IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

HR業界に転職する方法|転職サイト・未経験からの転職

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

「人材業界に転職したいけど必要な資格とかあるの?」「人材業界に未経験でも転職できるの?」そんな気になるHR業界、すなわち人材業界の業務内容や仕事内容、人材業界に必要な資格や有利な資格や転職するための自己PRの書き方や例文について解説していきます。

人材業界の転職方法+未経験でも人材業界に転職可能?+人材業界の求人に強い転職サイト・エージェント+人材業界からの転職にな転職先

人材業界とは即戦力を求める企業のための人材を提供する業界

人材業界とは一言で言うと働きたい人材と即戦力を求める企業のための的確な人材を提供する業界の事です。働く人と企業の間に立って人材を派遣したり求人サイトを運営を人材を募集する事で企業の求めている人材を集めるためのサービスを提供したり、人材の紹介や企業との間に立って仲介をし仲介料を報酬としてもらうことで成り立っています。

人材業界の業種の分類 4種類に分類

人材業界といっても多種多様のサービスを提供しています。人材業界を分類すると4種類に分類する事ができます。ここからはそんな4種類の業種について解説していきます。

①人材派遣

人材派遣とは派遣元である派遣会社に登録している労働者を派遣先の企業へ派遣します。派遣会社に登録はしていますが、働く場所は派遣先の企業です。派遣先の企業の指示に従い働きます。派遣会社は派遣先の企業に労働者を派遣する事で料金を報酬としてもらい利益を得ます。

②人材紹介

人材紹介は厚生労働大臣からの認可を受けていないと営業できません。企業から求人の依頼を受けて、企業が求めている人材を紹介するサービスの事を言います。人材派遣と勘違いされやすいので違う点を挙げていきます。人材派遣は派遣会社と契約を結び派遣先企業に派遣しますが、人材紹介は人材紹介をするための仲介をします。 また人材紹介の場合はほとんどが正社員として人材を紹介します。つまり人材紹介をする事業所とは労働契約は結ばす、紹介先の企業との労働契約を結ぶことになります。ここが人材派遣と人材紹介の違いなのです。このように派遣先と企業のマッチングをするサービスなのです。

③求人広告

求人広告とは企業が募集している求人情報をweb媒体や紙媒体で一覧にして仕事を探している求職者に求人情報を提供するサービスです。タウンワークやマイナビなどの求人サイトをイメージしててもらうと分かりやすいでしょう。 これらのサイトや紙面の運営や作成したり、広告を出す事で知名度を上げたりしてさらに利用者を増やしていく業務です。デスクワークだけではなく、営業業務にありますので営業の経験も活かせます。

④人材コンサルティング

人材コンサルティングとは企業や労働者の相談に乗り解決策を導き出すお悩み相談のようなサービスの事です。企業の人事制度を一から作り出したりと人材に関する業務です。労働者が悩んでいる時に的確なアドバイスをしたり、改善案を提示したりする事で人材の成長を見る事もできるやりがいのある仕事です。

人材業界の仕事内容

人材業界の仕事内容について解説していきます。

人材を求めている企業と仕事を探している求職者が顧客

人材業界は人材を求めている企業と仕事を探している求職者が顧客です。行う仕事内容も企業と求職者では違いがあります。

人材派遣の仕事内容

人材派遣の主な仕事内容は派遣登録者のための説明会の司会や説明を行う業務や派遣登録会に来社した登録者のプロフィールやデータの登録業務や派遣先企業や派遣登録した派遣社員の電話対応業務や新規開拓先を営業する業務などの業務があります。

次のページ:人材業界の魅力とやりがい
初回公開日:2017年07月30日

記載されている内容は2017年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング