IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【年代別】未経験で派遣の仕事を始める方法|派遣で抱えがちな不安

就活ノウハウ

勤務先に縛られずに自由に働くことのできるのが派遣の仕事です。ここでは未経験で派遣の仕事は始める場合や面接したけれど受からない場合の対処法、年齢別ごとの派遣の仕事の現状や未経験で派遣の仕事を始めるにあたっての不安などについて解説します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

未経験で派遣の仕事を始める方法

派遣の仕事は勤務先に縛られない、転勤がない、人間関係などのしがらみに振り回されることが少ないなどのメリットから一時、人気が急上昇した働き方です。求人情報を扱うサイトも数多くあり、始めやすい環境になっているといえます。 しかし、求人の探し方や情報を探すサイトを間違ってしまうと、「実務経験1年以上」などの企業ばかりがでてきてしまうこともあります。未経験で始める場合には、まず「自分の志望を決める」「業界や仕事の研究をする」「経験を積む」「資格をとる」といったステップが必要になります。

未経験で派遣の仕事始めるには1:自分の志望を決める

派遣の仕事も色々な業界や職種があります。営業や販売系、事務などのオフィスワークやデザイナーなどのクリエイティブ系、看護や介護などの医療系、エンジニアなど様々です。まずは自分がどのような仕事に就きたいのかを決めることです。自分の志望と応募先の企業の仕事内容がマッチしていなければ、スタートラインが間違っていることになるので転職の成功が遠のくことになってしまいます。 たとえ未経験でも、志望する企業や仕事内容について考えることはそのまま応募時の志望動機になります。自分のことを深く見つめ、強みや弱み、好きなことや嫌いなこと、何がやりたいか、またはやりたくないこと、などをしっかりと把握することで、志望がはっきりとしてきます。 もし思い浮かばない場合には、今まで好きだったことや学生時代に打ち込んできたことなどが良い手がかりになるかもしれませんね。自分についてこうして分析することはそのまま未経験の仕事への応募の際、自己PRする材料にも使うことが可能です。

未経験で派遣の仕事始めるには2:業界や仕事の研究をする

未経験の状態でも、派遣で働きたい業種や職種が見えてきたら、業界や仕事の内容を研究することが必要です。そのような仕事を行うのか、自分の知識やスキルで活かせるものはないか、など業界の勉強をしながら考えてみましょう。こうした業界や仕事の研究は正社員として新卒が就職活動を行うときにするものと思うかもしれませんが、未経験で派遣の仕事を始める際にも十分に役に立つことなのです。

未経験で派遣の仕事始めるには3:経験を積む

未経験であっても、業界や職種について知識を得ることができ、自分のスキルとの比較が終わった後で十分やれそうだ、と思えれば、派遣の仕事に応募をしてみましょう。しかし、どうしても今の知識では採用が難しく思える場合には、面接時にアピールできる経験を積むことが必要です。派遣として働くよりもハードルの低いアルバイトやパート、業界のインターンなどでもいいので経験を積むことができる機会を探しましょう。 例えば業務未経験でsデザイン事務所でデザイナーとして派遣で働きたい場合、条件として1年以上の実務経験が必要な場合などが考えられます。その場合、あきらめるのではなく、一段ハードルの低い事務やアシスタントとして入社して現場での仕事の流れを学ぶなどすることで面接時のアピールポイントにすることができるでしょう。

未経験で派遣の仕事始めるには4:資格をとる

未経験で派遣の仕事に就くために何らかの資格が必要な場合もあります。例えば、事務系の仕事で使用するエクセルやワード、デザインの仕事で使用するillustratorやphotoshopなどのパソコンソフトなどであれば、独学でも最低限の操作は覚えられます。しかし、看護師や介護士などの現場では資格を持っていなければ仕事をすることができません。 もし、未経験でs派遣社員として働きたい職場がそうした職業の場合には、資格を取得するための勉強がまず必要になります。資格をとる場合には働きながら取得することも可能です。働きながら資格の取得を目指す場合には専門実践教育訓練給付金や教育給付金制度といった国の補助制度を利用することでリスクを最小限にして資格を取得することが可能です。こうした制度の利用には一定の条件が必要ですので、全国にある最寄りのハローワークに相談をしてみると良いでしょう。

未経験で派遣が受からないときの原因と対処法

自分の希望または適正と志望業界が合っていない

未経験で派遣が受からない場合にはまず、自分の希望や適性と志望業界が合っているかどうかをチェックしましょう。今の自分とかけ離れた業界を目指していないか、かっこいいなどの理由だけで選んでいないか、など慎重にチェックしましょう。転職サイトの中には、適職診断のテストを気軽にできるページを設けているところもありますので、試してみるのも良いかもしれません。 リクナビNEXT3分間適職診断 http://next.rikunabi.com/01/tenshokushindan/tenshokushindan_01.html マイナビ転職 ジョブリシャス http://tenshoku.mynavi.jp/opt/joblicious/

スキルや経験が足りていない

志望の業界は自分の希望と合っているのに派遣が受からない場合には未経験であることやスキルが足りないことが原因である場合も多いものです。たとえ未経験でも、必要に応じてアルバイトなどでも良いので経験を積むことや必要な資格やスキルを学ぶことで合格への可能性を高めることができるでしょう。

スキルが足りていない

志望の業界は自分の希望と合っているのに派遣が受からない場合にはスキルや経験が足りているか確認をする必要があります。必要に応じてアルバイトなどでも良いので経験を積むことや必要な資格やスキルを学ぶことで合格への可能性を高めることができるでしょう。

派遣会社の案件が少ない

派遣会社も数多くあり、持っている案件には会社により差があります。エンジニア系の案件が多いけれども事務系の案件は少ない、などです。応募する案件自体が少ない場合には未経験者にとっては不利になりあますね。 また、派遣会社によっては首都圏の案件に強い、全国の案件を手掛けている、など地域により案件数が違うなどといった場合もあります。複数の派遣会社に登録をしておくことで、こうしたリスクを減らすことができます。特に、未経験で派遣の仕事に応募する場合には必須といっても良いでしょう。

応募の条件を見直してみる

派遣の仕事が決まらないのは、もしかしたら条件面で多くの希望を入れ過ぎているためかもしれません。「家からの通勤時間が短い」「時給が高い」「勤務時間が短い」など良い条件の仕事は競争も激しく倍率も高いものです。 こうした状況を改善するためには、何が最優先する条件かを考えてみることが大切です。例えば、自分のスキルを更に磨くために仕事が終わってから学校に通うなどしている場合には勤務時間は譲れない条件になります。また、収入を重視する場合には給与面は譲れない条件になるでしょう。自分が派遣の仕事に求める条件を見直してみることで競争倍率の高い状態から抜け出せるかもしれません。

【年代別】未経験での派遣の仕事事情

派遣社員で働く場合、20代と50台では仕事の探し方や働き方に少しずつ違いがでてくるものです。ここでは年代別の派遣での働き方について解説します。

20代の派遣での働き方

20代や派遣社員の中でも若手の部類に入ります。上の年代に比べると仕事の吸収力や柔軟性も優れていることも多いため、多少違う仕事に就いたとしてもすぐに採用になることもあるかもしれません。他の年代に比べると比較的有利であるといえるでしょう。 この時期にはキャリアを積むことが一番大切です。自分のキャリアアップの方向性が見えている場合にはどんどんスキルアップを目指していくことが必要です。また、自分の方向性を決めかねている場合には、いくつかの仕事を経験してみるのも良いでしょう。

30代の派遣での働き方

30代になると20代と比べて職場から求められることが変わってきます。キャリアや経験に基づいた専門性が必要になってくるのです。この年代で派遣の仕事を行う場合には、しっかりと方向性を持ちスキルを高めていくことが必要になります。30代前半から後半にかけてこういった傾向はますます顕著になっていくので、自分のキャリア育成をしっかりと意識しながら仕事を進めていきましょう。

40代~50代の派遣での働き方

仕事や人生の経験を積んできた40代や50代が派遣の仕事で働く場合には周りから「仕事のプロ」や「職場のまとめ役」などの役割を期待されることが増えると考えておきましょう。 20代に比べると採用の幅は少し狭まるかもしれませんが、派遣社員を業務のプロとして捉える企業も少なくありません。一つの職場で頑張ってきた実績がある場合には自信を持ってアピールしていくことが大切です。

未経験で派遣を始める人が抱えがちな不安

派遣に限らず、新しい仕事を始める場合には色々と不安なことも多いものです。仕事について、自分のスキルについてなどの他、職場の人間関係が不安、などもあるでしょう。一つ一つ手順を学ぶことや、自分の判断基準を設けることで改善できることも多いものです。

仕事についていけるか

未経験で派遣の仕事を始める場合には、自分が仕事についていけるかどうかがまず気になるでしょう。派遣の場合には特に同じ職場に他の派遣会社から人材が派遣されていたり、自分と同じ会社から何人かの人材が派遣されていたりすることもあります。 初めての派遣の仕事をする場合、バリバリと仕事をする周りの雰囲気に押されて余計に仕事についていけるか不安になるものです。仕事を一つ一つ覚えていき、できることを確実に増やしていくことで少しずつ不安なことも少なくなっていくでしょう。

スキルが足りているか

未経験で派遣の仕事を行う場合には、仕事を行うスキルが大丈夫だろうか、という点も考えてしまうことの一つです。例えば未経験で専門学校でスキルを学び、デザイナーの仕事の派遣をする場合、専門学校では一通りのソフトの使い方やデザインの仕方を学びますが、実際の仕事の場面ではマニュアル通りに行われなかったりします。また、会社ごとのローカルルールのようなものが存在して仕事がはかどらないこともあります。 このような場面では「未経験だから」とか「自分の仕事のスキルが足りないからだ」などと考えてしまうこともあります。しかし、派遣の仕事が決まった時点である程度基本的なスキルは大丈夫だと認められているようなものです。焦らず、一つずつ分からないことをマスターしていくようにしましょう。

人間関係が不安

正社員の様に一つの職場に長くとどまることのないのが派遣社員で働くことの特徴でありある意味長所でもあります。しかし、派遣社員でも職場で働く以上は周りの人との関わりは発生します。これは派遣の経験があっても未経験でも変わらないことです。 周りに合わせて昼食を一緒にしたり、休日などのプライベートも一緒にしたり、とやっていると気付かれしてしまう場面もあるかもしれませんね。しかし、あまり行きすぎてしまうと仕事にも影響がでてしまうかもしれません。 人間関係に振り回されないようにするには、仕事やプライベートの最低限のラインを自分で決めて付き合うようにすることが大切です。例えば、会社の集まりに出席する場合には歓迎会や送別会などどうしても外せないものには出席するようにする。3回に1回程度は付き合いをする様にするなどです。自分の中にルールができてしまえば、人間関係に悩むことも少なくなるでしょう。

未経験でも不安や原因と解消して派遣の仕事を始めよう!

派遣社員は一つの会社に縛られずに働くことができるため、自分のスキルアップをしながら働くために良い働き方の一つです。しかし、反面「仕事のプロ」として派遣先へ行くことも多いため、未経験で派遣の仕事を始める場合にはハードルが高い場合もあります。実際「職務経験2年以上」などの実務経験が必要な場合も少なからずあります。 未経験から派遣の仕事を始める場合には、まず自分のやりたい仕事や方向性を決めた上で必要に応じてアルバイトや資格の勉強を行うことで経験やスキルを積むことが必要です。また、同じ派遣の中でも難易度の低い仕事から始めるというのも一つの方法です。しかし、人気の業種や職種の場合には応募が集中して派遣の仕事が決まらないこともあるものです。その場合には勤務時間や給与など優先する条件を見直すことも必要になります。 また、20代から30代、40代と年代があがるにつれ、仕事のプロとして求められることも少しずつ変化をしていきます。高い年代になるにつれ、職場のまとめ役としての業務に携わる可能性もありますので、将来を見据えたキャリアづくりが大切になります。 また、契約社員にかぎらず職場では仕事のスキルや人間関係などに悩むことも多いものです。手順を踏んで一つずつマスターすることや自分の中で人づきあい基準を決めていくことなどでそうしたストレスの対処することができるでしょう。派遣会社は数多くの会社があり、地域や扱う仕事にもそれぞれ特徴があります。自分にあった会社といくつか付き合い、着実にスキルアップを目指していきましょう。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング