IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人工知能関連の仕事への転職事情とは|転職活動方法・転職サイトなど

転職事情

近年では急速に発展している人工知能(AI)様々な仕事が人工知能が行うようになっており、どのビジネスでも人工知能は欠かせないキーワードです。人工知能に関連した仕事とは何があるのでしょうそして転職事情は?ここでは、人工知能関連の仕事の転職についてご紹介します。

更新日時:

様々な仕事が人口知能に代わってきている

人工知能に仕事を奪われていると言えば、過大な表現になってしまいますが、人工知能の発達によって、様々な仕事が現に人の手から人工知能にシフトしていっているのは事実です。人工知能による機械化と聞くと多くの方は、工場などのロボット化などにより人の手による作業が少なくなってきているなどを創造する方が多いでしょう。しかし、現在人工知能が行っている仕事は非常に多くなってきています。ここでは、人工知能によって行われている仕事について少しご紹介いたします。

人工知能を使った資産運用・投資

人工知能を使って現在は、資産運用や投資などを行う会社も出てきています。アルゴリズムなどをコンピューターで分析をして資産運用・投資を行うということは、昔から行われてきた手法です。そのため、昔から行われているのではないかと考える方も多いです。 しかし、コンピューターと人工知能の大きな違いは、「学習能力の有無です」コンピューターによる分析では、何かの差異等については、人の手で修正していく必要があります。しかし、人工知能の場合はフィードバックから修正まで、人工知能が一人で行います。

人材のマッチング

フォーラムエンジニアリングというエンジニア関連の人材紹介会社は、人工知能による人材のマッチングを行うと発表しました。人材のマッチングは基本的にキャリアカウンセラーが求職者の経歴や人柄や能力を見ながらその人に見合う仕事をマッチングするというのが一般的ですが、過去の転職者のデータを入力しそのデータと転職希望者の経歴などを人工知能がマッチングすることになります。 人の目では、求職者の経歴や能力そして人柄などを見る際に情報のバイアスがかかる場合があります。そのため、より客観的でその転職希望者にあう職業が見つかる確率と言うのは、上がる可能性があります。 また、人材紹介会社以外にも、大手商社が新卒採用に人工知能を使用することを発表しました。これも、人工知能を利用して人柄や経歴などから、筆記試験や面接とは違う側面から、企業で活躍する人材を探し出すために導入します。このように、人の目では探し出せないポテンシャルや能力などを発掘するために人工知能は活用されてきています。

コミュニケーション分野

人工知能のコミュニケーションで皆さんがいち早く想像するのが、ソフトバンクが発売したpepper君でしょう。他にもiphoneのsiri等様々な場所で人工知能とコミュニケーションを取っている方も多いです。例えば、ペッパー君であれば、店の客引きを行っていることもあり、販売員の代わりのようになってきているのも事実です。 また、顧客サポートに人工知能を導入することによって、人員を削減した企業もあります。そのため、対人のコミュニケーションの分野でも人工知能が導入されてきています。また、LINEで一時期有名になった、マイクロソフト社の人工知能を使った女子高生りんなも、LINEの送信者の言葉からアルゴリズムを解析していくことで返答をする人工知能を使用したコミュニケーションの一例になります。そのため、日に日に気づかないうちに人工知能とコミュニケーションをしてるということになります。

弁護士や医師などの仕事も人工知能が担おうとしている

アメリカの法律事務所で人工知能を利用した法律アドバイスを導入したという事例があります。これも、過去の判例を人工知能が分析をすることで依頼者の案件と照合して適切なアドバイスを行うということです。まだ、全ての法律と言うわけではなく、破産関連の法律を担っているだけですが、今後その幅が広がる可能性は大いになります。 また、近年、医師が発見できなかったすい臓がんを人工知能が発見をしたという例も報告されています。これも、患者の症例を人工知能が分析して、その症例と患者の症状をマッチングするという事です。このように、診察や法律相談等は、すでに人工知能が担おうとして来ている時代も近くまで来ています。

プログラミングなどの仕事も人工知能が行うこともできる

人工知能を作り出すのは、プログラマーなどのIT関係の技術者です。しかし、その死プログラマーの仕事も人工知能が行うことができます。例えば、何かのプラグラムを人工知能に作らせて、そこからフィードバックや修正などもプログラマーが行うことなく、人工知能が行う場合もあります。そのため、プログラマーなしで人工知能がプログラミングを行い修正なども行ってくれます。

人工知能ができる仕事は非常に広がってきている

人工知能が遂行できる仕事は、今や工場などの機械関連の分野だけではありません。販売関連から医療・法律分野まで幅広い分野で人工知能が導入され活躍してきています。そのため、人員の削減が行われる可能性が否定できないことも事実です。そうなると、人工知能に関連した職種などに転職をしておけば将来は明るいと考える方も多いのではないのでしょうか。ここからは、人工知能に関連した仕事についてご紹介します。

人工知能を利用したサービスなどの職業が今後の将来は明るい

世界に目を向けてみると、人工知能を利用してビジネスを行う企業は飛躍的に増えてきています。海外では、法律や医療分野にまで人工知能が進出してきています。海外では、金融や人材マッチングなどの人工知能の利用は、少し前から行われてきていました。しかし、日本ではいまだに人工知能が行う分野は、工場やIT関連が主流になってきています。 ここ最近で顧客サポートや人材関連そしてビックデータなどの集積などに人工知能が利用されてきています。そのため、今から日本国内では人工知能関連の分野が10年スパンで急発達することが予想されます。よって今後の人工知能関連分野は非常に未来が明るいことがわかるでしょう。

人工知能関連の技術者や研究者も少ないため転職市場も活発

日本は世界に比べて人工知能関連分野の技術者や研究者なども少ないことから、転職などにおいても、転職市場が比較的活発です。特に近年では、人工知能によるビックデータの集積や分析を行う企業も増えてきているため、マーケティングリサーチ関連の分野の転職求人も増えてきています。また、IT企業などがこぞって人工知能関連のサービスを導入してきているため、それらの分野に転職をすることも今後将来性があるといえます。

ベンチャー企業などが人工知能関連のサービスの展開に積極的

人工知能を利用したビックデータの集積や顧客サポートなどの分野で日本では人工知能の活用は促進されてきています。また、海外に目を向けてみると、イギリスの人工知能ベンチャーをグーグルが5億ドルで買収したなどの事例もあり人工知能関連ビジネスは、現在非常に好調を見せてきています。そのため、日本国内のベンチャー企業も人工知能を利用したサービスや人工知能の研究などに非常に熱心な会社も増えてきています。 そのため、人工知能関連ビジネスの中心はベンチャー企業やIT関連の中小企業が中心となっています。もし、転職をする場合は、人工知能関連ベンチャーやIT等に転職することが一番現実的になってきます。そこからキャリアを積んで、人工知能関連ビジネスが活発になった時に、大手企業へ転職と言うのもキャリアプランも見えてきます。

大手企業の人工知能関連ビジネスは転職においても非常に厳しい

大手企業の人工知能関連ビジネスの求人は、無いというわけではありません。大手メーカなどの求人でも、ビックデータの集積によるマーケティング担当者などの求人は、想定年収1000万円の求人として出されているくらい、大手業などでも人工知能関連分野で求人をしている場合も多いです。 しかし、その分要求される条件も非常に高いです。例えば、5年以上その分野に携わってきているやマネジメントをしたことがあるなどの、高度な要件を出している大手企業も非常に多いです。そのため、今から人工知能関連ビジネスに転職をしようと考えている人にとってはかなり厳しい案件になります。

10年先を見据えて人工知能関連に仕事へ転職することは非常に良い

ここ2年くらいで活気を見せてきた人工知能関連のビジネスですが、今後はさらに活況になることが予想される人工知能関連のビジネス。そして、まだ人工知能関連の仕事をしたことがある人も非常に少ないため、今から10年先の自分の転職市場における価値を高めると考えて人工知能関連分野に飛び込むのは、投資としても非常にリターンが大きいと考えられれます。 まずは、ベンチャー企業などで人工知能関連のサービスなどに従事をしてそこから、大手企業の人工知能関連の部署への転職を目指して行くということも、キャリアプランとして実現可能なものです。恐らくここ数年で大手企業などにおいてもさらに人工知能の導入などは活発になることが予想されます。現在人工知能関連分野で最先端を走っているのは、ベンチャーや中小企業が非常に多いです。まずは、そこで人工知能関連の知識やビジネスを学んでいき今後のキャリアを高めていくことも、将来の投資になることは、ゆるぎないと考えられます。

人工知能関連の仕事への転職方法とは?

人工知能関連分野は、元々人工知能関連の仕事をしている方が日本では、少なかったことから人手不足で転職市場も非常に活気づいています。しかし、人工知能関連の仕事自体がまだ、そこまで多くないということも事実です。今からスタートする分野と言うこともあり、転職市場の幅もそこまで広くはありません。ここからは人工知能関連の仕事への転職の方法などをご紹介します。

転職エージェントを探す

人工知能関連の仕事へ転職する場合でも、転職の手順は、他の転職と大きく変わることはありません。変わることとすれば、人工知能関連の仕事の多くの求人は、IT企業やベンチャー企業などが持っている場合が多いです。そのため、それらの分野に強い転職エージェントを探すことになります。また、転職エージェント経由でなくても、人工知能関連のベンチャー企業を探してみると、そこに中途採用の情報などが掲載されている場合もあるため、希望する企業に直接アプローチをする場合も考えられます。

面接などを行う

転職エージェント等で転職をしたい人工知能関連の企業を見つけたら、あとは通常の転職活動と同じで、履歴書や職務経歴書などを送付して面接や筆記試験を行い内定を頂くことになります。人工知能関連の仕事から人工知能関連の仕事へ転職する場合は問題ありませんが、他の業種から人工知能関連の仕事に転職する方が多いでしょう。 そのため、注意するポイントを書かせていただくと、なぜ人工知能関連の仕事に転職をしたいのかについては、深く掘り下げておく必要があります。また、人工知能関連の技術などをつけることは不可能ですが、人工知能関連の知識などはつけておくことが大切になってきます。また、多くがベンチャー企業などなので、未経験者でも採用される確率は大いにあります。知識と熱意などを見せて、いきたい企業に転職をしましょう。

人工知能関係の転職にお勧めのエージェントとは?

最後に人工知能関係の転職にお勧めのエージェントについてご紹介します。

アクシス株式会社

IT関連の転職に非常に強いのがアクシス株式会社です。2012年に設立された転職エージェントのため、まだ若いエージェントではありますが、IT関連の転職への知識やノウハウも非常に持っており、求人数も非常に多いです。ここ最近は、大手IT企業の人工知能関連の案件を有していたりベンチャー企業などの転職案件も豊富にあるため、人工知能関連の転職を考えている方には、ぜひ登録をしておくことをお勧めしたいエージェントです。

doda

転職と聞くと誰も思い出す、転職業界最大手のdodaは、人工知能関連の転職においても登録をしておいて損は無いエージェントです。転職市場は基本的には非公開求人が多くの割合を占めています。そのため、求人案件を多く持っている転職エージェントでは、まだ転職市場があまり広くない分野の案件も意外に多く持っている場合もあります。その反面その分野へのノウハウがそこまであるかは、未知数の部分も多いです。しかし、大手だからこその安心感や求人数は保証されます。そのため、転職の可能性を増やすためにも、登録しておくことをお勧めしたいエージェントです。

今後のキャリアも明るい人工知能関連分野に転職しましょう!

人工知能関連分野の転職は今後のキャリアについても、非常に明るい分野であると考えられます。国内でもさらに人工知能を利用したサービスやシステムの導入というのは広がっていくことが予想されるため、人工知能にたけた方や人工知能の技術を持っている方の転職市場における価値は、今後高まっていることが考えられます。 そのため、今から、人工知能に賭けて転職をしてみるというのは、非常に有効なあなたへの投資になるでしょう。そこから、人工知能の知識や技術を活かして、大手企業などへのキャリアを歩むなど、様々な分野へのキャリアを切り開いていくことも可能になってくるため、今後の未来は、明るいことが考えられます。

関連タグ

アクセスランキング