IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業で働く企業看護師とは?|メリット/デメリット/成功率/スキル

職種研究

勤務状況もシフトがほとんどなく一般企業と同様の働き方が可能な企業看護師ですが、ここでは企業で働く企業看護師とは、看護師が企業に転職するメリット・デメリット、企業の看護師に転職する成功率をあげるには、企業の看護師に求められるスキルなどについてお話します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

企業で働く企業看護師とは

企業に看護師や保健師が必要とされる理由

○企業の業務で健康障害が起きてはならないように予防に努めるため ○健康的に労働が行われるように社員の健康を維持させるため ○職場の風土づくりや、企業の生産性を高めるための文化の発展をするため これらの目的で、産業医や衛生管理者、色々な立場の人間と協力していきながら、産業保健活動管理の実施を経験して企業の労働安全衛生を支えています。

企業健康診断の実施

企業看護師の業務の中でもよりもわかりやすいのが健康診断なのではないでしょうか。メタボリックシンドロームへの関心の高まりから、糖尿病をはじめとした日々の生活習慣病の増加により、健康診断を積極的にする企業も増加しています。健診機関で看護師雇用も増加しており、活躍の場が増加しているのです。 健康診断とはいうまでもなく多くの検査や測定で健康状態を確認する作業です。サラリーマンであるなら企業診断を受けたなる確立が高いです。血圧、血糖値、脈拍測定から心電図まで、多くの検査が行われます。

企業看護師の業務の範囲

検査そのものは専門の技師で行われます。レントゲン技師支援がメイン業務です。身長、体重の測定、体脂肪率の測定や、女性への健診では婦人科関連の検査もする事もあるのでその支援も役割です。その時のポイントは、参加者が病人ではない事です。また無不快診療がポイントになります。採血技術は企業看護師の必須技術です。医療機関勤務とは異なり、接客業要素が大きいです。 企業に勤務するケースには健診最終的な状態を管理する業務もあります。その最終的な状態を元に従業員の健康状態をチェックし、日々の生活習慣病といった病気のリスクがあると判断したケースには健康エディケーションをする役割も担う事になります。 健診機関勤務か、企業看護師の健康診断に関係する部分は事なります。シフトがなく、病棟勤務と比較して規則正しい労働環境も大きいです。今後間違いなく需要が増していく業務でもあります。

保健エディケーション

健康診断の最終的な状態から、健康状態を認識し、健康的な労働支援をします。新入社員と在職の社員にも保健エディケーションを実行しますが、新入社員のケースは、自己紹介から始まり、社員とコミュニケーションをとりつつ、過去の医療インフォメーションを収集していき、健康支援のために保健エディケーションをすることになります。話しやすい雰囲気を作りがポイントです。長期勤務社員には、データと照らし合わせながら、適切な保健エディケーションが重要です。 企業看護師の必要性は特定保健エディケーションの導入が理由です。高齢化の進行、医療の増大といった社会問題に対応し、国民ひとりひとりが病気の予防をする対応する方法が求められている時代、特定保健エディケーションです。 特定保健エディケーションは有名ではありませんが、メタボ健診は広く知られています。その名の通り、日々の生活習慣病を防ぐための健診です。高血圧、高脂血症、あるいは糖尿病といった日々の生活習慣病のリスクを抱えていないかどうかを判断し、必要なら日々の生活エディケーションをする健診です。 検診対象は40歳~74歳の公的医療保険加入者全員が対象となるのがポイントです。健診内容は腹囲の測定、BMIの算出、そのうえで基本値を上回り、日々の生活習慣病のリスクがあると判断されたケースには血糖値や脂質、血圧測定し、危険度をクラス分けします。企業看護師は健診支援もします。測定は企業看護師が担当します、参加者を誘導し、円滑に進行させていく業務も求められます。 それから健診最終的な状態の管理。健診でクラス分け後、保健エディケーションになります。エディケーションそのものは医師で行われますが、企業看護師も支援の形で関わる事になります。また、産業医が常駐していない企業のケースは企業看護師が従業員の日々の生活の健康状態をチェックし、保健エディケーションの確認が重要です。 特定保健エディケーション制度は財政負担が緩和される措置もある。企業看護師の役割は大きいです。企業や健診機関のみならず、広く住民全体が健康的な日々の生活を送るうえで欠かせない制度といえるでしょう。

集団エディケーション

安全と健康を業務にもたらせるために、正しい知識の伝授をする。例として、化学物質、高熱作業といった危険業務と取り扱ったり、アルコールと運転の正しいエディケーションを行ったりと、企業の業務内容は多様です。禁煙ブームで、企業の禁煙対応が増加しています。 企業看護師は従業員が労働災害防止を目的として職場環境改善をします。健康診断やメンタルヘルスで病気の予防・対応する方法をするだけでなく、原因要素減少が重要です。これが労働衛生エディケーションです。 労働安全衛生法に定められているもので、従業員に対する安全・衛生エディケーションをしっかりする事が事業者には求められているのです。作業場環境や労働規則変更には義務付けられています。形のみならず、従業員全員徹底のために専門家が重要です。企業看護師の知識、技術が有用です。

メンタルヘルス対応する方法

自殺防止・うつ病といった精神障害の発症予防といったことを目的として、企業看護師はメンタルにも関係する必要があります。ストレス改善策、方法を提案していきます。ストレスを認識していない社員をよく観察して、相談も大事です。 わが国の自殺者数は、1998年以降13年連続で年間3万人を超え(実時はこの数を大きく超える人数が自殺をしてしまっていると言われています。)という深刻な状況が続いています。

勤務問題は、ストレスや過労で、社会的問題として日本に存在し続けています。 厚生労働省の労働者健康状況調査では、メンタルヘルス対応する方法を真剣に取り組んでいる企業の割合は、非常に低いものです。自殺・うつ病対応する方法プロジェクトチームを設置し、企業向けとして職場におけるメンタルヘルス対応する方法・職場復帰支援の充実 ~一人一人ポイントにする職場づくりを進める~として重点的に対応する方法を講じるようになってきました。この対応する方法は、働ける環境作りが目的で、環境変えたいという労働者の健康保持増進の動きがあります。 働くという事は、業務をするという事だけでなく、心身健康が含まれます。精神的症状があるケース、早く気付ける事や、勤務問題といった精神的に大きな負担がかからないように予防する事がポイント視されており、そのために多くの努力や工夫をしていく事になります。企業独自方法で、働いている人の負担、ストレスチェックが多くなっています。相談可能機関との連携をもったりします。 メンタルヘルスの場所、差大きく、一定の水準以上のメンタルヘルスケアをしていくというのはなかなか難しいケースが多いようです。

メンタルヘルス対応する方法における役割

看護師や保健師が企業に介入する事も多くなり、メンタルケアの知識があるカウンセラーが活躍するようになり、職場での精神的な負担に気付きやすくなる要素はだんだんと増加してきていると言えるでしょう。企業の医務室、メンタルヘルス支援センターで働きながらメンタルヘルスの技術を身につけたり、産業カウンセラーといったライセンスを取得する方が増加してきています。看護師として珍しい環境と思われます。

早期発見

日々の健康相談から、過労チェック、ストレスチェックといった、工夫する必要があります。保健師のポイントな役割のひとつです。 ある企業では健康推進部門を設けて、産業医、産業看護師、カウンセラーと連携してメンタルヘルス対応する方法を講じているところもありますが、こういった企業は少なく、産業看護師に依存しています。産業看護職はカウンセラーでないですが、未然の予防、早期発見の製造会社ウンセリングの力、聴く力もポイントです。

メンタルヘルス不調者への対応する方法

メンタルヘルス不調者と判断されたケース、休養のケースどれくらいの期間休養する事を薦めるのか、本人、家族の総合的なケアをします。また、休養をしてから職場復帰を円滑に行えるように面接を行ったり、段階的成長がポイントです。

過重労働対応する方法

民間企業に勤務する企業看護師の業務は各企業で求められる役割に違いが見られるケースが多いもの。それだけに前もって転職求人インフォメーションを細かくチェックする必要があるのです。企業看護師業務に職場巡視があります。 職場巡視とは文字通り職場を見てまわる業務です。企業看護師は病気、怪我をケアや、健康状態の管理や保健エディケーションをするだけではありません。従業員が日々の業務の中で危険にさらされていないか、病気や怪我が起こりやすい環境で働かされていないかどうかをチェックする事もポイントです。職場巡視は確認作業です。

勤務先で職場巡視のポイント度も変わる

冒頭に企業で求められる役割に違いがあると書きました。職場巡視も同じです。どの企業でもこの業務は行われますが、その内容に違いが見られ、工場を所有している企業とそうでない企業では巡視の内容やポイント度が大きく異なってきます。また支社や複数の工場を所有しているケースには定期的に巡回して見てまわる必要が出てきます、通勤環境に影響を及ぼします。

職場巡視ではどの点がチェックされるのか

まず作業環境です。従業員が快適か、健康問題がないか、衛生環境、温度、湿度といったものは季節でも変化するため、定期的なチェックが欠かせません。受動喫煙の有無も近重視されます。 もうひとつは休憩時間や残業、作業時間のチェックです。従業員の過度な負担をチェックします。職場巡視で問題があるケースには報告書で企業改善要求の必要もあります。病気、怪我対応のみならず、そもそもそれを防ぐための対応する方法も企業看護師に欠かせない役割となっています。

緊急時の応急処置

化学物質を多く取り扱う企業であったり、熱中症がある製鉄業といった、緊急事態想定で異なってきます。企業危険性把握がポイントです。万が一、緊急の事態が起こったケースは、想定・計画時のマニュアル制定がポイントです。

日々の健康相談

企業で働く従業員の健康状態をチェックするには、健診時、データのみならず、健康相談がポイントです。コミュニケーションが重要です。勤務中負傷、応急処置、医療機関の受診が必要かどうか判断する事も業務の1つです。

企業看護師の健康相談・保健エディケーション

一般企業に従事する企業看護師の役割の1つとして、健康相談、保健エディケーションがあります。従業員は、企業にいる時間が長いので、産業看護師、産業保健師の健康支援がポイントです。健康相談・保健エディケーションは、企業(集団)の健康状態のチェック、それに付随したエディケーションがあります。 個人健康状態チェックは、定期健康診断のアドバイスや、インタビュー時の様子から健康状態をチェックして適切なエディケーションをし、企業の健康状態のチェックは、インフルエンザといった危機管理、労働時の危険への対応する方法といった企業全体を見てエディケーションしていく必要があります。 一番難しいのが、個人へのエディケーションです。企業看護師の必要性を疑う社員も多く、また、企業の方針で、健康相談の容易度は企業で異なるので、新聞、企業のホームページといった日々の健康管理に役立つインフォメーションを発信して、従業員の健康支援といった、アイデアも重要でこういった地道な事をする事が重要です。 個人健康支援で、時間外勤務労働者に対応も重要です。企業方針に応じて、時間外勤務労働者が多い企業も存在し、従業員支援は必須です。過労、ストレスに目を光らせる事がポイントです。

企業看護師の様々な業務

企業看護師と一口に言っても多くの業務がある事です。企業医務室勤務と治験業務では、求められる業務がまったく異なりますし、身に付けなければならない技術にも違いが出てきます。同職種でも企業で必要な役割、年度の収入が異なってくる事もあります。医務室ならグループ内の施設視察があります、治験業務のケースは全国各地に出張するケースといったこともあります。 ナイトシフトがなく、土日祝日は休める企業看護師ですが、そのメリットも自身が働きやすい環境があってこそです。企業看護師の適職は、まずは転職求人の選定、転職求人インフォメーション探しをする事がポイントです。

企業看護師の10種類と業務内容

企業看護師の種類を代表するのが、治験コーディネーターと企業医務室です。どちらも看護師としての技術を活かしつつ、民間企業で働けるので人気です。企業看護師は多くの種類があります。 ○CRC(治験コーディネーター) ○臨床開発モニターs ○品質管理者QC ○企業の医務室勤務 ○医療用の機器製造企業のフィールドナース(クリニカルスペシャリスト) ○ツアーナース ○医療相談のコールセンタースタッフ ○学校看護師 ○保育園、幼稚園看護師 ○看護専門の転職派遣・転職斡旋企業の企業

治験コーディネーター(CRC)

CRCといった名称で知られるこの業務は、治験業務のコーディネート、段取りの役割を担う業務です。治験業務は製薬企業の依頼を受けて医療機関が実施する形となり、そして実施の時には被験者も含めた多くのスタッフが活動します。 そうした環境の中で業務が円滑に行われるよう気を配り、医療機関と製薬企業の間の橋渡し的な役割を担う事になります。 また、治験終了後のデータの管理やチェックといったポイントな業務内容になります。治験業務の外注化が進行した事で、治験コーディネーターの役割が増改しています。必ずしも看護師のライセンスが必要な業務ではありませんが、看護師としての医療機関勤務が役にたちますので、臨床経験があるケースは転職にとても有利に働きます。治験患者への支援も業務内容になるので、医療機関へ出向くのは変わりませんが、立場が変わります。

臨床開発モニター(CRA)

治験コーディネーター(CRC)と似ているので、臨床開発モニター(CRA)とは、新薬の開発が正しく行われているか監視する事が業務になります。 治験コーディネーターは新薬開発をするコーディネートをする業務に対し、それをチェックする業務になります。看護師、薬剤師から転職が多く、治験関連の業務として注目されている職業です。治験コーディネーターと比較すると、新薬開発といった達成感は薄く、働く場所も医療機関ではなく、製薬製造企業や医療用の機器製造企業の勤務となります。 治験コーディネーターと比較すると、データ処理の業務が大幅に増えますので、ExcelやWordといった知識が重要です。

品質管理者QC

品質管理者とはQCと呼ばれ、こちらも治験のお業務になります。品質管理(QC)ですが、製薬企業が薬の販売にこぎつけるために、臨床データを提出義務があります。そのデータを作成する事が主要な業務になるのが、品質管理者(QC)の業務です。 実時の業務経験で得た知識が必要なため、看護師・保健師といったライセンスを持って働いていた方が多く転職します。データが正確である事が要求される業務なため、看護の業務とは異なりますが、キャリアアップの最適な業務です。

企業医務室の企業看護師

企業医務室とは、民間企業医務室で勤務です。(大学といったエディケーション機関に設置された医務室での勤務もこれに含まれます。)主要な業務は、その企業で働く従業員の健康管理です。健康診断から日々の生活エディケーション、労働環境チェックや改善提案をする。 ○健康診断の実施・運営・管理 ○健康教室の開催 ○個人インタビュー ○ストレスチェックシートの実施 また、日ごろから従業員の健康相談やメンタルヘルス対応する方法をするのもポイントな役割です。サラリーマンのメンタル問題が進み需要が大きくなっています。そして、ナイトシフトがほとんどなく、土日祝日も休めるので注目されています。

クリニカルスペシャリスト(医療用の機器製造企業)

企業看護師の種類の中でも、クリニカルスペシャリストの必要性は高まっています。認知度は高くないです。民間企業希望のケース、この業務の知識を身につけておく必要があります。 クリニカルスペシャリストとは、民間の医療用の機器製造企業で働く看護師の事です。必ずしも看護師が担当する業務というわけではありませんが、専門的知識が役立つので、就職や転職の時に歓迎されます。おもに医療機関に対して医療用の機器や用具を購入してもらうための販売をするわけですが、製品詳細知識が重要です。医療用の機器ともなると、どうしても製品の理解の時に医療方面の専門的な知識が求められます。

ツアーナース

ツアーナースとはその名の通り、ツアーの看護師です。企業、学校に雇用されるので、企業看護師になります。一般的に団体旅行や修学旅行といった旅行者の健康管理や怪我や病気の処置をメインにする業務です。旅行が好きで、コミュニケーション好きの看護師向きの業務になります。 問題なのが、継続的な業務ではないという事で、単発やあっても中期期間のパートタイムになってしまうケースがほとんどです。

医療相談のコールセンタースタッフ

医療相談のコールセンターは、自治体や、医療用の機器製造企業、薬品企業といったが設置している事が多いです。電話を経験して、患者の健康相談にのる業務ですので、看護師業務に疲れたケースに最適です。 また、コールセンターでは服装といった自由なケースがありますので、好きなファッションで働けるといったメリットもあります。話し続けるので、コールセンター独特のつらさもあります。転職求人の数は他と比べると比較的多いですが非常勤や転職派遣での社員となります。

学校看護師

学校という名前で看護師が企業看護師として働けるのは主に大学です。(小・中・高の保健室で正規の社員として働くケースは、看護師ライセンスとは別に養護教諭ライセンスが必要になるため注意しましょう。)こちらも転職派遣看護師の転職求人が多い傾向にあります。

保育園、幼稚園看護師

保育園では乳幼児を相手方方にしますので、子供慣れしているケース働きやすいです。感染症の流行防止のため、子供の病気知識が重要です。

看護専門の転職派遣・転職斡旋企業の企業

看護師専門の転職派遣企業、紹介企業は数多く存在しています。これらの人材系の企業は、看護師の適性を見抜き、マッチする職業を見つける業務です。看護師なら、看護師の業務に精通もしていますし、良い医療機関、問題のある医療機関を見抜く力もあるでしょう。 そのため、看護師として実時に医療機関で勤務していた人たちは、人材紹介の業界ではとても重宝されます。

看護師が企業に転職するメリット・デメリット

メリット:通勤のオシャレ

企業看護師はわたし服で出勤する事ができるため、制服がある医療機関看護師違いおしゃれができます。

メリット:ナイトシフトがない

企業看護師はナイトシフトがなく、カレンダー通りの出勤になり、規則正しい日々の生活を送る事ができます。そのため、企業看護師は家庭を持つ看護師やナイトシフトが苦手な看護師が多いです。 ただし、ケースでは残業が多い企業もあり、残業が多い企業看護師もいるため、企業選びには細心の注意が重要です。

デメリット:通勤時間

企業看護師を雇っている大きな企業は、都心に密集している事が多く、通勤時間上昇が考えられます。また、郊外にある医療機関とは異なり、マイカー通勤が不可能なので、不便が多いです。

デメリット:人に頼れない

企業看護師は、頼れる人が少ないというデメリットがあります。不安が大きいケースは、可能な限り看護師の多い企業がねらい目です。

デメリット:年度の収入

なっています。ナイトシフトをやらずに、この度合いの平均年度の収入がもらえるのは嬉しい方もいれば、給与減少でデメリットのケースもあります。(その方はまた医療機関へ転職をしたりします。)年度の収入が下がる事は覚悟しておきましょう。企業看護師は、正職員の転職求人が少なく、時期では転職派遣転職求人や非常勤といったあるため、こちらも年度の収入が下がる原因です。

企業の看護師に転職する成功率をあげるには

企業看護師の転職求人

看護師の業務の中でも特に人気が高いのが企業看護師ですが、転職求人自体も少なく応募もすぐ終わるので、転職情報をなかなか見つける事が出来ない業務でもあります。 企業看護師の転職求人は、ハローワーク、転職サイトで転職情報を見つける事は不可能です。 ハローワークといった、広く浅くといった具合で転職求人インフォメーションを扱っていますので、看護師のスペシャリティの強い転職求人インフォメーションは驚く程少なくなっています、業務の幅が広いですが、スペシャリティの強い職業人にとってはデメリットでしかありません。 企業看護師の転職求人は看護師転職派遣サイトにあります。企業が必要な企業看護師の数は、一社で1人~2人です、見つけても転職応募に間に合わない事が多くあります。

看護師専門の転職求人サイト

看護師専門の転職求人サイトは、非公開転職案件という好条件転職案件を取り扱っています。転職求人サイトと企業と提携している事もありますから、企業看護師の転職求人も専門転職求人サイトにあります。期間が限定されている事もありますが、実施の経験や態度といった任期延長のなる事もあります。非公開案件には、前もって登録して条件を転職求人サイトの方へ知らせておく必要があります。企業看護師として働きたいケースには、登録をする時にその旨伝えておくと良いでしょう。

他の応募者にどこで差を付けるのか?

企業看護師になるためには、看護師ライセンスさえあれば他のライセンスは特に必要はありません。臨床開発モニターのお業務をするケース、臨床開発モニターという特別なライセンスが必要になる訳ではないのです。企業看護師には看護師免許があると有利です、他の応募者も看護師なので当然の事ながら看護師ライセンスを持っています。

転職差別化が不可能

応募条件でないですが、転職で差をつけるために、保健士の関連ライセンスや専門知識を身に付けた方が選考を有利に進める事ができます。

転職面接官が重視しているポイント

企業看護師の転職面接官は、転職看護知識を持たない人事部担当者が多いです。面接官は看護知識をそれほど知りません、企業看護師に看護知識が必要でないのです。面接ポイントは、看護知識よりも、ビジネスマナーやPC・事務処理といった技術、コミュニケーション能力の面になります。看護師には患者とのコミュニケーションが得意なケースも多いですが、患者さんとのコミュニケーションとビジネスの時のコミュニケーションは異なる事を理解しておいて下さい。

応募する企業の研究

面接を受ける事になれば、その企業についての研究をしておく事が大事です。当たり前の事ですが、面接経験のない看護師はこういった考え方がない事が多いです。ホームページといったことを確認して、その企業は何をしている企業か、どんなポイントのあるかを確認する事は面接を受ける下限必要なインフォメーションです。 その企業に勤めているもしくは知っている知り合いがいるケース、どんな雰囲気の企業なのかといったことを聞いてみると言うのも1つの方法です。転職面接を通過するためのインフォメーション収集という観点だけではなく、自身自身にあっている企業かどうかを判断する事にも繋がって来ます。

転職求人サイト

高品質の転職情報はマイナビ看護師

全国に販売所があり、地方でも好条件転職求人を見つけます。転職希望者が納得できない不可能な転職をすすめない、転職支援で、信頼感も高い優良転職サイトです。転職リクルート系の企業で、実施の転職経験も充分なので積極的に利用するのが一番の近道です。

看護師専門の転職情報はナースフル

リクルートホールディングスの100%出資子会社が行っている全国展開を行っている正看護師、准看護士、保健師、助産師のための転職求人サイトになります。リクルートの知名度は一般企業側にも有効ですね。一番よく出てくる企業看護師求人があると口コミで人気です。

転職求人情報の数で行くならナースではたらこ

バイトルドットコムで有名な株式会社ディップが運営する看護師専用の転職サイトです。非公開転職求人も比較的多く、さらに日本の看護師転職求人を約90%以上カバーするほどの保有転職求人があります。企業看護師として転職の場合には、登録必須の転職サイトです。企業看護師の中でも企業の保健室転職求人などのレア転職求人が出た実績もあるため、転職では利用はしたほうが良いです。

幅広いエリアで転職活動を考えるならナースパワー人材センター

全国の転職求人に強いナースパワーというサイトです。全国13拠点ありどのエリアにでも素早く転職対応できるようなサポートを行っているのが特徴です。公開をしている転職求人数はかなり少ないですが、なんと転職公開求人が1割から2割。つまり8割以上が非公開転職求人になります。ここから非公開求人の企業看護師の転職につながったという方も多いです。是非登録して待ちたい部分です。

企業の看護師に求められる技術

コミュニケーション技術

コミュニケーション技術は、一般企業だけでなく看護師として働く上で必要な技術です。でも、特に一般企業では必要とされる技術なのです。一般企業でコミュニケーションと共に働きます。例として、企業の医務室で働く産業看護師は社員の健康相談や健康エディケーションをするし、メンタルヘルスケアをする。会話をしながらするので、コミュニケーションはポイントになります。治験コーディネーター、臨床開発モニターは医師や被験者、製薬企業とコミュニケーションをとり治験を推進します、クリニカルコーディネーターはレクチャーをするのでコミュニケーション技術が重要です。コールセンタ―での電話対応の業務も、もちろんコミュニケーション技術は必須です。

パソコン技術

一般企業で働く看護師は、パソコン操作の技術が必要になります。一般企業では健診の最終的な状態や治験のデータといったことを管理しますので、パソコンのデスクワークが多くなります。プログラミングといった専門的なパソコン技術は必要ありませんが、ワードやエクセル、パワーポイントの基本的な操作は重要です。

ビジネスマナー

一般企業で働く看護師は、下限のビジネスマナーも必要になります。医療機関といった医療施設で働くケース、マナーを守っていれば、特にビジネスマナーは必要ありません。でも、一般企業で働くケースは別になります。TPOに応じた服装をして、名刺交換や電話応対、ビジネスメールは重要です。業務中はナース服です、名刺交換、ビジネスメールの知識なしに、ビジネスマナーを向上させている看護師も多くいます。現在、ビジネスマナーがなくても、転職後に先輩社員に習いながら、少しずつ身につけていけばOKです。

技術アップ志向

一般企業では技術アップ志向が必要になります。医療施設での労働では、業務成果は必要ではありません。患者の回復のため看護が重要ですが、患者を何人取り扱ったという成果は問われません。でも、一般企業は得する部分を追求する場所ですので、一生懸命に業務をするだけでは不十分であり、業務の成果を出さなくてはいけません。業務の成果を出すには、自身の技術アップが必要になりますので、一般企業の看護師は技術アップが重要です。

より良い転職を

企業看護師はほかの看護師とことなり企業内で勤務することになります。多くの転職者が通常の病院などの施設から転職を希望することが多くなります。そういった中でやはりビジネススキルやPCスキルなど今までの看護婦の必要スキルと異なる部分で差がつく可能性が大きいといえます。企業看護師を目指すことを前提とした場合、まずはそういった情報や知識の習得が合格へのカギになります。そこで求められる常識の部分は一般社会で要求されるものと同様になるので、一般の面接対策を参考にすることもおすすめです。 また、基本的に求人自体が少ないので、幅広いネットワークを構築して早めに就職活動を進めていくことが成功のカギになりそうです。そういったところで転職コンサルタントのネットワークを利用することも鍵の1つといえます。 コンサルタントは転職先のみならず履歴書の書き方、面接で気を付けるポイント、給与の交渉、就職後のフォローなど様々な部分で転職を手助けしてくれる存在です。特に企業看護師の場合求人数が少ないのでコンサルタント求人情報を提供してもらうことで転職の成功に一歩近づけるともいえます。一度登録し、業界の情報を集めてみることもおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング