IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「異業種」への転職時の志望動機|20代/30代の転職での注意点

転職ノウハウ

今までのキャリアを捨てて異業種へ転職したいと思うこともありますが、転職する時にはろいろな問題も多いのが現状です。しかし自分のやりたい仕事が見つかるのはいいことです。そこで異業種への転職をする時に知っておきたいことを紹介します。

更新日時:

異業種への転職への志望動機とは?

今の業界や仕事内容ではなく、異業種へ転職してまったく違う仕事をしてみたいと思うこともあります。しかし今までのキャリアを捨てて異業種へ転職するのは、相当な覚悟や理由が必要でしょう。今のままのキャリアを続けていれば、異業種へ転職するよりも慣れているので楽に仕事ができるはずです。 異業種へ転職したいという志望動機にはいろいろありますが、なぜ今のキャリアを捨ててまで異業種へ転職したいのでしょうか。異業種への転職を希望する人の志望動機について紹介します。

仕事内容に飽きてしまった

仕事内容に飽きてしまったことで仕事へのモチベーションが下がることによって、異業種への興味が出てくることが多いようです。仕事は若い時ほど単純な仕事や雑用をすることも多いですが、後々考えれば仕事の基本を学ぶ時期でもあるので、大切なことでもあります。しかし夢や希望を持って入社したのに、思っていた仕事内容とは違っていたと感じるようになると、一気にモチベーションが下がってしまいます。 例えば20代で仕事内容に不満を抱いてしまうと、この先あと40年以上この仕事を続けるかもしれないと考えれば、今のうちに異業種へ転職して自分がやりたい仕事をやろうと思うようになります。仕事内容は地位や経験によって様々に変化をしていきますが、業界の仕事に飽きてしまうと、ほかの業界へ行きたいと思うようになります。仕事は生活の中心でもあるので、若い時ほどガムシャラに仕事をすることも必要です。その時期にモチベーションの上がらない仕事をしていれば、、異業種へ転職したいと思うのも納得できます。

異業種の仕事に興味を持った

異業種へ転職したいと思う理由のひとつに、単純に異業種へ興味を持ったということも挙げられます。自分にはどんな仕事が向いているのかはやってみないと分かりませんが、今やっている仕事にしっくりこないと、他の仕事をしてみたいと思うようになります。異業種はその時によって景気が良かったりするので、今自分がいる業界よりも活躍できそうな業界へ興味を持つことはある意味自然な流れです。 ただ今の仕事にやりがいやプライドを持って仕事をしていれば、異業種への興味もだんだん無くなっていきますが、今の仕事に不満があれば他の業界へ興味を持って転職したいと思うこともあるでしょう。興味を持つことがすぐ転職に繋がる訳ではありませんが、ストレスが多くなるほど転職したいと思い意志も強くなり、異業種へさらに興味を持つようになります。

給料の限界を悟った

異業種への志望動機としては今の業界や会社にいても、給料の限界を知ってしまったことで他の業界へ転職したいと思うこともあります。若い時は給料が低いのは当然ですが、自分の上司や業界の平均給与などを知ることができれば、自分の数十年後を想像することも容易いです。数年後に給料アップしていることを望みますが、ある程度の限界値を知ってしまうとひたすら頑張ってもそれだけしかもらえないのかと、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。 業界によって良い時と悪い時がありますが、平均給与を見ればどの業界にいれば収入が上がるのかがある程度予測できます。できるだけ稼げる業界へ転職することで、将来的にも安定した生活ができると思えば、今のうちの異業種への転職しようと思います。仕事をする意味はやりがいよりも生活のために働くという人も多いので、今の会社や業界の旧臘の限界値を知ることで異業種へ転職したいという気持ちが膨らみます。

人間関係によるストレス

人間関係はどの業界でも起こり得ることですが、相当なストレスを感じた時には同じ業界にいたくないと考えます。同じ業界にいればいつかまた会うかもしれませんし、何より業界の裏側を知ってしまうといたくないという気持ちも強くなります。一見華やかで憧れるような業界と思われていても、実際に働いている人からすると全くイメージと違ったと思うことも多々あるでしょう。 特に人間関係においては一緒に働く上司や先輩だけでなく、お客さんとの関係性もあります。クレームをよく受けるような仕事をしていれば、人と接するのが嫌になって転職したいと思うこともあるでしょう。人間関係によるストレスを解決するには、まったく知らない人たちがいる場所で働くのがお勧めですし、人と接しないような仕事をすることもいいでしょう。人間関係に疲れたことによって異業種へ転職し、ストレスの少ない仕事をしたいと思っているのです。

自分のスキルや能力の限界を感じた

仕事内容によっては自分のスキルや能力が通用しなくて、仕事についていけないと感じることもあります。経験がモノを言う業界では、たくさんのミスを自分の経験にして仕事を覚えることもあります。しかし自分の能力に限界を感じることによって、もっと自分に合った仕事があるかもしれないと思うようになります。 自分の能力を最大限に発揮できる業界を見つけることで、もっと自分らしく楽しく働ける仕事があるはずだと思うようになります。これから先何十年と働くことになるので、やりたくもない仕事を続けたいとは思わないでしょう。いくら自分なりに頑張ったとしても、自分で能力の限界や仕事に合わないと思い込んでいるので、仕事を続けるのは難しくなります。 心機一転異業種へ転職することで、新たな気持ちで仕事をすることができれば、自分の能力を信じて頑張って仕事をすることができるでしょう。異業種へ転職したいと思うのは、自分がこの業界に合わないと感じることによって、仕事への意欲を無くしてしまいます。モチベーションが下がると仕事への意欲も低下し、ますますやる気も低下するので、早めに異業種へ転職して新たな仕事で頑張ることをお勧めします。

将来を考えて安定した仕事を選んだ

将来性のある業界や仕事ならば、将来を見据えて頑張って仕事を続けるでしょう。しかし将来的に厳しくなる業界だと思えば、今のうちに異業種へ転職しておいた方が良いと考えます。若い時ほど転職しやすいので、例え異業種でも転職年齢が若いほど早く追いつくことができるでしょう。 将来的の伸びそうな業界があれば今のうちに転職しておくことで、自分が30代、40代になった時に華やかな業界で仕事をすることができるかもしれません。先を見越して伸びそうな業界に転職することで、自分が一番働き盛りの時期を良い業界で働くことができます。当然給料も上がりますし将来性もあるので、安定した生活を望む人にはピッタリです。 そのためには先見の目がなければいけませんが、今の自分がいる業界の状況を考えて、将来のビル業界かどうかは判断できるはずです。自社の売り上げや待遇など昔と今と比べれば容易に想像できるので、将来を考えた選択肢のひとつに異業種への転職があります。

トラウマ体験による仕事への恐怖心

仕事をしていれば誰でも嫌なことや辛い経験をすることもありますが、それが自分にとってトラウマとなってしまうこともあります。大きなストレスの要因となるので、その場面が来るたびにストレスとなり、酷くなると転職をしたいと思うようになります。 例えば数字を扱うような仕事をしている人や営業マンなど、結果を出さないといけない仕事もあります。毎日数字に追われているので、結果が出ないとなるとだんだんとストレスとなっていきます。数字の結果がそのまま自分の評価にも繋がるので、毎回同じころの繰り返しだと感じてストレスとなります。自分にはこの仕事が向いていないと思うこともあるので、転職したいと思うのも多々あります。 一度でもトラウマとなってしまうと、ずっとストレスを抱えながら仕事をすることになります。そのため自分の仕事にプライドややりがいを持つことができずに、仕事が嫌だと感じながら働くことになるでしょう。ストレスが溜まるほど異業種への転職したい気持ちも強くなっていきます。

身体的な衰えによる仕事への影響

仕事は若い時と年齢を重ねてからの仕事は違うのが当然で、若い時は体力を必要とする仕事もバリバリこなすことができます。一方年齢を重ねてくると体力が衰えてくるので、代わりに経験を活かした仕事に就くことになります。同じ会社ならば管理職への昇進によって、今までとは違った仕事をすることもできるでしょう。 しかし仕事によってはずっと同じことを繰り返す仕事も多いですし、管理職へ昇進できるのもわずかな人だけです。営業やサービス業は一部の管理職を除けば、ずっと現場で働くことになります。しかも若い世代ほど元気に働けるので、自然と淘汰されて肩身の狭い思いをすることもあるでしょう。 そこで自分の体力や将来のことを考えて、これから先も長く働き続けられる仕事を選ぶために、異業種への転職を希望するのです。若い時にしかできない仕事もあれば、年配の人が中心となって働く業種も多々あります。自分の状況に応じて将来のことを考えることで、早めに異業種への転職を考えるのです。介護業界は40代以降の人が異業種から転職してくることも多く、体が動くかぎり働ける業界でもあります。自分の体力や将来を見据えた異業種への転職は、早いうちから人生設計をしておかないとできないことです。

何歳まで異業種に転職できるのか?

異業種への転職を希望する時には、ある程度の年齢になると転職することが難しくなることも多いです。経験を活かした転職と、全くの未経験での転職では状況も異なります。もしも自分が異業種へ転職したいと思った時に、年齢の壁によって転職が難しいとなれば、もっと早くに決断しておけば良かったと後悔することになるでしょう。そこで異業種への転職は何歳くらいまでなら可能なのでしょうか。

異業種への転職は29歳がリミット?

異業種への転職は一般的には29歳がリミットと言われることが多いです。これは30代になってから全くの未経験の分野へ転職すると、今までの経験を活かすこともできなければ、自分の上司が年下になるので扱いにくいという問題も出てきます。 20代での経験を活かした転職ができるなら、30代でも異業種へ転職しても即戦力として活躍できるでしょう。30代になると即戦力として求められることが多くなるので、未経験での異業種への転職となれば、20代がリミットと言えるでしょう。

職種によっては40代以上でも転職可

全くの未経験の分野でも介護業界ならば40代からでも転職できます。今まで会社員として働いていた人が、40代になってから介護職に転職するケースも珍しくありません。介護業界は人で不足が懸念されており、これからも高齢者が増え続けるので人で不足が深刻です。また介護職は体が動けば働くことができるので、自分が高齢者になっても働ける業界なので仕事を求めて転職する人も出てきます。 介護職だけではありませんが、40代になってからでも未経験の異業種へ転職することはできるので、将来を見据えた転職をしたい人はじっくりと仕事を選ぶことが大切です。

20代後半での異業種転職での注意点とは?

20代後半から異業種への転職をする時には、今まで慣れた仕事を捨ててまた新たな分野で頑張らなければなりません。しかし20代ならばやり直しはまだまだできる年代なので、しっかりと将来を見据えることが大切です。そこで20代後半からの異業種への転職では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

本気でやりたい仕事を見つけることが大切

20代ではまだまだやりたいことをいろいろ試せる年代ですが、20代後半となるとそろそろ腰を落ち着けておかなければならない年です。本気でやりたい仕事を見つけることができないと、30代になってからも転職を続けることになり、結果として条件の悪い仕事をすることになるでしょう。20代後半での異業種への転職は自分が本気でやりたい仕事を選び、ラストチャンスの転職だと思って本気で臨むことが大切です。

30代での異業種転職での注意点とは?

30代になってから異業種へ転職する時は、かなり条件が厳しくなることも多くなります。そこで30代になってから異業種への転職をする時に、注意しておくべき点について紹介します。

今までのキャリアを活かして異業種へ転職できるか

30代になってから異業種へ転職する時は、今までの経験やスキルを少しでも活かせる業界へ転職することをお勧めします。30代で未経験職に転職すると、20代と同じ仕事をしなければなりません。キャリアは上かもしれませんが、体力の問題や将来性を考えると、昇進や待遇面で心配事が多くなります。全く未経験の業界への転職も狭き門となりますが、できるだけ今までの経験とスキルを活かせる業界への転職をするようにしましょう。

要点を抑えて異業種へ転職しましょう!

転職をしたいと思った時に、今までのキャリアを捨てて異業種への転職をするのは大変なことです。しかしやりたい仕事があればモチベーションも高いですし、早く異業種へ転職するほど慣れやすいのは事実です。異業種へ転職すること自体が悩んでしまいますが、もしも転職したいと思うなら早めに決断して行動することをお勧めします。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング