身の言葉で書くことをお勧めします。人に気持ちが伝わるのは、あなた自身の言葉であることを忘れないようにしましょう。

ルート営業へ転職する際の志望動機例文1

貴社のルート営業の職に応募致しました理由としまして、まず貴社の商品やホームページを拝見し、商品開発への考え方や方針に大変共感したからです。ぜひ貴社で働き、その良い商品をお客様に勧めることができましたら、幸いです。貴社に貢献できるよう、日々努力し、お客様との信頼関係も築いていきたいです。

ルート営業へ転職する際の志望動機の例文2

私が、貴社のルート営業の職に転職を希望する理由は、二つあります。一つは、学生時代のアルバイトの経験から、忍耐力や人との協調性を学びましたので、それが活かせると言う点です。そして2つ目は、何よりも貴社の商品や会社方針が、どの企業よりも、目に留まったからです。貴社に入社できましたら、その商品はもちろん、それとともに、貴社の魅力も十分にアピールし、より深い信頼をお客様から得たいと考えます。

ルート営業に転職する際の志望動機例文3

私は自分自身が良いと思った商品を、他人に勧めることが大好きです。まず自分の目でみてその商品の良いところも悪いところも知った上で、お客様に勧めたいので、貴社のルート営業の職を希望致します。貴社の考え方には、共感できる所が多く、特にお客様の声によく耳を傾けていらっしゃる所が素晴らしいなと思いました。人と人との繋がりを大切にされているのでしょう。売る事や商品ばかりに目をやるのではなく、人の気持ちに寄り添い考える営業がしたいです。ぜひ貴社に入社できましたら、既存のユーザーの心を掴んでみせます。

ルート営業に強い転職サイトとは?

ルート営業は、上記でも説明しましたように、新規営業職に比べると、比較的に求人数が少なく、競争率が高いです。志望動機の書き方や、アピールする方法を学びましたので、次はルート営業に強い転職サイトをみてみましょう。

ルート営業の転職サイトなら『doda』

dodaに寄せられる求人のうち、転職サイトで公開されている情報は求人全体の10~20%程度。突然の欠員や若干名の募集、極秘プロジェクトに携わる人材の募集などの求人情報は、さまざまな事で非公開になっていることが多いのです。dodaエージェントサービスに登録して、専任のキャリアアドバイザーとともに、『非公開求人』から転職をみつけてみましょう。

ルート営業の転職サイトなら『リクルートエージェント』

リクルートエージェントは案件総数、内定決定数ともに、No.1の国内最大手の総合転職エジェントです。担当者によってサービスに差があるそうですが、幅広いユーザーから指示を集めています。求人の質も量も圧倒的に評価が高い。またサポートや面接対策が充実しているそうです。

ルート営業の転職サイトなら『マイナビエーエージェント』

20代のサポートに特化しています。業界情報や面接対策を丁寧にしてくれるので、初めて転職する方や未経験の業界にチャレンジしたいと思う方には適しています。

ルート営業の転職サイトなら『リクナビNEXT』

リクナビNEXTは、求人検索型の求人サイトです。転職をサポートをしてくれるエージェントが必要ないと考える方にはお勧めです。転職意欲が低く、とりあえず登録しておこうかと思う方には最適です。

ルート営業の転職サイトなら『ハタラクティブ』

既卒・フリーター向けの就職エージェントのハタラクティブハタラクティブでは、これまで4万人以上の就職支援のサポートをしています。既卒就職エージェントは、学生と企業のマッチングを重視し両社の選考の手間を減らすサービスの為、内定する見込みが薄い人には、紹介を控えられる場合があるそうです。

ルート営業の転職サイトなら『エン転職』

エン転職では、1社づつ手間暇かけて取材しているので、求人企業の情報が豊富。職場風景を撮影した動画や姉妹サイトと連携して企業の口コミを載せています。入社が決まっても新しい職場で働くのは、不安なもの。エン転職では、入社が決まった会社で活躍していただく為に、入社後3年間サポートしているそうです。

ルート営業の転職なら『JACリクルートメント』

近年、外資系企業及び国内大手系の良質な非公開求人が充実していることで人材業界では有名なのだそうです。テレビCMなどはほとんど実施していない為、知名度はさほど高くはないでしょう。ただ口コミ評判が非常に良いのが特徴です。

ルート営業の転職サイトなら『BIZREACH』

ビズリーチでは、企業の採用担当者や求人を保有するエージェントに直接アプローチする独自の機能があります。ただし総額年収が500万以上の方限定の為、該当する方にはお勧めです。ハイクラスの方向けの転職サイトです。

ルート営業マンにとって大切なポイントとは

働くということは、どの職業でも大変なことです。特に営業職は会社にとって一番にお金を生む仕事と言えるのではないでしょうか。どんな人が向いていて、どんな人が営業に向いていないのか?とよく言うけれど、仕事に向き不向きなんてあるのでしょうか。どんな仕事でもやってみない事にはできるかどうかなんてわかりません。

働くのは何の為なのか?

人によって働くことの意味は異なるでしょう。目的がないと、ものすごく疲れてしまいます。ある人は、社会貢献の為だと言います。「誰の為に何ができるのか、他人を幸せにするために、自分のできる事は何か。」と考えて仕事をしている人もいます。そんな風に考え、自分の行いで誰かの役に立ちたいと考えて仕事をすると、やりがいができるでしょう。

なぜ人間は働かないといけないの?

働くと言うのは、収入を得るための労働に対する対価と考えてしまうのではなく、働くことによって、自信の啓発と成長につながると考えれば、働くと言う行為が大変尊いものに感じられるのでしょう。

仕事は、成長できる場である

仕事ほど自分自身を成長させられる事はないでしょう。円滑な人間関係を築く為のコミュニケーション力、困難を克服する精神力や忍耐力、新しいことを学ぶ楽しさ、誰かの為に働くという喜び、時間を有効に活用するための効率化など。すべて仕事から学ぶことができるでしょう。

社会と繋がるために働く

人間は、なぜ働かないといけないのかと考え、毎日生活していると疲れてしまいますよね。ただ単に、生活の為だと割り切って働くのではなく、仕事を通じて社会と繋がりたいと考える人もいます。ただ稼ぐ為として働くのと、目的を持って働くのとでは、定年退職する時に、自分の仕事を振り返った時、全く違うものになっているかもしれません。

ルート営業は、社会貢献しやすい職種である

ルート営業マンとしてトップの成績を上げてる人は、どんな事を意識しているのでしょうか。やはり、お客様の利益を最大にさせなければ、できる営業マンとは言われません。その為には、どういうことに気を付けると良いのでしょうか。

タイミングの良い納品

納品や営業に行く際に、どこでも良いから車を止めるのではなく、細かな気遣いは大切です。大きなトラックが出入りするような会社であれば、なおの事邪魔にならない所に車をとめることや、納品時間も大切だったりします。

売り上げ現状維持

売り上げが下がってしまってはルート営業としては、見直さないといけない部分が多いでしょう。利益を上げることが難しかったとしても、現状維持には、なるべく努めましょう。

新商品の案内

新しい商品も紹介していくことも必要ではないでしょうか。他社に値段で負けてしまうのであれば、値段だけで勝負するのではなく、会社やご自身を気に入ってもらえるように、お客様に『良い印象』を与えることが大切です。 ルート営業では、既存のユーザーから商品を受注することだけが目的ではありません。定期的に商品を仕入れてもらうことも大切ですが、現場の声を自社に上げて、より良い商品に開発するための仲介役でなければなりません。 よく『価格で他社の商品に勝てない』や『他社の商品より性能が悪い』と言う声を耳にすることがありますが、これだけでは、何がどう他社の商品より劣っているのかわからず、『営業の力不足』で終わってしまいます。具体的に、何がどうなれば良いのかを明確にし、社内に伝えられると良いでしょう。 要するに、社内と顧客の仲介役になることが重要です。

お客様との信頼関係を築く

お客様の声や、悩みに寄り添い解決するという、課題解決を主に目的とする営業マンは、実績を上げていることが多いのではないでしょうか。自分が商品を売りたい気持ちを重視するのではなく、お客様にとって、より良い提案をすることが、まずはポイントです。

ルート営業に転職しましょう

ルート営業マンは、毎日外にでて、お客様と向き合わなければならない仕事です。ある意味現場をみて、お客様の声を誰よりも聞くことができるポジションでもあります。 お客様が仕事で困っていること、悩んでいることを聞いて解決する方法を考えてあげましょう。そうすることでお客様から信頼も得る事ができ、売り上げに繫がるでしょうし、自社からの評価も高くなるに違いありません。自分の事だけを考えるのではなく、お客様の事を第一に考える事によってご自身に返ってきます。『情けは人の為ならず』です。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング