就活の始め方。とりあえずココからはじめよう

就活ノウハウ

就活の始め方。とりあえずココからはじめよう

更新日時:

shin23

自分自身が就活を始めると大学内でも「この人就活はじめたんだ」とか「この人そろそろ就活始めるのかな」など周りの動きが、なんとなくわかりますよね。

今まで髪の色が明るかった人がある日突然黒髪に染め直していたり、大学内でも時折考え込んでいるような様子であったり、就活の空気に徐々に包まれていきます。

周りが変化する一方で、もしかしたらまだ何も始めていない自分がいて、焦っている方もいるでしょう。今回はそんな方向けに、「就活の始め方4つ」をご紹介していきます。

就活の始め方4つ

就活のはじめ方には次の4つがあります。

  1. 自己分析
  2. 情報収集
  3. インターンシップ
  4. 優先順位をつける

あなたは全て終えていますか?未だという方は、詳細を見ていきましょう。

就活のはじめ方1:自己分析

自分に合う企業を探すためには、まずは自分を知っておくことが大切です。

『自分のことなんてふつうにわかるでしょ!』と思っていても自分のことが誰より分かっていない見えていないのは意外にも自分なのです。まずは自分という人物像を正確に把握しておきましょう。何を知ればいいの?と思うかもしれませんね。

まずは次の3つのことから自己分析を始めましょう。

  1. 自分の『性格』、『考え方』について今一度考える
  2. 何がしたくて、何がしたくないのか
  3. 自分が求める環境(職場)
    →自分はどのような場所に身を置くことが最適なのか

就活を始めるにはまずは自分を知ることがポイントです。

就活のはじめ方2:情報収集

いまは、就活情報サイトやコンテンツが充実していますね。手軽に情報を取得することができます。このような便利なツールを上手に活用し情報収集していきましょう。

エントリーサイトがオープンすると多くの就活生が活動し始めるのでそれより前に準備を始めておくことができるとその先もスムーズな就活を進めていけるでしょう。情報収集している間に働いている自分をイメージしてみると、より具体的な目標がみえてきます。

就活のはじめ方3:インターンシップへの参加

情報収集をしていく中で、インターンシップへの参加を検討する機会も増えてきます。

前述で挙げてきた通り、『自己分析』や『働くをイメージする』ことを概念に考えるとインターンシップへの参加をすることが望ましいですね。インターンシップに参加することで『ビジネスマナー』の習得、『仕事の実績』など得られメリットは多く面接やその後の就活にも大きく役立ちます。

就活のはじめ方4:ものごとの優先順位をつける

インターンシップは働くことのイメージや職場環境そして希望している仕事が適しているなどを見極める良いチャンスです。

夏休みに開催している企業が多いことから、学生によっては残りわずかな大学生活を卒論に向け自分の研究を進めていきたい学生もいます。

しかしそれが大切なのです。やるべきこと今自分は何を優先すべきかをきちんと見極め行動していくことが重要なのです。物事に優先順位をつけて進めていくことは社会人になってからも必要になってきます。

まとめ

いかがでしたか?『大学生が知っておきたい就活の始め方。』を紹介しました。

自己分析や情報収集は今からでも始められます。就職は人生の一大イベント!後悔を残さない結果を出すためにもきちんと自分と向き合い得られる情報収集しておくことが望ましいですね。

その中でインターンシップも一つの手段です。優先すべき内容なら検討してもいいかもしれません。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)