IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マイナビ転職の口コミからわかる評判9つ|特徴6つと活用方法

転職サービス・サイト

転職したいと思った時、どのような方法で就職活動を行いますか?この記事では「マイナビ転職」にスポットを当てて、転職サイトの特徴や評判について詳しくご紹介していきます。また、上手に活用する方法についても記載していますので、参考にして転職を成功させましょう。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • マイナビ転職の一番の魅力は充実したサポート
  • 求人件数・限定情報は十分多いが、リクナビNEXTと比べると劣る
  • 初転職の人向けのコラムやセミナーも開催されている

マイナビ転職はさまざまなサポートがあり、転職が初めてという人におすすめの転職サイトです。 求人件数は「リクナビNEXT」と比べると劣るため、そちらも合わせて登録してみるといいかもしれません。 サポートは利用回数に制限があるものもあるので、サポート重視ならば「マイナビエージェント」への登録も検討しましょう。

マイナビ転職とは?

マイナビ転職とは?

マイナビ転職は、さまざまな業種や地域、年収などの希望を組み合わせて求人を探せる転職情報サイトです。自分の希望通りの求人を探しやすいと利用者からの口コミも評判なので、おすすめの転職サイトになります。 マイナビ転職ならではの特徴やサービス、評判についてはこれからしっかりとご紹介していきますので、利用するべきなのか、自分のスタンスに合うのかしっかりと見極めながら見ていきましょう。

マイナビ転職・エージェントサーチ・エージェントとの違い

マイナビ転職は、マイナビエージェントやマイナビエージェントサーチというマイナビサイトも同時に運営しています。名前は似てますが、それぞれにサービスの違いがあります。 マイナビ転職は、求人紹介がメインなので基本的には個人で転職活動を進めます。マイナビエージェントはアドバイザーにサポートされながら一緒に転職を進めていきます。 マイナビ転職エージェントサーチは、マイナビに登録されているエージェントを探すサービスとなっています。

マイナビ転職の魅力でもあるスカウト機能4つ

マイナビ転職の1番の魅力といっても過言ではないスカウト機能についてご紹介していきます。 スカウト機能には、「プレミアムスカウト」「スカウト」「マッチングメール」「求人の案内メール」の4つのサービスがあり、それぞれに特徴があります。 しっかりとマイナビ転職の良さを知って活用するために知っておくべきサービスなので、知らない人は覚えておきましょう。

マイナビ転職のスカウト機能1:プレミアムスカウト

マイナビ転職のスカウト機能1つ目は、プレミアムスカウトです。 プレミアムスカウトというサービスは、WEB履歴書というネット上の履歴書を登録しておくと、それを見て欲しいと思った人材に企業の担当者からオファーが届くという機能です。 普通のスカウトと異なるプレミアムという名前の理由は、年収〇〇〇万円以上の保証が付くなどの高収入が約束されたオファーメールになるからです。

マイナビ転職のスカウト機能2:スカウト

マイナビ転職のスカウト機能2つ目は、スカウトです。 こちらは、プレミアムが付かないスカウト機能になります。WEB履歴書を登録しておくと、それを見て欲しいと思った人材に企業の担当者からオファーが届くという機能です。 ただし、書類選考免除や最終面接に参加できたりという特典もあるので、求職者にとっては嬉しいサービスの1つでしょう。

マイナビ転職のスカウト機能3:マッチングメール

マイナビ転職のスカウト機能3つ目は、マッチングメールです。 自分が希望する企業や条件を登録しておき、企業側の応募条件と一致した場合に自動的に送られるメールです。 自分で求人を探す時間や手間が省け、自分の理想に近い求人をスムーズに見つけることができる機能なので、活用すれば良い転職先を見つけられるチャンスにも繋がるでしょう。

マイナビ転職のスカウト機能4:求人の案内メール

マイナビ転職のスカウト機能4つ目は、求人の案内メールです。 マイナビ転職内に経験職種や希望条件を登録しておけば、その条件に一致した企業が出てくればその求人情報が自動的にメールで送られてくるという機能です。 履歴書等は相手企業に見られる心配は無いので、プラスに考えて活用するといいでしょう。公開したくない企業名は非表示にできるので、安心して登録できます。

マイナビ転職のスカウト機能を利用するメリット

マイナビのスカウト機能を利用するメリットを幾つかご紹介します。 スカウト機能を利用することで、さまざまな企業からオファーをもらう可能性があるので、転職の幅を広げることができます。また、相手から必要とされることで自分の市場価値を知ることができます。 自分から動くのが苦手だという人は、マイナビ転職のスカウト機能を活用すればスムーズに転職することが出来るでしょう。

