IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

グラフィックデザイナーの派遣の仕事内容と求人サイト紹介

ビジネスマナー

グラフィックデザイナーという職業はご存知でしょうか。言葉自体は知っていてもどのような仕事か知らないという人は多いでしょう。実はグラフィックデザイナーは未経験でも派遣から挑戦出来る職業です。今回はグラフィックデザイナーの派遣の求人サイトなどを紹介します。

更新日時:

グラフィックデザイナーになるためには?

グラフィックデザイナーになるためには?

世の中には様々な職業があり、明確な目的を持って仕事をしている人もいれば、就きたい職業に就くことが出来ず、ただ漠然と目の前の仕事をこなしているという人もいるでしょう。職業に就くためにはそれぞれに応じたスキルが必要になりますし、誰もが簡単に出来ない特殊なスキルが必要な職業もあります。 しかしどの職業を目指すにしても不可能なことはありません。挑戦する気持ちを持ち、必要な努力をすればどんな職業にでも就くことは出来ます。今回はグラフィックデザイナーについて紹介しますが、そもそもグラフィックデザイナーにはどのようにしてなればいいのか、その方法はご存知でしょうか。グラフィックデザイナーはハードルが高いと感じる人も多いですが、実は派遣からでも始めることが出来る仕事です。

必須条件や資格

新しい職種に転職したり、未経験から始めるとなるどのような資格や知識が求められるのか、要資格保有でなければ募集要項に満たないのか気になる部分です。グラフィックデザイナーの場合はどうなのでしょうか。 グラフィックデザインと一言でいっても幅広く制作物は多岐にわたります。そのため製作物によっては未経験であっても始められるものもあります。グラフィックデザイナーには必須の条件や資格はありませんので、派遣などからでも気軽に始めることが出来る仕事です。

役立つスキルや経験

グラフィックデザイナーになるためには必須の条件や資格などはないもののあれば有利になるスキルや経験というものはあります。実務経験があればそれだけでかなり有利になりますし、グラフィックソフトが自在に扱えるなどもかなりの強みになります。 グラフィックデザイナーにはパソコンスキルが必要になりますので、それらがあれば仕事を始める上で有利になります。もちろんそれらのスキルや経験がない、全くの未経験でも問題はありません。デザインやグラフィックに興味がある、トレンドを追うのは好きなどもグラフィックデザイナーにとっては重要な資質ですので、それらを活かして派遣先を探していきましょう。

グラフィックデザイナーの主な業務内容とは?

グラフィックデザイナーの主な業務内容とは?

グラフィックデザイナーに対しておしゃれ、カッコいいなどの漠然としたイメージを抱えている人は多いですが、実際の業務としてはどんなことをしているかご存知でしょうか。ほとんどの人が漠然としたイメージを持っているだけで業務の詳細については知らないことが多いです。 グラフィックデザイナーを目指すのであれば当然ながらどのような仕事なのか、その業務内容を知っていなければなりません。いざなってみれば思っていたものと違ったとなると続けるのも難しいですし、グラフィックデザイナーになる前に理想と現実のギャップを正しく埋めておきましょう。

業務内容

グラフィックデザイナーの主な業務内容はグラフィック、つまりCGなどを使用してデザインを考えていくことです。多くの人が勘違いしがちな点ですが、グラフィックデザイナーは芸術家ではありませんので、自由に作品を作るというわけではありません。 クライアントのイメージをデザインに起こしていくのがグラフィックデザイナーの仕事ですので、自分の我を通すのではなく、あくまでもクライアントの求めるものを忠実に再現するというのが仕事になります。クライアントの要求を正しく読み取る力も必要ですし、それを形にするデザイン力も必要になります。 またグラフィックデザイナーは他のデザイナーとチームで仕事をすることも多く、コミュニケーション能力も必要な仕事です。

グラフィックデザイナーの派遣の仕事紹介サイトは?

グラフィックデザイナーの派遣の仕事紹介サイトは?

グラフィックデザイナーとして仕事をしていくためには企業に就職する、個人で事務所を立ち上げるなど様々な方法があります。すでに実務経験があるのであれば転職も素早く決まるでしょうし、場合によっては個人事業主として仕事を始めてもいいでしょう。 しかし未経験でグラフィックデザイナーに挑戦する場合にはどこかに就職しなければなりませんし、そのハードルも高いです。グラフィックデザイナーは未経験でも始められる仕事ですが、いきなり正社員になるのは難しいです。 そのためまずは派遣から始め、スキルを身に付けていくのがおススメです。派遣であれば就職のハードルも低いですし、様々な企業へ修行のつもりで派遣社員として飛び込んでいきましょう。

デザイナー・クリエイターの求人・転職 「優クリエイト」

「優クリエイト」は、グラフィックデザイナーやWebデザイナーの正社員求人紹介や転職支援、人材派遣などに特化しているクリエイター専門のサイトです。クリエイターと企業を人材紹介、人材派遣で紹介しているので、DTPオペレーターやディレクター、編集などの求人も多数取り扱いがあり、選択肢も豊富です。

Graphical gob

「Graphical gob」は、WEBデザイナーを多数募集している、求人サイトです。特にデザインの派遣社員や、アルバイト募集情報情報が豊富ですので未経験の人にもおすすめのサイトだと言えます。

広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン

「広告・Web・マスコミの求人情報・転職支援はマスメディアン」では広告やWeb、マスコミ職種の中で、最大規模の求人数を誇るサイトです。サイトの規模が大きく、非公開での依頼を受けることもしばしばありますので、その分チャンスも多いでしょう。 経験者から未経験まで様々な人の職探しにおすすめのサイトだと言えます。

クリエイターズNAVI

「クリエイターズNAVI」では、全国規模でグラフィックデザイナーを含むデザイナーやクリエイター職の求人情報を掲載しているので、希望エリアを選択しての検索が可能となっています。地域を絞ってのピンポイントでの職探しにオススメです。

クリエイターの求人・派遣 株式会社アスタリスク

「クリエイターの求人・派遣 株式会社アスタリスク」はグラフィックデザイナー、DTP オペレーターを中心に、クリエイティブ業界に特化した派遣会社です。主に東京都内、首都圏近郊エリアへの求人、派遣に特化しているので、特に都内近郊で仕事を探されている方に向いている求人紹介サイトです。

グラフィックデザイナーの収入は?

グラフィックデザイナーの収入は?

グラフィックデザイナーとして働くことはハードルが高いと思う人は多いですが、実際には実務経験者はもちろん、全くの未経験であっても派遣社員などから始められる非常に間口の広い職業でもあります。 就職のハードルが低いのであれば挑戦してみようと考える人は多いでしょうが、給料についてはどうなっているのでしょうか。働く上では仕事から得られる満足度や達成感なども大切ですが、その対価となる給料は非常に大切な問題です。派遣であれば当然正社員に比べれば給料は低くなりますが、グラフィックデザイナーの収入は一体いくらぐらいなのでしょうか。

300~400万円前後

グラフィックデザイナーの派遣の平均年収としては300~400万円ぐらいであることが多いようです。もちろんこれは派遣の場合であり、正社員として働いていたり、個人で事務所を開設している場合などはさらに年収は高くなります。 年収はそれほど高くありませんが、これはあくまで派遣としての金額です。その他の職種であっても派遣の場合は同程度の年収であることも多いので、グラフィックデザイナーの派遣が特別に年収が低いというわけでもありません。

派遣から成長する

グラフィックデザイナーになるための方法やグラフィックデザイナーの派遣や求人サイトを紹介しましたが、グラフィックデザイナーは一般的なイメージよりも挑戦しやすい職業です。未経験であっても派遣社員からであれば簡単に始めることが出来ますし、派遣でしっかりとグラフィックデザインのスキルを身に付ければ正社員として働くことも可能です。 グラフィックデザイナーにはスキルだけではなく、様々な能力が必要です。以前は全く別の職種で働いていたとしてもその時に培った能力が役立つこともあります。未経験であれば派遣社員からのスタートになることも多いですが、まずは修行だと思って基礎を学び、グラフィックデザイナーとして成長していきましょう。

Mayonezがおすすめする派遣サービス5選

あなたはどんな働き方をしたいですか? ・ワークライフバランスを重視したいすっきりとした人間関係でいたい会社の外に仕事の相談をできる人が欲しい これらのどれかに当てはまる人がいたら、「派遣」という働き方を考えて見てもいいでしょう。 下記の記事で、派遣で働くことのメリットMayonezがオススメする派遣サービスを紹介しているのでチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング