IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エグゼクティブが転職する方法|転職エージェント・年代別転職状況

転職ノウハウ

企業の上級管理職などのエグゼクティブ。エグゼクティブの転職と言うのはあまり聞くことがあまりありません。しかし、近年ではエグゼクティブの転職も非常に多く行われています。今回は、少し謎に包まれているエグゼクティブ転職についてご紹介居たいたします。

更新日時:

昔から活況なエグゼクティブ転職とは?

企業の課長部長などの管理職クラスから取締役等の経営層までを一括りに表すエグゼクティブ。課長や部長などの転職と聞くと何か難しそうと考える方も多いですが、意外とエグゼクティブの転職と言うのは昔から、多く行われています。企業の社長でプロパーの生え抜きの社長が少ないというのも一つの証拠です。 昔行われていたエグゼクティブ転職の場合は、企業から直接本人を引き抜いたり取引先や関連会社のコネなどで転職を行う場合が多くの例を占められていました。しかし、現在のエグゼクティブ転職は少し変わってきています。

エグゼクティブ転職もオープンな市場になりつつある

前述したように、エグゼクティブ転職は、昔であればコネや引く抜きなど非常に閉じられた環境の中で行われていたことが多いため、クローズな転職市場でした。しかし、あなたの会社の部長格以上の方を見てみると、意外と生え抜きの方と言うのは少ないのではないのでしょうか。そして、意外と部長格以上が退職する場合も多いのではないのでしょうか。実は、結構エグゼクティブ転職というのは多く行われています。 そして、2000年代に入ってからは、エグゼクティブの転職が非常に開放的な市場になってきています。例えば、ユニクロの社長に就任していた玉塚氏なども良い例となります。また、社長を公募した企業などもあるくらいに、エグゼクティブの転職も非常にオープンな市場となってきているのも事実です。 そのため、近年では、エグゼクティブ転職希望者向けのエージェントからエグゼクティブ専門にヘッドハンティングを行う企業まで出てきています。転職市場自体も非常に活気づいていますが、エグゼクティブ転職も非常に活況です。

エグゼクティブ転職が活況の理由

では、なぜ現在エグゼクティブ転職が活況なのでしょうか。その理由を探ることで実は、エグゼクティブ転職におてい求められる人材も見えてきます。エグゼクティブ転職が活況の要因は、東日本大震災やリーマンショックなど、10年でビジネス自体がかなりドラスティックに変化することを企業は強いられています。しかし、今まで行ってきたビジネスの専門家は会社内に多いけれども、今後の変化に対応できるリーダーと言うのは少ない。そのため、外部から専門家を登用して、今後のビジネスの変化に企業が対応できるようにかじ取りをしてもらうために、エグゼクティブの転職は、非常に活況なのです。 この理由からわかるように、エグゼクティブ転職で求められる人材と言うのは、変わりゆきビジネスの環境に即応できてかつ現在のビジネス体形に精通している方が求められることが分かります。

エグゼクティブ転職で求められる人材は「二刀流」である

昔のエグゼクティブ転職で求められる人材と言えば、営業や経理などの専門家を求める傾向がありました。いわば、それらの能力一つにたけていることが求められており、その仕事を専業にしてきている人が理想の人物像でした。野球で言えば、イチローや松井秀喜のような、長打力やレーザービームなどの一つの分野で誰にも負けないものを持っている方が、エグゼクティブの転職でも求められていました。 しかし、現在のエグゼクティブ転職で求めれらるものは、正反対のものです。誰にも負けないというわけでは無いけれども、プロとしていくつかの分野を背負っていけるような人材が求められています。例えば、営業とマーケティングができたり、マーケティングと経理ができるようなマルチで今後活躍できるような人材をエグゼクティブ転職でも求められる傾向が非常に強いです。 そのため、野球で例えると二刀流で一世を風靡した、バッターもピッチャーもできる大谷選手のような、特定の分野では他にすごい人は多くいるけども、二つの分野でプロとして働ける人はこの人しかいないと思われるような人材が、エグゼクティブ転職でも求められています。

エグゼクティブ転職で求められる能力

エグゼクティブ転職で求められる能力は主に5つあります。ここでは、それらを少しご紹介させていただきます。 ・人脈 エグゼクティブともなると様々な企業に顔が効く方も方も多いため、企業としてもそれらの人脈が欲しくてエグゼクティブ転職を求める場合が多いです。例えば、大手商社の転職の場合求められる要件に石油関連に知見の多いなどと書かれる場合もあります。このように、エグゼクティブ転職の場合は、人脈の多さも求められる能力の一つです。 ・判断力 一つの部署をマネジメントするうえで必須と言える能力が判断力です。部下からの報告や状況を適切に判断することが出来なければ、仕事を進めていくことも困難です。また、求人先も判断力にたけた人材を求めることは多いです。 ・調整力 これは、中堅企業など多く求められる場合が多いです。また、大手企業から中堅企業へのエグゼクティブ転職も非常に多いため、エグゼクティブ転職をする方には必須の能力と言えます。中堅企業の場合は、オーナー社長も非常に多いため、オーナー社長と部署間の調整などに苦労する場合もあります。また、オーナ社長と気が合わずに調整に苦労して退職をされる方も非常に多いため、調整力の長けた方も求められる傾向があります。 ・推進力 営業部門などであれば、事業拡大などの際に積極的に推進を行ってくれる人材と言うのは、非常に重宝されます。また、管理職として、人と組織を動かしていくことのできる人材は、非常に重要です。そのため、推進力のある人材は、エグゼクティブ転職でも求められます。 ・複数の専門性 これは、先ほど書いたことに少し重複しますが、いくつかの専門性を持つことで今後本部長などに昇進した際に大いに生かせる能力です。例えば、営業部門の管理職として推進性を持っていても、本部長などになった際には、PLや会計の知識や財務の知識などは必ず必要になってきます。そのため、昇進をするほど会計知識などの様々な専門性を有している方が有利になる場合が多いです。

これらの能力をマルチで持っていることがエグゼクティブ転職では求められる

エグゼクティブ転職では、これらの能力を複数持っていることが理想の人物として求められます。例えば、新規事業の立ち上げの転職案件であれば求められるものは、その新規事業の分野の人脈を多く持っており推進力がある方です。 新規参入の場合は、会社何の組織を上手く動かす必要もありその新規事業を引っ張ってくれる人材が求められます。また、外部とのコネクションにより事業の立ち上げを更に遂行しやすくするためには人脈を求められます。 また、マーケティング部門などであれば、マーケティングの専門性やアイデアそして会計などの知識など複数の専門性を持ち合わせる必要もあります。また、企画などを上にあげて営業などを円滑に動かすための推進力や調整力も必要になってきます。このように、エグゼクティブ転職では、一つの能力にたけているよりも様々な能力を持ち合わせていることが、必要な条件になってきます。

大手と中堅企業のエグゼクティブ転職では求められるものも違う

大手企業へのエグゼクティブ転職と言うのはそこまで多くありませんが。大手企業と中堅企業ではエグゼクティブ転職では求められるものは違います。中堅企業の場合は、オーナー社長の下で働くため、調整力などのオーナー社長の右腕としての能力を見られる場合が多いです。 しかし、大手企業の場合は、経営層の意向をいかに体現できるかそしてあなたのいる部署の状況を適切に判断できるかなどの、経営力のようなものも必要となってくるため、調整力や推進力や判断力などを持ち合わせた人材を求める傾向があります。

持ち合わせておくと良い複数の専門性とは

複数の専門性と聞いて何を持ち合わせると相性が良いのかを考える方も非常に多いでしょう。専門性と聞いても、経営企画や財務や経理、人事など様々な専門分野があるため、どのようなものを持ち合わせることが良いのか考える方も多いでしょう。 持ち合わせると良い専門性で言えば、経営企画と経理などの水と油のような対局的な関係の専門性を持ち合わせることが良いです。その理由としては、まずその二つを持ち合わせている人材自体が少ないということや、経営層に助言ができるということで、ファイナンスコントローラーとして外資などでは重宝されます。 また、経理と経営企画と人事など、経営企画を一度経験していることは、非常に強みになります。経営企画と何かを組み合わせた場合は、複数の専門性として絶大な力を発揮することも可能になってきます。

エグゼクティブ転職の成功の秘訣は自己の認識がどれだけできるか

エグゼクティブ転職は、複数の能力を持っている人材を求められるケースが非常に多いことがここまでで分かりました。そのため、あなたがどのような能力を有しているのかを分析していくことが重要になってきます。あなたが何ができるのかそして今後どういうことがしたいのかどういうことを身に着けたいのかを分析していくことが大切になってきます。 あなたの得意分野や苦手分野そしてどのようなことを実現したいのかを、あなたの中で棚卸をして整理しておくことが大切になってきます。一番良いパターンは、自信の持てる部分では自信をもって正さなければいけないところは謙虚に見つめることができる内省ができる方がエグゼクティブ転職では必要な人材となってきます。

自己の認識を高める方法は?

今すぐ転職をするというわけではないけれども、転職をしたいという方には、自己の認識を今から高めておくことは非常にお勧めです。例えば、職務経歴書などを書いてあなたのこれまでのキャリアや仕事についての姿勢などを認識しておくことは大切です。そこからあなたの職務上の能力そして今後伸ばせる能力などを把握して、今の仕事に活かすことも可能です。 また、他業種間のディスカッションなどを行うことで、あなたがどのようにみられているかを客観視することができるため、他業種間のディスカッションも自己認識を高めるための有効な方法となります。自己の認識が高い方は、内省ができる方です。例えば、何か人にいわれたときに「私はそういう人間ではない」と突っぱねるような方は、内省ができない人です。その助言を受けて「その視点は自分にはなかった」と思える方が内省ができる人であり、組織などに求められる人材です。

己を知るということは、エグゼクティブ転職ではかなり重要な要因

通常の転職であっても新卒の就職活動であっても自己分析などは非常に重要であるといわれますが、エグゼクティブ転職においてはさらに重要であるといえます。あなた自身にどのような能力がありどのような実績を持っているかと言うのは、エグゼクティブ転職において重要な要因です。 そのため、日々あなたがどのような能力を持っておりどの能力を今後伸ばすことができるのかを考えていき、日々の自分を見つめなおしていくということは、とても大切なことになってきます。日々あなたを見つめなおし内省することがエグゼクティブ転職の成功の秘訣であり、今後の更なる上へのキャリアを見出す重要なカギともなります。

エグゼクティブ転職で登録をしておくと良いエージェントとは?

エグゼクティブ層となると日々の仕事も非常に忙しく複数のエージェントに登録をしている暇もないため、登録するエージェントも絞る必要が出てくるでしょう。そのような方のためにここでは、エグゼクティブ転職で登録をしておくと良いエージェントをいくつかご紹介いたします。

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営をする、エグゼクティブ転職向けの転職サイトです。ここは、転職希望者が求人を応募するような総合型の転職サイトではなく、ヘッドハンティング型の転職サイトになります。ヘッドハンターと言われるコンサルタントを600名有しており、その中の一人の方があなたの担当として、あなたの経歴等を活かせる職業を紹介してくれます。 また、ヘッドハンターを指名することもできるため、忙しいエグゼクティブ層にはもってこいの転職エージェントと言えます。また、一度ヘッドハンターにあってみると、あなたのキャリア間の変わるきっかけにもなるため、登録をしておくことをおすすめします。

ビズリーチ

ビズリーチは、管理職や経営職に特化したエグゼクティブ専門の転職エージェントです。キャリアカーバーに比べると案件の質は少し落ちてしまうという口コミがありますが、外資などに転職案件には非常に強いエージェントであるため、外資系などに転職をする方には、ぜひ登録をしておくことをおすすめしたいエージェントです。

エグゼクティブの日経の転職の評判とは?

エグゼクティブ日経は、日経新聞社とリクルートが共同で運営をしている転職エージェントです。人材などに長けたリクルート経済界に長けた日経新聞社が共同で運営しているため、良質な案件と良質なキャリアコンサルタントを多く有していることが特徴です。また、8カ国30拠点以上の拠点も有しているため、非常に広いネットワークで転職をサポートしてくれます。また、400名以上のキャリアコンサルタントを有しているため、サポートも非常に充実しています。ここでは、エグゼクティブの日経の評判をご紹介します。

良質な案件が多いと評判

日経新聞社のネットワークがあるため、良質な案件には非常に定評があります。また、エグゼクティブの求人数の数もかなりあるため、登録をキャリアカーバーなどと一緒に登録をしておくとおすすめの転職エージェントです。

転職サポートも充実

リクルートと共同運営しているため、リクルートの転職のノウハウもあるため、転職のサポートも非常に充実しています。400名以上のキャリアコンサルタントを有しているため、キャリアコンサルタントとの相性なども考えることができます。良質案件と良質なサポートがあるため、非常に評価の高い転職エージェントと言えます。

エグゼクティブ転職の年代別転職状況は?

エグゼクティブ転職の主な対象は40代以降になる場合が非常に多いです。若くして管理職などに昇進する方も多いですが、主に管理職へ昇進する年代は40代を過ぎてからであり、30代で昇進しても経験と実績を積んでからの転職となると40代以降の方が非常に多いのが、エグゼクティブ転職です。しかし、40代と50代ではエグゼクティブ転職の状況も変わってきます。

40代のエグゼクティブ転職は多くない

40代のエグゼクティブ転職はそこまで多くありません。その理由としては、家庭などがあり働き盛りの時期で転職など考えている余裕も少なく守りの体制に入ってしまう場合も非常に多いからです。また、40代に入ってから管理職に昇進する方も多いため、転職を考えている時期としては少し速いということもあるため、40代のエグゼクティブの転職と言うのは少ないということができます。

50代のエグゼクティブ転職は多い傾向がある

50代になると企業の経験を積み、ある程度の余裕もできてくるため、企業人として最後にやりたいことは何かなどを考えることもでき、子供たちも巣立っていくため家庭などの負担も少なくなります。そのため、エグゼクティブ転職をする方も増えてきます。また、管理職としても経験も能力も備わってきているため、企業としても欲しいと考える企業もあります。 企業としては、40代でそれらが備わっている方を一番求めていますが、現実それらを備えた転職希望者の層が少ないため、必然的に50代を求める傾向が強いです。そのため、50代のエグゼクティブ転職の市場は非常に活況であり、転職希望者も求人も豊富のため、転職をしやすい環境にあるとも考えることができます。

スキルを身につけエグゼクティブ転職をしましょう!

いかがでしたでしょうか。今回はエグゼクティブ転職についてご紹介してきました。エグゼクティブ転職を成功させる秘訣は様々なビジネススキルをつけるということになります。しっかりと今回の記事の内容を理解して、エグゼクティブ転職を成功させましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング