IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「エンジニアファクトリー」の評判|特徴/求人の量と質/給料/口コミ

転職サービス・サイト

IT業界・web業界に特化した転職サービス「エンジニアファクトリー」について、転職サービスの内容や特徴、活用方法などをご紹介しています。また、「エンジニアファクトリー」の転職サービスを、実際に活用した方々の感想もまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

エンジニアファクトリーの転職サービスとは?

現状よりも更に上の地位やキャリア、良い人生を目指したいと考えた時、転職を検討する方は多いでしょう。労働が人生の全てではありませんが、人生のうち40年前後、あるいはそれ以上の期間を、人は働いて過ごします。そして、働いて得た収入で生活を送っていきます。その為、労働は人生に、大きな影響を与えると言えるでしょう。時には、職場やキャリア、地位や能力などが、人生を左右することすらあるので、より良い環境を求めて転職を検討することは、自然なことでもあります。

転職をする上で、転職サービスを活用する方は、たくさんいます。転職サービスは、求人情報や転職活動に関する知識などを提供してくれるので、転職志望者にとっては頼れる存在です。 今回は、数ある転職サービスの中でも、IT業界に特化していると言われている、「エンジニアファクトリー」をピックアップして、転職サービスの内容や特徴、活用方法や評判などをご紹介していきます。転職を検討している方や、転職サービスを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

エンジニアファクトリーの転職サービスの特徴

それでは早速、「エンジニアファクトリー」がどのような転職サービスなのか、サービスの内容や特徴を見ていきましょう。どのような点に「エンジニアファクトリー」の強みがあるのか、長所や利用するメリットについても考察していくので、ぜひ転職サービス選びにお役立て下さい。

エンジニアファクトリーの特徴【1】

・IT業界・web業界に特化

「エンジニアファクトリー」というサービス名からも分かるように、エンジニアファクトリーはエンジニアを中心とした、IT業界やweb業界に特化した転職サービスです。 IT業界・web業界に特化しているという特徴通り、「エンジニアファクトリー」ではIT企業やweb制作会社などの求人情報を中心に紹介しています。しかし、IT企業やweb制作会社だけでは、可能性や選択肢としては、狭いと感じる方もいらっしゃるでしょう。 「エンジニアファクトリー」では、IT業界・web業界に特化しつつも可能性を狭めるようなサービスは提供しておらず、他の業界や一般企業などのエンジニアやweb制作などに関する求人情報も紹介しています。その為、IT系やweb系の職種で、幅広い可能性や選択肢を探すことが可能となっています。

エンジニアファクトリーの特徴【2】

・キャリア形成もサポート

一般的な転職サービスの場合、転職活動に関するサポートは積極的に行うものの、キャリア形成に関するサポートには、対応していない場合がほとんどです。 しかし、「エンジニアファクトリー」の場合は、他の転職サービスではあまり行っていないキャリア形成のサポートも、積極的に行っています。「エンジニアファクトリー」は、IT業界・web業界の知識や動向にも精通しているので、業界の最新の動向や新たな技術などについて、転職志望者にアドバイスしたり知らせたりすることも行っています。 「エンジニアファクトリー」では、転職は人生の選択肢の1つとして捉えている為、転職以外のステップアップに関しても、応援する姿勢を取っているのです。

エンジニアファクトリーの求人情報掲載数

IT業界・web業界に特化した転職サービスを展開しているエンジニアファクトリーですが、求人情報の量は、どれくらいあるのか気になっている方も多いことでしょう。続いては、エンジニアファクトリーで取り扱っている求人情報の数を、具体的にご紹介していきます。

2016年6月3日現在、「エンジニアファクトリー」で掲載されている求人情報の件数は、ITエンジニアが3401件(※1)webエンジニアが3922件(※1)、ITコンサルタント・その他が1331件(※1)となっています。「エンジニアファクトリー」では、求人情報の掲載件数について、「常時5000件以上(※1)」を謳っていることから、最低でも各職種や分野を合計した求人情報の数が5000件を下回ることはないと予想できます。 転職サービスとして、取り扱っている求人情報の件数は、少なめと言えるでしょう。しかし、「エンジニアファクトリー」はITエンジニアやwebエンジニアに特化した求人情報ばかり取り扱っているので、IT業界・web業界に関する求人情報だけの件数として考えると、決して少ない件数というわけではないと言えます。 膨大な求人情報の件数を取り扱っていたとしても、自分が志望する業界や職種の求人情報が掲載されていなければ、その転職サービスを利用する意味はありません。「エンジニアファクトリー」の場合は、IT業界・web業界に関する求人情報が、必ず5000件以上掲載されているので、IT業界・web業界での転職を目指している方にとっては、有意義な情報の宝庫と言えるでしょう。

※1:3401件・3922件・1331件・常時5000件以上・30秒・3分程度・平日9:00~21:00開始、土曜日は9:00~18:00開始

エンジニアの職種例

ITエンジニア

ITエンジニアは、専門分野により細分化されていて、それらを包含する意味で用いられます。代表的な専門職種は ・ITコンサルタント - IT戦略の策定やシステム監査等 ・プロジェクトマネージャー - システム構築のプロジェクト責任者や管理者 ・ITアーキテクト - システム全体の構造の設計者 ・ITスペシャリスト - 要素技術(データベース、セキュリティ、プラットフォーム等) 以上を専門とするエンジニアなどがあげられます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、プライベートの開発実績が評価されたり、様々な勉強会が開かれたりするなど、企業以外で自分のスキルを磨いたり、実績を積んでいくといった流れが主流になりつつあります。 「エンジニアファクトリー」では、一企業に囚われない、多様なWEBエンジニアのキャリアや、最新の技術動向・開発手法などホットな話題をご提供いたします。

イノベーティブエンジニア

イノベーティブエンジニアは、あまり聞きなれない職種ですがITエンジニアより高い技術力を有し、ITサービスの差別化において重要な役割を担う人材です。WEBビジネスなどの領域においては、きわめて高い技術力を持ったエンジニアの存在が、ITサービスの内容面や機能面での勝敗を分ける重要な要因になりつつあります。

エンジニアファクトリーの求人情報の質

全体的な求人情報の掲載数としては、転職サービスとしてやや少なめな印象を受けるエンジニアファクトリーですが、IT業界・web業界に限定していることを考えると、豊富な量を扱っています。そんなエンジニアファクトリーの求人情報は、質に関してはどの程度などか、気になる所です。そこで続いては、エンジニアファクトリーの求人情報の質について考察していきます。

結論から言うと、「エンジニアファクトリー」の求人情報の質は、IT業界・web業界への転職を志望している人にとっては、かなり高いと言えるでしょう。上記でも何度か述べているように、「エンジニアファクトリー」ではIT業界・web業界に特化しているというコンセプトで、転職サービスを展開しています。 その為、求人情報をはじめ各コンテンツや情報も、IT業界・web業界に関連するものばかりとなっています。ですから、IT業界・web業界をピンポイントにしている方にとっては、雑多な情報がなく、使いやすくて有意義な情報ばかりとなっています。 また、「エンジニアファクトリー」では、他の転職サービスでは見ることができない、独占求人も紹介しています。その為、IT業界・web業界の中でも特に優良な企業や将来性が期待できる企業の求人情報も期待できます。

エンジニアファクトリーの求人情報の給料

転職をする上で、必ずチェックしておきたいのが、年収や給料などの収入に関する項目です。仕事の内容や福利厚生の充実度なども重要な項目ではありますが、収入が少ないと生活も苦しくなる為、収入を前職や現職よりもまるべく下げないで転職したいと考えている方は多いことでしょう。 「エンジニアファクトリー」の場合は、求人情報については、自分で検索するのではなく、専門のキャリアコンサルタントから紹介されるシステムになっている為、どの程度の年収や給料の企業が多いのかは、実際に利用しなければ確かめることができません。 しかし、コンサルタントを通して紹介されるということは、給料や年収についても、質問をしたり確かめたりすることが可能でもあるということです。 「エンジニアファクトリー」のコンサルタントなどを通して紹介してもらうので、「求人情報の年収と実際に年収が違う」といったトラブルも、回避しやすいと考えられます。

エンジニアファクトリーの転職サービスの活用方法

一般的な転職サイトの場合は、会員登録をして自分で求人情報を検索し、興味がある企業に応募するというシステムになっているケースがほとんどですが、「エンジニアファクトリー」は転職サイトというよりも、転職エージェントと言えるサービス内容となっている為、アドバイザーを通して転職活動を進めていくことになります。その為、転職エージェントを利用した経験がない方の中には、活用方法に戸惑う方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、「エンジニアファクトリー」の大まかな活用方法や採用までの一連の流れをご紹介していきます。

エンジニアファクトリーの活用方法【1】

・登録

「エンジニアファクトリー」を利用するには、まずは無料登録をする必要があります。登録は、「エンジニアファクトリー」のwebサイトから行うことが可能です。 履歴書や職務経歴書を既に持っている方は、それらのデータを添付して、名前や生年月日、連絡先などを入力して送信するだけで、登録完了となります。所要時間は30秒(※1)とのことなので、手続きなどの面倒な作業を避けたい方でも、負担にならないでしょう。 履歴書や職務経歴書を持っていない方は、上記でご紹介した項目に加え、これまでのキャリアや希望の職種なども登録する必要があります。しかし。その場合でも所要時間は3分程度(※1)となっているので、短時間で登録することが可能です。

エンジニアファクトリーの活用方法【2】

・面談

利用登録が済んだら、日程を調整して、まずはコンサルタントとの面談を行います。面談では、自分のこれまでのキャリアや経歴、今後の希望や現在のスキルを元に、業界や転職活動に精通したコンサルタントから、自分に合った求人情報を紹介してもらうことが可能です。 面談は、平日及び土曜日に開催されています。時間は、平日9:00~21:00開始、土曜日は9:00~18:00開始(※1)となっています。面談の会場は、「エンジニアファクトリー」のセミナールームとなっています。

エンジニアファクトリーの活用方法【3】

・出張面談、電話面談 上記で、「エンジニアファクトリー」のコンサルタントとの面談について、スケジュールや会場をご紹介しました。しかし、現職を続けながら並行して転職活動を行っている方の中には、多忙で時間内に面談を受けに行くことが難しい方もいらっしゃるでしょう。 「エンジニアファクトリー」では、面談を受ける時間がなかなか取れないという方にも対応しており、出張面談や電話面談などにも対応しています。ですから、忙しい方や都合をつけるのが難しい方は、「エンジニアファクトリー」に相談して出張面談や電話面談を活用することをおすすめします。

エンジニアファクトリーの活用方法【4】

・応募や選考 面談を通して紹介された求人情報に、興味があったり働いてみたい企業があったりした場合は、応募をして選考を受けることになります。選考の結果についても、「エンジニアファクトリー」のキャリアコンサルタントから合否の連絡を受けることができます。 その際、不合格や不採用となる可能性もゼロではありませんが、そのような場合は今後の転職活動に向けて、応募や選考のフィードバックを受けることが可能です。

エンジニアファクトリーの転職サービスの評判と口コミ

IT業界・web業界に特化した転職サービスを提供している「エンジニアファクトリー」ですが、実際に利用した人々は、サービスの質やスタッフの対応、使い心地などにどのような感想を抱いたのか、気になる所です。 続いては、「エンジニアファクトリー」の転職サービスを実際に活用した方の感想や口コミをご紹介していきます。

エンジニアファクトリーの評判【1】

「転職エージェントだが信頼できた」という意見の例文です。

前職は、SI系の企業で、指示されたことを黙々とこなすだけの毎日でした。このままでは、キャリアアップに繋がらないと感じ、キャリアや年収のことを考えて転職をすることにしました。 しかし、私は転職エージェントに対して、不信感を持っていました。以前、エンジニアファクトリーではない別の転職エージェントを利用した際に、自分の希望とは全く異なる求人情報ばかり紹介された経験がある為です。このような経験から、最初はエンジニアファクトリーで担当になったコンサルタントのことも、少し疑っていました。 ところが、実際に利用してみると、エンジニアファクトリーのコンサルタントは、私が仕事をしている間は連絡を入れないなどの配慮をして下さり、求人情報についても、私の希望やキャリアをよく分析した上で紹介して下さり、以前の転職エージェントとは良い意味で全然違うと実感しました。

エンジニアファクトリーの評判【2】

「自分では思いつかなかった可能性を教えてもらえた」という意見の例文です。

これまでは、業務系のアプリの開発を行っていました。将来のキャリアを考えた際に、エンジニアとして究めていくべきか、プロジェクトマネージャーになるべきか迷い、希望が明確にならない状態が続いていました。 私は、上記の2つの職業に固執してしまっていましたが、エンジニアファクトリーでは、エンジニアやプロジェクトマネージャー以外の可能性も模索してくれました。そして、私の可能性などを幅広く考えた上で、これまで思いつかなかったITアーキテクトと言う選択肢を提案して頂きました。

エンジニアファクトリーの評判【3】

「転職しない方が良いことに気付くことができた」という意見の例文です。

ベンチャー系のIT企業で、設計や開発、プロジェクトマネージャーをしていました。入社して1年が経ち、収入が思うように伸びなかったので、転職を考え始めました。 しかし、エンジニアファクトリーに相談してみた所、私が担当しているような業務は、1年前後では収入が上がりにくく、給料アップなどが期待できるのは、もう少し経ってからだと教えて頂きました。そのアドバイスを聞いて、転職はまだ早いと知ることができ、転職しない方が良いと気付けました。 結局、迷いもなくなり、転職せずに今も仕事を続けることができています。

エンジニファクトリーはIT業界やweb業界へ転職したい方向け!

いかがでしたでしょうか?今回は、「エンジニアファクトリー」に注目して、転職サービスの内容や特徴、活用方法や評判をご紹介しました。 「エンジニアファクトリー」は、サービス名にもあるように、エンジニアを中心としたIT業界・web業界に特化した転職サービスです。取り扱っている内容も、IT業界・web業界を中心としたものになっているので、それらの業界に興味がない方や、幅広い業界での活躍を検討している方には、不向きな可能性があります。IT業界・web業界の転職先をピンポイントで探したい場合は、雑多な情報がなく、専門性が高い情報が集結しているので、かなり濃厚な転職サービスであると言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング