IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【年代別】未経験で営業になる方法|志望動機例や面接内容など

営業

融通が聞きいろんな業界で必要とされる営業ですが、未経験で営業になる方法はあるでしょうか。今回は、未経験の営業が覚えるべきこと、未経験者の面接内容と志望動機例などについてご紹介していきます。営業の仕事に就きたい人は是非読んでみてください。

更新日時:

未経験で営業になる方法とは?

未経験営業が活躍できる場

営業は、商社、保険、金融、自動車、不動産、IT、医薬品、人材提供されるサービスなど、多くの業界の会社で働いています。高校、専門学校、短大、大学などで学んだのち、各会社の人材リクルート募集にエントリーすることが就職の第一歩となります。どの業界とも大きなから中小ベンチャーまで多様な会社があり、自社の売上や得する部分を出すうえで中心的な役割を担うのが営業という業務です。 そのため、世の中にある多くの会社が社内に営業部を設置しており、営業職のリクルートも目立ちます。未経験でもチャンスはたくさんあります。別の見場合をすると就職先の選択肢が多いため、自身自身で営業としてどのような業務がしたいのかを先に考えておかないと、いざ業務を始めてから問題になります。

未経験で営業の就職先はどう見つけるのか?

未経験で営業職に就きたいと思ったとき、何を考える必要があるのでしょうか。業界から考える方法があります。IT、不動産など業界を絞り込み、その業界の中で各社の事業内容や会社の風土などを比較して、就職先を選択します。 未経験で営業としてお客さまと商談するためには、当然、自社の売り物や提供されるサービスについて深く知っておかなくてはなりません。そのためには、好きなフィールドで働くほうが、営業としてもやりがいを感じられ、未経験でもやりたい業務から考える事が大切です。 たとえば海外営業をしたいというケース、海外に拠点を置く会社や、海外取引のある会社を選択する必要があるので、就職先が絞られます。海外業界として商社があります。あるいは自動車や機械などの製造会社でも、海外展開をしている会社であれば、未経験でも海外営業ができるチャンスがあります。 製造会社であったとしても完結している会社もあるため、未経験でもその点はよく調べておくことが重要です。コンサルティングに近い企画営業がやりたいようなケースも、そうした事業を手掛ける会社を見つけていくことで、やりたいことに近づけます。

営業は特別な学歴やライセンスは必要ない

営業は特別なライセンスは必要とされる業務ではありません。海外との取引をするケースには英語力が必要など、入社後、不動産会社で営業をするケースは宅地建物取引主任者、金融業界ではファインナンシャル・プランニング関連のライセンス取得を目指すようにいわれることもあります。学歴についての考えも、会社によってまちまちです。 大きな会社では難関大学の学生がこぞって集まるところもありますし、学歴は一切不問でリクルートをしている会社も少なくありません。未経験営業にも必要とされるのは、対人関係構築力、聞く力です。未経験営業はお客さまから直接クレーム、厳しい断りを受けることもあり、そうした点では、体育会系出身など、元気で明るく、鍛えられている人が好まれやすいです。すべての営業がいわゆる熱血のようなタイプを求められているわけではありません。未経験でも就職したい業界や会社が絞り込まれてきたら、どのような営業が求められているのかを研究していくとよいでしょう。

営業職とは

営業職の業務内容とは、カスタマーに自社の存在を知ってもらい、売り物をPRし、金額や納期などの条件に納得してもらえる様に交渉して受注を促します。そんな営業職は時代の流れとともに変化し、手法や種類も増加して来ました。一体どういう変遷を辿ってきたのでしょうか?

営業職の分類

・飲食料品販売営業:飲食料品営業、飲食料品ルート営業 ・化学品販売営業:化学品営業、化学品ルート営業 ・医薬品営業:医薬インフォメーション担当、医薬品卸売業、MR ・機械器具販売営業:一般機械器具、電気機械器、自動車販売営業 ・通信・インフォメーションシステム営業:通信営業、システム営業、システム開発営業 ・金融・保険営業:銀行等渉外、証券営業、保険営業 ・不動産営業:住宅・不動産会社営業、住宅リフォーム営業 ・その他の営業:旅行営業、広告営業、印刷営業、会員勧誘員、デパート外商

未経験はどの業界の営業職がオススメ

未経験でオススメ営業職は以下の4つの業界です。オススメ業界ではありますが、ここではあくまで未経験の場合でもチャレンジしやすく、積極的リクルート活動業界内の話です。共通点は、無形法人営業です。 ・人材業界 ・広告・メディア業界 ・インターネット業界 ・IT業界

未経験でリクルートする職種のトップは営業職

主に20代で転職を考える人のほとんどが未経験でも転職を考えています。この未経験転職というのは、業界を変えるか、職種を変える未経験転職です。つまり未経験転職をする時に、多くの場合が、未経験では業界ないしは、未経験場合職種へチャレンジしているという事です。 業務未経験でチャレンジ可能な案件は営業職種か事務職種がほとんどな状態です。転職をする時に未経験転職にチャレンジをするのであれば、営業、事務でないと挑戦は難しいです。さらに、事務職は正規の社員案件も少なく、男性だと抵抗を感じる場合も実時はまだまだ多いです。そうすると、結局は未経験営業職として、転職をするという事になっていきます。

具体的にどんな営業職

未経験営業職への転職に対して、具体的なイメージをつかんでもらうために以下のような未経験転職パターンがあります。 ・アパレルや飲食、小売業界などの店舗接客・販売、店長、店鋪管理から、未経験営業へチャレンジ(接客・販売から未経験営業へ) ・個人向け営業から法人営業へのチャレンジ(カスタマー層の個人から法人へのチェンジ) ・人材業界の法人営業からインターネット業界への法人営業(業界・商材チェンジ) ・新規開拓中営業から、既存カスタマーの深耕営業へのチェンジ(営業スタイル、カスタマー層を既存・大きなカスタマーへ) ・事務・経理・人事・技術者等の異色種からの未経験営業へチャレンジ(事務系・専門職種から未経験営業職へ) ・学校、予備校の教師職から未経験営業職へのチャレンジ ・公務員からの一般事業法人の未経験営業職へのチェンジ

営業職のやりがい

数字で成果が分かるのが営業職です。自身が頑張れば頑張る程成績が上がっていく営業職はやりがいの大きな業務です。また、法人営業であれば会社の最前線で大きな金額のお金が動くスケールの大きな業務です。プレゼンテーションやアポイント、会社訪問などが業務内容となる営業職ですが、今回はそんな営業職に未経験場合でも転職したい、という場合のために、営業職とは何か、そして未経験場合でも営業職に転職するためのコツをご紹介します。

未経験でも成果がはっきり分かる営業職

営業(法人営業)の業務とは、自社の売り物や提供されるサービスの売り上げを向上させるために、法人に対して自社の売り物や提供されるサービスの成約を取り付けることがメインの職務です。成約提案や、成約後アフターフォローなど、対人コミュニケーション能力が重要な職種です。スーパーや家電量販店に置いてある売り物の多くは、営業の人がそのお店と成約を結んだ売り物です。成約成果数値がでるので、頑張り、工夫がダイレクトな営業職はやりがいがあります。業務課題解決の達成感は、チャレンジ精神を養いたい人にもうってつけの職種です。

営業未経験でも転職は成功

自社の顔として業務をする営業職は、転職には経験者有利と思いがちですが、未経験でも転職は十分に成功するなる確立があります。その理由は、未経験営業職は他の職種とは異なり、業務量が目減りすることが少なく、そのため常に転職求人が多くあるからです。また、未経験場合でもすぐに現場で活躍できるように教育制度が整っていることが多いことも転職求人が多い理由として挙げられます。そのため、未経験で営業職へ転職を考える人には大いにチャンスがあると言えます。

営業職の種類

一言で営業職といっても、その種類は多岐に渡ります。自社の売り物や提供されるサービスを小売店などに提供する一般法人営業から、医療機関などの医療機関に医薬品や設備を提供するMR(Medical Representative)、会社内の研修などを提供する企画営業、海外に向けて自社製品を提供する海外営業などです。 一人の営業職が担当する法人は1社から数十社になることあります。もちろん会社によって売り物の売り出し場合や営業職としての長年のコツは異なりますが、営業職自体は法人営業のケースほとんどの業界に存在する職種なので、自身の興味や前職の経験などから応募する業界を検討してみましょう。

未経験営業職へ転職する時のコツ

未経験営業職への転職活動をする時には、まず応募する業界・会社をしっかりと分析をすることが必要です。その会社は何を売っているのか、誰がお客様なのかを明確にして業界知識を深めていってください。その上で、自身の前職と応募先会社の業界を希望した理由を論理的に説明できるように希望動機を考えます。 例として、前職でマーケティング職をやっていたのであれば、未経験営業職として働く上で、マーケティング職の経験からカスタマーの要求や世間のトレンドなどを数値化して提案することに長けています、というような希望動機が考えられます。前職業界と応募会社業界が同様でも、最新のトレンドを研究することがポイントです。

営業職に向いている人の性格やポイント

営業職は訪問する会社やお店の人に直接会って提案を行ったり、成約後アフターフォローといった対人コミュニケーションが必要な職種なので、対人コミュニケーションが得意、論理的な人が向いています。営業職は成果重視なので、会社が目標達成まで諦めない粘り強さや、計画的業務をできる人が好まれる傾向があります。前職が接客業の場合、前職エピソードを面接時に対人コミュニケーションの根拠としてアピールするのが大切です。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

未経験の営業が覚えるべきこととは?

飛び込み営業

一口に営業職といっても色々な種類がありますが、飛び込み営業というのは営業の中でもとにかく敬遠されがちな業務で、その想像通りお客様へいきなり訪問をするので嫌がられたり罵倒されたりと、契約はなかなかできるものではありません。 アポで契約になるわけではなく、ただ話を聞いてくれるというだけで契約までは非常に険しい道のりが待っているのです。それだけならまだ良いのですが、営業職に付き物なのがノルマです。数字がない人は上役につるされます。飛び込み営業会社ではそういうことが多く、優しい上司などは存在しませんし、数字達成する能力が必要です。 その為この職種に向いているのは、回り続ける能力です。パワハラは当然です、そういう事をいちいち気にしすぎないという事がとても大事なのです。

人当たりのよさ

未経験でも人当たりの良さ、説明能力が必要です。ソフトウェア営業で、飛び込み営業でないケースには、競合することになります。製品・売り物の良し悪しはリクルートの1番の理由になりますが、担当営業の人柄も評価の対象とされます。 その為、相手場合に良いイメージを与えられる人当たりのよさ=相手場合を不快にさせない受け答えと見た目が求められます。また、クライアントがパソコンに詳しくないケースも多く、厳しいこと、不可能なことを要求されたり、説明の必要が生じたりします。相手場合に分かる内容にして、実現可能プラン提案能力が大切です。そうでないと、納品後に話が違うといわれてしまい、検収完了できないリスクが高まります。

目標から逆算して行動

未経験でも営業として働くには必ず営業ノルマがついてきます。ですので、目標から逆算して行動に落とし込むことができるという能力が非常にポイントになってきます。行動に落とし込むことで、タイムマネジメントが可能になります。最終的な状態が出やすくノルマも達成しやすいということが挙げられます。 営業ノルマを達成し続けることでPDCAサイクルをまわすことができるので業務も続けやすいです。PDCAサイクルとはPlan Do Check Actの事です。計画を練り、実行し、成果を確認し、次の計画を練りまた実行するという事です。ノルマ達成の達成指向性が非常に高いと、業務に対するやる気も出てくるので、どうしてもやるという気概も必要です。

人の顔、名前、会話を覚えておく

未経験でも営業、販売職向きなのは、記憶力、コミュニケーション能力の高い人間です。人相手の職業なので、話が広がり、販売へと繋がるケースが多くあります。感じが良いのはもちろんですが、人の顔、名前、会話を覚えておくことはとてもポイントです。そして、その記憶を相手場合の喜ぶ話し場合で話し、販売へと繋げます、それが不自然ではなく、自然に出てくる話であることが重要です。話していた話や、欲しがっていたもの等のインフォメーションを話すとアピールになるからです。

喜んでくれていることに、大きな喜びを持つ

未経験でも営業職は人に喜んでもらうのが好きな人に向いています。自社の売り物を売るのが業務ですが、相手場合にメリットがなければ買ってもらえません。その売り物があればどのようなメリットがあるのかを説明することが大切あり、そのためには未経験でも相手の立場にたって考えることが必要です。 未経験でもそして最終的には買ってもらってうれしいだけではなく、相手場合がメリットを感じて喜んでくれていることに大きな喜びを感じる人が適任です。マニュアル通りの説明、営業トークは技術を磨いてもの心には響かないのです。

未経験でも各部門との調整、根回しが出来る人

未経験でも営業職で向いているのはコミュニケーション能力の高い人だと考えています。コミュニケーション力ではなく、社外クライアントの交渉力のみならず、各部門との調整、根回しが必要です。人とうまく話をするのがコミュニケーション力と考えている人は苦労をするでしょう。 また、営業は売って終わりではありません。自社の提供されるサービスを通じて、社会の役に立てるか、が営業の本質で、相手にあわせる素質がある人が適切です。どのようにすればクライアントの役に立てるかを真摯に考えられる人間こそ営業職に向いているでしょう。

未経験でも気付く配慮

特に大事なのはコミュニケーション能力とボキャブラリーです。社交性、細やかなことを気付く配慮が条件です。営業・販売はお客様があってはじめて成り立つ業務であるゆえ、ゴールまでのやりとりが重要です。ただ、物を売るのではなく、その物のよさを伝えることが重要です。それを伝える為には、ことばを巧みに利用し納得してもらうのが大切です。

未経験者の面接内容と志望動機例

未経験者の志望動機

自身の頑張りが数字となって表れ、会社貢献に魅力を感じ、営業職を希望いたしました。幅広い業種会社と取引があるので、メンバー全員で成功事例共有し、ロールプレイなどで実践力トレーニングをしているので、その点も魅力を感じております。未経験場合ではありますが、これまでの経験で培ったコミュニケーション力と、先輩場合の活躍を参考に積極的に取り組むことで早期に戦力になれるように努力いたします。

未経験者の志望動機

現在まで、個人活動として作品制作や展示を行い、現在の会社では、ブランド開発のプロジェクトやプロモーションの企画などに携わってまいりました。マーケティングとプランニングの基礎、また、プロジェクトの進行管理等を身につけてきました。営業職は未経験ですが、これまでの技術や発想力、コミュニケーション力を活かし、御社のクリエイティビティを高め、極力早く御社の職場環境に慣れ新顧客の開拓、内部の人間関係の構築を進めていきたい所存でございます。

職務経験ありの志望動機

貴社を希望した動機は、貴社提供サービスが課題解決に直結する売り物だからです。△△の販売をしておりまして、○円案件を月間○件の成約しました。その後、その実施の経験が認められ、社内表彰された経験がございます。入社当初は本当に大変でした、業界動向を理解し、クライアントへ有益なインフォメーションを伝えることで、信頼を得られた最終的な状態受注に繋がったと考えております。前職で経験したサービスと貴社のサービスは同一ターゲットを対象としていますので、入社させていただいた折には即戦力として売上向上で貢献できると考えております。

未経験者の志望動機

前職では人事部で働いておりました。ご存知の通り法人営業は未経験場合ですが、今回志望させていただいた理由は2つあります。営業では新卒リクルートの対人技術を生かせると考えております。また人の課題解決が得意なことも今回志望させていただいた理由の1つです。新卒リクルートの現場では、本音を引き出すコミュニケーションを強みに、自社の求める人材像にあった人物のリクルートに貢献してまいりました。今回の法人営業は、会話から課題を絞りだし、要求に応えていくことが求められると考えております、ですから私のこの対人技術と課題解決力を活かしていきたいと思いますので何卒よろしくお願いいたします。

第二新卒

前職では既存カスタマーを中心に機械工具のルート販売を担当し、3社のお客様とリレーションシップ構築に努めていました。もちろん前職業界は違いますが、学生時代に経営インフォメーション学を専攻しており、会社のIT化戦略を勉強していたので、ITや業務システム関連については知識があります。貴社のシステム開発 提案法人営業職は経験が活かせる職種だと考えております。知識活かし貴社に貢献できるように業務に取り組みますので何卒よろしくお願いいたします。

転職志望動機

わたしは、 実は当初コピーライターを志望していましが自身の才能のなさを悟って、コピーライターへは諦めました。 御社への就職を考えたのは、わたしの生まれ育った街が○○○区の ○○○であり、□□線沿線に愛着があるためです。 もちろん、御社を第一希望と考えています。私は元気な明るい性格ですので会社を明るくできる社員となるよう精進いたします、 どうぞよろしくお願いいたします。

製造会社の未経験営業職の希望動機

わたしは、御社製品〇〇を、幼いころから使用しました、家族ぐるみで愛用しています、これはわたしの日々の生活の中でポイントなアイテムと言っても決して過言ではありません。ですから、〇〇の製造会社である御社の転職求人を見つけた時には、〇〇の会社で有名な事で、わたしに親しみを覚えて、ぜひ〇〇をより多くの人に伝える為に、〇〇販売したいと思い、希望させて頂きました、何卒よろしくお願いいたします。

未経験者の志望動機

わたしのように、〇〇を愛用されている場合は勿論、〇〇を知らない場合にも、〇〇の良さを伝えられる様に、業務に励みたいと思い営業課に希望させて頂きました。わたしは人と接する事が好きでした。わたしが話す事で、わたしの対応で人が笑顔になり、感謝される事に喜びを感じています。前職、接客業においても、向いている業務と考え就職しました。そして御社の営業部の転職求人をお見掛けした時に、前職のサービス提供能力、業向経験と、わたしの笑顔を見るのが喜びという性格が、御社で最も大きな限度に発揮できると感じた事、そして営業という新しい職場にチャレンジし、より人間として成長したいと感じた為、希望させて頂きました。御社での営業部では、初志貫徹の志を得難いにし、謙虚で向上心を持ち、業務に取り組む所存ですので何卒よろしくお願いいたします。

広告代理店の未経験営業職

就職活動を行っている時に、〇〇のフレーズを作ったのが御社と知りました。他にも、有名な売り物や提供されるサービスの展開時に、御社の魅力的な広告がとてもイメージに残っています。心に残り続ける広告の製作の代表である御社業務に感動し、営業という業務にも興味を感じた為、ぜひ御社の広告をより多くの場合の元に届ける業務がしたいと思い、営業部に希望させて頂きました。御社の広告を適切かつ丁寧にお客様にお伝えする事を得難いにし、営業に対する能力向上の努力も日々忘れずに、御社で活躍したい所存ですので何卒よろしくお願いいたします。

年齢別の未経験からの営業(20代〜50代)

20代前半

この年代は第二新卒と考えられることが多いです。会社の要求としては、社会人経験があるので、社会人のイロハについての教育はしなくてすみますが、ポテンシャルを期待されています。営業経験がある事が望ましいですが、ご年代としては、事務経験や販売・提供されるサービス職のご経験からの転身も実現されている場合がいらっしゃいます。1~3年の社会人経験があっても、ご自身が業務上取り組まれてきたことを整理し、未経験でも営業職として成果をあげていくプロセスをイメージできているかどうかが重要です。

30代以降

プレイヤーとしてのみならず、組織マネージメントも必要な年代です。管理職経験が無くとも、メンバーとしてチーム、組織にどのように働きかけていたか、という視点は必要です。異業界転職は、リクルート側が理解しないと、困難になる確立が高まります。20代の場合々よりも現職のご年度の収入が高いケースが多いため、異業界応募は収入ミスマッチで見送りケースもあります。販売・提供されるサービス職ご経験者のケース、店長として、店舗全体売上を含めて、メンバーマネジメント技術・経験によっては、営業職へ転職出来るなる確立もあります。また、30代後半~40代のケースは、管理職、役職候補のケースも多く、 ご自身のコア技術をもとに組織を牽引し、経営的視点で会社成長することが重要です。

今こそ転職のチャンス

20代は転職チャンスです。20代は役職、部下も居ないので辞める時に考えなければいけないことが少ないから転職の時の難しさとなる気苦労が減ります。これが30代になってからだとどうなるかというと配下に部下が居たりしてサッと辞められないケースが多くあります。責任感で辞めることを躊躇することになります。会社を辞めたいのにやめられないことになります。荷物が少ない場合が転職しやすいのは明白です。

自身に市場価値

自分の価値を知ることが重要です。登録すると、転職サイトで異なりますが、オファーがもらえます。登録するだけでは会社に伝わりません。職務経歴も詳細に記入することで技術を求めている会社の目に留まるなる確立が高まります。

未経験がきつい・不安を感じる理由

転職は逃げではない

日本の我慢が美徳なのは日本の良いところでもあり悪い点です。我慢して体、心を壊すのは無意味です、責任感が強くて真面目、そんな人程心身の病気になってしまうなる確立が高いです。

上司や環境は選べない

その職場の良さは上役や環境で決まります。そして上役や環境は選べません。環境が絶望的で自身に合わないとして、環境変化が難しいなら転職です。よく子は親を選べないと言います。どんなに自身の親が嫌いでも血の繋がりがあるから親は親だと、しかし職場は変えられます。関係を断つことができます。 しかし、会社が長いと責任感、転職不安などあり転職できなくなります。会社を変えればよいという発想ができない人間になってしまします。この環境や人間関係に耐えられない=自身の我慢が足りない、そんな風に思っている人は、意識を変えてください。自身を責める必要はありません。人間関係や環境が最悪で自分に合わないなら転職しましょう。

環境の変化

誰でも環境の変化にはストレスを感じるものです。これは未経験の営業職ももちろん例外ではありません。慣れ親しんだ職場を離れ新しい環境、0からの人間関係の構築には努力も必要ですし、時には忍耐が必要なことももちろんあります。営業職はそういったことを担当する部分も多いので他業種からの転職の場合不安になることが多いです。 そういった場合には自分の過去の経験で何か営業職で使えるか再度確認することが大切です、そういった作業を通して自身の強みや気づきがあり自信になっていきます。あと時間があるのであれば懇意の職場の同僚と話をしてみるのもいいきっかけになります。彼らから客観的な評価を聞けるのであればそれが自信になる可能性があります、しかしそういった部分の人選には気を付けなくてはなりません。

30代転職の不安

・30歳から転職活動をしても今からでも間に合うかどうかわからず将来に対する不安を抱える ・転職して収入が減ってしまったらと考え不安になる ・せっかく今まで築きあげてきたものを捨ててまた初めからやるのは大変ではないか ・20代より家族や人間か関係など背負っているものが増えたから難しいと感じる ・もし転職に失敗した場合に今の状態を取り戻すことが不可能かもしれないと不安になる

不安の解消方法

上記の不安は基本的に漠然とした状態で転職活動をしていることが原因である可能性があります。そういった場合の対処方法としては下記のような項目を明確にしていくことで具体的な対処法と行動理由が明確になるので不安が解消していきます。不安な場合一度下記の項目を念頭に自己分析をしてみてください。 ・どんな会社を選んだら良いのかはっきりしない ・どこで良い求人を見つけることができるかまだ明確な答えがない ・何を基準に仕事を選んだら良いだろうか自分の中の基準がまだ明確でない ・失敗しない為に考えるべきことは何か方法がまだわからない ・誰に相談をすると効率よく解決がみつかるかまだ不明確だ ・本当に転職が自分にとって良い選択なのかわからない、自分の中の将来の方向性が決まっていない。

未経験でも営業職の要点を抑えて転職しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回は未経験での営業職についてご紹介してきました。年代別でみてみても抑えるポイントは様々です。しかし、未経験でも営業職の仕事に就くことは可能です。「自分に営業職に就くことはできない」と思い込まずに、今回の記事の内容をしっかりと理解して営業職に転職しましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング