IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントを使い方とは|登録の流れ・メリット/デメリット

転職サービス・サイト

転職を考えている方にはぜひ転職エージェントの利用をおすすめします!転職エージェントを使えば時間も労力も最小限で最大限発揮することができます。転職エージェントはハードルが高い!?使い方が分からないと言う方に転職エージェントの上手な使い方をご説明します。

更新日時:

転職エージェントとは?

転職サイト、転職エージェントという言葉をよく見聞きします。実際、転職を考えている方はこのどちらかを利用される方が多いと思われます。でも、転職サイトと転職エージェントの違いって何?使い方は?と密かに思われている方も少なくないはずです。 まず最初に転職エージェントとはどういうものか、どういう使い方をすればよいのかご説明します。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェント、その使い方は何がどう違うのか簡略的にご説明します。 【転職サイト】 転職サイトはオンライン上での求人情報を提供するサイトです。使い方はサイト上の転職情報を自分で検索し、条件がマッチしたところへ(転職サイト経由の場合あり)自分で申し込みをします。面接や試験のアポイントメントから、転職手続き、前職の退職手続き等すべて自分で行います。 メリットは多数の転職情報を得られることです。一方デメリットとしてはすべて自分でやらなければならないことが挙げられますが、転職情報数は転職エージェントより転職サイトの方が圧倒的に多いようです。 【転職エージェント】 転職エージェントの使い方は、登録後に担当キャリア・コンサルタントと面談し、どのような職種に就きたいか、どのような条件を求めるかをコンサルタントに伝えると、あなたに最適な転職情報を提供してくれます。さらに企業の面談アポイントメントから転職手続き、前職の退職手続きまで手厚いサポートをしてくれます。さらに一般の求人サイトや転職情報サイトには載らない、非公開の求人情報を提供してくれるケースも多々あります。 デメリットとしては誰しもが転職エージェントに登録できるとは限りません。エージェント側の基準を上まわる人材しか登録できないケースもあります。

転職エージェントの選び方

転職成功者はどのように転職エージェントを選んだのでしょう。巷には数多くの転職エージェントがあり、どこに登録すればいいか使い方がわからないという方も少なくないと思われます。 大規模な転職エージェントは比較的幅広いジャンルの転職情報をそろえていますが、中小の転職エージェントは特定のジャンル(職種)に強みをもつことを売りにしているところもあります。 まずは、あなたがどういう職種に転職したいのかによって使い方、選ぶ転職エージェントも異なります。

大手総合転職エージェントと業界特化型転職エージェント

主な【大手総合転職エージェント】をご紹介します。 ・doda ・リクルートエージェント ・パソナキャリア ・マイナビ 主な【業界特化型転職エージェント】は以下のとおりです。 ・ワークポート(IT系) ・クリーデンス(アパレル系) ・JACリクルートメント(海外・外資・管理職エグゼクティブ) ・リブズキャリア(女性向け) ・ハタラクティブ(第二新卒向け)

大手総合転職エージェントの使い方メリット・デメリット

大手総合転職エージェントのメリットは、さまざまな業界へのコネクションを持っているということです。キャリア・コンサルタントとの面談で、もしかしたら別の業界への転職が適しているという結果になるかもしれません。自分一人で転職情報を探すのにも限度があります。しかしキャリア・コンサルタントのアドバイスやエージェントからの情報で、あなたの選択肢は一層幅広いものになります。 一方、デメリットとして挙げられるのは、もしあなたが「○○業界」で働きたいとあらかじめターゲットを絞っている場合、その業界に特化した情報を十分持っているとはいえない場合があります。大手総合転職エージェントはある意味「広く浅い」情報を持っているのです。 大手総合転職エージェントの正しい使い方は、豊富な情報をあなた自身が使いこなすこと、エージエントの都合を押しつけられず、ご自分の要望、希望を貫き通すことが大切です。

業界特化型転職エージェントの使い方メリット・デメリット

業界特化型転職エージェントのメリットは、特化した業界と強いコネクションを持っていること、さらにキャリア・コンサルタントがその業界に関して豊富な知識と情報を持っていることです。転職活動においても、かなり要点をしぼった適切なアドバイスをくれます。その業界の最新情報を手に入れることで、どの企業に焦点をしぼるか、それらの傾向と対策をきちっと取ることができます。 一方デメリットは、業界に特化しているだけあって総合転職エージェントと比べると、持っている案件が少ないことが挙げられます。これは致し方ないことですが、豊富な選択肢ではないことは念頭に置かねばなりません。また、少ない案件だからこそ、エージェント側の都合を押しつけられてしまう可能性も否定できません。 業界特化型転職エージェントの正しい使い方は、自分の方向性とエージェントが持つ方向性がマッチしていることです。

良い転職エージェントと悪い転職エージェント

転職エージェントに限ったことではありませんが、使い方以前の問題で、どのようなサービスにも良いもの、悪いものがあります。せっかく登録するのなら良い転職エージェントを利用しましょう。ここでは良い転職エージェントと悪い転職エージェントの見分け方についてご説明します。

良い転職エージェント

【優秀なキャリア・コンサルタントがいる】 あなたの転職を左右するのはキャリア・コンサルタントの腕次第です。まずは、あなたと担当コンサルタントが合うかどうかが重要です。もし「この人とは合わないな」と思ったら早めに担当者を変えてもらうか、エージェントを変えましょう。合わないと思いながらそのコンサルタントと付き合い続けるのは、転職エージェントの間違った使い方です。 【豊富な知識・経験】 担当キャリア・コンサルタントがどれだけ情報を持っているか、どれだけ企業とのコネクションを持っているかが重要です。 【親身になって相談に乗ってくれる】 担当キャリア・コンサルタントが、あなたの転職にどれだけ親身になってくれるか、これもまた重要なポイントです。単にあなたの希望を聞くだけではなく、あなたの適正を見極める能力もコンサルタントには要求されます。希望する業界ではなく、別なアプローチもあるかもしれない…そのような提案をしてくれるキャリア・コンサルタントと巡り合えたら、転職活動も成功するでしょう。

悪い転職エージェント

【転職エージェント側の都合を押しつける】 限られた選択肢の中で選ばなければならないとき、あなたの要望を第一に考えてくれるのがキャリア・コンサルタントですが、中には自分の営業成績や自分の人脈を優先し、あなたの希望とはそぐわない転職先を押しつけてくるキャリア・コンサルタントもいます。 【あなたの話をきちんと聞いてくれない】 キャリアを積んだコンサルタントになると、自分の判断が正しいと思い込む人もいます。「私がいうことは間違いない」「私の言うとおりにすれば成功する」と、あなたの意見や希望に耳を傾けず、キャリア・コンサルタントの意志を押しつけようとするのは御法度です。そのような転職エージェントはすぐ登録解除したほうが良いでしょう。

転職エージェントの善し悪しはキャリア・コンサルタント次第

結局のところ、転職エージェントの善し悪しは、あなたのエージェントの使い方はもちろんですが、担当キャリア・コンサルタントの善し悪しなのです。あなたの意見や希望にきちんと耳を傾け、どのような方向性が適しているか見極め、最適な転職先を紹介してくれるのが理想のキャリア・コンサルタント、理想的な転職エージェントの使い方だと言えます。 もし、悪いキャリア・コンサルタントに当たってしまった場合、その人にかける時間と労力は無駄になります。キャリア・コンサルタントの都合で転職するのではありません。あなた自身がどうしたいか、どうなりたいか、その希望に向けて転職することが一番重要です。合わない人といつまでも時間を共にしているのは、一番悪い転職エージェントの使い方と言えるでしょう。

転職エージェントの使い方

これまで転職エージェントとは何か、転職エージェントの良し悪しについて説明しました。転職エージェントがあなたの転職に役立つ存在だということをご理解いただけたと思います。 ではさっそく、転職エージェントの上手な使い方について、また登録からキャリア・コンサルタントとの面談、企業の面接、転職に至るまでの流れをご説明しましょう。

転職エージェントの使い方 その① 登録する

【ここでは大手総合転職エージェントの使い方を例にご説明します】 転職エージェントの登録、利用はすべて無料です。なぜ無料なのかというと、転職エージェントは求人を要する企業から掲載料を得ているからです。また、クライアントの転職が成功した場合の成功報酬などがあります。そのため、転職エージェント利用者は、一切自己負担なく使うことができます。 利用者は転職エージェントの公式サイトにアクセスし、住所、氏名、連絡先、学歴、職歴、年収等の指定された個人情報を登録します。

キャリア・コンサルタントとの面談対策

転職エージェントの上手な使い方のコツは、事前登録の際にキャリア・コンサルタントに分かりやすいように自己の経歴を伝えることです。公式サイトにアクセスし、どのような項目を登録するのか目を通します。 第二新卒や初めての転職の方、部署異動がほとんどなかった方はすぐに書けると思いますが、何度か転職を繰り返した方、社内で何度か部署異動をされた方など、何年から何年まで、どこにいたかな?と思い出しながら書くのはちょっと大変です。そのため、予め登録項目に目を通し、テキストファイルやWordファイルで「キャリアの棚卸」をすれば時間をかけられるし、記入ミスせずに登録することができます。

経歴記入例

実際「キャリアの棚卸」にはどのようなことを記入すればよいか、参考例を挙げさせていただきます。 ・会社名 株式会社○○○ ・事業内容 アパレル商品の輸入販売 ・所属部署 営業 ・所属機関 平成○○年■月〜現在 ・業務内容 取扱商品の販売網拡大に向け、企画、立案、実行 このように、簡略的でかまいませんのでどのような職歴があるかを記載しましょう。この段階で登録する職歴は、企業に出す書類ではありません。あくまでもキャリア・コンサルタントが必要とする情報としての登録です。

転職エージェントの使い方 その② 面談

登録が済んだあとは、担当キャリア・コンサルタントとの面談があります。ここで利用者はどのような職種への転職を希望しているか、条件や希望を担当者に伝えます。前述しましたが、あなたの転職の成功は、キャリア・コンサルタントにかかっています。転職を成功させるためには、キャリア・コンサルタントの上手な使い方を心得ておきましょう。

キャリア・コンサルタントとの面談のコツ

転職の第1段階としてキャリア・コンサルタントとの面談はとても大切です。あなたの転職したい理由、目的を担当者に伝えることは全く恥ずかしいことではありません。むしろ、事細かく伝えたほうがキャリア・コンサルタントはあなたに相応しい転職情報を集めやすくなります。 そのためには、あなた自身の転職に対するビジョンを明確にしましょう。ただなんとなく、今の職場が好きじゃない、馴染めない、というのではなく「自分の目標にそぐわない(どんな目標を持っているのかを伝える)」とか、「もっとキャリアアップしたい」などと転職理由を明確にしましょう。 ベテランのキャリア・コンサルタントなら、あなたの転職理由から真意を見極め、たとえば違う業界への転職を提示することもあるかもしれません。あなた自身が気づかなかったあなたの才能に、キャリア・コンサルタントは注目しているのです。 自分一人では視野の狭い転職活動になってしまいます。キャリア・コンサルタントの上手な使い方として、自分の視野を広げられる利点を最大限利用しましょう。

キャリア・コンサルタントにウソをつかない

意外かもしれませんが、面談でキャリア・コンサルタントにウソをつく人はいるのです。見栄を張って自分の意志に反することを言ってしまったり、つい口がすべって後に引けなくなったりもよくあることです。その場しのぎとしては収まるかもしれませんが、そのウソがずっと尾を引いてしまう場合もあり、最終的に望まない結果になってしまうこともあります。 だからといって職場のグチを吐き出すのもNGです。キャリア・コンサルタントはあなたの友だちでもメンタル・カウンセラーでもありません。グチを言う相手と思うのは転職エージェントの間違った使い方です。ウソで塗り固めた「美談」を話す必要はありませんが、不満を打ち明けるにしても、ある程度の常識内でおさめましょう。 また、キャリア・コンサルタントは人を見るプロです。案外、ウソがすぐバレてしまうのだそうです。せっかく転職エージェントを利用するのなら、キャリア・コンサルタントに自分のことを正直に話しましょう。それが上手な転職エージェントの使い方の1つです。

キャリア・コンサルタントに熱意を伝える

なんといっても、転職する本人(あなた)が真剣に転職について考えていなければ、キャリア・コンサルタントもやりようがありません。まずは担当者にあなたの熱意を伝えましょう。あなたのやる気が伝われば、キャリア・コンサルタントも真摯な対応をしてくれます。 キャリア・コンサルタントは単なる便利屋、データベースではありません。同じ人として、転職への意気込みが伝われば相手も同じぐらい熱意を持って対応してくれます。 当たり前のようですが、意外とこれができない人が少なくありません。熱意を伝えることこそが、上手なキャリア・コンサルタントの使い方のコツなのです。

転職エージェントの使い方 その③ 書類添削・面接対策

「職務経歴書」はあなたにとって看板であり、名刺であり、あなたそのものでもあります。新卒就活のエントリーシートではありません。職務経歴書の書き方次第で転職活動が失敗してしまうこともあります。 キャリア・コンサルタントはいわば転職のプロです。プロによってブラッシュアップされた職務経歴書は、より質の高いものになり転職活動に有利に働きます。経歴書の善し悪しは、素人にはわからないこともたくさんあります。だからこそが、プロの目を使う事こそ上手なキャリア・コンサルタントの使い方の1つです。 【職務履歴書添削の流れ】 ・キャリア・コンサルタントと面談 ・職務履歴書を提出 ・キャリア・コンサルタントから修正指示やアドバイスをもらう ・指摘箇所を反映させた職務履歴書を作成 ・キャリア・コンサルタントによる最終チェック このステップを踏んで作成したものと、一番最初に自分一人で作成したものとを見比べてみると、あなた自身が気づいていない自己PR要点が見えてきます。職務履歴書を作成することで、あなた自身の「キャリアの棚卸」ができるのです。

質の高い職務経歴書を作るメリット

転職エージェント経由とはいえ、まずは書類選考でふるいにかけられます。企業側がどういう人材を求めているか、それに則した内容であること、さらに転職するあなた自身の自己PRが十分なされていることが重要です。 腕のいいキャリア・コンサルタントに添削してもらうと、書類選考通過率が平均30%アップする、とも言われています。質の高い職務経歴書を作ることはメリットしかありません。一人で作るより、プロの力を借りる事こそが、転職エージェントの正しい使い方ではないでしょうか。

キャリア・コンサルタントとの面接対策

書類選考が通ったら、次は面接となります。新卒の就活でも面接ノウハウをたくさん学ばれたと思われますが、就活にも面接ノウハウがあります。それを学べるのも正しい転職エージェントの使い方の1つです。 求人している企業側も、書類上では知り得ないこと、わからないことを面接で知ろうとします。だから職務履歴書が完璧でも面接で失敗したら元も子もありません。 企業によって面接の傾向と対策も変わってきます。それを身につける、学ぶためには一人でやるよりも転職のプロを利用するのが一番効率的、かつ有効です。こういうノウハウを身につけられるのも、転職エージェントの使い方の利点として挙げられます。

転職エージェントの使い方 その④ アポイントメント、日程調整

転職エージェントを利用せず一人で行う場合、面接の日程調整等こまかいことまで全て自分でやらなければなりません。しかし転職エージェントを利用すると、そのような細かいことまで全てエージェントがやってくれます。これもまた転職エージェントの使い方メリットとして挙げられます。 また、複数社との面接を行う場合も転職エージェントが全て日程調整をしてくれます。利用者からすれば、このようなサービスを提供してくれるエージェントを利用しない手はありません。転職エージェントの上手な使い方をマスターしていれば、あなたの秘書のように整えてくれるのです。

転職エージェントの使い方 その⑤ 交渉

書類選考、面接が通ればあとは内定をもらう段階に入ります。その際、年収や待遇の面でもうワンプッシュしたいと思っても、直接採用担当者に言いづらいという方も少なくないでしょう。こんな時こそ転職エージェントの出番です。 あなたの希望に則した交渉をキャリア・コンサルタントが代行してくれます。近年はプロ野球選手も年俸の交渉は専門の代理人を立てるケースが増えています。転職でもそれは同じ事です。あなたのキャリアが適正に評価され、その対価が得られるのなら、あなたも仕事へのモチベーションが上がるはずです。代理人を通して交渉するのも、上手な転職エージェントの使い方の1つと言えるでしょう。

転職エージェントの使い方 その⑥ 内定から入社まで

無事、内定をもらってもそこからまだ細かい手続き等が残っています。これもまた、転職エージェントを利用せず一人で行っている場合、すべて自分でこなさなければなりません。しかしこのような残務処理的なことも、転職エージェントがサポートしてくれます。これもまた、上手な転職エージェントの使い方の1つです。

退職手続きなど

転職エージェントは、前職の退職手続き等もサポートしてくれます。転職する前にまずは、会社を辞めること、転職することを外部の方々に伝えなければなりません。さらにあなたの業務を引き継ぎすることも必要です。これらのことを一人でこなすのは、結構大変です。 転職エージェントの上手な使い方として、これらの残務処理的なこともキャリア・コンサルタントにサポートしてもらいましょう。どのタイミングでどう告知すればいいか、どう引き継げばいいか、親身に相談に乗ってくれるはずです。

転職エージェントのワンランクアップな使い方

大手総合転職エージェントに登録する際、1社ではなく複数社に登録することをおすすめします。転職情報を得るのに窓口が広いほうがより好条件の案件を得ることができるからです。そして前述しましたが、どこの転職エージェントに登録するかではなく、優秀なキャリア・コンサルタントと巡り合えるかどうかが大切です。上手な転職エージェントの使い方として、あなたに一番適したキャリア・コンサルタントと巡り合える確率を高めてください。 転職を何度か経験し転職エージェントの使い方をきちんと把握している場合は別ですが、はじめて転職エージェントを利用する場合、キャリア・コンサルタントの良し悪しはすぐに分かりません。しかし複数社に登録すれば、それぞれのキャリア・コンサルタントを比較することができます。 複数社に登録していることは、事前に担当のキャリア・コンサルタントに伝えておきましょう。別のエージェントと案件がダブってしまうのを避けるためです。 上手な転職エージェントの使い方は、すなわち上手なキャリア・コンサルタントの使い方なのです。

間違った転職エージェントの使い方

最後に、間違った転職エージェントの使い方についてご説明しましょう。 【同じ案件に複数社の転職エージェントから申し込む】 これは転職エージェントの使い方としてはルール違反の筆頭に上がります。最終的にどちらの転職エージェント経由で転職するか選ぶのは利用者ですが、それは転職エージェント、求人している企業それぞれあなたの印象を悪くします。 【面接、面談等のアポイントメントを無断で反故する】 これも転職活動に限ったことではありませんが、約束を反故することはよくありません。キャリア・コンサルタントもあなたのために時間を割いているのです。たとえば急に都合が悪くなったのなら、早めにキャリア・コンサルタントに連絡しましょう。 【安易な考えで転職しない】 安易な考えで転職すると、離職率が高まります。短期間で何度も転職を重ねると「この人を雇用してもすぐ辞めてしまうかもしれない。だったら採用しないほうがいい」と判断されてしまう可能性が高まります。

転職エージェントを有効活用しよう

転職はあなた自身のためであり、決して転職エージェントのためではありません。自分が納得できるまで、とことん追究してもいいのです。 しかし、100%希望に添った案件はそう簡単には見つかりません。転職活動するには、どこまで妥協できるか、できないかを予め想定しておくとよいかもしれません。ブレないことも大切ですが、こだわりすぎてせっかくのチャンスを逃すこともあります。妥協ではなく、許容範囲を広げることも大切です。 転職エージェントを有効活用し、少しでもよい条件の転職を成功させましょう。

関連タグ

アクセスランキング