マイナビ転職ならではの特徴6つ

マイナビ転職ならではの特徴6つ

ここからは、マイナビ転職を利用しようか悩んでいる人の参考になるマイナビ転職ならではの特徴についてご紹介していきます。 特徴としては「転職支援サービスが充実している」「求人量は大手と比べると少ない」「マイナビ転職でしか見れない求人がある」「充実したサポート体制」「高収入も狙える」「合格率が高め」の6つです。 どれもマイナビ転職を利用する前に知っておいて損はない情報なので、これを機会に知っておくといいでしょう。

マイナビ転職ならではの特徴1:転職支援サービスが充実している

マイナビ転職は、転職支援サービスが非常に充実しているというメリットがあります。新卒採用の「マイナビ」と同じ運営元ですので、就職活動全般におけるノウハウや情報の質に期待が出来ます。 求人紹介、書類添削や面接練習なども、基本的に利用料金はすべて無料です。転職活動にかかる費用を、出来るだけ節約して進めたいという人からも支持されている傾向にあります。

マイナビ転職ならではの特徴2:求人量は大手と比べると少ない

その他同規模の大手転職求人サイトと比較すると、やや求人件数自体が少ない傾向にあります。求人情報自体は、毎週火曜日と金曜日に更新されます。 トータルでの求人件数は7000件オーバーですが、職種によって偏りも大きいです。 営業求人は2000件以上の取り扱いがあるケースも多く、管理や事務も1500件以上の転職求人があれますが、医療や福祉系は200件程度、保育・教育系も同じく200件程度となりやすいです。

マイナビ転職ならではの特徴3:マイナビ転職でしか見れない求人がある

マイナビ転職の知名度が高く、転職希望者でも、「まずはマイナビ転職に登録しておこう」という人が多いため、大手企業もマイナビ転職に求人情報を掲載しているケースが多いです。 マイナビ転職が取り扱っている求人情報のうち、80パーセント以上がマイナビ転職限定の案件でもあります。ここでしか見られない転職求人が多い傾向にあるでしょう。

マイナビ転職ならではの特徴4:充実したサポート体制

マイナビ転職の魅力として、前述したように転職サポートの豊富さが挙げられます。いくつか例を挙げて、サポート内容をご紹介します。 「転職MYコーチ」のシステムは、あなたの履歴書や職務経歴書を徹底的に添削し、まずは転職活動の第一ステップである書類選考に通過する資料作りを目指すことが出来ます。 面談を繰り返し行い、より取り入れた方が良いあなたの情報を盛り込んだり、転職を目指す企業に対する特化したアプローチをすることも可能です。

マイナビ転職ならではの特徴5:高収入も狙える

高収入を目指したい人にも、理想に合わせた求人情報は多く取り扱われています。 掲載内容全体において、年収600万円以上の求人が1500件前後、1000万円以上も200件前後、1500万円以上の求人も50件以上登録されています。 変動はありますが、スキルや経験にのっとって、より適切な年収の転職先を見つけやすい傾向にあるでしょう。

マイナビ転職ならではの特徴6:合格率が高め

前述した「転職MYコーチ」として、マイナビ転職におけるアドバイザーがいることから、合格率は高めです。 転職を成功させやすく、ターゲットを決めたら、内定獲得のためにより効果的な対策を練っていくことが出来るでしょう。 それぞれの業界経験も豊富であり、基本的にマイナビ転職専任のアドバイザーとして働いているため、個人に合わせたポイント指導が丁寧です。

マイナビ転職のメリット5つ

マイナビ転職を利用する前に知っておくべきメリットについてご紹介していきます。 メリットとして「男性・女性ともに求人が豊富」「サポート体制が整っている」「圧倒的な求人数で希望の求人を探せる」「スカウトサービスが豊富」「エージェントサーチも活用できる」の5つが挙げられます。 上記のそれぞれのメリットについて、ここから細かくご紹介していきます。

マイナビ転職のメリット1:男性・女性ともに求人が豊富

マイナビ転職のメリット1つ目は、男性・女性ともに求人が豊富なことです。 転職サイトや転職エージェントによっては男性向けな求人が偏っていたり、女性に特化したサイトがある中、マイナビ転職では男女ともに求人が豊富にあります。 性別関係なく利用できるのもメリットですが、求人数が他と比べて多いのも魅力の1つです。たくさんの求人を見て受けられるので、自分に合いそうな企業に出会える確率も高いです。

マイナビ転職のメリット2:役立つ情報が多い

マイナビ転職のメリット2つ目は、役立つ情報が多いことです。 マイナビ転職では、転職に役立つ体験談や転職に関するイベントも多いので、転職しようと思っている人の悩みを解決できる機会が他よりも多いです。 また、実際に転職した方のインタビューもあるので、転職後のイメージまで考えられるので利用して損はないという口コミも多いです。

マイナビ転職のメリット3:圧倒的な求人数で希望の求人を探せる

マイナビ転職のメリット3つ目は、圧倒的な求人数で希望の求人を探せることです。 他の転職サイトや転職エージェントよりも圧倒的な求人数を保有しており、求人の質も高いものが多いので、キキャリアアップを目指している人におすすめです。 さまざまな職種や業種の求人を保有しているので、自分の希望条件がある方は探しやすいでしょう。

マイナビ転職のメリット4:スカウトサービスが豊富

マイナビ転職のメリット4つ目は、スカウトサービスが豊富なことです。 魅力あるスカウト機能でご紹介しましたが、スカウトサービスといっても4つの種類があります。どれを活用しても、転職希望者にとってはメリットしかありません。 他の人と差をつけて転職活動をしたという方は、マイナビ転職を上手に活用すれば質の高い求人を勝ち取れるでしょう。

マイナビ転職のメリット5:エージェントサーチも活用できる

マイナビ転職のメリット5つ目は、エージェントサーチも活用できるです。 マイナビ転職エージェントサーチは、気になる職種や業種に特化したエージェントを探せるサービスです。マイナビ転職と同時に登録できるので、一緒に活用すればより効率よく転職活動を行えるでしょう。 実際に利用した人からも好評なコメントが多いので、ぜひ一緒に利用してみてください。

マイナビ転職のデメリット3つ

マイナビ転職のメリットをご紹介してきましたが、ここからはデメリットもご紹介します。 メリットもデメリットも知った上で利用したほうが、後悔なく転職活動を行えるでしょう。 デメリットとして「スカウトメールが頻繁に届く」「履歴書と面接対策が利用1回のみ」「大手企業の求人が少ない」の3つがあります。 上記のそれぞれのデメリットについて、ここから細かくご紹介していきます。

マイナビ転職のデメリット1:スカウトメールが頻繁に届く

マイナビ転職のデメリット1つ目は、スカウトメールが頻繁に届くことです。 スカウトメールというサービスが4つほどあるのですが、それぞれのサービスからメールが届くので、しつこいと感じるほどに通知が鳴る可能性が高いです。 自分のペースで転職活動をしたいと思っている方には向いていないサービスでしょう。自分が本当に活用したいと思う機能のみを登録して使うといいでしょう。

マイナビ転職のデメリット2:履歴書と面接対策が利用1回のみ

マイナビ転職のデメリット2つ目は、履歴書と面接対策が利用1回のみだということです。 マイナビ転職は、求人紹介をメインとしているので、それ以外のサポートがあまり充実していません。履歴書対策、面接対策は基本利用1回ということを覚えておきましょう。 エージェントであれば、キャリアアドバイザーが担当に付き、しっかりとサポートしてくれるのでその部分に関しては不満を持つ人も中には居るでしょう。

マイナビ転職のデメリット3:大手企業の求人が少ない

マイナビ転職のデメリット3つ目は、大手企業の求人が少ないことです。 マイナビ転職は、中小企業やベンチャー企業の求人は多く取り扱っていますが、大手企業に関する求人は他の転職サイトよりも少なめでしょう。 大手に転職したいと思っている方は、別の転職サイトや転職エージェントを活用するようにしましょう。特に大手じゃなくてもいいという方は、十分に活用できます。

マイナビ転職に向いている人とは?

マイナビ転職の特徴やサービスを上手に活用できそうな向いている人は、どういった人なんでしょうか。 マイナビ転職は求人数も多く、性別関係ない幅広い求人を保有しているので、そこまでターゲット層に特化されるわけではありません。 ただし、20代~30代でしっかりと先を見据えている人であれば、マイナビ転職を活用して、しっかりと自分の納得できる転職活動が行えるでしょう。

マイナビ転職に向いている人1:20代~30代

マイナビ転職に向いている人1つ目は、20代~30代です。 マイナビ転職は、年齢制限なく総合的な求人を扱っているのですが、全体的に企業が出している理想像を見ると20~30代の若手層がターゲットとなっています。 中途採用で雇いたいという企業も多いので、それなりの経験をしてきた層が活用すればスムーズに転職できる可能性は高いでしょう。

マイナビ転職に向いている人2:将来のビジョンを持ってる

マイナビ転職に向いている人2つ目は、将来のビジョンを持ってることです。 転職サイトには、転職エージェントのように必ずキャリアアドバイザーが在籍している訳でもないので、しっかりと自分自身で転職を勝ち取らなければいけません。 将来のビジョンを持てている人は、物事の考えがしっかりしているので、マイナビ転職のような転職サイトを活用するには向いています。

マイナビ転職に向いている人3:キャリアップしたい

マイナビ転職に向いている人3つ目は、キャリアップしたい人です。 キャリアアップという常に上を目指しているような人であれば、マイナビ転職のスカウト機能を活用すれば自分の理想に近い企業に出会える確率も高いです。 また、マイナビ転職のような転職サイトと一緒に、職種に特化したエージェントも同時に利用すればより確実に転職できるでしょう。

マイナビ転職の口コミから分かる評判9つ

マイナビ転職の口コミから分かる評判9つ

マイナビの評判の中でも「良い評判」「悪い評判」についてご紹介していきます。 良い評判も悪い評判も実際に利用した人の生の声なので、今後自分がマイナビ転職を利用すべきなのか決める判断材料にするといいでしょう。 少しでも気にあると感じた方は、無料で利用できるので一度登録してみると良いでしょう。それでは全部で9つある評判について、転職口コミサイトの引用を含めてご紹介していきます。

マイナビ転職の口コミから分かる評判1:働き方に特化して求人を探せる

働き方に特化して、転職求人を探すことできるという評判が多いです。 正社員として絶対に働きたい場合はもちろん、ライフバランスとの都合などにおいて、契約社員や業務委託、FCオーナーなど、待遇と勤務体系を調整しながら、自分の理想に合わせた転職先を見つけやすいと言えるでしょう。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

マイナビ転職は、ひとりひとりに担当のカウンセラーが付いていて、その人が転職もしくはサイトを辞めるまで、しっかりとサポートしてくれるというメリットがありました。 わたしの場合も、登録した時点で担当のカウンセラーの自己紹介を受けました。 そして、登録したわたしの経歴や転職条件などをより掘り下げた形で、最初は転職先を探すというよりも会話をすると言った感じでした。 そして、わたしが前職を辞めたい理由を考慮した上で、何軒かの求人を紹介してくれました。 その求人は、わたしの資格が活かせる場所、前職を辞めたいと感じた人間関係について緩和されそうな場所、給与面で改善されそうな場所など、たくさんの利点の職場を紹介してくれました。 そして、その中でわたしがより何を重視するのかを、わたしに選ばせてくれる形にしてくれました。結果的にわたしは、人間関係が改善されることを重視して、その職場の面接を受け、無事に採用されました。

マイナビ転職の口コミから分かる評判2:新しいジャンルにチャレンジしやすい

職種未経験OKの求人や業界未経験OKの求人も多く取り扱っているため、新しいジャンルにチャレンジしたい人でも、利用しやすい仕組みになっているという評判もあります。 マイナビ転職だけの求人案件が80パーセントを超えているため、他の転職サイトを利用していて、「また同じ案件を見てしまった」という、ダブりによる時間と手間の浪費も、最小限に抑えることが出来ます。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

マイナビ転職に出ている求人から、就職することにはなりませんでしたが、転職をする際に非常に参考になりました。マイナビ転職の良いところは、求人一つ一つに、取材担当者のコメントが記載されていることです。 そのコメントがあるため、働いている姿をイメージしながら、志望動機を書き上げることが出来ます。他の求人サイトの場合になると、企業からの文章が記載されているだけなので、どういう人材を欲しがっているのか、どういう職場なのかということを予測するのが、とても難しいです。 マイナビ転職だと、やりがいや厳しさ・向いている人、不向きな人なども書かれているため、志望動機がとても書きやすいです。 ここの求人を見て入社するのであれば、入社後のミスマッチも少ないのではないかと推測できます。 しかし、一方で不満な点もあります。それは、地方の求人が非常に少ない点です。私がこちらのサイトで就職を決めなかったのも、これが理由です。在住している県の繁華街だと、求人がそれなりにあります。 私の住んでいるところから通える地域になると、非常に少ないです。これは仕方のないことかもしれませんが、地方の求人になると、応募できるものが無い場合もあります。 マイナビ転職は、とても見やすく、わかりやすいサイトになっています。どう働こうか決めていなくても、求人を見ているだけで、自分の働く姿をイメージできるかもしれません。

マイナビ転職の口コミから分かる評判3:詳しく解説してくれる

内定をゲットしたあとの流れについても詳しく解説してくれて、現職の退職や新しい勤務先に入社するときのマナーやポイントなども知ることができます。 転職活動は、新しい勤務先で働き始めるまでを含んでいます。内定を獲得するハウツーだけではなく、より社会人として洗練されるためのサービスが充実していると言えるでしょう。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

マイナビ転職だけで転職活動したらかなり苦戦しました。 苦戦した理由 ①なかなか面接まで行けない ②求人情報が良すぎる(面接に行ってからのギャップがすごい) ③同じ求人ばっかり掲載されている 特に一番ひどかったのは、書かれていることと面接での条件が違う会社が2社もありました。求人の時は良いように見せているだけなのかもしれないですけど、誇大な表現で書かれていても実際に会社から出される条件が違うのは困ります。 実際にあったのは「給与28万円以上」と書いてあったのに、○○スキルがある場合でない場合は24万円だったり…この4万の差は大きすぎます! で、個人的に良かったと思ったのはマイナビエージェントです。 エージェントサービスを使うのは初めてだったのですが、転職サイトみたいな違和感はありませんでしたし、自分では探せないような会社ばかり紹介してくれるので圧倒的にエージェントの方が良かったです。 それでマイナビエージェントから紹介されて会社で働いているわけですが、働いてからの違和感もないですし、登録してからかなり早く話が進みました。 とはいっても転職サイトも色々な情報を収集するという点ではつかえたので、転職サイトとエージェントと両方活用した方が良いんじゃないかと感じました。誰かの参考になれば幸いです。

マイナビ転職の口コミから分かる評判4:地方の転職希望者でも利用しやすい

大型のイベントが多い開催されているため、地方の転職希望者でも参加しやすいものが多いでしょう。キャンペーンの時期に事前登録をしておくと、クオカードがもらえるサービスもあります。 地方の利用者も多いのも魅力の1つです。遠方だが利用したいと思っている方は参考にするといいでしょう。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

転職活動のためにリクナビネクストとマイナビ転職、インテリジェンスを利用していましたがなんとなく一番最初に登録したマイナビが使いやすかったです。 履歴書添削などのサービスは、応募する職種によって内容を変える必要があったので利用していません。掲載されている求人の良し悪しは地域や業種によって受け取り方が様々なのでなんとも言えません。よって転職活動にはいくつかのマッチングサービスを複数登録した方がいいですね。 最終的にはマイナビがどこまでも使いやすく、希望する土地の求人がたくさんあったのでマイナビで決めましたが、お勧めできるかといえばそうでもないです。人によりけりだと思います。 女性の働く仕事というカテゴリがあるのは、助かりました。あとマイナビが書いてくださっている企業へのコメントは気付かなかったので読んでいませんでした。良いことしか書かないだろうし。

マイナビ転職の口コミから分かる評判5:システムが使いやすい

転職活動のカレンダーとしても活用しやすく、イベント登録や検討中情報の整理などがしやすいシステムになっています。 サイトが整頓されており、使いやすい設計になっているため、転職情報の整理が苦手な場合におすすめです。初めての人でも見やすいのがポイントです。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

あらゆる転職サイトを登録していましたが、求人を見た中で一番探しやすかったです。一度しっかりと履歴書、職務経歴を登録しておいたら、後はわずかに修正を加えるだけ。というのは他社も同じかと思いますが、「今の履歴書のまま応募できる求人」という項目があり、手間が省けました。大手のエージェントを利用した際に、対応が残念だったので、こちらでエージェントは利用しなかったのですが、むしろ快適に使えたので良かったです。

マイナビ転職の口コミから分かる評判6:制限回数が決まっている

「転職MYコーチ」のサービスは良いものだったが、制限回数が決まっているため、もう一歩踏み込んだアドバイスが欲しいときに利用できないのは困ることが多いようです。 履歴書や職務経歴書も、添削を受けて修正したものを、再度キャリアアドバイザーにチェックしてもらうということが出来ないという弱みがあります。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

転職の際に、リクナビとマイナビ、en転職という王道の転職サイトを活用していました。 最初のうちは求人をチェックするようにしてましたが、使いやすさや求人の質や量を考えて自然とリクナビ1本になってしました。 別にマイナビ転職の特別どこがダメっていうのはなかったが、リクナビの方が実用的だったというだけです。 転職エージェントにも登録してたので、そんなに多くの転職サイトを見る時間がなかったというのもあるかもしれないです。 登録しておいて損はないと思います。

マイナビ転職の口コミから分かる評判7:タイムラグが発生しやすい

各種アドバイスの申込みから、実際にアドバイスをもらうまでのタイムラグが発生しやすい傾向にあります。面接の練習は例外ですが、選考書類の添削などにおいては、申込みをしてから、二日から五日の営業日を挟まないといけません。 更に、転職活動をする人が多い繁忙シーズンは、よりスピーディーなアドバイスをもらうのが難しくなってしまう傾向にあります。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

転職する為、数社に依頼しその中にマイナビ 転職もありました。 すぐに電話でのヒアリング日程が組まれ、色々希望を確認して下さり良い印象でした。そして、その際に私が興味が持てそうな新しい企業と契約する予定がため3日ほど待って欲しいとのことでした。 しかし、その契約しただろう日から更に1週間待ちましたが連絡がなくこちらから確認のメールをし、その日の夜に慌てたように電話連絡がきました。 状況は、新しい企業の方よりもう少しスキルのある人が良いということ、また契約を煮詰めている段階のためもう少し時間がかかるとのことでした。 私としては本来の希望職種ではないため、残念ではあるもののその企業にはこだわらないため、改めて仕事紹介をしてもらえるよう依頼し直しましたが、すぐご連絡します!!と明るく良さそうな対応をしつつもそれ以降全く連絡なし。 私の担当の方のみかもしれませんが、するべき連絡や報告がなく最初の電話対応が良かっただけに一社も紹介してもらえず適当にあしらわれた感じが強くとても不快な気持ちになりました。

マイナビ転職の口コミから分かる評判8:紹介ごとの期間が決定されている

求人紹介サービスは、制限回数なく利用することが出来ますが、紹介ごとの期間が決定されています。 前回の紹介から、30日間以上経過していないと、新規の求人案件を紹介してもらえないため「ここは合わないから、すぐに次のところを紹介してほしい」という対応には、時間がかかってしまうでしょう。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

マイナビ転職は有名だからとりあえず登録して使っていました。 他の転職サイトにも登録していて、メインで使っていたのはリクナビNEXTでサブ的要素でマイナビを使う感じでした。 基本機能とか求人自体もリクナビとそんなに大差はないように感じましたが、スカウトメールが送られてくる企業は少し違ったので、メールチェックだけはしていた感じです。 転職サイトもいっぱいあって、どこに登録して良いか迷うところですが、基本的に登録とか使用するのは無料なのでいろいろ使ってみた方がいいと思います。 メールがたくさん来てウザイって人はリクナビだけである程度は網羅できるんじゃないですかね。

マイナビ転職の口コミから分かる評判9:スウカト登録が負担になってしまう

スカウトサービスに登録しておくと、非常に多くのメールが入ります。 志望条件を明確に入力しておくと、理想に合わない案件は弾くことが出来ますが、まだ転職先に迷っている場合、未経験OKの求人情報が数多く届くことになります。 精査するだけでも一苦労になってしまうケースも珍しくありません。スウカト登録が、かえって転職活動の負担になってしまうこともあるでしょう。 以下が実際に寄せられた評判ですので、参考に見ておきましょう。

マイナビ転職はテレビのコマーシャルやバナー広告でよく目にする機会があったので、登録することにしました。 実際に使ってみた感想としては、職種も多くたくさんの企業に応募できること、Web履歴書を作成すれば企業からスカウトがあること、メルマガ等でこまめに転職活動について説明があることなど、サービスが多く使いやすい印象でした。 また、Web履歴書があるおかげで企業にあらかじめ自分のことを伝えることが出来るし、実際に応募する際にも手続きや用意する書類が少なく済むこともあり、大変便利でした。 しかし、困ったこともいくつかありました。1つは、自分が指定した職種以外のものがいくつか検索でヒットしてしまうことが多かったことです。私は事務職を希望していたのですが、検索で1番に出てくるのが営業職だったり、企業説明を見て職種が違うことに気が付くことが多々ありました。 検索でヒットした数が多くても、自分の希望している職種でないことが多く、企業探しに時間がかかりました。また、地域を指定しているにも関わらず、実際の勤務地が違っていることもありました。せっかくスカウトをもらっても応募できないことも多く、都市部以外ではなかなか活用が難しいかと感じました。

マイナビ転職を利用する際の流れ

マイナビ転職を利用する際の基本的な流れについてご紹介していきます。 大体の転職サイトや転職エージェントと一緒なのですが、知っておくとより迷うことなくスムーズに登録が行えるでしょう。 全部で5つの簡単な流れになっているので、1つ1つの手順を確認しながら見ていきましょう。実際に登録する際は参考にしてみてください。

マイナビ転職を利用する際の流れ1:WEBで申し込み

マイナビ転職を利用する際の流れ1つ目は、WEBで申し込みです。 ウェブでの申し込みは携帯でもパソコンでもどちらでも可能です。約1分程度で申し込み完了できます。名前や生年月日、メールアドレス等を入力すれば大丈夫です。 このときにマイナビ転職エージェントサーチにも同時に登録できるので、登録フォームをよく読んで申し込み完了させましょう。

マイナビ転職を利用する際の流れ2:WEBの簡単履歴書作成

マイナビ転職を利用する際の流れ2つ目は、WEBの簡単履歴書作成です。 マイナビ転職の魅力でもあるスカウト機能を有効活用するためには、まずWEBでの簡単レジュメを作成する必要があります。 まずはレジュメ登録を一度しておけば、あとから経歴等を記入できるので、とりあえず先に登録しておくといいでしょう。

マイナビ転職を利用する際の流れ3:イベントチェック

マイナビ転職を利用する際の流れ3つ目は、イベントチェックです。 マイナビ転職が頻繁に開催するマイナビ転職フェア、転職フェアに参加することで、いろいろな企業の事を知れて生の声を聞け、有利に転職活動を行えます。 企業と直接コミニケションを取れる場でもあるので、事前いどんな企業が出るのかを把握しておくともっといいでしょう。

マイナビ転職を利用する際の流れ4:求人応募

マイナビ転職を利用する際の流れ4つ目は、求人応募です。 スカウト機能や求人情報を見て、気になる企業に応募をしていきます。マイナビ転職では基本的に個人でどんどん進めていかなければいけないので、スムーズに転職先を探しましょう。 もし、自分に自信が持てないという方は、マイナビ転職エージェントサーチでエージェントを一緒に活用すると良いでしょう。

マイナビ転職を利用する際の流れ5:書類選考

マイナビ転職を利用する際の流れ5つ目は、書類選考です。 求人応募をした際に面接ではなく、まずは書類選考が行われる企業がほとんどです。しっかりと自己PRや言い回しが適切かを見直して、万全な履歴書を準備しましょう。 心配な方は、一度利用できる履歴書店さ宇を利用するか、他のエージェントを活用して不安要素を無くした状態で臨みましょう。

マイナビ転職を上手に活用する方法

マイナビ転職を上手に活用する方法

マイナビ転職を利用する流れを把握した上で、上手に活用する使い方についても学んでいきましょう。 活用方法として「お役立ちコンテンツを活用する」「スタートアップセミナーに参加」「職務経歴書や自己PRのサンプルを確認」「空き時間はコラムや読み物をチェック」「スカウトサービスを利用しよう」「適性診断を受けよう」の6つがあります。

マイナビ転職を上手に活用する方法1:お役立ちコンテンツを活用する

マイナビ転職は、サイト上に掲載されているお役立ちコンテンツが豊富です。 初めて転職活動をするけれど、転職エージェントの利用はひとまず保留にしているくらいの人は、まずマイナビ転職上にある転職ノウハウの内容を呼んでおくと良いでしょう。 動画やイラストが効果的に組み込まれているため、非常に分かりやすく、かつためになる内容が盛りだくさんです。

マイナビ転職を上手に活用する方法2:スタートアップセミナーに参加

マイナビ転職を上手に活用する方法2:スタートアップセミナーに参加

マイナビ転職は、初めて転職をする20代、30代をターゲットとしたスタートアップセミナーを多く開催しており、年間利用者数は2000人を超えています。 非常に満足度が高いセミナーとなっているため、転職活動に対して迷いや不安を持っている場合、まずはセミナーに参加してみると良いでしょう。 同じように、転職活動について悩んでいる人もいるので、モチベーションもアップさせやすいです。

マイナビ転職を上手に活用する方法3:職務経歴書や自己PRのサンプルを確認

マイナビ転職では、業界や職種ごとに特化した、職務経歴書や自己PR文のサンプルを多数紹介しています。 「どんな内容を書けばよいのか?」「選考を突破できるのはどういう書類なのか?」というハウツーはもちろん、実際のサンプルを複数チェックすることによって、より高い完成度を目指していくことが出来るでしょう。 もちろん、基本的なポイントである履歴書の書き方やサンプルもありますので、自分の選考書類に反映させられるようにしましょう。

マイナビ転職を上手に活用する方法4:空き時間はコラムや読み物をチェック

マイナビ転職の際とには、転職活動や仕事に役立つコラムや読み物が多数掲載されています。 業界ごとの特徴や、いま話題のビジネスマンのコメント、転職成功者が語るポイントなどをチェックしておくと、思わぬところで役立つかもしれません。 使える英語のワンフレーズや、使ってしまいがちな間違った敬語などは、転職活動中に是非チェックしておきたいところでしょう。

マイナビ転職を上手に活用する方法5:スカウトサービスを利用しよう

マイナビ転職には、マイナビサポートとしてスカウトサービスが設定されています。新規登録の際はもちろん、後からでも申込みをすることが出来ます。 あなたの年齢や学歴、現在の就業情報をはじめとしたところから、経験期間や経験業務、雇用形態や業務上におけるポジションなどの情報を入れることで、「あなたがほしい」という企業からのスカウトを受け取ることが出来ます。

マイナビ転職を上手に活用する方法6:適性診断を受けよう

マイナビ転職に会員登録をすると、かなり丁寧で詳しい「適性診断」を受けることが出来ます。 漠然と転職したい気持ちはあるけれど、どんなキャリアを形成していきたいのか固まっていない人などは、自分に何が向いているのかを、改めてチェックしてみるのがおすすめです。 ウェブ上で受けることが出来る適性診断の中ではかなり精度が高く、評判も良い診断内容になっているため、転職活動により活かしやすいでしょう。

マイナビ転職と他エージェントとの比較

マイナビ転職と他エージェントとの比較についてもご紹介していきます。 マイナビ転職以外にもさまざまな転職サイト・転職エージェントが存在します。それぞれの良さを知って自分に合いそうなサイトを活用するといいでしょう。 また、他のエージェントと比べてマイナビ転職強みだと感じる部分、弱みだと感じる部分についても記載しています。

エージェント名利用者層求人数対応地域
マイナビエージェント若手向け1万3千件以上東京・大阪・名古屋・札幌・横浜・福岡
doda20代~30代6万5千件以上東京・札幌・仙台・横浜・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
パソナキャリア転職希望者全般3万7千件以上東京・大阪・名古屋・横浜・静岡・広島・福岡
type転職エージェント総合的1万件以上東京
Spring転職エージェント転職希望者全般1万9千件以上東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・つくば・岡山・広島・福岡
JACリクルートメントハイクラス7千件以上東京・埼玉・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島

他エージェントと比べてのマイナビ転職の強み

マイナビ転職は、同程度の知名度がある大手の転職求人サイトと比較すると、取扱い件数自体にはやや不足があり、ジャンルごとにムラもありますが、質の良い求人情報が多く取り扱われています。 また、内定を獲得するまでのプロセスにおいて、非常に充実したサポートを受けることが出来ます。資格保有のプロのキャリアアドバイザーが、マイナビ転職専任で働いているため、より的確かつ、実践的なアドバイスを受け取ることが出来ます。

他エージェントと比べてのマイナビ転職の弱み

マイナビ転職は、回数制限があるサービスも多いため、一回ごとの対応は慎重に進め、都度多くの内容を吸収できるように、密度の濃い転職活動を自ら意識する必要があるでしょう。 より手厚いサービスを受けたい場合は、マイナビエージェントなどのエージェントに登録するといいでしょう。 また、マイナビ転職はスカウト機能が充実していますが、自動的にさまざまな情報が送られてしまうので、しつこいメールが苦手だという方には向いていないでしょう。

マイナビ転職の評判を参考に上手に活用しよう

この記事のまとめ
  • マイナビ転職の一番の魅力は充実したサポート
  • 求人件数・限定情報は十分多いが、リクナビNEXTと比べると劣る
  • 初転職の人向けのコラムやセミナーも開催されている

マイナビ転職は、大手の転職求人サイトとしてたくさんの人が利用しています。 たくさんのメリットがあり、転職成功者も多いですが、人によって相性があるため、デメリットの部分にあたってしまうと、うまくサービスを活用できないこともあります。 丁寧なサポート体制が魅力ですので、効率良く取り入れて、自分の理想のキャリアが実現できるよう、より良い転職活動を進めていきましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング