IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人手不足による倒産の原因・人手不足が深刻な業界

更新日:2020年08月14日

業界・企業研究

会社が倒産する原因に人手不足による倒産があります。労働者が減ってしまうと会社は運営をする事が難しくなるため最終的に倒産してしまうのです。実はいくつかの原因が重なった事で倒産する事もあります。今回は人手不足倒産の原因と人手不足が深刻な業界を解説していきます。

人手不足倒産5つの原因

人手不足倒産はなぜ起きてしまうのでしょう。その原因はどこにあるのでしょうか。人手不足倒産には5つの原因があります。以下に詳しく解説していきます。

①仕事が忙しいのに給料が安い

労働量と給料のバランスの崩壊

しかしバランスが崩れてしまうと人手不足に陥ってしまうわけです。 例えば、「忙しいのに給料が安い、」「休みがないのに給料が安い」等、労働に対してもらえる対価が低いとそれだけ人は不満を溜めこみ、いずれは仕事を辞めてしまいます。 そうなってしまうと徐々に会社や店舗から人がいなくなってしまうでしょう。

人が集まらずに店舗閉鎖、最悪は人手不足倒産

そして、元々忙しかった仕事はさらに忙しくなり、なんとか残っていた従業員だけでは仕事が回せなくなります。 人を増やしたくても労働と給料が見合ったものではないため、人手も集まらずいずれは店舗の閉鎖、その状態が続くと会社は倒産してしまうでしょう。 これが人手不足による倒産の理由の1つですね。

②会社に良いイメージが持てないため

会社のイメージは大事な事です。従業員が会社に対して良いイメージが持てない状態が続くどうなるのでしょう。 従業員は不満を抱いたまま辞めてしまいます。その従業員は不満をどこに向けるでしょうか。 人によってはその不満を知人や友人や家族に話してしまう人もいるでしょう。そうなると取り返しがつかない事もあります

第三者に話す事でさらに拡散する悪評

友人や知人に話したりした事で人によっては、その事をSNS上で話してしまう人もいるでしょう。 そうした悪評というのは拡散するスピードは速い物です。話した本人に悪意はありません。広めるつもりもないかもしれません。 しかし人はそうしたネガティブな話題を好みます。それを人に話したがるのです。

気づいた頃には評判の悪い会社

人手不足が悪化し店舗の閉鎖、最後には倒産

悪評が拡散され続けるとアルバイトや正社員を募集しても、いくら良い待遇で広告を出しても、人は集まりません。おまけに悪評のおかげで売り上げも伸び悩む事もあるでしょう。 そのような事が続くと店舗の運営も難しくなり、店舗の閉店まで追い込まれる事になります。 その状態が続くと当然売り上げが伸び悩み従業員への給料の支払いさえも難しくなり会社そのものを運営するのが難しいため倒産する事になるでしょう。

③労働者に即戦力を求めすぎる

即戦力を求めすぎると人は集まらない

初回公開日:2016年12月02日

記載されている内容は2016年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング