IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントの登録方法・メリット|登録拒否される理由とは

転職サービス・サイト

転職エージェントを利用する方法や登録が拒否されるケース、登録時期など気になる情報をご紹介します。転職エージェントを利用すると転職活動で役にたつことがたくさんあります。転職エージェントをうまく利用して転職活動を成功させましょう。

更新日時:

転職エージェントへの登録方法

転職エージェントは転職をする人のためにコンサルタントが一人一人に付き、求職者のスキルや知識、技術などに合う求人や企業をピックアップしてくれる転職支援サービスのことです。うまく活用すれば転職も活動もスムーズにいきますし、良い企業に転職できることもあります。まずは転職エージェントへの登録のしかたをご紹介します。

転職エージェントに登録する前の準備

転職エージェントには登録後、面談と呼ばれる対面もしくは電話での相談の時間があります。この面談はコンサルタントが求職者に求人を紹介する前に面談を行い、求職者の現在のスキルや希望の業界、職種、転職の理由などをヒアリングします。

これらのデータを登録しておくことで、求職者の希望やスキルに合った求人を紹介してくれるようになります。そのために、まずは職務経歴書と履歴書(手書きでも可)を用意しておきましょう。スキル登録シートなどを用意しているところなどであれば、手ぶらでもかまいませんが、スムーズに面談を進められるように職務経歴書と履歴書を1枚ずつ用意しておきましょう。

転職エージェントの登録をする

転職エージェントへの登録は1つだけという決まりはありません。もちろん複数登録しておいたほうが転職活動はよりスムーズに進められることでしょう。複数登録でかけもちをすることによって、転職成功率は上がります。なぜなら、各転職エージェントには独占求人と非公開求人という登録しないと見ることができない特別な求人を持っているからです。

もちろん、その転職エージェントでしか見ることができない求人がある場合も考えられます。Aという転職エージェントにしかない求人もあれば、Bという転職エージェントにしかない求人など、その転職エージェント限定の求人があるということです。 しかも、非公開求人などは登録をしなければ見られませんので、複数の登録なら様々な求人に出会えるでしょう。つまり、希望の求人が見つかる可能性も広がりますので、転職エージェントは複数登録をおすすめします。

転職エージェントに登録するメリット

転職エージェントに登録すると、求人の紹介だけではなく、様々な転職支援サービスを受けることができます。登録すると具体的にどんな転職支援サービスを受けられるのかピックアップしてみました。

・提出書類の添削 転職支援サービスとして、転職エージェントのコンサルトが書類提出の添削をしてくれます。企業に合わせた動機の書き方や言い回しなどをアドバイスしてくれます。今後の転職活動や履歴書を書く際のスキルアップとなりますので、提出書類の添削は受けておきましょう。書類選考の通過率も上がります。

・面接対策 転職でも面接は苦手な方が多いことでしょう。転職エージェントのコンサルトはなんと、面接対策までしてくれます。多くの転職エージェントが行っているサービスで大手の転職エージェントの場合、面接対策の評判が良いところもあります。面接対策を完璧にしていれば、どんな企業の面接も怖くはないはずです。

転職エージェントへ登録拒否されることはある?

転職エージェントへ登録が拒否されるということはありえるのでしょうか。実は、転職エージェントの登録拒否はかなりまれなケースです。普通に就職をして勤務していれば大半の登録は拒否はされることはありません。しかし、転職エージェントへ登録が拒否されることは実際にはあります。

また、転職エージェントのコンサルタントの連絡などが遅れていると登録拒否をされたと感じるかもしれません。その場合は登録をした旨を連絡することをおすすめします。

登録を断られる理由

では、どうして転職エージェントから登録を拒否されるのか。転職エージェントから登録を断られるのには一つではなく、複数あります。その理由をいくつかご紹介しましょう。

転職回数がとても多い人

転職回数が極端に多いような人は、登録拒否をされてしまう場合が多いです。転職エージェントとしてもどんな求人を紹介したところで勤務期間が短い人や勤務時間が短い人には企業への推薦が難しいからです。 特に転職エージェントからのおすすめ人材を紹介してもらう企業からしてみれば転職ばかりしているような人材をみてどう思うでしょうか。どう考えても企業にメリットありません。

企業に役立つと思われるスキルや資格がない人

これは職種や業界によりますが、プログラマーとして転職をしたいのであれば、当然、情報処理技術者試験などの資格を持っていて複数のプロジェクトなどに参加している人が転職エージェントからしてみれば、スムーズに求人を紹介できます。 しかし、プログラマーに必須の資格を持ってもいない、職務経験もないとなると未経験での転職は難しいでしょう。そもそも、転職エージェントを利用する人の多くはキャリアを積んでいる人が、そろそろ転職を考えていて、転職活動のサポートとして利用をするサービスです。転職したい業界や企業に必要な資格やスキルはあらかじめ取得しておきましょう。

特殊な職務経歴を持つ人

特殊な職務経歴を持つ人というのは、例えば俳優・女優であったり、歌手、作家、郵便、鉄道、自営業などの職務経歴です。これらは一般職とは異なるため特殊な職業としてみられます。転職エージェントが持っている求人は一般職がほとんどです。残念ながらこういった特殊な職業の人は登録を断られてしまいます。

一つの企業で勤務時間が短すぎる人

これは転職回数が多い人にも該当します。前職の企業で勤務期間や時間が短すぎる人は「すぐにやめてしまう人」というレッテルが貼られてしまいます。一つの企業で学ぶことはとても多いです。少なくとも2~3年は頑張りたいところです。転職をする場合の勤続年数は一般的には2年は必要だといわれています。

離職期間がすごく長すぎる人

離職期間(ブランク)が長すぎる人は何のために離職をしていたのか、離職期間は何をしていたのかなど理由がない人は転職エージェントから登録を拒否されることがあります。離職期間が長くて勉強などをしていた場合はその旨と理由を書いた方が登録内容としては通りやすいです。

転職エージェントの登録審査に通るには

転職エージェントの登録審査に通るにはどうしたら良いのでしょうか。自分には何もスキルや資格がないから…と諦めてしまう人もいるでしょう。未経験であっても転職エージェントの登録は通るケースもあります。それは自己PRです。自分に何ができるのか、どんなことが仕事に活かすことができるのかを出来る限り洗い出してみましょう。

また、何か資格や仕事で活かせそうな経験をお持ちの方は、転職エージェントのサイトに登録する際はできるかぎりでいいので全て書きましょう。しかし、転職エージェントの登録審査は各転職エージェントサービスによって様々なので、登録する前にあらかじめ口コミサイトやよくある質問などをチェックしてから登録に進みましょう。

転職エージェントの登録時期はいつが良い?

転職活動を行う時期としては、一般的には1月から3月が良いとされています。理由は、年内の新卒採用が一段落を終えた後、それでも人材不足である場合に中途採用や第二新卒などに切り替える時期でもあるからです。もしくは、退職者の補完する時期として9月からの転職活動も視野に入れておきたいものです。

転職エージェントに登録する時期としては転職活動をする1ヶ月前にしておくとスムーズに次の月から転職活動を始められるでしょう。転職エージェントに登録する月は転職エージェントに登録をして面談を行ったり求人紹介をされます。転職エージェントの登録した後は次の月までに転職してみたい企業をいくつかピックアップしていく月でもあります。

転職活動はなるべく在職中に

転職活動を始める前に会社を辞めて転職エージェントに登録をしてしまうと次の仕事までの繋ぎがありません。転職活動はなるべく在職中に行いたいものです。もちろん、失業者には失業保険という次の職がみつかるまでの国の補助を受けることもできますが、在職中に転職活動をしたほうがスムーズに退職できますし、転職もできます。 たとえば、転職活動のピークが2~3月なのであれば12月に退職届を出す計算をします。転職活動を始めるのなら6月がいいでしょう。なぜなら企業研究やら履歴書や自己PR、職務経歴書などの準備をしなければなりません。 転職エージェントに登録をする時期としては2~3月でも大丈夫ですが、早いうちからお試しの面接を受けにいったり、企業研究などに力を入れることによって、様々な企業の情報を効率よく収集できます。 場合によっては今の企業にいたほうが良いと感じることもあるかもしれませんので、さっそうと退職届を出して収入なしで転職活動を始めるのは正直大変です。なるべく早め早めに行動をすることによって、2~3月のピークに本番の転職活動を始めることができるのです。

転職エージェントの面談で注意したいこと

転職エージェントに登録をするとその後、登録審査が通過できれば面談をすることになります。面接ではなく、面談なので対談のようなものです。軽いインタビューを受けているような気持ちで臨みましょう。しかし、転職エージェントの面談でも注意したいことはいくつかあります。そのポイントさえおさえれば転職エージェントへの登録後、面談はリラックスして行くことができるでしょう。

自分の名刺を渡すのはNGな行為

業務外で在職中の企業の名刺を渡すのは、社会人としてのモラルが問われる行為です。絶対にしてはならないというわけではありませんが、名刺を下さいと言われるのであれば会社で支給されているものとは別に個人的な物を用意しておきましょう。

「話だけ聞きに来ました」と言わないこと

転職エージェントにとっては一人一人専属でコンサルタントが付きますが、かならずしもあなただけのコンサルタントとは限らないことが多いです。何人も担当しているコンサルタントの場合「とりあえず、話だけでも聞きにきました」と言ってしまうと「あ、この人は急ぎではないんだ」と考えるので、優先度が下がってしまいます。 そのため、転職スケジュールがどんどん遅れてしまう原因になるので、やめておきましょう。本当に急いでなくても「良い求人があれば、すぐにでも転職を希望したいです」と答えるのが無難です。

転職エージェントの活用方法

転職エージェントをうまく活用すれば、転職活動はスムーズに進みますし、良い企業に転職ができるので、どんどん活用していきたいものです。転職エージェントはただ登録して面談を受けて求人紹介されたところに行くだけでは、活用しているとはいいません。 転職エージェントをうまく活用するには、面談で「すぐにでも転職をしたいので、複数転職エージェントに登録しています。実際に面談に来たのは御社で初めてです」と言うことによって、転職エージェントのコンサルタントは「この人は早く転職がしたい人」という認識になり、本気で求人紹介をしてくれます。 なぜこのセリフを言うだけで転職エージェントのコンサルタントが本気になってくれるのか理由はあります。それは、転職エージェントが企業に人材を紹介することによって、お金(成功報酬)をもらっているからです。利益は企業から求人広告掲載と人材紹介料を取っているということになります。

転職エージェントの仕組みとしてはこういったサイクルができているため、求職者からは一切お金を取ることはないのです。つまり「一刻も早く転職がしたいです」と訴えかければ転職エージェントにしてみれば、利益が取れるということになるのです。転職エージェントの恐れていることは「他社に求職者を取られてしまうこと」です。 だからこそ、他社よりも良い求人を紹介しようと考えますし、より転職活動に協力してくれることになります。この方法を活用することで良い転職活動になるでしょう。

転職エージェントで転職活動を始めましょう

いかがでしたでしょうか。転職エージェントに登録して転職活動のサポートとして活用することができるので、まずは複数の転職エージェントを登録して面談を受けることから始めましょう。 複数登録するといっても、転職エージェントのサービスはたくさんありますので、だいたい2社、多くても3社に絞って登録しましょう。転職する地域や地方によっては地域密着に特化した転職エージェントもありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントに登録することは基本的に転職したいと思う意思があるなら誰でもできます。一番大切なのは「早く転職したい」という気持ちです。未経験での転職ももちろん支援はしてくれますが、前職でのスキルが活かせるかどうか確認しておくことが企業とのミスマッチを防ぐ方法になります。

登録しておきたいおすすめの転職エージェント

最後に登録しておきたい、おすすめの転職エージェントをご紹介します。口コミなどでも評判が良い転職エージェントをピックアップしてみました。転職エージェント選びの参考にして下さると幸いです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは求人広告のマイナビが運営している転職エージェントです。求人専門だけあって膨大な数の求人数と質の良いコンサルタントのサポートが評価されています。マイナビにしかない独占求人が魅力的で、非常に幅広い業種や職種がそろっています。コンサルタントのサポートは書類添削と面接対策の対応に評価が大きいです。

リクルートエージェント

リクルートの運営する転職エージェントです。リクルートエージェントにしかない独占求人が非常に多く、転職活動の手数を増やす上では最適といえるでしょう。とにかく業種、職種の求人の幅が広く、求職者のスキルマッチがある求人があるとどんどん紹介してくれます。コンサルタントの評価も非常に良く、全体的に高評価です。マイナビエージェントとともに利用する人が多いです。

パソナキャリア

パソナグループが運営している転職エージェントです。大手企業への転職事例を多数持っているため、評判の良いエージェントとして評価されています。コンサルタントの対応も一人一人に親身になって話を聞いてくれるとの口コミもあるほどです。企業側からの満足度も高いので、質の良い求人を揃えているところも評価が高いです。

type転職エージェント

@typeの運営する老舗転職エージェントです。老舗求人社だけあって企業からの信頼度は高く、豊富で優良な求人がそろっています。また、転職エージェント界では知名度はあまりないため、登録者数が少ないです。そのため一人一人にコンサルタントがきめ細やかなキャリアカウンセリングを行うことができます。口コミでもコンサルタントの手厚いサポートが人気のヒミツといえるでしょう。

転職エージェントにはそれぞれ独自のサービスやサポートがあります。どれが自分に合うサービスなのか吟味してから登録を申請しましょう。ここで紹介した以外でも転職エージェントは多数ありますので、気になる転職エージェントがあればどんどんチェックしていきましょう。 また、転職エージェントに共通しているサービスは、求人紹介、転職支援サービスとして書類添削、面接対策、企業への同行などです。それ以外にも転職活動進捗が分かるサービスやスカウトサービスなどがあります。それぞれにサポート体制やサービスコンテンツは違うので、複数の転職エージェントと比較する必要があります。その際は、口コミや比較サイトなどでチェックしてみるといいでしょう。

転職活動は小さいことからコツコツと

転職エージェントに登録するだけでは転職活動は始まりません。ただ登録するだけなら誰でもできるからです。まずは、どんな職種、業界に転職したいのか。給料はどれぐらいか良いのかなど自己分析をしてから転職エージェントに登録して転職活動を始めてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング