IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「実演販売」のコツと効果|必要な技術や実演販売の有名人

ビジネススキル

皆さんは「実演販売」というのをご存知でしょうか。中にはスーパーなどで実演販売を行なったことがあるという方も多いでしょう。そこで今回は実演販売のコツや効果などから実演販売で知られる有名人など様々な観点から「実演販売」をご紹介してきますので是非読んでみてください。

更新日時:

実演販売のコツと効果とは?

そもそも実演販売とは

物を売る、というのは本当に難しいことです。何しろ、そのものがどんなに素晴らしいものであろうとも実際に手にとってもらうことができないのであればそれは素晴らしさが伝わることがありませんし、素人には何がよくて何がよくないのか、ということがいまいちわかりにくいものも多くあるからです。 とにかく商品の高感度を高くする、という意味で芸能人などをCMなどに使ったりします。こうすることでまず取っ掛かりとしてその商品について知ってもらうことができる可能性があるからです。これも一種のマーケティングであり、まずもって無難なやり方であるといえるでしょう。非常に地味であり、地道なことではあるのですが、そうしたマーケティングの一つ、実演販売というのがあります。これは販売方法ともいえるのですが、販売戦略の一つでもあります。 これはどういう販売方法であるのか、といいますと実際に使ってみて、それを売ろうとするやり方になります。特に重要なのは口上になります。実演販売は街頭や店頭で巧みな口上を操りながら、往来の前で実際に商品を使ってみて、その商品のよいところ、性能を説明していき、販売をするやり方になります。メーカーの社員が販売店舗の一角をお借りして実演販売をしていることもありますし実演販売自体を個別に請け負って生業にしている人もいます。

啖呵売り

似たようなものに啖呵売りというのがあります。惚れて買う、ということが多いです。これは勢いのある文句、口上で、その商品のよいところを相手に伝えて買ってもらう、という意味では同じことになります。但し、そのもの自体が本当に素晴らしいのかどうか、ということよりも口上の上手さが売れるか売れないかの鍵となってきます。

マネキン

厳格に実演販売というわけではないのですが、店頭に立って売る、ということでマネキンというのがあります。スーパーなどで試食などを進めて販売する、ということです。マネキンは派遣でやっていることが多く、マネキン派遣会社というのがたくさんあります。 これは実演販売というよりは試食をさせようとする、商品のプロモーション程度のやり方ではあるのですが、商品のよいところを口上をして、ということがあります。ですから、一種の実演販売といっても過言ではないでしょう。こうしたやり方も一つの実演販売としてあるのです。

意外と歴史が古い

啖呵売りもそうなのですが、意外と歴史が古いのが実演販売になります。たとえばガマ油の実演販売などをしている江戸時代、時代劇などでやっていることを見たことがあるでしょう。これは実際に効果があったのか、というと別にそうでもないのですが、とにかく口上が面白いから買う、ということがあったわけです。 また、実際にガマ油は効果がそこまで極端に、というわけではないですが止血の効果はあります。ですから、よくないものを売っているわけではないのです。そこまで古い話としないとしてもバナナの叩き売り、というのは聞いたことがあるでしょう。これは実際に見たことがある人も多いでしょうが、これにはいくつかの事情があります。

当時、バナナは貴重なものであり、輸入規制がかかっており、それを路上で販売する、というスタイルであったわけですが、とにかくそこまで普及していた果物でもなかったので口上が大事であったわけです。ですから、このバナナがいかによいものであるのか、どんな食べ物であるのか、異国ではどんな食べ方をしているのか、などを口上で教えていたわけです。 実演販売といいますと高く売ろうとしている、というイメージを持っている人もいますが物自体はそんなに悪いものではないことのほうが多いですし、この手の実演販売は一種のイベントみたいなものですから、楽しみながら買う、というのが正しい姿勢であるといえます。

実際に使うこと

実演販売で大事なことは、実際にその場で使ってみて、見ている人に対して、その商品の素晴らしいところを認めてもらうことからあります。口上が詰まったりしますと見ていて不快になりますら、少しでも滑らかにできるように練習しています。その場でいきなり使うのではなく、前もって相当に練習しており、綺麗に使えるようにしておくわけです。 それこそが実演販売の基本であるといえるでしょう使ってみて、『簡単に見える』ということか大事になります。例えば特にいえるのが機械です。IT機器もそうですし、映像機器などもそうしたこともあります。つまりは、このように録画ができます、このように映像を見ることができます、といった感じで実際にやってみせるわけです。

それで、見ている人は『ああ、こんな風にすることができるのか』ということが相手に上手く伝わることが何より大事になります。実際に使うことになるわけですから、そのものに関して常にとても多くの知識を持っている必要があります。どこで作られたものであるのか、どんな風に使えるのか、どんな保証があるのかなどもそうです。実演販売といっても、いくつかのパターンがありますが相手から質問が飛んでくることもありますから、それに対してすぐに返答できるようにしておく必要性もあります。

売ることが目的か?

実演販売というのは実はそのものを多く売ることがそこまで目的ではないこともあります。つまりは、広告の一種であり、その時点で、その実演販売での売上自体が目的ではない、ということもあります。但し、そうしたこともある、ということであり、基本的にはそこでたくさん売りたい、と考えていることのほうが多いです。広告戦略の一つであり、草の根活動であることもある、という認識にしておくとよいでしょう。

実演販売で知られる有名人とは?

どんな人が有名なのか?

いろいろと実演販売で有名な人、というのはいたりします。たとえば最近ではレジェンド松下という人がいます。スーパーなどで実演販売をして、テレビなどに出演することもあり、非常に知名度が高くなった販売士です。 或いはジャパネット高田の高田社長なども有名でしょう。元々、販売士としてやっていたわけですが、テレビショッピングで上手い実演販売をしたことによって、通信販売、テレビ通販といえば高田、といえるほどに知名度が高くなった人です。

「実演販売」の技術とは?

販売の技術として

とにかく、実演販売とは実際にやってみせる、ということがポイントになります。これはどうなのか、こんな風に使える、というのをアピールすることができると相手も納得して欲しくなります。たとえば前述の高田社長などはこれから売ろうとするものを実際に社員に持たせてどんな風に使ったのか、ということを報告させていました。 メーカーなり販売元などの仕様書のみを見てやるのではなく、実際に自分たちが使って、このような面白い使い方ができます、といったような形で売っていたのです。今では当たり前のやり方になっているのですが、とにかく実演販売とは『実際にやってみる説明』というのが大きなポイントになっている、重要な技術となっているのです。

面白い販売法

実演販売といえば路上で実際に、というのが一昔前の当たり前のことであったのですが今ではテレビでやっていることもあります。要するに『実演販売』とは見せて売る販売法になります。古くはガマ油売りから、今ではネットショッピングでもそうしたやり方で販売しているところが多くあります。実際にやっているところを見てから買う、というのは消費者、購入する側としては何かとよい面があるといえるでしょう。 使い方を動画として、実際に見ることができる、というのは何かとメリットがあるといえるのです。実演販売とは、ここまで通信が発達した時代でもまだまだ現役の販売法であり、よいやり方であるといえるでしょう。

実演販売のコツを理解して実践で活用しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回は実践販売のコツや、実践販売の有名人など幅広くご紹介してきました。今回の記事の内容をしっかりと理解し、実際の実演販売に活かしましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング