IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

薬剤師に多い転職理由・面接や履歴書に記載する点のマイナスとプラス

職種研究

薬剤師は転職する人が多い職種ですね。薬剤師が転職する理由はどういったものなのでしょうか。また、転職活動で履歴書に書くべき転職理由は?薬剤師が転職する理由と、履歴書への転職理由の記載の仕方や面接時の答え方についてまとめましたので、ご参照ください。

更新日時:

薬剤師に多い転職理由

一般企業に比べて、薬剤師は転職する人が多い職種です。薬剤師の方はどんな理由で転職を決断するのでしょうか。薬剤師が転職する理由は大きく分けて3つあります。それは「年収アップ」「人間関係」「労働環境」です。 但し、転職するには現在の職場を辞めなければなりませんが、その際にこれらの理由をそのまま伝えると強い引き止めに合う可能性も高くなります。そのため実際の転職理由と現在の職場を辞めるための転職理由は異なる理由とする必要が出てくる場合があります。

薬剤師の転職理由-年収アップ

薬剤師の転職を決意するときに、親の介護や子育てなどを転職理由に挙げることがありますが、年収アップが理由だという場合も多いのが現実です。薬局でも病院でも薬剤師として働く以上は誰もが年収を上げたいと考えます。特に病院勤務の薬剤師は大病院になるほど年収が少ないため、今後のことを考えて調剤薬局などに転職するケースは多いです。 また家族を養わなければならないために、病院勤務の薬剤師から調剤薬局やドラッグストアへ転職する男性薬剤師も多いです。そしてなぜ転職するかの明確な理由を持つことが重要です。目的をもって転職することは、転職成功の秘訣です。 例えば、なんとなくぼんやりと年収アップを狙って転職したとしても、実際に勤めてみると多少は年収が上がったが、思っていたよりも変わらなかった、それよりも環境が悪くなった、なんてことになりかねないからです。 明確な目標をもって転職に臨めば、就職すべき薬局やドラッグストア、調剤併設のドラッグストアなど、自分の状況に合う就職先が見つかりやすくなります。

薬剤師の転職理由-人間関係

薬剤師の転職理由として年収アップと同じくらい多いのが職場環境の悪化です。薬剤師は薬局や病院調剤部など狭い世界の中で仕事をすることになります。そのため、その中で人間関係が悪いと転職を考えるのです。 人間関係の悪化では上司との関係である「縦の関係」と同僚や事務員との関係である「横の関係」がありますが、特に「縦の関係」による転職が多いのです。また病院の場合だと薬剤部長との意思疎通の悪化や看護師との関係悪化が原因の場合もあります。

薬剤師の転職理由-労働環境

薬剤師の職場環境に関しては、人間関係のほかに労働環境による転職も多いです。人が足りないために、忙しすぎたり夜遅くまで残業して働かなければならなかったりと労働条件が悪いことによる転職になります。たとえ働き始めたときに労働環境が良かったとしても、周囲の環境が変化することで一気に労働環境が悪化することは有り得ます。 例えば、調剤薬局の中で仕事のできる人が1ヶ月で2人も辞めてしまって急激に仕事量が増える状態に陥るなどです。こうした職場の労働環境悪化による薬剤師の転職は多いですが、求人案件を探す場合は前述したように転職理由を明確にするようにしましょう。労働条件が原因であれば、具体的に「勤務時間が決まっている」などしっかりと確認する必要があります。

薬剤師の転職理由-その他

薬剤師の転職理由の主な理由は上述したように「年収アップ」「人間関係」「労働環境」の3つですが、その他にもキャリアアップのための転職もあります。慢性期病院から急性期病院への転職や調剤薬局から在宅メインの薬局への転職など、同じ業態でも違う業務を行う職場への転職になります。

薬剤師が面接や履歴書で書くべき転職理由

では、転職する際に新たな職場へ説明する転職理由はどういった理由を伝えれば良いのでしょうか。退職理由については高い確率で面接時に聞かれることとなります。現在他の職場で働いている場合は、転職理由を述べましょう。 また結婚や出産で一旦退職していた場合は復職理由を述べます。企業にとって採用は非常に重要で採用した人材にすぐに辞められたのでは意味がありません。企業は採用のために大きなコストを払い受け入れようとしているのに、すぐに辞められてしまったらお金と労力の無駄になるからです。そのため退職理由や転職理由については、きちんとした内容を書かなければなりません。 例えば、2回以上転職しているのであれば、企業側が納得するように、それぞれに対しての退職理由を考えなければなりません。企業側が退職理由を質問するのは、「この人は不満ばかり述べて、職場の和を乱してすぐに辞めてしまうのではないか」「トラブルメーカーではないのか」という不安を払拭できるのか見極めるためです。 そのため、退職理由を述べる場合は、前職のマイナス点は述べないようにしなければなりません。「給料が安い」「人間関係が悪い」「会社の方針に疑問を感じた」などの転職理由は、たとえそれが真実だったとしても、面接や履歴書では述べないようにしましょう。薬剤師が面接や履歴書で書くべき転職理由とはどんなものになるのでしょうか、一例です。 現在薬局に勤めておりますが、スキルアップを目指して在宅医療を手がける調剤薬局への転職を希望しております。調剤を行うだけの薬剤師よりも、在宅医療も行う薬剤師の方がより個人との繋がりも感じることができるし自らのスキルアップにつながると思うからです。 スキルアップが転職理由となると前向きに捉えてくれますし、印象も良いでしょう。その他にも結婚して子供が生まれるため、家族を養うために年収アップを意識したということでも問題ないでしょう。但しこの場合は、数ある調剤薬局の中でなぜそこに応募したのか、という理由をしっかりと入れる必要があります。

薬剤師の転職理由でマイナスになること

薬剤師の転職理由は、上述したように様々にあります。女性の割合が多いため、結婚、出産、子育てなどのライフスタイルの変化による転職も多いです。キャリアアップを目指すような前向きな理由もあれば、不満が理由の場合もあります。これらの転職理由のうち、マイナスとなる転職理由を以下にまとめました。

薬剤師のマイナスとなる転職理由-人間関係がイヤ

人間関係が元で転職理由を考えるという人は多いです。特に薬局などは女性が多く狭い人間関係の場合も多いため、人に合わせたり干渉されたり意見がぶつかる、などちょっとしたトラブルから人間関係がダメになることも多々あります。困った人が一人いるだけで、空気が乱れて居心地の悪い職場になり得るのです。 しかしこのような人間関係が原因で転職に踏み切った場合でも、正直に「人間関係が嫌になって辞めました」と面接で言ってしまってはマイナス評価になる可能性が高いです。採用先は長く働いてくれる人を採りたいと考えています。 人間関係が理由の場合ですとあなたにも問題があったのでは、と思われてしまうからです。またすぐに辞められては困りますので、今のメンバーとうまくやっていけそうか、忍耐力があるか、コミュニケーション能力が低くないかなど様々な点でチェックする際に、あなた自身の人間性の評価が低くなってしまうのです。 そのため不満を前面に出さずに前向きな理由を答えるように準備しましょう。人間関係が原因だった場合でも本当の理由は言わない方が無難です。但し、応募した職場については事前に可能な限り見学させてもらったり、雰囲気や社風などの情報を仕入れる努力をしましょう。

薬剤師のマイナスとなる転職理由-自分の都合しか書かない

なぜこの会社を選んだのか、その理由が自分の都合のみ書かれるパターンです。転職理由として前の職場に問題があった、自分としては、○○を望んでいる、などの内容は記載しても良いかもしれませんが、それのみでは自分のことばかり考える人という印象を持たれてしまいます。志望動機以外の部分でうまくアピールしないと採用には繋がらない可能性が高いのです。そういった自分の都合ばかりを書く人のNGなパターンが以下になります。 ・仕事とプライベートの両立ができる環境 残業がないから、などのストレートな理由を書くよりはポジティブな印象はありますが、残業嫌なのかな?休みの希望が多いのかな?勤務の融通がきかないかな?と疑問を持たれてしまいます。 ・家から通いやすいため、住み慣れた環境だから 職場を選ぶ上での大切なポイントですが、これだけだと通いやすければどこでも良いという印象を持たれてしまいます。但し、パート勤務の場合は例外です。子育て中の薬剤師の場合は、そのような理由でも働いて欲しいと考える会社は少なくないからです。

薬剤師のマイナスとなる転職理由-自分の成長のみを目的にする

自分の成長のためにという志望動機はプラスな印象はありますが、これのみでは、アピールに欠けます。会社としては、社員に成長して欲しいのは当たり前だからです。しかし、それは募集要項にあった仕事をしっかりとこなした上でのことです。会社にどのように貢献してくれるかもわからないままに、個人的な成長のみを述べたのでは、相手側としても採用したいとは思わないのです。自分の成長のみを転職理由にあげた、よくあるダメな転職理由が以下になります。 ・様々な診療科を経験したい 単純に様々な診療科を経験したいという志望動機は、中途採用の薬剤師にとってアピールにはならないかもしれません。例えば、チェーン薬局にとって店舗異動を受け入れてくれる薬剤師は非常にありがたい存在ですが、いろいろな診療科を経験したいから店舗異動させて欲しいと言われると、そのときの会社の状況によっては、保証できないことだからです。 しかも、かかりつけ薬剤師制度ができてからは、一店舗に腰を据えて勤務し続けてくれる人材が欲しいという薬局も増えてきています。多くの薬局チェーンでは、薬局実務経験3年未満の新人薬剤師に多くの店舗を経験させて、3年目以降の薬剤師には、かかりつけ薬剤師として、1つの店舗で勤務を期待していることが多いようです。そのような事情から、管理薬剤師としての経験を積んで、複数店舗を任せられるマネージャー的な役職になってから、ようやく異動するケースが増えているのが現状のようです。 ・充実した研修体制に魅力を感じた チェーン薬局にとっての研修体制の充実は、一つのアピールポイントです。そこに魅力を感じて就職を希望する薬剤師を獲得できるのは、研修体制に自信を持つ薬局にとっては、嬉しいことです。しかし、採用を担当する人事としては、そこに魅力を感じて応募してきた薬剤師の中から、会社の考える方向にきちんと成長してくれる素質があるかを見極めます。そのように考えると、研修体制に魅力を感じているだけでは、あまりアピールポイントにはならないのです。 ・店舗業務だけではなく、経営の勉強もしたい 向上心のあるポジティブな印象のように思いますが、実際に色々と話を聞くと、まだそのレベルにない人が多いです。勉強したいという思いは大切ですが、そこに至るために自分がどうすればいいのか、会社にどう貢献できるのかをよく考えてみましょう。その対策ができて、初めて言える転職理由だということです。

薬剤師のマイナスとなる転職理由-具体性がない

肯定的な転職理由に思えても、その理由に具体的な内容が書かれていない場合は上辺だけの表現になってしまうものも多いです。具体的なものがないのに、突っ込んだ質問をされて、うまく返せずに無難だと思って書いたということがバレてしまうということも有り得ます。具体性がない転職理由にありがちな例が以下になります。 ・企業理念に共感した その会社の企業理念を読んで理解した上で書いたのであれば、良いでしょう。しかしよく聞くと、共感したというその企業理念すらちゃんと覚えていないというケースもあります。企業理念に共感したと言われると、人事担当者としては、他社と比較してどうしてうちの企業理念に共感できたのかを聞きたくなります。そこが明確に答えられるのであれば、プラスに働くかもしれませんが、そうでない場合はかえってマイナスになってしまう恐れがあります。 ・地域に根ざした薬局を作りたい 一見ポジティブな理由ですが地域に根ざすというのは、現在ではどこの薬局でも目指すところです。人事担当者としても「それで、結局のところ、うちの会社を選んだ理由は?」と聞きたくなるのです。 ・自分の経験を活かしたい これまでにどんな経験を積みその会社でどのように活かすことができるのか、そういう具体的な内容が書いてあれば良い志望動機となりえます。しかし、具体的なことが書いていないのにこのようなことが書いてあると、弱い転職理由になってしまします。

薬剤師の転職理由でプラスとなること

薬剤師の転職理由としてプラスとなるものとしては、やはりスキルアップをうまくアピールするのが良いでしょう。その時のポイントとしては、自分が何をどのように学びたいか、どんな薬剤師になりたいかを明確にしておくことです。 例えば「高齢化社会に対応していくために、在宅医療にいち早く取り組んでいる貴社の薬局でスキルを身につけて貴社に貢献したい」とか「ドラッグストアで接客を学んだが、将来自分の薬局を開業したいため、教育体制の整った調剤薬局で腰を据えて学びたい」とか「入院患者対応で、西洋医学だけでなく予防医学の重要性に気づいたため、漢方についての知識を深めたい」など、今までの自分の経験やスキルを活かしつつ更に何かを習得したいという意欲を伝えましょう。 スキルアップという言葉は使いやすい言葉ですが「視野を広げるために新たな仕事に挑戦したい」という気持ちと「今の仕事に飽きたから、新たな仕事をやってみたい」という気持ちでは明らかに差が出てきます。目標をしっかりともって熱意をもって臨んでみることが必要です。薬剤師の認定制度も充実してきており、専門性の高い薬剤師が求められる時代になってきています。そのため、スキルアップを望む薬剤師は増えてきています。

薬剤師の転職理由でプラスになること-自分の言葉で

最近は、本やネットの文章をそのまま志望動機に書くケースも珍しくありません。採用担当者に失礼のないようにマナー重視した結果、そんな丸写しになってしまうのだと思いますが、どこかで見たことのある無難な文章だと、採用担当者の方にも響きません。 逆に、上手でなくても自分の言葉を選んで書かれた転職理由だと、採用担当者の心に残る場合があります。文章の上手、下手はあるかもしれませんが、自分で吟味した言葉で記載することが重要です。

薬剤師の転職理由でプラスとなること-選んだ理由

会社としては、長く働いてくれる薬剤師を優先的に採用したいのですが、そのためにも他社と比較して、自社のどこに魅力を感じたのかを具体的に記載されていると採用担当者も納得しやすくなります。その上で、採用担当者が会社の経営方針や活動に賛同してくれていると感じれば、是非一緒に働きたいという気持ちになるのです。

薬剤師の転職理由でプラスになること-好きだった業務

前職での経験やその中で就職後に活かせるスキルなど、自分の能力をアピールする薬剤師もいますが、どんな業務が好きなのか、またその理由を述べると良いでしょう。 どういった業務に対して積極性をもってくれるのか、前向きに仕事に取り組んでくれるのかを知ることで、人事の方は具体的に就職後に任せたい仕事をイメージできるからです。

薬剤師の転職理由でプラスとなること-就職後の働き方

就職後の姿というのは、近い未来の姿です。表面的な内容ではなく、就職後の働き方に繋がるような具体的内容を教えてほしいと人事の採用担当者は思っています。 自社に入社した後に、具体的にどういった仕事に取り組んでくれるのか、というリアルな仕事につながることを転職理由に盛り込むことは、採用担当者への良いアピールになるのです。

薬剤師の転職理由でプラスとなること-キャリアプラン

これは、前述の就職後の働き方の更に未来になります。キャリアプランを描くことで、どのような分野の仕事にモチベーションをもって臨めるのかを探ることができるからです。 採用担当者としては、将来的にどのような姿を目指していくのか、その薬剤師の将来像が会社で叶えられるのであれば、長く働いてもらうためにも、そのキャリアプランに沿った形にしたいと考えます。また、そういった将来像を知ることで、その会社と応募者との相性もわかるので、そういった内容が盛り込まれているとプラスに働く場合があります。

薬剤師が面接で聞かれる質問

薬剤師が転職活動をしていて面接でよく聞かれる内容はどういったものなのでしょうか。以下にまとめました。

薬剤師が面接で聞かれること-自己PR

あなたのこれまでの薬剤師としての経験から、あなたの長所が何か、また採用した場合にどのように貢献してくれるのかを判断するために聞かれます。このとき、自己PRの型として最も一般的で受けが良いのが、逆転的言い回しになります。例えば、最初に大きな壁があったということを言い、悩み、行動し、自分がどのようにしてその壁を乗り越えたのかといったストーリー仕立てとするのです。例えば、以下のような文章となります。

薬剤師の面接ー自己PR(例文)

(例文) 私の長所は行動力があることです。私は、病院薬剤師として働いておりました。勤め始めて2年目のときに病棟業務に携わるようになりましたが、医師や看護師との意思疎通がなかなかできずにいるために起こるミスが多発している現状に疑問を持っていました。 そのため私は病院内システムの活用を思いつきました。具体的には、各患者毎にグループメールを作って、そこで特に知らせておくべき重要な点を書くようにして情報を共有するということです。最初は一方的な提案で、なかなか医師や看護師側が受け入れてくれませんでしたが、数ヶ月経過した頃から情報の共有についての重要性を認識してくれるようになって活用されるようになりました。 その後仕事上でのミスも少なくなり、円滑に業務が回るようになりました。新たなことを提案することの難しさと共に、行動に移すことの重要さを学びました。このようなことから私の強みは行動力だと自負しております。 このような具体的内容をもとにストーリー仕立てで説明をすると、採用担当者の人にもわかりやすく受け入れてもらいやすくなります。

薬剤師が面接で聞かれること-なぜ弊社へ応募したか

経営者や採用担当者は、自分の会社をなぜ受けたのかが気になります。他の薬局ではなく複数ある中から選んだ理由に興味があるのです。求人先である調剤薬局や病院、ドラッグストアのホームページがあるのであれば事前に調べておくようにしましょう。 また、求人票から他と違う点を探しておくことも重要です。「なぜ、多くの薬局の中から、ウチの会社を選んだのか?」の質問の答えは志望動機にあたります。志望動機については面接で必ず聞かれる内容のため、事前にどう答えるか(履歴書にどう書いたかも含めて、辻褄が合うように)よく考えておきましょう。

薬剤師の面接-なぜ応募したのか(志望動機)の例文

(例文) これまで調剤薬局で3年勤めて参りましたが、その中で私自身が体調不良に悩まされていました。その時はサプリメントや漢方薬、食事の改善など試してみました。そうした中で徐々に体調が良くなったのですが、その経験から病気をケアするのは薬だけでなく栄養を含めたトータルケアと指導が必要なんだと気づきました。そこで、調剤併設のドラッグストアとして医療用医薬品やOTC薬を扱うだけでなく、健康食品や漢方に精通し地域貢献のための定期的なイベントを開催する御社への仕事内容に興味をもちました。薬を渡して服薬指導するだけでなく生活面のアドバイスも含めて地域に根ざした活動をしたいと思い、御社への入社を希望しています。 このように求人先の薬局や病院などの企業に沿った志望動機を述べるようにしましょう。その会社独自に実施していることなどを志望動機に盛り込むと、面接での受けも良いかもしれません。

薬剤師の転職には準備が重要

いかがでしたか。薬剤師は高給取りというイメージですが転職も非常に多い職種で、故に転職の際には他の薬局や病院と応募先企業の違いを調べたり志望動機や転職理由をしっかりとまとめておくことが必要だということがわかりました。 薬剤師は国家資格で安泰と思われがちですが、間違った転職活動をしてしまうとせっかくのキャリアも無駄になってしまったり、思わぬ結果になるリスクもあります。自分がどのようになりたいのか、何を優先して転職したいのかをよく考えて、より良い転職活動をしてキャリアアップや給料アップを実現していただければと思います。

関連タグ

アクセスランキング