IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「成功する転職と失敗する転職」成功例と失敗例

ビジネスマナー

今回は20代の転職方法について紹介します。20代にはまだまだ転職するチャンスがあります。異業界への転職も、20代には可能性があります。そのため今転職を考えている方は、今回紹介する転職方法を参考にして、転職活動を行ってください。

更新日時:

20代転職について

転職したいと考えている20代の方の中には、今の職場が自分と合っていないと感じている方や、本当にやりたい事が見つかった方など、様々な理由から転職を考えていることでしょう。 もし本当に覚悟を持って転職したいと思うのでしたら、20代のうちに転職することをおすすめします。特に現在働いているところとは違った業界や職種を考えている方は、20代のうちに転職してください。30代を超えてからでも、異業界に転職できないことはないのですが、やはり難しいのが現実です。企業にとって、まだ経験の浅い20代の方が教育しやすいことなどの理由があるからです。 しかし、20代にも転職するべきタイミングがあります。次にそのタイミングについて紹介します。

20代で転職するタイミング

20代で転職するにあったても、タイミングは重要です。一般的に言われているのは、最低社会人2年目までは、現在働いている会社で働くべきだということです。社会人1年目での転職は、企業によっては忍耐力が足りないと思われ、転職が厳しいのが現実です。もちろんできないことはありませんが、やはり最低でも1年間は現在の会社で働くべきです。 一番良いタイミングと言われているのが、社会人3~4年目です。ある程度のビジネスマナーや経験があり、さらに将来性や柔軟性もあるため、タイミングとしてはベストです。

20代の転職方法

それでは、転職方法をご紹介します。今回は「転職サイト」「転職エージェント」「ハローワーク」のこれら3つの転職方法をご紹介します。20代で転職を考えている方は、参考にしてください。

(転職方法1)転職サイト

現在、様々な転職サイトがあります。転職サイトの特徴は、自分で好みの企業を探せることです。自分のペースで好きな企業に応募できます。そのため、自分で転職活動をしていきたい人や、明確に行きたい企業がある方には、おすすめです。 しかし、逆に自分のペースで好きな会社に応募するということは、すべて自分でやらなくてはいけないということでもあります。応募や日程調整など自分で行わなければなりません。また明確に行きたい企業がない方は、たくさんある求人から良い企業を、自分で見つける必要があります。

メリット・デメリットはありますが、「自分のペースでやりたい」「この企業に行きたいから自分で応募する」といった方々は、ぜひ登録してください。登録する時は1つのサイトだけでなく、複数の転職サイトに登録してください。サイトによっても得意不得意があります。ひとつのサイトに全ての企業の求人が載っているわけではありません。そのため、複数の転職サイトに登録しましょう。

(転職方法2)転職エージェント

転職エージェントは、20代で転職(特に明確に行きたい企業がない人)におすすめの転職方法です。転職エージェントのメリットは、日程調整や履歴書の添削、模擬面接など、転職するうえでの様々なサポートを受けれることです。また転職サイトには載っていない非公開求人や、自分にあった企業などをエージェントが紹介してくれます。そしてもうひとつのメリットは、「ブラック企業に入ってしまった」という失敗がほとんどないことです。エージェント側が事前に、ブラック企業を求人から省いているため、そういった失敗を防ぐことができます。 しかしデメリットもあります。それはエージェントによって、善し悪しが分かれるということです。最初から良いエージェントにあたることができれば、良い転職ができます。しかしそうでない場合は、サポートが不十分だったり、エージェント側の都合を押し付けられたりすることがあります。そのため、エージェントの見分けが大切です。もし良くないエージェントに合ったてしまったら、エージェントを交代してもらいましょう。また、複数の転職エージェントに登録しておくことも手です。

(転職方法3)ハローワーク

最後に紹介する転職方法は、ハローワークです。ハローワークは厚生労働省の行政機関で、正式名は「公共職業安定所」といいます。 ハローワークのメリットのひとつは、地元のローカル企業の求人があることです。転職サイトにはない求人を見つけることができます。また職業相談や、おすすめの企業を紹介してくれます。さらに企業側は採用コストがかからないため、企業によっては採用者の目が厳しくないこともあります。 しかし、ハローワークにもデメリットはあります。ひとつは、ブラック企業の求人もあることです。転職エージェントのように、優良企業だけに絞るようなことはしていないため、ブラック企業に就職してしまう可能性もあります。またローカル企業が多い分、大手の気企業の求人は少ないです。

3つの転職方法について紹介しましたが、私のおすすめは「転職エージェント」です。自分で転職したい方や、行きたい企業が決まっている方は別として、20代での転職(特にはじめて転職する方)は、しっかりサポートを受けられる転職エージェントが良いと思います。しかしサポートを受けられるからといって、頼りっきりにしてはだめです。最後はしっかりと自分で就職したい企業を選びましょう。また、これらの方法のどれかひとつではなく、複数利用するのもいいかもしれません。

成功する転職方法と失敗する転職方法

ここで少し成功する転職方法と失敗する転職方法について、ご紹介していきます。

退職してから転職活動を行う or 退職しないで転職活動を行う

転職活動をする時に、「現在働いている会社をやめてから行うのか」それとも「やめないで行うのか」は迷いどころだと思います。しかし転職活動を成功したいのであれば、「やめないで行う」べきです。特に20代は金銭的にまだ不安定な状態です。やめてから行うと、お金の心配が生じて、あせって転職活動をしてしまう可能性があります。あせって転職活動をしても、転職先で後悔するだけです。じっくりと冷静に転職活動するためにも、現在働いている会社をやめないで行うべきです。

明確に

転職する上で大切な事は、様々なことを明確にしておくべきだということです。転職する理由、転職先の条件、自分がやりたいことなどをしっかりと明確にしてください。曖昧な感じで転職しても、「前の職場がよかった」といったことになってしまいます。それらが曖昧なうちは、現在働いている会社に残るべきです。

準備をしっかりする

転職するうえで準備は大切です。この準備をしっかりさせるためにも、先ほど述べた「やめないで、転職活動をする」「様々なことを明確に」が大切です。転職して後悔しないためにも、自分のことを明確にし、慎重に企業研究を行い転職活動をする必要があります。

20代でキャリアや実績がない人の転職方法

20代でキャリアや実績がない人は、この記事の前半で紹介した「転職エージェント」をおすすめします。エージェントの方々が、20代でキャリアや実績がない方にはどういった魅力を企業に伝えるべきかをサポートしてくれます。 また、20代でキャリアや実績がなくてもまだチャンスはあります。企業は20代に対しては、ポテンシャルを重視するため、まだチャンスはたくさんあります。

20代で転職する方へ

いかがでしたでしょうか。今回20代の転職方法について述べてきましたが、まず転職する前にもう一度、現在働いている会社ではだめなのかを考えてください。「成功する転職方法と失敗する転職方法」でも述べましたが、明確な転職理由がない方は、転職するべきではありません。そういった方は今一度自分の会社について考えてみてください。 もし、明確な理由がある方は、積極的に取り組んでください。20代はまだまだこういったチャレンジを行いやすい年齢です。どんどんチャレンジをしてみるのが得策です。

関連タグ

アクセスランキング