IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業で働く企業看護師とは?|メリット/デメリット/成功率/スキル

更新日:2020年08月14日

職種研究

勤務状況もシフトがほとんどなく一般企業と同様の働き方が可能な企業看護師ですが、ここでは企業で働く企業看護師とは、看護師が企業に転職するメリット・デメリット、企業の看護師に転職する成功率をあげるには、企業の看護師に求められるスキルなどについてお話します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

企業で働く企業看護師とは

企業に看護師や保健師が必要とされる理由

○企業の業務で健康障害が起きてはならないように予防に努めるため ○健康的に労働が行われるように社員の健康を維持させるため ○職場の風土づくりや、企業の生産性を高めるための文化の発展をするため これらの目的で、産業医や衛生管理者、色々な立場の人間と協力していきながら、産業保健活動管理の実施を経験して企業の労働安全衛生を支えています。

企業健康診断の実施

企業看護師の業務の中でもよりもわかりやすいのが健康診断なのではないでしょうか。メタボリックシンドロームへの関心の高まりから、糖尿病をはじめとした日々の生活習慣病の増加により、健康診断を積極的にする企業も増加しています。健診機関で看護師雇用も増加しており、活躍の場が増加しているのです。 健康診断とはいうまでもなく多くの検査や測定で健康状態を確認する作業です。サラリーマンであるなら企業診断を受けたなる確立が高いです。血圧、血糖値、脈拍測定から心電図まで、多くの検査が行われます。

企業看護師の業務の範囲

検査そのものは専門の技師で行われます。レントゲン技師支援がメイン業務です。身長、体重の測定、体脂肪率の測定や、女性への健診では婦人科関連の検査もする事もあるのでその支援も役割です。その時のポイントは、参加者が病人ではない事です。また無不快診療がポイントになります。採血技術は企業看護師の必須技術です。医療機関勤務とは異なり、接客業要素が大きいです。 企業に勤務するケースには健診最終的な状態を管理する業務もあります。その最終的な状態を元に従業員の健康状態をチェックし、日々の生活習慣病といった病気のリスクがあると判断したケースには健康エディケーションをする役割も担う事になります。 健診機関勤務か、企業看護師の健康診断に関係する部分は事なります。シフトがなく、病棟勤務と比較して規則正しい労働環境も大きいです。今後間違いなく需要が増していく業務でもあります。

保健エディケーション

健康診断の最終的な状態から、健康状態を認識し、健康的な労働支援をします。新入社員と在職の社員にも保健エディケーションを実行しますが、新入社員のケースは、自己紹介から始まり、社員とコミュニケーションをとりつつ、過去の医療インフォメーションを収集していき、健康支援のために保健エディケーションをすることになります。話しやすい雰囲気を作りがポイントです。長期勤務社員には、データと照らし合わせながら、適切な保健エディケーションが重要です。 企業看護師の必要性は特定保健エディケーションの導入が理由です。高齢化の進行、医療の増大といった社会問題に対応し、国民ひとりひとりが病気の予防をする対応する方法が求められている時代、特定保健エディケーションです。 特定保健エディケーションは有名ではありませんが、メタボ健診は広く知られています。その名の通り、日々の生活習慣病を防ぐための健診です。高血圧、高脂血症、あるいは糖尿病といった日々の生活習慣病のリスクを抱えていないかどうかを判断し、必要なら日々の生活エディケーションをする健診です。 検診対象は40歳~74歳の公的医療保険加入者全員が対象となるのがポイントです。健診内容は腹囲の測定、BMIの算出、そのうえで基本値を上回り、日々の生活習慣病のリスクがあると判断されたケースには血糖値や脂質、血圧測定し、危険度をクラス分けします。企業看護師は健診支援もします。測定は企業看護師が担当します、参加者を誘導し、円滑に進行させていく業務も求められます。 それから健診最終的な状態の管理。健診でクラス分け後、保健エディケーションになります。エディケーションそのものは医師で行われますが、企業看護師も支援の形で関わる事になります。また、産業医が常駐していない企業のケースは企業看護師が従業員の日々の生活の健康状態をチェックし、保健エディケーションの確認が重要です。 特定保健エディケーション制度は財政負担が緩和される措置もある。企業看護師の役割は大きいです。企業や健診機関のみならず、広く住民全体が健康的な日々の生活を送るうえで欠かせない制度といえるでしょう。

集団エディケーション

安全と健康を業務にもたらせるために、正しい知識の伝授をする。例として、化学物質、高熱作業といった危険業務と取り扱ったり、アルコールと運転の正しいエディケーションを行ったりと、企業の業務内容は多様です。禁煙ブームで、企業の禁煙対応が増加しています。 企業看護師は従業員が労働災害防止を目的として職場環境改善をします。健康診断やメンタルヘルスで病気の予防・対応する方法をするだけでなく、原因要素減少が重要です。これが労働衛生エディケーションです。 労働安全衛生法に定められているもので、従業員に対する安全・衛生エディケーションをしっかりする事が事業者には求められているのです。作業場環境や労働規則変更には義務付けられています。形のみならず、従業員全員徹底のために専門家が重要です。企業看護師の知識、技術が有用です。

メンタルヘルス対応する方法

自殺防止・うつ病といった精神障害の発症予防といったことを目的として、企業看護師はメンタルにも関係する必要があります。ストレス改善策、方法を提案していきます。ストレスを認識していない社員をよく観察して、相談も大事です。 わが国の自殺者数は、1998年以降13年連続で年間3万人を超え(実時はこの数を大きく超える人数が自殺をしてしまっていると言われています。)という深刻な状況が続いています。

勤務問題は、ストレスや過労で、社会的問題として日本に存在し続けています。 厚生労働省の労働者健康状況調査では、メンタルヘルス対応する方法を真剣に取り組んでいる企業の割合は、非常に低いものです。自殺・うつ病対応する方法プロジェクトチームを設置し、企業向けとして職場におけるメンタルヘルス対応する方法・職場復帰支援の充実 ~一人一人ポイントにする職場づくりを進める~として重点的に対応する方法を講じるようになってきました。この対応する方法は、働ける環境作りが目的で、環境変えたいという労働者の健康保持増進の動きがあります。 働くという事は、業務をするという事だけでなく、心身健康が含まれます。精神的症状があるケース、早く気付ける事や、勤務問題といった精神的に大きな負担がかからないように予防する事がポイント視されており、そのために多くの努力や工夫をしていく事になります。企業独自方法で、働いている人の負担、ストレスチェックが多くなっています。相談可能機関との連携をもったりします。 メンタルヘルスの場所、差大きく、一定の水準以上のメンタルヘルスケアをしていくというのはなかなか難しいケースが多いようです。

メンタルヘルス対応する方法における役割

看護師や保健師が企業に介入する事も多くなり、メンタルケアの知識があるカウンセラーが活躍するようになり、職場での精神的な負担に気付きやすくなる要素はだんだんと増加してきていると言えるでしょう。企業の医務室、メンタルヘルス支援センターで働きながらメンタルヘルスの技術を身につけたり、産業カウンセラーといったライセンスを取得する方が増加してきています。看護師として珍しい環境と思われます。

早期発見

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング